「メントス キャラメルチョコ」はタイでも大ヒット中!タイでお得にゲットしよう

「メントス キャラメルチョコ」はタイでも大ヒット中!タイでお得にゲットしよう

昨年menntosから新しく出た「メントスキャラメルチョコ」というものをご存知でしょうか?今までのメントスとは違い、中にチョコレートが包まれているキャラメルとなっています。日本でも発売されているようですが、タイで購入すると、日本の半額でゲットできちゃいます!味も美味しいメントスキャラメルチョコについて見ていきましょう。


みんな大好きメントスはタイで激安!

メントスが誕生したのは1932年。オランダにあるキャンディメーカーヴァンメレ社から生まれました。当時はミント味のみの発売。それでも人気が広がり、第二次世界大戦後には、フランス、ドイツ、イギリスからも注文が殺到したのです。どんどんと話題となり、あっという間に世界中で大人気のキャンディとなりました。認知度も高く、今では世界140か国以上でメントスは愛されています。

日本でメントスが発売されたのは1978年。もう発売から30年も経ちますが、子どもから大人まで、幅広い層に支持を受けていますよね。日本でもワンコインでゲットできるという手軽さがありましたが、タイでは3分の1の値段でゲットできちゃいます!

1本10バーツ(30円ほど)が基本で、小分けの袋に入ったメントスが何十個も入っているものもあります。コンビニやスーパーのレジ前には、必ずと言っていいほどメントスが置かれているので、ついつい手を出してしまいます。

メントスといえば、ミントかグレープが王道ですが、「キャラメルチョコ」というのは新しいですよね。日本でも発売されているようで、徐々に話題となっています!

「メントスキャラメルチョコ」はタイのセブンイレブンで手に入る

セブンイレブンのレジ前で発見

タイではセブンイレブンでゲットできます!タイは本当にセブンイレブンが多いです。とくにバンコク周辺や観光地となっているようなところは必ずあります。タイでセブンイレブンに立ち寄ったのなら、ぜひメントス キャラメルチョコを手に取ってみてくださいね。

メントスはレジ前に置かれていることが多いので、まずはレジ前をチェックしてみてください。茶色い包みのメントスを発見したら、迷わずゲット!普通のメントスは1本10バーツですが、メントス キャラメルチョコは15バーツです。

このメントス キャラメルチョコを置いてあるセブンイレブンと、置いていないセブンイレブンとがありますが、セブンイレブンはタイのあちこちにあるので、きっと簡単に見つかるはずですよ

メントス キャラメルチョコ

ひそかにメントスキャラメルチョコのファンがいて、まとめ買いしていることもあるので、たまに品切れとなっていることもあります。ちなみに私もそのひとり。とりあえず見つけたらゲットしちゃってます。

「メントス キャラメルチョコ」は2種類!

メントス キャラメルチョコ

メントス キャラメルチョコには「チョコ」と「ホワイトチョコ」の2種類あります。迷わず2つともゲット!「チョコ」のほうがメジャーですが、ホワイトチョコもおいしいですよ。ホワイトチョコの甘みはクセになります。

実はこのメントス キャラメルチョコ、ヨーロッパでは2014年に発売されていたもの。フランス、スペイン、ポーランド、オランダで大ヒットしたことから、今では世界20カ国以上で販売されています。タイには昨年入ってきましたが、もっと前からメントス キャラメルチョコは存在していたのですね。

「メントス キャラメルチョコ」の断面図

普通のメントスに比べて大粒です

メントス キャラメルチョコは、普通のメントスに比べて大粒です。1本に9粒入っていてます。キャラメルなので、くっついてしまっていることもしばしば。冷蔵庫で冷やさずに、常温をおすすめします。冷えていないほうがキャラメルがやわらかく、口どけがいいのです。

メントスといえば、外側がパリパリとしたものを思い浮かべますが、キャラメルチョコはキャラメルそのもの。直径は普通のメントスと同じか若干大きいくらいですが、厚みがあります。この厚みは、中にクリームがたっぷり入っているからです。

「メントス チョコ」の中にはチョコクリームが、「メントス ホワイトチョコ」の中にはホワイトチョコクリームがそれぞれ入っているのも、このメントスの魅力。

断面図

断面図はこちらです。中に包まれているクリームは、噛んでいるとじわ~っと口の中に広がり、キャラメルと絡まります。キャラメルとクリームの相性は抜群でハマってしまう味と食感です。

満足できるチョコ感でおいしい!

タイ語

分厚いので食べごたえも十分のメントス キャラメルチョコ。チョコ感も十分で、小腹満たしにもピッタリです。馴染みのあるメントスとは別物ですが、想像以上においしいので、個人的におすすめできます。珍しいので、お土産としても喜ばれるかもしれません。1本15バーツ(50円ほど)なので、お財布にもやさしく沢山購入できますよね。

斬新なメントス キャラメルチョコを、機会があれば是非お試しくださいね。

この記事のライター

タイ在住5年目の専業主婦です。今でも、カルチャーショックに驚く日々。タイのおすすめ情報や、ローカルな部分をお伝えいたします。

関連するキーワード


タイ

関連する投稿


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


バンコクでAirbnbを利用してみた!Airbnbを利用するときのメリットとデメリット、その理由とは?

バンコクでAirbnbを利用してみた!Airbnbを利用するときのメリットとデメリット、その理由とは?

気楽に安い値段で宿泊するために、Airbnbを利用するという方法があります。今回実際にタイのバンコクに行った際、Airbnbを使ってみることにしました。The Boonareya Courtというコンドです。実際に利用してみて良かったと思うことや、次回への改善点など、実際に利用した感想をお伝えします。


ドリアン好きにはたまらない!おいしいドリアンを求めて「ドリアン市場」へ行ってみた!

ドリアン好きにはたまらない!おいしいドリアンを求めて「ドリアン市場」へ行ってみた!

南国に住んでいる醍醐味の1つが、フルーツ天国であることです。タイでは毎年6月頃になると、おいしいドリアンが出てきます。私もタイに来るまでドリアンを食べたことがなかったのですが、タイでおいしいドリアンを食べてからというもの、すっかりドリアンが大好きになりました。最近はドリアン市場に通ってしまうほどハマってしまっています。


タイのコンビニスイーツ!セブンイレブンの新商品「もちシュークリーム」がおすすめ

タイのコンビニスイーツ!セブンイレブンの新商品「もちシュークリーム」がおすすめ

今話題の「もちシュークリーム」というスイーツをご存知でしょうか?タイ在住の日本人の間で話題になっているスイーツで、タイのセブンイレブンでゲットすることができます。日本人が多く住むエリアのセブンイレブンでは、売り切れが続出しているとか。日本人からも高評価で、コスパもバッチリな「もちシュークリーム」についてご紹介します。


スタイルナンダのオリジナルコスメブランド「3CE」の「ウユクリーム(牛乳クリーム)」をバンコクでゲット!

スタイルナンダのオリジナルコスメブランド「3CE」の「ウユクリーム(牛乳クリーム)」をバンコクでゲット!

韓国をはじめ日本でも人気のファッションブランド「STYLENANDA 」をご存知ですか?スタイルナンダはファッションだけでなく、3CEというコスメブランドも展開しており、中でも「ウユクリーム」がヒットしています「STYLENANDA」はバンコクにも出店していて、ウユクリームはバンコクでも手に入れることができちゃいます!


最新の投稿


スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人にとって一番大事な食べ物といえばパンです。食事には必ずパンが必要。料理を味わうためにも、味があまりないパンで一度口をリセットします。料理の風味を大事にするために、絶対バターは使いません。常に料理の味が第一というのがスペインの考え方です。そんな大事なパンを紹介するイベントがカソルラでありました。


日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

南米ボリビアはまだまだ途上国です。それは観光業においても同じで、数年前に世界一観光客に不親切な国として第一位に輝いたという不名誉な記録もあります。それだけ観光客に対しても観光スポットに対してもまだまだ上手に向き合えていないという現状があります。それで隠れた秘境がたくさんあるボリビアのチョチスといいう観光スポットをご紹介


となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

最近、広州市内で得体の知れない可愛い生き物を発見しました。中国語表記によると、その名は「龙猫(ロンマオ)」。ロンマオってまさかあのトトロのことでは?いやいや、いくら中国でもトトロがペットショップにいるわけがないでしょう・・・今回はそんないきさつで調べたロンマオと、広州市にあるロンマオ専門ショップの様子をレポートします。


ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクそのものに観光に行こうと思う日本人は多くはないかもしれませんが、ヨーロッパを旅する際に大活躍してくれる数多くのLCCが乗り入れているため重宝するのが、ルクセンブルクのフィンデル空港です。観光大国である周辺の国々とアクセスが良好の、フィンデル空港利用の際に知っておきたいことを、私個人の経験からご紹介します!


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング