憧れのオーダーメードがこんなに安く?ホーチミンで、生地を持ち込みもOK!「T&T」でオーダーメードの服を作ってみた!

憧れのオーダーメードがこんなに安く?ホーチミンで、生地を持ち込みもOK!「T&T」でオーダーメードの服を作ってみた!

ベトナムではオーダーメードの服を驚くほど安い値段で作ることができます。日本ではとても作ることはできないと諦めていた人でも、ベトナムのホーチミンで作れます。今回はお気に入りの布を持ち込み、「T&T]というショップで作ってもらいました。一見、気難しそうに見えるけど、実は陽気で親切なオーナーのお店でした。


オーダーメードの服を簡単に作ることができるホーチミン!

ホーチミンはオーダーメードの服を簡単に作ることができる都市です。あちこちにテーラーがあります。男性用のスーツやシャツはもちろんですが、女性用のワンピースやスカートなども作れます。

多くの観光客は、1区というホーチミンの中でも一番賑わった場所にあるテーラーを利用するようです。今回私たちが服を作ってもらったのは2区にある「T&T」という店でした。「T&T」に行く前に市場に行き、気に入った生地を購入した上で、「T&T」に行きました。

まずは、タンディン市場で布探し

タンディン市場の向かい側にある布専門店

まずは、タンディン市場へ行き、お気に入りの布を探します。タンディン市場は地元の人が多く利用する市場で、安くものを購入することができる場所です。Grabを使ってタンディン市場へ向かいます。タンディン市場には食料品だけでなく、本当にたくさんの種類の布が売られていました。

私たちはタンディン市場の向かい側にある、布専門店で布を購入しました。小さな布専門店が軒先を並べて店を構えています。

布が売られている様子

スーツ素材の布、ワイシャツ素材の布、リネンなど本当に様々な種類の布がありました。夫のワイシャツを仕立てるための布、私のワンピース用の布、などを購入しました。特にリネン生地は、ベトナムならではの安さで購入することができ、満足です。

Tan Dinh Ward | District 1, Ho Chi Minh City 70000, Vietnam
+84 8 3829 9280

「T&T」へ向かう!

T&Tの店頭の様子

買った生地を持って、早速「T&T」へ向かいます。この時の移動もGrabを利用します。店に着き、ドアを開けると、40代くらいの男性が忙しそうに働いていました。この男性はオーナーです。

店内は、至る所に布が広げられて散らばっていました。まさしくテーラーさんというイメージのお店です。男性の横には小さな女の子がウロウロしていました。オーナーの娘さんのようです。堅苦しい雰囲気でなく、いきなりアットホームな雰囲気です。

服をオーダーする

全くのお任せでお願いする場合

夫は半袖のワイシャツが2枚と長袖のワイシャツを1枚の合計3枚のワイシャツを作る予定です。夫はワイシャツに対してこだわりもなく、専門知識もないので、「ワイシャツを作って欲しい」とだけオーダーしました。

そうすると、オーナーは夫のサイズを測り、そこでオーダーは終了しました。サイズの測り方も手慣れた様子です。雑とも思えるほどの速さで採寸を終えました。「え?これだけ?」というのが私の率直な感想です。


コピー商品をお願いする場合

次は私のワンピースをオーダーします。私はお気に入りのワンピースを持参しており、それをベースに少しデザインを変えてワンピースを作ってもらうようにお願いしました。

襟のデザインや、襟ぐりの開き方、ファスナーの位置など、細かく注文しました。オーナーは、簡単なメモを取りながら、私の注文を聞いてくれました。

私の場合、服のコピーだったので採寸はされませんでした。でも、せっかくのオーダーメードです。自分のサイズで作ってもらいたいと思い、お願いしてサイズを測ってもらいました。

合計5着のオーダー

私たちは合計5着オーダーしました。自分たちは旅行客なので時間に限りがあることを伝え、少々無理言って帰国前に間に合うようにお願いしました。その際、実際にベトナムを離れる日時よりも少し早めの日程を伝えました。(月曜日の朝に現地を離れる予定だったのですが、「日曜日の昼までに、間に合わないと困る」と伝えました)

生地を持ち込まない場合もOK

ワイシャツの記事のサンプル

今回は生地を持ち込みましたが、生地を持ち込まなくてもオーダーすることは可能です(その場合は少し高めの値段設定ですが)。生地のサンプルもあり、サンプルを見ながら注文するようです。

一見…気難しそうなオーナー。でも実はフレンドリー!

忙しそうに仕事をするオーナーさん。自分でパターンを考え、ダイナミックに布を裁断しています。

「T&T」に初めて入店したときも、服をオーダーするときも、どちらかというと無愛想に感じたオーナーでした。しかし、実は彼はシャイだったようです。時どき笑顔を見せてくれました。

私たちが見つけることができなかった別のお店のオーナーと連絡を取ってくれ、店の場所を探してくれるなど、彼自身の仕事とは全然関係のないことまで親切にしてくれました。だんだん打ち解けてくると、夫と楽しそうに話していました。

彼によると、彼はテーラーの仕事を始めて20年ほど経つそうです。始めは1区という日本人を始めとする多くの観光客が集まる場所に店舗を構えていて、当時は日本人客も多くいたそうです。

現在は2区に移って来て、それ以来2区の住民が客としてくるようになったそうです。ここでは欧米人が客としてくることが多いそうで、そうやって話している間も、欧米人の客がオーダーメードの服を作るために訪れて来ました。

年末だったこともあり、子供達のイベントが多く、そのための衣装をオーダーメードしている様子でした。子供のイベント用衣装をオーダーするという発想が新鮮でした。

オーダーメードで起こったハプニングとは?

ここはベトナム。日本のように「お客様が神様」の国ではありません。当然、スムーズにことが進むとは限りません。私たちも「T&T」でいくつかのハプニングに会いました。

約束の時間に服が出来上がっていない!

オーダーしてから数日が過ぎ、受取日になりました。約束の時間にオーダーした服を取りに行くと、そこではオーナーが一生懸命に服を縫っている最中でした。よく見ると、見覚えのある布が…そう!私たちが注文した服がまだ出来上がっていなかったのです。

オーナーも悪いと思っている様子はなく「ああ、まだできてないよ。今から昼ごはんを食べるから、もう少しかかるよ」と呑気に言っています。

ここはベトナム、日本ではありません。しかもこっちは短期間で5着もの服をオーダーしています。何かのハプニングが起こっても仕方ありません。ただ、こっちとしても、予定があるのでちゃんとやってもらわないと困ります。

とりあえず、今できている服を試着させてもらい、気になる点などをもう一度伝え、直してもらいます。どうしてもこの時間に間に合わないと困ることを必死で伝えました。そして、もう一度取りに来る時刻を伝え直しました。(このときも、きっともう一度、修正があることを考えて、早めの時間を伝えました)

約束の時間になり、もう一度服を取りに行くと、今度はバッチリと仕上がっていました。どうやらお昼ご飯を我慢して頑張って作ってくれたようです。しかも、覚悟していたのですが今度はお直しの必要がありません。結局予定の時間に間に合いました!

クレジットカードが使えない!

私たちは、服の縫製料金を、クレジットカードで支払うつもりでした。が!ここの店舗はクレジットカードが払えないことが判明!

服の縫製料金は、1,600,000ドン(約8,000円)です。現金を持ち合わせていなかった私たちは、ATMでお金をおろし、代金を支払うことになりました。

出来上がった服の感想と料金は?

半袖のワイシャツ

出来上がったワイシャツやワンピースは、ほぼ希望通りでした。ワイシャツに関してはもともと細かい指示を出していなかったので、ベーシックなデザインのものに仕上がっていました。色々と注文をつけることも可能のようですが、こっちが指定しない限り、オーナーの好みのデザインでワイシャツを作るようです。

コットン生地で作ったワンピース

ワンピースもほぼ、希望通りでした。ファスナーの位置が指定していた位置と違っていたのが残念な点でしたが、そのほかは、お願いした通りに仕上がっていました。ワンピースもワイシャツも大活躍しています。

リネンの生地で作ったワンピース

私たちがタンディン市場で布を買った代金は合計で、1,000,000ドン(約5,000円)。服の縫製にかかった金額は160,000ドンです(約8,000円)。ワンピースが1着約2,000円。ワイシャツが1着約1,500円なので、少し安くしてくれたようです。

生地代と縫製代を合計しても1着3,000円〜4,000円でワンピース、2,500円から3,500円でワイシャツが作れたことになります。

ハプニングも含めて楽しい!

ワイシャツ

時間通りにできてないなどのハプニングはありましたが、自分の好きな生地やデザインでオーダーメードすることができるのはとても楽しい経験でした。

今回は服を持って行きコビーしてもらいましたが、写真などを持って来てもいいようです。日本では買えない値段でオーダーメードの経験をすることができました。夫もワイシャツを買う必要があったので、オーダーメードができてとても喜んでいました。

ホーチミンで地元らしいお土産を探すのも、もちろん良いですが、服のオーダーメードを自分用のお土産にするのもオススメだと思いました。楽しい経験になりますし、必要なものだからです。

ただ、予定通りに仕上がらないことや、修繕箇所があることを考え、日数に余裕をもっておくことをオススメします。

T&Tの名刺

この記事のライター

マレーシア在住です。海外旅行とコーヒーが大好き!マニアックなマレーシア情報や海外旅行の様子を、ハプニングを交えてお伝えします!

関連するキーワード


ベトナム ホーチミン

関連する投稿


【ベトナムホーチミン】ローカルスパでオイルマッサージとボディスクラブを初体験!!

【ベトナムホーチミン】ローカルスパでオイルマッサージとボディスクラブを初体験!!

ベトナムに来てから、ベトナムはマッサージ天国なんだよ〜多くの人が教えてくれました。いいサービス、良心的な価格でリラックスできる娯楽として海外から来た人だけでなく、ローカルの人々もたくさん利用しているようです。今回は私が現地の女性たちに連れて行ってもらったローカルのCoconut Spaというマッサージ屋さんを紹介します


街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

ベトナムのハノイとホーチミンの間にダナンというベトナム第3位の都市があります。ダナンから南にバスで1時間ほどの場所に、ホイアンという街があります。ホイアンはとても小さな街ですが、街中が世界遺産になっていて、建物がとにかくとても可愛いんです!歩くだけでもとても楽しい気分になるので、街歩きが大好きな人にぴったりの場所です。


【ベトナムホーチミン】300円で美味しく大満足できるローカルのベトナム料理をデリバリーしてみました!!

【ベトナムホーチミン】300円で美味しく大満足できるローカルのベトナム料理をデリバリーしてみました!!

Grab(グラブ)というアプリケーションをご存知でしょうか?Grabは東南アジアでメジャーなタクシーやバイクタクシーの配車アプリなのですが、実は配車だけではなく食べ物のデリバリーも行なっています!今回はGrabフードを実際に使ってみた感想をおすすめポイントを紹介します!


【ベトナム】おしゃれなカフェで安心、美味しいベトナム名物のバインミーを食べよう!

【ベトナム】おしゃれなカフェで安心、美味しいベトナム名物のバインミーを食べよう!

みなさん、Binh Mi(バインミー)ってご存知ですか?バケットに野菜やお肉やレバーペーストのようなものをたくさん挟んだサンドイッチのようなバインミーは、ベトナムの人たちのファストフードとして人気です。今回はこの美味しいバインミーがカフェでも食べられるよ!ということを紹介していきます。


待ち時間3時間の間にハノイ空港でできることは?ハノイ空港内をうろうろ散策してきました!

待ち時間3時間の間にハノイ空港でできることは?ハノイ空港内をうろうろ散策してきました!

マレーシアからの帰国の際にベトナム航空を利用する機会があります。そんな時、必ずと行っていいほどハノイもしくはホーチミン空港で乗り換えがあります。乗り換え時の待ち時間に、せっかくなのでベトナムらしいことをしたいと思い、空港内をうろうろしてみました。その結果、3時間でも空港内でかなり楽しむことができることが分かりました。


最新の投稿


【ベトナムホーチミン】ローカルスパでオイルマッサージとボディスクラブを初体験!!

【ベトナムホーチミン】ローカルスパでオイルマッサージとボディスクラブを初体験!!

ベトナムに来てから、ベトナムはマッサージ天国なんだよ〜多くの人が教えてくれました。いいサービス、良心的な価格でリラックスできる娯楽として海外から来た人だけでなく、ローカルの人々もたくさん利用しているようです。今回は私が現地の女性たちに連れて行ってもらったローカルのCoconut Spaというマッサージ屋さんを紹介します


コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

インドネシアはコーヒーの生産量・輸出量が世界第三位です。コーヒー栽培は植民地支配していたオランダが持ち込んだものですが、インドネシアの気候にあい地域や各島ごとに特徴あるコーヒーが作られています。国内のコーヒーメーカーも多く、インドネシア人が気軽に楽しむ、インドネシア独特の飲み方のコーヒーから、若いオーナーがこだわってブレンドしたコーヒーを出すカフェ、インスタ映えするお洒落カフェまで様々です。おなじみスターバックスでもインドネシア各地のコーヒー豆を使ったコーヒーもだされているので、ジャカルタにきたらコーヒー好きの人には天国です。インドネシアのお土産として最適なコーヒーや、幻のコーヒー、今話題のカフェなどを紹介します。


人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

自然いっぱいのマウイ島を満喫するために自転車をレンタルしてみました!出だし好調でしたが思った以上に登り坂が多く苦戦!運動不足の足が悲鳴をあげながら、美しい海と平原を冒険してきました!今回はラハイナ地区のマップ、マウイ島でのバイクレンタルの価格、またサイクリング中に見つけた美しい景色の写真などを紹介します。


街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

ベトナムのハノイとホーチミンの間にダナンというベトナム第3位の都市があります。ダナンから南にバスで1時間ほどの場所に、ホイアンという街があります。ホイアンはとても小さな街ですが、街中が世界遺産になっていて、建物がとにかくとても可愛いんです!歩くだけでもとても楽しい気分になるので、街歩きが大好きな人にぴったりの場所です。


【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

広州観光と言ったらやっぱり広州タワーです。でも一見して広州タワーの周りって、大きな広場とちょっとした出店の他はみんなオフィスビル。広州タワーの近くでお食事やお茶できる場所ってないの?実は、広州タワーの「真下」にたくさんのグルメスポットがあるんですよ。今回は、広州タワー観光時に役立つ地下街に関する情報をまとめていきます。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング