南米ボリビアの牛肉事情!牛の放牧も国民性さながら自由で興味深いものがあります

南米ボリビアの牛肉事情!牛の放牧も国民性さながら自由で興味深いものがあります

南米ボリビアは海のない内陸国です。それでボリビアの家庭に新鮮な魚が流通することは少ないです。川魚はありますが、海の幸がボリビアの家庭に並ぶことはほとんどありません。そんなボリビア人の食を支えているのは鶏肉と牛肉と言って過言ではありません。ボリビア人がよく食す牛肉。その牛肉事情は国民性さながら自由で面白いので今回ご紹介!


ボリビアの牛肉事情とは

海がない国は必然的に魚介類が流通しにくいため、牛肉は国民の貴重なたんぱく源。

南米大陸のちょうど真ん中に位置する国ボリビアは海がありません。そう、内陸国なのです。そのために海の幸、魚介類は隣国のペルーやブラジル、チリといった国の輸入に頼っています。国内にある川から川魚を捕ることもでき、魚の養殖も盛んにおこなわれている場所もあります。

とは言っても、海の魚が獲れるわけではありませんし、海のある島国の日本のようにいつでも魚介類を手に入れられるわけではありません。そのため国民にとってのたんぱく源は鶏肉と牛肉に頼っています。輸入される魚介類は高級品ですので一般のボリビア家庭では手が出ません。

川魚の流通も限りがありますので、主に鶏肉と牛肉がボリビア家庭では食されています。南米内では圧倒的に魚を食することが少ないことでもボリビアは知られています。内陸国ならではの悲しい現実かもしれません。そして一番食されているのは牛肉のようです。

ボリビアの放牧は基本的に言って自由そのもの

田舎町では町中を自由に歩き回る牛もいます。ある意味野良犬よりも怖いかも。

ボリビアの熱帯地方、サンタクルス県には豊饒な土地があります。未開拓に近い土地がまだまだたくさん残っているために、放牧を行うのに適しています。実際に柵で囲って牧場のような形で牛を放牧している場所もあれば、田舎町では普通に町中を牛たちが歩いていることがあります。

正直、野良犬よりも迫力があって恐いです。たまたま赤いカッターシャツを着ていたボリビア人の友人が町を歩く牛に突撃されそうになったと話していたことがありました。赤を見ると興奮するのは牛にとって世界共通なのでしょうか。なので、熱帯の町で牛がいる場所では赤い服は避けたほうがいいかもしれません。

カウボーイに連れられて町の中を牛が大行進。

カウボーイが先頭に立って牛が町を大行進という光景がボリビアの熱帯では当たり前のように見られます。正直迫力があります。でも、飼い主に忠実についていく姿はなかなか興味深いものがあります。たまに、牛舎を間違えて全然関係ない民家に牛が入っていくこともあるそうですが、思いっきり家の人に追い出されるそうです。

そんな光景も熱帯のボリビアあるあるです。きちんと飼い主の持つ牧場の中で柵で囲って牛を放牧する牧場もあります。しかし、こうやって町の中を牛が行進することもあります。その理由として基本的に牛に餌を与えることがないのがボリビア流の牛の育て方なのだそうです。

自分の持つ土地に自然に生えている草だけで牛を育てるというわけです。草が生えている土地1ヘクタールで1頭の牛を飼うことができるという計算らしいです。なので、自分の牧場内にそれほど草が生えていないなら、町を超えて草が生えている場所に牛たちを連れて行くのだそうです。

出荷が決まっていて急いで育てなければならないときは成長促進剤の様な薬を混ぜた餌を与えるそうですが、それ以外は自然の草だけで牛を育てるそうです。日本の牛のように餌を大量に与えて、まるまると太った牛はボリビアにはほとんどいません。写真でもわかるようにガリガリの牛が多いです。

なので、こちらボリビアの牛肉は日本の牛肉と比べるならお世辞にもおいしいとは言えません。ものすごく固いです。調理の時に柔らかくすれば美味しくできますが、そのまま固まり肉で焼いてしまうならまるでゴムを食べているような感覚になります。育て方によって肉の柔らかさも変わってくるのは面白いです。

牛肉はボリビアの食生活を支えています

肉が売っているお店はボリビアに来てカルチャーショックを受ける瞬間でもあります。

実際にボリビアの精肉店ではたくさんの肉が売られています。鶏肉や豚肉が売られることもありますが、魚が売られることはほぼありません。スーパーなどではパック詰めされて牛肉が売られていますが、町の市場などでは大きなかたまりの牛肉が吊るされて売られています。

ボリビアの買い物で初めにカルチャーショックを受ける場面ではないでしょうか。基本的にボリビアの牛肉は固いです。しかし、部分によっては柔らかいところもあります。柔らかい順番に、ロミート、プリメーロ、セグンドという呼ばれ方をします。ロミートが一番柔らかい部分です。

でも、飲食店で牛肉を扱うお店がこのロミートの部分を買い占めたりしますので市場で手に入れるのは難しいです。なので、二番目に柔らかいプリメーロを買うことが多くなります。ちなみにセグンドは本当に固い肉なのでおすすめしません。ボリビア人でもセグンドを嫌がる人もいます。

日本ではスライスされた肉を買うことが多いので、かたまりのブロック肉をキロ単位で買えるのはもしかしたら贅沢なことなのかもしれませんね。

ボリビアの都市部のスーパーではパック詰めされた牛肉が部位によって売られています。

市場ではなくボリビアの都市部のスーパーにはパック詰めされた牛肉が売られています。そして、部位によって分けられて販売されているのが嬉しいところ。牛の背中の部分の肉であったり、コブの部分が売られていたりします。日本ではなかなか食されていないかもしれない珍しい部分の肉を楽しめます。

ホルモン専門店ではなく、普通のスーパーです。

そして、牛の胃袋や腸などがきれいに分けられてパック詰めされて売られています。日本ではホルモン専門店で流通しているようなラインナップがずらりと並びます。これが普通のスーパーで並ぶのですから驚きです。牛には無駄なところがなく全部使われると聞いたことがあります。

これを見てその言葉は本当だったんだなぁと改めて実感します。こちらでは牛の頭まで、ダシとりとして料理に利用されることもあります。ボリビア人にとって牛は貴重でたいせつな栄養源なのです。

ボリビア名物シュラスコ

ボリビアではバーベキューはシュラスコと呼ばれ多くの人の楽しみの場となります。

そして、休日の日になるとボリビア人は精肉店に行って牛肉を買い占めます。理由はシュラスコをするため。シュラスコとはいわゆるバーベキューの事です。屋外でバーベキューセットを使って肉を焼きます。先ほどの写真にあったようなブロック肉を薄切りにすることもなくそのままダイレクトに焼きます。

味付けは塩のみ。おいしいです。おいしいですが、肉がものすごく固いです。たいてい紙皿とプラスチックのフォークやナイフが配られるのですが、当然プラスチックでは太刀打ちできない固さです。最後は手で肉をつかんで割いて食べたりします。ほんの少し野生を垣間見れます。

それでも固すぎて食べきれない肉もあります。なぜ、日本の焼き肉のように薄切りにして焼かないのだろうといつも疑問に思うのですが、大きな肉をそのまま焼くのがこちらボリビアの文化でありスタイルです。すごく贅沢な気分になれるのも事実です。場所が変われば食文化も違うと実感。

ボリビア人の友達がいればよく今度の休日には家でシュラスコをやろうと誘われることがあると思います。そのシュラスコのメインは牛肉です。ボリビア人の食文化だけでなくレクリエーションも牛肉が大きく支えていることもわかります。

放牧は自由そのもの。そして、シュラスコの焼き方も豪快かつ自由です。もし、ボリビアに来たら知り合った友人たちとこのシュラスコを楽しんでほしいです。ボリビア人の食生活を牛が、牛肉が支えていることを見ることができるでしょう。

この記事のライター

南米ボリビアに在住。まだまだマニアックな観光地や穴場スポットがたくさんある国ですので、少しづつ紹介できたら嬉しいです。

関連するキーワード


ボリビア

関連する投稿


日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

南米ボリビアはまだまだ途上国です。それは観光業においても同じで、数年前に世界一観光客に不親切な国として第一位に輝いたという不名誉な記録もあります。それだけ観光客に対しても観光スポットに対してもまだまだ上手に向き合えていないという現状があります。それで隠れた秘境がたくさんあるボリビアのチョチスといいう観光スポットをご紹介


南米ボリビアで味わえるおしゃれなスイーツ?独特でカラフルなのが印象的です。

南米ボリビアで味わえるおしゃれなスイーツ?独特でカラフルなのが印象的です。

南米ボリビアは近年経済発展を遂げています。以前に比べると人々の生活も裕福になり、余暇にお金を利用できるようにもなっています。都市部などではおしゃれなカフェなども徐々に浸透しています。そして、ボリビア人はケーキとパーティーが大好きで町の中では日本ではあまり見ないような色合いのケーキが!ボリビアのスイーツ事情についてご紹介


南米ボリビアは自然の宝庫!熱帯地方で見られる珍しい動物たちに感動します。

南米ボリビアは自然の宝庫!熱帯地方で見られる珍しい動物たちに感動します。

南米大陸の真ん中にある国ボリビアはアマゾンの豊饒な大自然に囲まれていてたくさんの野生動物と出会うことができます。日本では動物園に行かなければ会えない動物たちにもふとした場面で出会うことができます。特に熱帯の町ではよく見かけます。そんな大自然を持つ南米大陸のボリビアで見つけた動物たちをご紹介できればと思います。


世界的観光スポット、ウユニ塩湖をちょっとだけネガティブな目線で紹介したい

世界的観光スポット、ウユニ塩湖をちょっとだけネガティブな目線で紹介したい

ボリビアというとどこにあるんだろう?日本人の間ではそのように思われていましたが近年、ウユニ塩湖という観光地が大々的に取り上げられ、ボリビアの知名度も急上昇しました。絶賛される絶景スポットですが、ちょっとだけネガティブな目線でウユニを紹介したいと思います。ウユニ塩湖の実際のところをお伝えできればと思います。


南米の途上国ボリビアでもおいしいカフェを味わえる?ボリビア旅行で疲れたらぜひおしゃれなカフェへ

南米の途上国ボリビアでもおいしいカフェを味わえる?ボリビア旅行で疲れたらぜひおしゃれなカフェへ

南米最貧国とも言われ続けていたボリビアですが近年経済発展を遂げるようになり人々の生活も向上しました。以前はおしゃれなカフェなどほとんどなかったボリビアですが、近年では外資系のカフェも進出していて特に第二の都市サンタクルスは南米で一番発展を遂げている町ともいわれます。そんなボリビアで味わえるおしゃれなカフェをご紹介


最新の投稿


全世界共通ではない!?中国広州のケンタッキー(KFC)でおススメの美味しいご当地中華メニューとは?

全世界共通ではない!?中国広州のケンタッキー(KFC)でおススメの美味しいご当地中華メニューとは?

真っ赤な看板と白髪老人の笑顔。中国広東省の広州市には、数え切れないほど多くのケンタッキー・フライドチキンがあります。もう何年も前から、ケンタッキーは中国社会にも受け入れられているようです。今回は、中国版ケンタッキーの日本にはないおススメ中華メニューや中国旅行時の中国ケンタッキー活用方法をレポートしていきたいと思います。


タイのバンコクで、オーダーメードに憧れている人にオススメ!トニーカスタムメードでサンダルを作ってきました!

タイのバンコクで、オーダーメードに憧れている人にオススメ!トニーカスタムメードでサンダルを作ってきました!

タイは、良質なレーザー商品を比較的安く購入することができる場所として知られています。日本で革製品のオーダーメードというとハードルが高く感じますが、タイでは日本に比べてリーズナブルな値段でオーダーメードできてしまうんです。今回は、そんなオーダーメードの店、トニーカスタムメード(Tony Custom Made)で実際にサンダルをオーダーメードしてみました。サンダルが出来上がるまでは?出来上がったサンダルの感想は?お伝えします。


狎鴎亭(アックジョン)で無料で暇つぶし!現代(ヒョンデ/ヒュンダイ)モータースタジオソウル

狎鴎亭(アックジョン)で無料で暇つぶし!現代(ヒョンデ/ヒュンダイ)モータースタジオソウル

ソウルの高級エリア、狎鴎亭(アックジョン)。整形外科や皮膚科、ハイセンスなブティックなどが立ち並ぶ女性観光客には人気のエリア。しかし、カップルや家族での旅行の場合、男性や子供は時間を潰すのに苦労しそうなエリアでもあります。今回、ご紹介するのは「現代(ヒョンデ/ヒュンダイ)モータースタジオソウル」です。


観光でオランダに来たら必ず通る、アムステルダム中央駅を徹底解剖してみました!

観光でオランダに来たら必ず通る、アムステルダム中央駅を徹底解剖してみました!

アムステルダム中央駅には、ただ通過するだけではもったいない充実した設備があります。建物の外装や内装のインテリア、おいしいレストランやゆっくりできるカフェ、話題のオーガニック素材を扱ったグッズのショッピングなど、隠された見どころもたくさんあります。ぜひ見学して自分なりの楽しみ方でエンジョイしてください♪


クマさんが目印!「ひろケーキカフェ」でふわっふわの美味しいパンケーキを食べてみよう!

クマさんが目印!「ひろケーキカフェ」でふわっふわの美味しいパンケーキを食べてみよう!

タイ人は辛いものが好きなイメージが強いですが、甘いものもだいすきで、おいしいスイーツショップもたくさんあります。バンコクの数あるスイーツショップの中でも、とくに人気があるお店の一つに「ひろケーキカフェ」があります。ひろケーキカフェは店名もメニューも日本語なので、日本人としては、なんだかホッとできる場所でもあります。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング