シンガポールの迷テーマパーク、ハウパーヴィラ(Haw Par Villa)に行ってみよう!

シンガポールの迷テーマパーク、ハウパーヴィラ(Haw Par Villa)に行ってみよう!

シンガポールのテーマパークは、USS(Universal Studio Singapore)だけじゃない!カオスな空間に謎の中毒性があるオブジェが並ぶ「迷」テーマパーク、ハウパーヴィラ(Haw Par Villa)を紹介します。


シンガポールで1番のテーマパークは?

どこの国でも、1つや2つは名の知れたテーマパークがあるものです。シンガポールにもUSJならぬUSS(Universal Studio Singapore)があり、日本のユニバーサル・スタジオに負けず劣らず楽しいテーマパークとなっています。

しかし、今回取り上げるのはUSSではありません。

目にした際に受ける衝撃はどんな大手テーマパークよりも強く、在シンガポールの人々が日本帰国前に「まだ行き残した場所は?」と話せば「・・あそこ行くか」と何故か候補に挙がる、そんな場所を今回は紹介します。

その名は「ハウパーヴィラ(Haw Par Villa)」。

何とも言えない雰囲気の入口

こちら、元々は「タイガーバームガーデン」という名前でした。ご存知の方もいらっしゃると思いますが、タイガーバームといえば日本でも熱狂的ファンの少なくない軟膏です。メンソレータムのような鼻がスッとする臭いが特徴的で、肩こりや頭痛によく効きます。

このタイガーバームを製造・販売しているのはシンガポールの「ハウ・パー・コーポレーション」で、ハウパーヴィラはこの会社を設立した胡兄弟によって建てられたものなんです。

筆者も愛用、クリームタイプのタイガーバーム

テーマ (が謎な) パーク

さて、そんなハウパーヴィラの園内はどうなっているのでしょうか。

皆さんご存知『西遊記』のワンシーンを切り取ったもの、儒教の教えをモチーフにしたものと、パーク内は全体として中華風の雰囲気です(一部の例外は後述)。

中華風だな、と思う程度

しかし、ハウパーヴィラがなぜインパクトが強いのかというと、「妙にリアル」そして「妙にコワい」んです。

タイガーバウムを両手いっぱいに載せてたたずむトラのマスコットキャラクター(?)でさえも、見つめているとこちらが目線を反らさざるを得ないという有り様。

直視しづらい

西洋美術でおなじみビーナス誕生の場面にしては華やかさのないこちらのオブジェは、シンガポール版「桃太郎」でしょうか?生まれたばかりと言うには妙齢のようにも見えますし、今一つその存在が謎でした。

桃……子さん?

まさにカオス、変なオブジェのオンパレード

そして、このテーマパークで一二を争う最も恐ろしさを誇るのは、この「カニ女」。何かの罰を受けてこんな姿になってしまったのでしょうか。

恐ろしいほどに・・人の頭とカニの胴体に一体感がありません。じっくり観察してみるとうっすら笑みを浮かべているようにも見えますし、以外とこの暮らしも気に入っているのかもしれません。

微笑を浮かべたカニ、または人

ちなみにとある一角では、日本語が書かれてあるのを発見。こんなおどろおどろしい場所で得ることの出来る縁って、きっとありがたくないですが(汗)

またなぜ赤で書くのか

中華風も儒教も何ら関係のないものもたくさん置かれていまして、油断しているとコアラ、オランウータン、カンガルー、そして自由の女神まで様々なものが一度に楽しめるカオス空間です。

正真正銘、コアラです

ここまで来たら何も驚かないかもしれませんが、相撲取りもいました。初代若乃花がモデルという話を見聞きしたことがあったのですが、土俵入りの型が雲竜型なので左の方が若乃花だと思います。

ご本人の顔写真と比べてみると、何となく似ているような。残念ながら右の方のモデルが誰かは不明です!

ところで何のテーマパークでしたか、ここ?

異空間へのアクセス

そんな異空間、ハウパーヴィラ(Haw Par Villa)へのアクセスは、意外と便利です。

中心街からは電車で20~30分。シンガポールの地下鉄、MRTのCircle Line(路線図でいう黄色の線です)でHaw Par Villa駅から降りると目の前、徒歩1分以内にあります。

周りはさほど何もない地域なので、このテーマパークのためだけに作られたかのような駅です。

単純に笑って楽しむもよし、人生に疲れた時に訪れて、やっぱり現実世界に生きるのがいいと現実に戻るきっかけにするのもよし。シンガポールに行く機会があれば、話のタネに是非行ってみてほしい場所のひとつです。

この記事のライター

在オランダ2年近く。以前は東南アジア(香港・シンガポール)にも4年半住んでいましたので、そちらについての記事も書いていきます!

関連するキーワード


シンガポール

関連する投稿


2018年シンガポール紀行⑤国立博物館で国が歩んできた激動の歴史に思いを馳せる

2018年シンガポール紀行⑤国立博物館で国が歩んできた激動の歴史に思いを馳せる

ほんの3年前に建国50周年を迎えたシンガポール。植民地時代を経て独立し今日に至るまでには、激動の時代を走り抜けてきました。そんなシンガポールの歴史を学び、国民のアイデンティティーをより深く理解できる場所がこの国立博物館です。日本軍占領下「昭南島」時代の貴重な展示も一見の価値あり。博物館の見所を詳しくご紹介します。


2018年シンガポール紀行④駐在員御用達サービスアパートメントのオアシスっぷりが凄い

2018年シンガポール紀行④駐在員御用達サービスアパートメントのオアシスっぷりが凄い

1月下旬に家族で5日間滞在したシンガポールのサービスアパートメント。自宅のように寛ぎながらも朝ごはんが出てくる。敷地内にプール、遊具場、カフェもジムもある。オーチャード通りまで徒歩数分。駐在員家族やホリデーメーカーに特にオススメしたい、夢のようなライフスタイルが味わえる滞在先を見つけました。その魅力を徹底解説します。


2018年シンガポール紀行③アートサイエンスミュージアムの目玉展示FUTURE WORLD展を遊び尽くす

2018年シンガポール紀行③アートサイエンスミュージアムの目玉展示FUTURE WORLD展を遊び尽くす

マリーナベイ・サンズ内の施設のひとつであるアートサイエンスミュージアム。一番人気の常設展示であるFUTURE WORLD展を訪れてきました。その名に引けを取らず、近未来感たっぷりの展示作品が目白押しで、親子でたっぷり楽しめること間違いなしです。見所いっぱいの体験型インスタレーションを、ゾーン別に詳しくご紹介します。


2018年シンガポール紀行②チャンギ空港の癒しスポット、バタフライ・ガーデンで搭乗前にちょっと充電

2018年シンガポール紀行②チャンギ空港の癒しスポット、バタフライ・ガーデンで搭乗前にちょっと充電

チャンギ国際空港第3ターミナルにあるバタフライ・ガーデンは、搭乗前や乗り継ぎの合間のちょっとした空き時間に気軽に立ち寄ることのできる穴場スポット。ガーデン・シティの異名と取るシンガポールの底力を、ここでもまた実感できます。1000羽以上の蝶々が飛び交うオアシスで、フライト前にリラックスしてみてはいかかですか?


2018年シンガポール紀行①圧倒的な存在感を放つガーデンズ・バイ・ザ・ベイを堪能する

2018年シンガポール紀行①圧倒的な存在感を放つガーデンズ・バイ・ザ・ベイを堪能する

去る1月、シンガポール有数の観光地として名高いガーデンズ・バイ・ザ・ベイに家族で訪れてきました。代名詞でもあるスーパーツリーとその構造、一番人気のクラウド・フォレストの見所から、精密に計算された園内のエコシステム、お食事処、ちょっと意外な料金システムまで詳しくご紹介します。シンガポールを訪問予定の方はお見逃しなく!


最新の投稿


【超穴場!未就学児にオススメ!】韓国ソウル近郊にある、こども職業体験テーマパーク「リッソビル」

【超穴場!未就学児にオススメ!】韓国ソウル近郊にある、こども職業体験テーマパーク「リッソビル」

ソウルのこども向けお仕事体験テーマパークと言えば、日本でもおなじみの「キッザニア」をはじめ、複数あります。こどもにとっては、普段なかなか体験することのない大人のお仕事を実際に体験できるとあって、人気が高く、どの施設も週末は混雑しています。今回は、その中でも格安で人も少なめの超穴場な施設をご紹介したいと思います。


南米ボリビアは自然の宝庫!熱帯地方で見られる珍しい動物たちに感動します。

南米ボリビアは自然の宝庫!熱帯地方で見られる珍しい動物たちに感動します。

南米大陸の真ん中にある国ボリビアはアマゾンの豊饒な大自然に囲まれていてたくさんの野生動物と出会うことができます。日本では動物園に行かなければ会えない動物たちにもふとした場面で出会うことができます。特に熱帯の町ではよく見かけます。そんな大自然を持つ南米大陸のボリビアで見つけた動物たちをご紹介できればと思います。


美しい夜景とビル群の映像コラボ!中国広州市に流れる「珠江」と「海印大橋」の華やかな夜景の楽しみ方

美しい夜景とビル群の映像コラボ!中国広州市に流れる「珠江」と「海印大橋」の華やかな夜景の楽しみ方

中国広東省広州市には、夜間に楽しめる観光スポットがたくさんあります。今回は、大本命の「広州タワーの夜景はもう見た」という方のために、筆者がおススメの穴場夜景スポットの一つをご紹介します。「海印大橋」と「珠江」の夜景です。地元の人々の日常に溶け込んでいるこの美しいエリアを、今夜は私たちも一緒に歩いてみることにしましょう。


[カナダ・トロント]子どもドロップインセンターレポート!ヨークビル図書館編:図書館の入り方やプログラムの内容をご紹介

[カナダ・トロント]子どもドロップインセンターレポート!ヨークビル図書館編:図書館の入り方やプログラムの内容をご紹介

子どもが少し大きくなると挑戦してみたいのがドロップインセンター。無料プログラムもたくさんあるので活用したいですが、心配なのは英語。子ども向けの手遊びなんて日本語でも知らないのに英語でなんてどうしようと心配になっている方向けに今回はヨークビル図書館で行われているドロップインについて詳しい内容なども含めてご紹介します。


超キレイ!超くつろげる!最近次々オープンしている『素敵な本屋さん』で心を癒そう

超キレイ!超くつろげる!最近次々オープンしている『素敵な本屋さん』で心を癒そう

スマホやインターネットが便利な今、本を読むことの価値が見直されているのか、私の住む町には新しい本屋さんが次々オープンしています。人口が多くごちゃごちゃした中国という場所を忘れ、ゆったりとした時間を過ごせる。それに本だけでなく、かわいい雑貨からスポーツ用品まで揃っちゃう?!そんな中国の本屋さんをご紹介!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング