オーストラリア旅行にポケットwifiはレンタルしておくべき!?空港やホテルから公共のwifiスポットまで徹底的に解説します!

オーストラリア旅行にポケットwifiはレンタルしておくべき!?空港やホテルから公共のwifiスポットまで徹底的に解説します!

旅行や出張であればポケットwifiレンタルがおすすめですが、頻繁にネットを使わない人や留学や仕事で長期滞在する場合、現地のネット事情や無料wifiスポット情報は大変便利です!空港やホテル、駅やカフェなどのwifiスポットだけでなく、オーストラリアでおすすめのsimカードまで現地在住ライターがどこよりも詳しく解説します!


インターネットは、日本での日常生活にはもちろん、海外へ出かけたときにも、なくてはならないものとなっています。特に、知らない土地で、いつでも必要な情報を検索できることは、旅の安心感にもつながります。
オーストラリアのインターネット事情は、日本とはかなり異なる部分があります。快適なオーストラリア滞在が楽しめるように、オーストラリア国内のインターネット事情、Wi-Fi事情を理解しておきましょう。また、滞在目的に応じたポケットWi-Fiの賢い選び方も紹介します。

オーストラリアのインターネット事情

光ファイバー回線の普及は、かなり遅れている

現在、日本の家庭や職場で使われるインターネット回線は、光ファイバー回線が主流になっています。国土の狭い日本は、ブロードバンドのインフラの整備がしやすく、今では、光ファイバー回線の普及率は、世界でもトップクラスとなっています。

一方、広大な国土を持つオーストラリアでは、光ファイバー回線の普及は、日本に比べると非常に遅れています。いまだにADSL回線が一般的に使われています。ここ数年、政府主導で光ファイバー回線を使ったブロードバンドを国全体に普及させようと、具体的な計画が進められていますが、シドニーやメルボルンなどの都市部でも、日本とは比較にならないほど普及率が低いのが現状です。

しかし、実際に、オーストラリアの家庭や職場でインターネットを使う分には、特に大きな支障を感じることはありません。ホームステイなどで現地の一般家庭に滞在するときでも、YouTubeなどで動画を見たり、Skypeなどのインターネット電話を日常的に使ったりすることも、十分可能で、快適にインターネットを使用することができます。

しかし、インターネット回線の契約プランは各家庭によって異なり、また日本のプランとちがって、無制限に使えるプランばかりではありません。後から、ホストファミリーとトラブルになったりすることのないように、事前に、使い方についてのルールを確認しておくことをおすすめします。

Wi-Fi環境は日本に比べると、ずっと充実している

光ファイバー回線の普及では、日本よりも遅れをとっているオーストラリアですが、Wi-Fi 環境を比較してみると、こちらは、オーストラリアの方がずっと先を行っています。旅行者の割合が多い空港や主要駅はもちろん、街中の図書館や美術館などの公共の建物のほか、ショッピングセンターやファストフードのお店で、無料のWi-Fiが使えます。個人経営のレストランやカフェなどでも、無料Wi-Fiを提供しているところが増えています。

このように、オーストラリアでは、いたるところに無料Wi-Fiが整備されているので、現地で暮らす市民は、もちろん、海外からオーストラリアにやってくる旅行者にとっても、これほどありがたい環境はありません。初めて訪れた国でありながら、到着した直後からあらゆる場面で、インターネットにアクセスできる安心感を与えてくれるオーストラリアは、今の時代の旅行者に優しい環境が整った国といえるでしょう。

スマートフォンの普及率は、日本と同じ

オーストラリアでも、近年、スマートフォンの普及率はかなり高くなっています。大人はもちろん、高校生でも、スマートフォンを持っているのが当たり前になりました。電車やバスに乗っていても、スマートフォンの画面をじっと見つめている人が目立ちます。また、小さな子供でも、大人のスマートフォンを使いこなして、動画を見たりする光景は、日本もオーストラリアも変わりません。

2.オーストラリアのインターネットカフェ事情

日本式のインターネットカフェは、オーストラリアにはない

日本には、インターネットカフェがいたるところにあり、そのサービスの充実度も高いですね。インターネットだけでなく、好きなだけ漫画が読めたり、飲食ができたり、シャワーを浴びたり、個室を利用したり、夜を明かしたりできるような設備が整っている施設が、日本では一般的です。

オーストラリアには、このようなスタイルのインターネットカフェはありません。スマートフォンが普及する前の時代には、パソコンがずらりと並んだだけのインターネットカフェもたくさんあり、多くの若者や旅行者に利用されていましたが、今では、数も減って、ほとんど見られなくなりました。

日本人向けのサービスを提供しているところも

しかし、シドニーのような日本人が多く集まる都市では、日本人経営で、漫画喫茶が併設された日本式のインターネットカフェもあるようですが、利用者も日本人がほとんどのようです。普通のインターネットカフェのパソコンは、日本語に対応していないこともあるので、このようなお店では、日本語対応のパソコンや日本語での接客などが期待できるので安心ですね。

インターネット漫画空間ハウハウ
http://www.japanesesydney.com/jp/howhow

また、留学生やワーキングホリデーとして渡航する場合、現地の留学エージェントを利用していたら、そのオフィスで提供されている無料Wi-Fiや、日本語に対応したパソコンが使える特典を利用することもできます。日本人のスタッフが常駐しているので、何かと心強い存在ですね。

3.Wi-Fiを活用して、オーストラリア滞在を充実させよう

Wi-Fiは心強い旅の味方

このような環境のオーストラリアでは、観光や出張などで訪れた旅行客にとって、スマートフォンがあれば、便利なWi-Fi環境を利用して、オーストラリアの滞在をより充実させることが可能です。

例えば、知らない街を歩いていても、いつでも地図を確かめることができるので、迷子になる心配が少なくなります。観光スポットの情報のほか、天気や交通機関の時刻表など、知りたい情報は、その場ですぐに調べることができ、観光も効率よく楽しむことができます。また、現地で撮った写真をリアルタイムでSNSに投稿して、家族や友達と旅の話題を共有できるのも、特別な楽しみです。さらに、緊急時にはいつでも必要な相手に連絡を取ることができるのも、大きな安心感につながります。

ツアー旅行の場合でなくても、飛行機やホテルの手配は、渡航前に、日本から日本語のサイトで済ませておく場合が多いと思いますが、オーストラリア渡航後も、現地でレストランの予約をしたり、オプショナルツアーの申し込みをしたりする機会もあると思います。スマートフォンとWi-Fiがあれば、昼夜を問わず、情報収集をして、予約やキャンセルの手続きができます。英会話や電話でのやり取りに自信がなくても、英語サイト上なら、なんとかこなせるという人も多いかもしれません。

4.オーストラリアの無料Wi-Fiスポットの紹介

街中には無料Wi-Fiスポットがいたるところに

先に述べたように、オーストラリアの主要都市では、市民でも、旅行者でも、手軽に使える無料Wi-Fiスポットがいたるところにあります。ここでは、具体的な場所を紹介していきましょう。

これらの無料Wi-Fiを使う際には、スマートフォンの設定のWi-Fi接続で、該当するWi-Fiの名称を選び、使用規約に同意すれば、すぐ使えるものがほとんどです。場所によっては、メールアドレスの登録や簡単なアンケートなどに答える必要があるものもあります。また、制限時間が決められていることもあります。

街全体で使える公共の無料Wi-Fi

ブリスベンや、パース、アデレードなどの中規模の都市では、街の中心地全体で、公共の無料Wi-Fiが提供されています。建物の中に入らなくても、街の中を歩きながら使える無料Wi-Fiは便利ですね。

主要都市の空港

オーストラリアの主要都市の空港では、無料Wi-Fiが使えます。シドニーの空港の無料Wi-Fiは、旅行先や年代、性別などのアンケートのほか、メールアドレスの登録が要求されましたが、その後、使用規約に同意すれば、すぐに使うことができました。シドニー以外の空港でも、飛行機から降りてすぐに、インターネットが使えるので、交通機関や宿泊の確認などもスムーズで、安心感があります。

ホテル、バックパッカー

旅行者向けのホテルやバックパッカーなどの宿泊施設では、ほとんどの場合Wi-Fi設備が整っていますが、有料と無料のところがあるので注意しましょう。Wi-Fiを有料にしているところは、意外に高級ホテルに多いようです。有料の場合、ホテルにもよりますが、1泊30ドル(約2700円)ほどの利用料金が別途必要となります。事前に、施設のウェブサイトを見て確認しておくといいでしょう。

大型ショッピングセンター

オーストラリアにある大きなショッピングセンターでも、建物全体で無料Wi-Fiが使えるところが多いです。買い物しながら、ショッピングセンター内のフードコートを利用すれば、ゆっくりと情報収集ができるのは便利です。

ファストフード、コーヒーチェーン

世界でおなじみの、マクドナルドやケンタッキー(オーストラリアではKFCと呼ばれています)のほか、オーストラリア全土に展開されているハンバーガーショップ・ハングリージャックス(Hungry Jacks)などのファストフーでも、無料Wi-Fiが使えます。営業時間が長い店舗では、深夜でも使えるので、覚えておくと便利です。

また、スターバックスコーヒーのほか、オーストラリアのコーヒーチェーンのクロリアジーンズ(Gloria Jean’s)やコーヒークラブ(The Coffee Club)などでも、無料Wi-Fiが整備されています。軽食をとったり、お茶を飲んだりしながら、SNSを楽しんでいる現地の人の姿も目立ちます。

レストラン、カフェ

最近は、個人経営のレストランやカフェでも、店内に無料Wi-Fiを設置しているお店が増えてきました。お店の入り口に表示してあるところが多いです。パスワードが必要なところもありますので、お店のスタッフに聞いてみるといいでしょう。

ビーチ、公園

有名なシドニーのボンダイビーチでも、ビーチ全体に無料Wi-Fiが設置されています。ブリスベンでは、街中の大きな公園にも公共の無料Wi-Fiが整備されています。これらは一例ですが、野外の空の下でも、気持ち良く、無料Wi-Fiを使えるのは、オーストラリアならではでしょう。

無料Wi-Fiはリスクがあることも理解しておこう

ここに紹介したような、誰でもアクセスできる無料Wi-Fiは、セキュリテイ対策が十分でないものも多いという指摘もあります。これは、日本国内でもオーストラリアでも同じことですが、閲覧したサイトや送信したメールが覗き見されたりする事例もあります。無料Wi-Fiを使用の際は、そのようなリスクもあるということを理解した上で、重要な情報のやり取りなどを控えるなどの注意が必要です。特に、インターネットバンキングやクレジットカードの使用などは、SSLを利用するなどして、通信内容を保護する対策も必要です。

5.滞在期間別おすすめポケットWi-Fi利用法

ポケットWi-Fiを活用すれば、さらに心強い環境に

無料のWi-Fiスポットが充実しているオーストラリアですが、やはり無料のものには限界があります。そんな時、心強いサポートをしてくれるのが、どこにでも持ち歩けるポケットWi-Fiです。それほどインターネッットに頼らなくても大丈夫という人は、無料Wi-Fiスポットを上手に使えば十分だと思いますが、インターネットがないと不安になってしまう人には、心強い存在です。以下に、滞在期間に合わせた、ポケットWi-Fiの賢い選び方を紹介しましょう。

1週間程度の滞在 レンタルのポケットWi-Fiがおすすめ

1週間程度の短期の滞在なら、日本を出発する前に、日本からレンタルのポケットWi-Fiを契約しておくことをおすすめします。割高ではありますが、限られた時間での短い旅行の場合は、大幅な時間の節約になるでしょう。

また、現地にある日系の携帯電話レンタル会社などでも、旅行者向けのポケットWi-Fiのレンタルが可能です。日本で契約してくるより、費用も抑えられます。日本人スタッフが対応してくれるので、英語でのやり取りが心配な人には、特におすすめです。

エーブルネット(現地日系会社)
https://able.net.au/jp/plan/pocketwifi/

1ヶ月以上の滞在 プリペイドのSIMまたは、現地のポケットWi-Fiの購入がおすすめ

短期留学などで、滞在が1ヶ月以上になる場合は、現地の通信会社のプリペイドのSIMカードやポケットWi-Fiを使えば、滞在中の通信費のコストを大幅に抑えることができます。プリペイドSIMを使うには、SIMフリーのスマートフォンが必要になりますが、現地の電話番号も持つことができるので、便利で割安感があります。

オーストラリアには、3つの大きな通信会社があり、テルストラ(Telstra)、オプタス(Optus)、ボーダフォン(Vodafone)が有名です。その中でも、最も大きなシェアを占め、広い通信エリアをカバーしているのがテルストラです。広大な国土を持つオーストラリアで、都市部を離れて田舎の方へ行く場合などは、電波の届きにくい地域もたくさんありますので、注意しましょう。また、若者や学生には、比較的安いプランがそろっているオプタスも人気です。

大手3社のプリペイドSIMのプランの場合、30ドルで3GB、40ドルで6GBのデータが使えるが使えるプランが一般的です。使い切ったらリチャージできるので、それぞれの使い方に合わせて、無駄のないプランを選ぶといいでしょう。

また、現地の電話番号は特に必要ないという場合は、現地の大手3社が取り扱っているポケットWi-Fiを購入して使うこともできます。パソコンでインターネットにアクセスしたいという人にも、こちらが便利でしょう。

レンタルではないので、自分でポケットWi-Fiのモデムを購入する必要がありますが、30〜40ドルのスターターパックを購入すると、3〜4GB分のデータが付いてくるものがありますので、実質モデム代はほとんどコストがかかりません。これもリチャージしながら使えるので、とても便利です。インターネット上で購入すると、特典があるプランもありますが、お店に行って購入すれば、スタッフが設定まで手伝ってくれるので、すぐに使えるようになります。もちろん、この場合は、英語での対応になります。

英語での契約が不安な人には、先ほど紹介した、現地の日系のレンタル会社を利用してみましょう。長期になれば、お得になるプランもありますから、比較検討してみるといいでしょう。

短期の旅行や出張でなく、駐在や留学、ワーキングホリデーなどで長期の滞在する場合は、一人で外出する機会も多くなるので、場所に制限されずに使えるポケットWi-Fiを準備しておけば、行動範囲も広がり、大きな安心感も得られるでしょう。

3社のプリペイドポケットWi-Fiのサイト

Telstra Pre-Paid Mobile Broadband
https://www.telstra.com.au/broadband/mobile-broadband/prepaid?ti=TR:TR:mbb:button:prepaid

Optus Pre-Paid Mobile Broadband
http://www.optus.com.au/shop/broadband/prepaid-mobile-broadband?SID=con:omb:subnav:ppmbb:home

Vodafone Pre-Paid Mobile Broadband
http://www.vodafone.com.au/mobile-broadband/prepaid/state/starter-pack/sim-only

Telstra Airを使えば、さらにお得に!

オーストラリア最大の通信会社テルストラ(Telstra)が提供しているサービスに、Telstra Airという無料Wi-Fiが使えるサービスがあります。テルストラは、国内最大の通信エリアを持っているので、このサービスに登録すれば、100万カ所以上のホットスポットを利用することができ、広い範囲で無料のWi-Fiを使えるのは魅力的です。

しかし、無料といっても、登録にはテルストラの電話番号が必須になりますので、プリペイドのSIMを購入する必要があります。滞在が長めの旅行者や留学生、ワーキングホリデーの人向けの便利なサービスと言えるでしょう。

まとめ

旅を快適に楽しむためには、インターネットが常に使える環境は重要です。ツアーに参加している場合などで、自分で交通機関や観光スポットを調べる必要がなければ、街中にある無料のWi-Fiスポットだけでも十分対応できるでしょう。

しかし、町歩きをしていて迷子になるのが心配な人や、移動中にもインターネットで情報収集をしたい人、また、常に日本の家族や友人と連絡が取れるようにしておきたい人は、滞在目的や期間に応じて、上記で紹介した方法で、いつでもインターネットにアクセスできる環境を整えておくことをおすすめします。

この記事のライター

トラベルクリップは世界中の観光情報、フード、ホテル、ショッピング、交通などリアルで役に立つ情報を発信しています!

関連するキーワード


オーストラリア 海外wifi

関連する投稿


ヒルトン・サーファーズパラダイスのサービス・アパートメントを家族連れにオススメしたい6つの理由

ヒルトン・サーファーズパラダイスのサービス・アパートメントを家族連れにオススメしたい6つの理由

ゴールドコースト屈指の観光地サーファーズパラダイスには、宿泊施設がごまんと存在しています。その中でも高い人気を誇っているのが、ヒルトン・サーファーズパラダイスのサービス・アパートメント。ロケーション、設備、諸観光地へのアクセスとも文句なしで、ファミリーホリデーの強い味方です。ゴールドコーストの宿泊先はここで決まり!


ゴールドコーストでバットマンに会える!子連れでワーナー・ブラザーズ・ムービーワールドを遊び尽くすコツ

ゴールドコーストでバットマンに会える!子連れでワーナー・ブラザーズ・ムービーワールドを遊び尽くすコツ

国内随一のテーマパークが揃ったクイーンズランド州ゴールドコーストへ、秋休みを利用して一家で旅行してきました。お目当ての1つはバットマンやワンダーウーマンにに会える遊園地、ワーナー・ブラザーズ・ムービーワールド。リピーターである筆者が、絶叫マシーンに乗らずとも家族連れでムービーワールドを効率よく楽しむコツをご紹介します。


【小学生編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

【小学生編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

海外の子供用品って色合いが華やかだったり、日本にはないセンスがあったりとってもかわいいですよね(^^)オーストラリアの子供用品も日本お洒落でインスタ映えしそうなものがたくさんあるんです!今回は実際にお友達のお土産を買うために調べ回った私が選んだオススメ商品(小学生向け)を4つご紹介いたします。


【オーストラリアのキッズ・パーティ事情】目からウロコのお誕生日会のアイデアあれこれ

【オーストラリアのキッズ・パーティ事情】目からウロコのお誕生日会のアイデアあれこれ

豪州で子育てするにあたって避けて通れない道、それはプリスクールの年頃からじわじわと始まる、子供のお誕生日会。大変ありがたいことに、こちらには気軽に雇えるキッズパーティ専門業者が星の数ほとあります。子どもたちの思い出に残るパーティを開いてあげようと、親も腕の見せ所。こちらのキッズ・パーティのほんの一例をご紹介します。


【プレママ~幼児編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

【プレママ~幼児編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

海外の子供用品って色合いが華やかだったり、日本にはないセンスがあったりとってもかわいいですよね(^^)オーストラリアの子供用品も日本お洒落でインスタ映えしそうなものがたくさんあるんです!今回は実際にお友達のお土産を買うために調べ回った私が選んだオススメ商品(プレママ~幼児向け)を4つご紹介いたします。


最新の投稿


全世界共通ではない!?中国広州のケンタッキー(KFC)でおススメの美味しいご当地中華メニューとは?

全世界共通ではない!?中国広州のケンタッキー(KFC)でおススメの美味しいご当地中華メニューとは?

真っ赤な看板と白髪老人の笑顔。中国広東省の広州市には、数え切れないほど多くのケンタッキー・フライドチキンがあります。もう何年も前から、ケンタッキーは中国社会にも受け入れられているようです。今回は、中国版ケンタッキーの日本にはないおススメ中華メニューや中国旅行時の中国ケンタッキー活用方法をレポートしていきたいと思います。


タイのバンコクで、オーダーメードに憧れている人にオススメ!トニーカスタムメードでサンダルを作ってきました!

タイのバンコクで、オーダーメードに憧れている人にオススメ!トニーカスタムメードでサンダルを作ってきました!

タイは、良質なレーザー商品を比較的安く購入することができる場所として知られています。日本で革製品のオーダーメードというとハードルが高く感じますが、タイでは日本に比べてリーズナブルな値段でオーダーメードできてしまうんです。今回は、そんなオーダーメードの店、トニーカスタムメード(Tony Custom Made)で実際にサンダルをオーダーメードしてみました。サンダルが出来上がるまでは?出来上がったサンダルの感想は?お伝えします。


狎鴎亭(アックジョン)で無料で暇つぶし!現代(ヒョンデ/ヒュンダイ)モータースタジオソウル

狎鴎亭(アックジョン)で無料で暇つぶし!現代(ヒョンデ/ヒュンダイ)モータースタジオソウル

ソウルの高級エリア、狎鴎亭(アックジョン)。整形外科や皮膚科、ハイセンスなブティックなどが立ち並ぶ女性観光客には人気のエリア。しかし、カップルや家族での旅行の場合、男性や子供は時間を潰すのに苦労しそうなエリアでもあります。今回、ご紹介するのは「現代(ヒョンデ/ヒュンダイ)モータースタジオソウル」です。


観光でオランダに来たら必ず通る、アムステルダム中央駅を徹底解剖してみました!

観光でオランダに来たら必ず通る、アムステルダム中央駅を徹底解剖してみました!

アムステルダム中央駅には、ただ通過するだけではもったいない充実した設備があります。建物の外装や内装のインテリア、おいしいレストランやゆっくりできるカフェ、話題のオーガニック素材を扱ったグッズのショッピングなど、隠された見どころもたくさんあります。ぜひ見学して自分なりの楽しみ方でエンジョイしてください♪


クマさんが目印!「ひろケーキカフェ」でふわっふわの美味しいパンケーキを食べてみよう!

クマさんが目印!「ひろケーキカフェ」でふわっふわの美味しいパンケーキを食べてみよう!

タイ人は辛いものが好きなイメージが強いですが、甘いものもだいすきで、おいしいスイーツショップもたくさんあります。バンコクの数あるスイーツショップの中でも、とくに人気があるお店の一つに「ひろケーキカフェ」があります。ひろケーキカフェは店名もメニューも日本語なので、日本人としては、なんだかホッとできる場所でもあります。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング