韓国の地方ローカル市場は珍しいものいっぱい!ユッコリ在来市場で見つけたリアルな韓国の楽しみ方

韓国の地方ローカル市場は珍しいものいっぱい!ユッコリ在来市場で見つけたリアルな韓国の楽しみ方

韓国旅行をすると耳にする言葉、シジャン(市場)。旅行ガイドブックでは観光スポットとして「東大門市場(トンデムンシジャン)」や、「南大門市場(ナンデムンシジャン)」が紹介されています。今回は、地元密着の市場「ユッコリ在来市場」をご紹介します。中には日本にはない珍しいものだらけ!ローカルならではの魅力にハマってみませんか?


忠清北道、清州市に位置する「ユッコリ在来市場」

ユッコリ在来市場正面入り口

韓国のちょうど真ん中に位置する忠清北道(チュンチョンブッド)、清州(チョンジュ)市。
人口約80万人の県庁所在地にあたるこの市に、お目当ての「ユッコリ在来市場」があります。
ユッコリ在来市場は韓国の中でも代表的な大型市場のひとつなんです。

鮮魚、精肉、野菜、果物、日用雑貨なんでもごっちゃまぜ!

正面から入ってすぐの鮮魚エリア

韓国のローカル市場に出かけて気がつくのが「なんでもごっちゃまぜ」ということ。
しっかりと区画分けがされておらず、鮮魚店の隣に雑貨屋さんなんてこともしばしば。
市場の正面の門から入ってすぐは鮮魚店が多めです。

鶏肉専門店。大きさにより種類分けしてあります

少し奥に入ると、精肉店も多く目に付きます。
鶏肉専門、豚・牛肉専門と肉の種類によってお店が分かれていることが多いです。

豚の頭を扱っているお店。

なんと豚の頭を扱っているところも!
豚の頭は、事業開業時などに厄払いと事業発展を願って「告祀(コサ)」という儀式を行うときのお供え物に使われます。ちなみに、儀式の際は豚の口にお札をくわえさせるんですよ!
このときお店のおばちゃんは、バーナーで豚の毛を焼く仕事をしていました。

左側は野菜を扱っているお店。右側は精肉店。

野菜を売っています。そのままでドーンと置いてあるところがワイルド。

段ボールのまま野菜が置かれている中にタニシがひっそりと置いてあります。

下処理したフキやわらびなどの野菜といっしょにタニシが売られていました。
韓国語で「タスルギ」と呼ばれるこのタニシは煮込むときれいな青緑色のスープになります。何匹か脱走してますが、そのままでいいのでしょうか?

ちょっと不思議な専門店も

こちらはキッチン用品専門店。

専門店も特色が出ていて見ているだけで面白いです。
雑貨屋さん、帽子専門店はなど分かりますが、手袋専門店、ニンニク専門店など謎の専門店も数々。

主に軍手とゴム手袋が置かれています。

はじめはなんだかよく分からなかったのですが、よく見ると大量の手袋の山!な手袋専門店。

ニンニク専門店が連なる一画。

ニンニク専門店ではニンニクが束ねられた状態で売られています。こんな大量のニンニクが、ひと束12,000ウォン(約1,194円)からという驚きの安さ!韓国料理には必ずニンニクをたっぷり入れるので、これだけの量が必要なんでしょうね。

市場の楽しみ!ちょっとつまみながらお買い物

豚足の煮込み(チョッパル)専門店。

市場散策のお楽しみが市場での食べ物!つまみながらぶらっとするのもいいですね。
こちらはユッコリ市場での代表的メニュー、豚足の煮込み(チョッパル)。テレビのグルメ番組で何度も紹介されている有名なテイクアウト専門店です。ご飯のおかずに、お酒のお供に最高です。

見た目的にビックリな豚の頭の煮込み。

お隣のお店にはなんと豚の頭の煮込みも!これはどうやって食べればいいのでしょうか?

ホトックの屋台。写真に写っていませんが行列が出来ていました。

韓国屋台の代表的メニュー「ホトック」。油で揚げ焼きしたホットケーキのような生地の中に黒砂糖がぎっしり!熱でとろとろになっているので黒みつの濃厚なお味に。ちょっと小腹が空いたときに、甘いものが食べたいときに最適。

ここの一画はチヂミ専門店とお餅専門店が並んでいます。

チヂミ(ジョン)専門店。目の前で焼きたてが続々と出来上がっていきます。

人気のスンデクッパ店。お昼時はお客さんが多く、かまどの周りにどんぶりが準備してあります。

韓国式腸詰め「スンデ」のスープご飯「スンデクッパ」の店。
店の外に大きなかまどがあり、大鍋でスープをじっくり煮込んでいます。注文と同時にどんぶりにスープを注ぎ、お客さんのもとへ。

市場場外には行商するおばあちゃん達

行商のおばあちゃん達。野菜や果物を売っているおばあちゃんが多いです。

市場場外には、自分の畑の作物などを売っている行商のおばあちゃん達が並んでいます。みんな顔見知りらしく、時々おしゃべりして楽しそうです。
交渉次第では値引きをしてくれるおばあちゃんもいるので、市場の中よりもお得に買い物ができる場合も。

市場はまるでおもちゃ箱!韓国へ行ったらぜひ体験して

韓国に訪れたなら、ガイドブックやSNSで紹介されている有名な観光地を回ってみるのもいいですが、時間があればローカルな市場に出かけてみてはどうでしょうか?
日本では見たこともない珍しいもの、おいしいものがいっぱいで、現地の人々のリアルな生活を感じられますよ。
普通の旅行では味わえない、心に残る体験になるかもしれませんよ。

この記事のライター

日本→オーストラリアを放浪、今は韓国在住です。「近くて遠い国」と言われる韓国が「近い国」に感じられるような情報をお伝えします。

関連するキーワード


韓国 市場

関連する投稿


子連れでもラクして楽しめる!韓国人パパママの味方!韓国のキッズカフェをご紹介します。

子連れでもラクして楽しめる!韓国人パパママの味方!韓国のキッズカフェをご紹介します。

韓国ではいたるところで見かけるキッズカフェ。私が住む畑が広がる田舎町でも、家から徒歩10分の範囲にキッズカフェが2軒もあります。もちろんソウルなどの都会にも子連れママ会が気軽にできるキッズカフェが多くあり、子連れのお出かけの強い味方となっています。今回は韓国人ママの強い味方となっているキッズカフェをご紹介します。


ボリビアのメルカード!市民の生活を支える市場は文化の違いとカルチャーショック両方を感じます。

ボリビアのメルカード!市民の生活を支える市場は文化の違いとカルチャーショック両方を感じます。

南米大陸の真ん中に位置する内陸国ボリビア。まだまだ途上国のこの国ですが近年経済発展により徐々に生活レベルや物価も上がってきています。そんなボリビア人の生活を支えるメルカードと呼ばれる市場がありますが、日本の市場と違い少し衝撃的な光景も。そして、新鮮な野菜やフルーツを量り売りで手に入れられます。そんな市場事情をご紹介!


韓流ドラマや韓国映画でもおなじみ!中国にはない韓国式中華料理の基本3メニューを解説します!

韓流ドラマや韓国映画でもおなじみ!中国にはない韓国式中華料理の基本3メニューを解説します!

ラーメンや焼き餃子、エビチリなどは「中国にはない日本式中華料理」として有名ですよね。実は韓国にも、本場中国には存在しない「韓国式中華料理」があります。出前などでも気軽に食べられる韓国のソウルフードで、韓国映画やドラマなどで目にする機会も多いです。今回は人気がある基本の3品をご紹介したいと思います。


クリスマスシーズンの韓国スターバックスには、かわいいアイテムがいっぱい!

クリスマスシーズンの韓国スターバックスには、かわいいアイテムがいっぱい!

韓国のスターバックスでは、日本のスタバでは手に入らない、かわいいアイテムがいっぱいです。インスタ映えするメニューやアイテムがたくさん。今は特にクリスマスシーズンということで、クリスマスの期間限定メニューやアイテムが揃っています。


ビジネスもショッピングも!大人も子供も一日中楽しめる韓国大型施設COEXをご紹介!

ビジネスもショッピングも!大人も子供も一日中楽しめる韓国大型施設COEXをご紹介!

韓国ソウルの江南(カンナム)区に位置する大型施設商業施設COEX。 韓国最大のコンベンションセンターなので、ビジネスで訪れる機会もあるかもしれません。図書館や水族館など、家族連れが楽しめる施設や、ショッピングモールや映画館など大人が楽しめる施設も充実。今回はCOEXをご紹介いたします。


最新の投稿


バックパッカーの国とも言われるボリビアの最大のショッピングモールに行ってきた!

バックパッカーの国とも言われるボリビアの最大のショッピングモールに行ってきた!

長らくボリビアは南米最貧国とも揶揄されて、バックパッカーが冒険に訪れる国とも言われてきました。確かにボリビアと言えば乱雑に並んだ雑多な市場を想像する方も少なくありません。しかし、近年経済発展を遂げているボリビアにも近代化の波が押し寄せ、都市部にはいくつかのショッピングモールも建設中。その最大のものを見学してきました!


おしゃれなカフェでベトナムコーヒーを楽しもう!HIGH LANDS COFFEE(ハイランドコーヒー)に行って来ました!

おしゃれなカフェでベトナムコーヒーを楽しもう!HIGH LANDS COFFEE(ハイランドコーヒー)に行って来ました!

ベトナムコーヒーというと、専用の器具を使ってポタポタ落ちるコーヒーをゆっくりと飲むというイメージがありましたが、今回ホーチミンに行ってそのイメージは覆されました!おしゃれなカフェでベトナムコーヒーを楽しむことができました。その中の1つHIGH LANDS COFFEE」の店内様子をお伝えします。


ちょっとミーハー?歴史と小説の舞台でもあり、日本人とも関わりが深いデビ夫人の元邸宅へ

ちょっとミーハー?歴史と小説の舞台でもあり、日本人とも関わりが深いデビ夫人の元邸宅へ

インドネシア初代大統領の第三夫人である、現在テレビで活躍のデビ夫人の元邸宅。本人の著書にも登場し、実話を元にした小説の舞台にもなりました。ガイドブックには載っていませんが、インドネシア建国当時の様子が分かる軍事博物館となっています。歴史から入るのは難しそうですが、テレビでみている人の関係する観光スポットとして楽しめます


旅行中には注意も必要!危険なエリアで有名なサウス・ロサンゼルスを車で走ってみた

旅行中には注意も必要!危険なエリアで有名なサウス・ロサンゼルスを車で走ってみた

今回は、ロサンゼルスの行っては行けない危ない地域について紹介します。楽しいことがたくさんあるロサンゼルスではありますが、実際住んでいて怖い事件を毎日のように耳にする危険な街でもあるんです。今回の記事ではロサンゼルス内で比較的安全な地域や行ってはいけない危ない地域、また治安の悪い地域を見分ける方法を紹介します。


実際に住んでみて初めてわかる!オーストラリアと日本の違いとは?①~車編~

実際に住んでみて初めてわかる!オーストラリアと日本の違いとは?①~車編~

一家に一台どころか一人に一台車を持っている車社会のオーストラリア。オーストラリアに住み、私も車を購入。運転するようになってから文化の違いにびっくりすることが多々あります!!実際に運転しないと気づかない”オーストラリアの車事情”を日本と比較しながらご紹介いたします(^^)レンタカーを運転される方、必読です!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング