南米ボリビアに来たならぜひ味わってほしいブドウの蒸留酒!その名もシンガニ

南米ボリビアに来たならぜひ味わってほしいブドウの蒸留酒!その名もシンガニ

南米ボリビアと言えば山岳地帯というイメージがあります。その山岳地帯は標高4000mを超えるような場所もあり、アルティプラーノとも呼ばれています。極寒の場所ともいえるその山岳地帯でひろく飲まれているボリビアの地元のお酒があります。その名はシンガニ。ブドウの蒸留酒で、日本でいう焼酎の味にも似た独特のお酒シンガニをご紹介!


アルティプラーノの生活に欠かせないお酒

標高4000m級の山々の中にある町。山岳地帯を指すアルティプラーノはお酒で温まりたい極寒の寒さ。

ボリビアでは標高4000m級の山々の中にある町があります。首都ラパスは標高3800mの場所にあります。また、ウユニ塩湖は標高3600mの場所に。そしてポトシという町では標高はなんと4000mを越えます。ポトシなどではマイナス10度を下回るほどの強烈な寒さに見舞われます。

そんな極寒の山岳地帯にあって、食生活も体を温め免疫を高めるスープが中心になります。そして、体をカッと温めるお酒も必要になってきます。そんな時に飲まれるのが、シンガニというお酒です。スペイン統治時代にスペイン人がワインを飲みたいためにブドウを栽培し始めたのがこのお酒の起源です。

ボリビアを代表するお酒シンガニの産地

ポトシの山岳地帯ではブドウを栽培できても良質なワインを作れず。これがシンガニのきっかけに

ボリビアのポトシという標高4000mを超える町は何世紀か前に銀山として知られていました。多くのスペイン人もこの地にやってきていました。そして、彼らの文化でもあるおいしいワインを飲むことを切望するようになりました。そして、実際にポトシの渓谷があるような場所でブドウを栽培します。

着実にブドウが栽培されるようになり、念願のワインを造ることができるようになりましたが、良質のワインを作ることができなかったようです。そして、保存を行うことも難しかったようで、いったんワインを蒸留し、アルコールをさらに加えるという処置をしました。

そうすることで、シンガニが誕生したのです。今、このお酒はボリビア中で販売されていて、特に山岳地帯では体を温めるように飲まれる非常にポピュラーなお酒ともなっています。ブドウ畑で有名なボリビア南部のタリハという町で多くのシンガニが作られています。

シンガニを買いに行こう

ボリビアのスーパーのお酒売り場にはシンガニがまとめて売られています。

ボリビアは実はお酒の産地でもあります。さきほども紹介しましたが、タリハという町で造られるワインはボリビア内で有名です。おいしいワインが安くてたくさん飲める街としてタリハは知られています。また、年中温暖な気候であることからも理想郷としても有名です。

そんなタリハやポトシの南部、また首都ラパスの近郊でもシンガニは造られています。シンガニの原料はアレキサンドリア・マスカットと言われています。それからいったん造られたワインを蒸留することによってシンガニは完成します。ブドウの蒸留酒。いわゆるブランデーといったところでしょうか。

ボリビアもこのシンガニを本当に大切に思っているようで、法律でこのお酒を守っています。ボリビアのマスカットからつくられたもののみをシンガニと呼ぶように義務付けているようです。これだけでもボリビアにとって本当に大切なお酒なんだと分かると思います。

工法を真似すればおそらく原料さえあればどこででも作れるかもしれないこのシンガニ。でも、このボリビア国内で造られているものこそが本当のシンガニなのです。写真のカサ・レアルというメーカーのシンガニは有名です。品質も良く日本の友人や家族にお土産で買っていってほしい一品。

右のLos Parralesは世界的にも評価が高い一品

ボリビアに旅行でやってきてシンガニがお土産におすすめと言われてもどれを選んでよいのかわかりません。もちろん、先ほどのカサ・レアルもおすすめですが、写真のLos Parralesは世界的にも評価の高い一品です。ボリビア国内でもCMでバンバン宣伝されています。

ブドウの蒸留酒であり、ブドウの焼酎もといブランデーであるこのシンガニは日本ではほとんど知られておらず知名度も低いままです。ぜひ、日本でもブレイクしてほしいと思います。ぜひ、ボリビアを訪れたならこのシンガニをお土産に買って帰ってください。

お酒好きの方にきっと喜ばれると思います。

実際にシンガニを飲んでみた

無色透明ながら、ほんのりとマスカットの甘い匂いが漂います。そして、アルコールは40%ときつめ。

実際にシンガニを買って飲んでみました。平均して価格は一本30ボリビアーノほど(470円)なので、お土産に買って帰るにはぴったりの値段設定。開封してみるとほんのりと甘く、マスカットの匂いがただよいます。無色透明のお酒です。そして、アルコール度数は40%と高めです。

アルティプラーノ、山岳地帯の極寒の寒さをこのお酒で温まってるんだろうなと目に浮かびます。私はボリビアの熱帯地方に住んでいますが、ボリビア人が飲むお酒と言えばほとんどビールです。熱帯のうだる暑さにはビールでスッキリしたいのかもしれません。

しかし、山岳地帯ではこのシンガニで体を温めるようです。ロシアのウォッカと同じような感じでしょうか。気候が変わればお酒の文化も変わるんだなぁとしみじみ感じます。

スプライトと飲むのが最高の組み合わせとのこと。

シンガニはアルコール度数が40%と高めなので、ストレートで飲むのは結構きついです。ボリビア人もそうらしく大抵の人はほかの飲み物と割って飲むそうです。日本人なら、氷を入れてロックで飲むかお湯割りといったところになるかもしれません。お酒好きにはたまらない味のようです。

そういう意味でもブドウの焼酎として日本でもシンガニがブレイクしてほしいところ。ボリビアでは炭酸飲料や紅茶、フルーツジュースと割って飲むのが一般的だそうです。炭酸飲料、コカ・コーラやスプライトと割って飲むそうです。

ボリビア人いわくスプライトと割って飲むのが一番おいしいとのことです。なので、実際にやってみました。本当においしかったです。ブドウの甘みとスプライトの糖分がうまく混ざり、そして高めのアルコールが薄まって絶妙のコンビネーションを見せてくれます。

シンガニのスプライト割りというカクテルが日本のバーで出ても不思議ではないような気がします。それほどおいしかったです。お酒好きの方は氷でロックで飲んでもおいしいようですが、私は炭酸飲料と割って飲むのが美味しかったです。ボリビアだけではなく、日本でも流通してほしいそう思います。

日本で出回っていないボリビアが誇るお酒、シンガニ。ブドウの焼酎、ブランデーといったところのほんのり甘くかっと温まるお酒です。なかなか味わえない珍しく貴重なボリビアのお酒です。ぜひ、ボリビアを旅行で訪れたら、このシンガニを味わってください。

そして、日本にお土産で持って帰ってください。一人でも多くの人がこのお酒の魅力に触れることを願ってやみません。

この記事のライター

南米ボリビアに在住。まだまだマニアックな観光地や穴場スポットがたくさんある国ですので、少しづつ紹介できたら嬉しいです。

関連する投稿


南米ボリビアは自然の宝庫!熱帯地方で見られる珍しい動物たちに感動します。

南米ボリビアは自然の宝庫!熱帯地方で見られる珍しい動物たちに感動します。

南米大陸の真ん中にある国ボリビアはアマゾンの豊饒な大自然に囲まれていてたくさんの野生動物と出会うことができます。日本では動物園に行かなければ会えない動物たちにもふとした場面で出会うことができます。特に熱帯の町ではよく見かけます。そんな大自然を持つ南米大陸のボリビアで見つけた動物たちをご紹介できればと思います。


世界的観光スポット、ウユニ塩湖をちょっとだけネガティブな目線で紹介したい

世界的観光スポット、ウユニ塩湖をちょっとだけネガティブな目線で紹介したい

ボリビアというとどこにあるんだろう?日本人の間ではそのように思われていましたが近年、ウユニ塩湖という観光地が大々的に取り上げられ、ボリビアの知名度も急上昇しました。絶賛される絶景スポットですが、ちょっとだけネガティブな目線でウユニを紹介したいと思います。ウユニ塩湖の実際のところをお伝えできればと思います。


南米の途上国ボリビアでもおいしいカフェを味わえる?ボリビア旅行で疲れたらぜひおしゃれなカフェへ

南米の途上国ボリビアでもおいしいカフェを味わえる?ボリビア旅行で疲れたらぜひおしゃれなカフェへ

南米最貧国とも言われ続けていたボリビアですが近年経済発展を遂げるようになり人々の生活も向上しました。以前はおしゃれなカフェなどほとんどなかったボリビアですが、近年では外資系のカフェも進出していて特に第二の都市サンタクルスは南米で一番発展を遂げている町ともいわれます。そんなボリビアで味わえるおしゃれなカフェをご紹介


【小学生編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

【小学生編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

海外の子供用品って色合いが華やかだったり、日本にはないセンスがあったりとってもかわいいですよね(^^)オーストラリアの子供用品も日本お洒落でインスタ映えしそうなものがたくさんあるんです!今回は実際にお友達のお土産を買うために調べ回った私が選んだオススメ商品(小学生向け)を4つご紹介いたします。


南米のボリビアの熱帯では蚊には十分気を付けたいところ!蚊対策もご紹介します。

南米のボリビアの熱帯では蚊には十分気を付けたいところ!蚊対策もご紹介します。

南米大陸の熱帯地方はアマゾンの肥沃なジャングルに囲まれていて自然がたくさんあります。そして、多種多様な動植物を垣間見ることができ世界的にも人気の観光スポットとなります。しかし、熱帯、ジャングルと聞く中で気を付けておきたいのは病気です。蚊が媒介する病気がいくつかあり予防接種が義務付けられることもあり注意が必要です。


最新の投稿


日本にも進出して大人気?韓国ソウルで本場の雪氷(ソルビン)に行ってきました!

日本にも進出して大人気?韓国ソウルで本場の雪氷(ソルビン)に行ってきました!

韓国は豪華なかき氷デザートが有名ですが、今回、韓国の明洞で、「Korean Dessert Cafe(コリアンデザートカフェ)雪氷(ソルビン)」に行ってきました。このお店はローカルの友達が連れて行ってくれました。実際に本場のかき氷を試してみて、日本のかき氷とは違う豪華な盛り付け、ふわふわのかき氷に大満足でした!


【中国広州】プチプラでトレンドの服がいっぱい!公園前駅地下のショッピングモールで超お得にお買い物しちゃおう

【中国広州】プチプラでトレンドの服がいっぱい!公園前駅地下のショッピングモールで超お得にお買い物しちゃおう

中国広東省広州市は、日本と比べると物価は安めです。でも安いのは主にグルメと交通費。地価の値上がりと共にファッションアイテムは年々値上げの傾向にあり、案外日本と変わらなかったりします。今回はそんな中国広州で、地元の若者に大人気の「トレンドでしかもプチプラなお洋服がたくさん手に入る激安ショッピングスポット」をご紹介します。


芸術に触れたかったら、メキシコ「サンミゲル・デ・アジェンデ」はおすすめ!

芸術に触れたかったら、メキシコ「サンミゲル・デ・アジェンデ」はおすすめ!

芸術家やアーティストを目指す学生の街として知られているメキシコ「サンミゲル・デ・アジェンデ」。観光地としても人気で、アメリカから日本から多くの人が訪れます。メキシコ特有のカラフルな街並みに加え、どこかロマンティックでセンスが光る雰囲気が心地良い。散策で感性が磨かれていくような気分にさせられる、素敵なこの街を紹介します。


タイの軽井沢「カオヤイ」でキャンプに挑戦!カオヤイのキャンプ場には鹿がたくさん!

タイの軽井沢「カオヤイ」でキャンプに挑戦!カオヤイのキャンプ場には鹿がたくさん!

バンコクから車で3時間のところにあるカオヤイ。自然豊かなところで、タイの軽井沢なんて呼ばれているほど。今回初めてカオヤイでキャンプをしたのですが、キャンプ場にはなんと鹿がたくさん!人間慣れしている鹿さんたちとの寝泊まりは新鮮で楽しかったです。ナイトサファリなども体験したので、カオヤイキャンプをレポートしたいと思います。


【超穴場!未就学児にオススメ!】韓国ソウル近郊にある、こども職業体験テーマパーク「リッソビル」

【超穴場!未就学児にオススメ!】韓国ソウル近郊にある、こども職業体験テーマパーク「リッソビル」

ソウルのこども向けお仕事体験テーマパークと言えば、日本でもおなじみの「キッザニア」をはじめ、複数あります。こどもにとっては、普段なかなか体験することのない大人のお仕事を実際に体験できるとあって、人気が高く、どの施設も週末は混雑しています。今回は、その中でも格安で人も少なめの超穴場な施設をご紹介したいと思います。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング