南米ボリビアでしか採掘できない宝石、ボリビアニータをボリビア旅行のお土産におすすめしたい

南米ボリビアでしか採掘できない宝石、ボリビアニータをボリビア旅行のお土産におすすめしたい

南米大陸の真ん中の国ボリビアにはたくさんの観光資源があります。また天然ガスやリチウム、石油といった文字通りの資源もたくさんある豊饒な国です。そして、ボリビアには、世界でボリビアだけでしか採掘できない貴重な宝石があります。その名もボリビアニータ。ボリビアを訪れた際にはお土産として買っていってほしいこの宝石についてご紹介。


ボリビアだけで採れる美しい宝石がある

ボリビア原産のその美しい宝石は、ブラジルとの国境沿いで採掘できます。この湖を北上した場所に鉱山が。

世界でボリビアだけでしか採掘できない美しい宝石、その名はボリビアニータと呼ばれます。ボリビアニータとはスペイン語でボリビア人女性の事を表しています。しかし、この宝石がボリビアニータと呼ばれるのはボリビアだけのようで、世界的には別の名前で浸透しています。

世界的には、英語名ではアメトリンという名でこの宝石は流通しています。美しい紫色の結晶に薄く黄色い色が混じった宝石の事です。宝石マニアの方ならこのアメトリンの事をしっておられるかもしれません。実はこのアメトリンの原産はボリビアであり、ボリビアニータとも呼ばれるのです。

このボリビアニータが採掘できる場所は、ボリビアの第二の都市サンタクルスから600㎞以上東へ向かった場所にあります。ブラジルとの国境沿いに位置するプエルト・スアレスという町があります。ここから、カセレス湖という湖を介してパラグアイ川を北上すること5時間以上。

そこで船からジープに乗り換えて鉱山へと向かいます。この鉱山の名前はアナイ鉱山と呼ばれます。このアナイ鉱山こそがボリビアニータの原産地であり、世界で唯一この美しい宝石を採掘できる場所なのです。

ボリビアニータのその美しい輝き

ボリビアのショッピングモールや宝石店、メルカードの中でも買うことが可能

ボリビアで採掘される美しい宝石ボリビアニータ。世界的に知られた名前はアメトリンですが、この宝石の原石をボリビアでは垣間見ることができます。先ほど紹介したアナイ鉱山の中ではこの原石が所狭しとびっしりと洞窟内を埋め尽くします。その光景は異様で美しいです。

以前はアナイ鉱山からの直営店で、質の高いボリビアニータを変えるアナイという店でその写真を見ることができたようですが、今ではビデオによる紹介になっていてその様子も少し見ることが可能。この写真はボリビア最大のショッピングモール、ヴェントゥラ・モール内のお店で撮影しました。

こちらではボリビアニータを取り扱っており、ピアスやネックレス、ブレスレットや指輪などを販売しています。そして、原石も取り扱っていたので驚きました。紫色の結晶の中にまばらに黄色い結晶が混じりあって独特の風貌を見せます。すごく綺麗です。

販売されているボリビアニータのアクセサリーの数々。お土産にぜひおすすめです。

さきほどの写真で紹介した原石をじっくりと研磨して、加工してボリビアニータはアクセサリーへと変身します。販売されているボリビアニータのアクセサリーです。ただの紫色の宝石ではなく、ところどころに黄色い光が混じっているのが印象的です。なかなか他には見ることのできない美しい宝石、それがボリビアニータです。

この2色の原石の色を持っているというのは非常に興味深いものがあります。実はこのボリビアニータは紫色の部分と黄色い部分を別々に抽出して加工することによって別の宝石へと変身することもあります。紫色の結晶部分だけを用いた宝石はアメジストとして世界的に有名です。

そして、黄色い結晶部分を用いた宝石はシトリンとしてこれも世界に流通しています。この2つの宝石がもともと一つの原石の中にあったというのは面白いです。世界で唯一採掘できるのはボリビアというこのアメトリン。

ボリビアではボリビアニータという名前で親しまれています。日本でもアメトリンのアクセサリーを購入することはできますが、ボリビアのほうが安価で買うことができます。そして、アナイ鉱山からの直営店であるアナイという宝石店ではボリビアニータの採掘の様子も垣間見ることができます。

ボリビアでしか採掘できない紫と黄色の美しい2色の結晶を持つ希少な宝石ボリビアニータ。ぜひ、ボリビアを訪れることがありましたらお土産に買って帰ってくださいね。ボリビアならではの貴重なお土産になるでしょう。

ぜひ採掘産地のボリビアニータを買って帰ろう

ボリビアで宝石巡りのお土産探しの旅

ボリビアニータの産地はブラジルとの国境沿いのプエルとスアレスより船でさらに進んだ僻地にあります。そこまで行くのは一苦労で雨季になると道が通れなくなるようでシーズンも選ばなければなりません。もちろん、洞窟内の美しい結晶の景色は行って良かったと思えると思いますが。

なので、鉱山の直営店かモールや市場で売っているボリビアニータを購入するのが良いかもしれません。アメトリンは世界でも有名な宝石ですが、その産地がボリビアだとはなかなか知られていません。なので、採掘産地で採れるこの貴重な宝石を買って帰りましょう。

あと、ボリビアは日本と比べるなら宝石関係のアクセサリーが安く買えることがあります。それはダイヤモンドなども同じです。もちろん研磨や装飾に関しては少し劣るかもしれませんが、質の良い大きな宝石をゲットできることも可能。ぜひ、途上国であるボリビアでの宝石巡りというのも旅のハイライトになるかもしれません。

この記事のライター

南米ボリビアに在住。まだまだマニアックな観光地や穴場スポットがたくさんある国ですので、少しづつ紹介できたら嬉しいです。

関連するキーワード


ボリビア 宝石 お土産

関連する投稿


インドネシアのお土産はバティックだけではありません。欧米人に人気のインドネシアの木彫り

インドネシアのお土産はバティックだけではありません。欧米人に人気のインドネシアの木彫り

インドネシアのお土産の代表といえばバティック(布)ですが、実は欧米人には、インドネシア各地の木彫りが大人気です。住宅環境のせいもあるかもしれませんが、日本人はあまり目をむけていない木彫り。博物館や美術館には、木彫りの物があり、見ることもできますが、各地の特徴があり手に入りにくい貴重なものも多いのです。ベルギーには専門の雑誌まであります。日本人がよく利用するお店には取り扱いが少ないこともありますが、各民族の伝統が反映された面白いものや、味のあるもの、1つとして同じものがないという高価なものもありますので、購入できるお店とあわせて紹介します。


コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

インドネシアはコーヒーの生産量・輸出量が世界第三位です。コーヒー栽培は植民地支配していたオランダが持ち込んだものですが、インドネシアの気候にあい地域や各島ごとに特徴あるコーヒーが作られています。国内のコーヒーメーカーも多く、インドネシア人が気軽に楽しむ、インドネシア独特の飲み方のコーヒーから、若いオーナーがこだわってブレンドしたコーヒーを出すカフェ、インスタ映えするお洒落カフェまで様々です。おなじみスターバックスでもインドネシア各地のコーヒー豆を使ったコーヒーもだされているので、ジャカルタにきたらコーヒー好きの人には天国です。インドネシアのお土産として最適なコーヒーや、幻のコーヒー、今話題のカフェなどを紹介します。


途上国ならではの光景が広がる?南米ボリビアの交通事情を把握してしっかりと旅をする

途上国ならではの光景が広がる?南米ボリビアの交通事情を把握してしっかりと旅をする

南米大陸の真ん中にある国ボリビアは南米の中でもまだまだ途上国です。日本の国土の3倍ともいわれるボリビアには都市と都市を結ぶ道が少なく交通事情はまさに途上国そのもの。道路封鎖があったり、雨の日には水があふれかえったりとボリビアならではの景色も。しっかりとボリビアを旅行できるように、独特の交通事情をご紹介します!


週に1度はバティックデー。本気の買い物もお土産用にも、伝統の布バティック

週に1度はバティックデー。本気の買い物もお土産用にも、伝統の布バティック

ジャワ更紗の名で知られている、インドネシアの伝統の布バティック。老若男女も毎週金曜日はバティックデー、日本の浴衣とは違い、現在も普段着から正装まで幅広く着用されています。柄も地域で違うという、奥深いバティック(ジャワ更紗)の選び方と、普段着として着られるものから、お土産にオススメのお店やアイテムを紹介します。


日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

南米ボリビアはまだまだ途上国です。それは観光業においても同じで、数年前に世界一観光客に不親切な国として第一位に輝いたという不名誉な記録もあります。それだけ観光客に対しても観光スポットに対してもまだまだ上手に向き合えていないという現状があります。それで隠れた秘境がたくさんあるボリビアのチョチスといいう観光スポットをご紹介


最新の投稿


インドネシアのお土産はバティックだけではありません。欧米人に人気のインドネシアの木彫り

インドネシアのお土産はバティックだけではありません。欧米人に人気のインドネシアの木彫り

インドネシアのお土産の代表といえばバティック(布)ですが、実は欧米人には、インドネシア各地の木彫りが大人気です。住宅環境のせいもあるかもしれませんが、日本人はあまり目をむけていない木彫り。博物館や美術館には、木彫りの物があり、見ることもできますが、各地の特徴があり手に入りにくい貴重なものも多いのです。ベルギーには専門の雑誌まであります。日本人がよく利用するお店には取り扱いが少ないこともありますが、各民族の伝統が反映された面白いものや、味のあるもの、1つとして同じものがないという高価なものもありますので、購入できるお店とあわせて紹介します。


【ベトナムホーチミン】ローカルスパでオイルマッサージとボディスクラブを初体験!!

【ベトナムホーチミン】ローカルスパでオイルマッサージとボディスクラブを初体験!!

ベトナムに来てから、ベトナムはマッサージ天国なんだよ〜多くの人が教えてくれました。いいサービス、良心的な価格でリラックスできる娯楽として海外から来た人だけでなく、ローカルの人々もたくさん利用しているようです。今回は私が現地の女性たちに連れて行ってもらったローカルのCoconut Spaというマッサージ屋さんを紹介します


コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

インドネシアはコーヒーの生産量・輸出量が世界第三位です。コーヒー栽培は植民地支配していたオランダが持ち込んだものですが、インドネシアの気候にあい地域や各島ごとに特徴あるコーヒーが作られています。国内のコーヒーメーカーも多く、インドネシア人が気軽に楽しむ、インドネシア独特の飲み方のコーヒーから、若いオーナーがこだわってブレンドしたコーヒーを出すカフェ、インスタ映えするお洒落カフェまで様々です。おなじみスターバックスでもインドネシア各地のコーヒー豆を使ったコーヒーもだされているので、ジャカルタにきたらコーヒー好きの人には天国です。インドネシアのお土産として最適なコーヒーや、幻のコーヒー、今話題のカフェなどを紹介します。


人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

自然いっぱいのマウイ島を満喫するために自転車をレンタルしてみました!出だし好調でしたが思った以上に登り坂が多く苦戦!運動不足の足が悲鳴をあげながら、美しい海と平原を冒険してきました!今回はラハイナ地区のマップ、マウイ島でのバイクレンタルの価格、またサイクリング中に見つけた美しい景色の写真などを紹介します。


街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

ベトナムのハノイとホーチミンの間にダナンというベトナム第3位の都市があります。ダナンから南にバスで1時間ほどの場所に、ホイアンという街があります。ホイアンはとても小さな街ですが、街中が世界遺産になっていて、建物がとにかくとても可愛いんです!歩くだけでもとても楽しい気分になるので、街歩きが大好きな人にぴったりの場所です。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング