中国南方の短い冬に日本人でも納得のたこ焼きを!嬉しい咕噜咕噜(グルグル)のたこ焼きで、心も体も温まりましょう

中国南方の短い冬に日本人でも納得のたこ焼きを!嬉しい咕噜咕噜(グルグル)のたこ焼きで、心も体も温まりましょう

中国広東省広州市には、たくさんの日本料理店があります。寿司や刺身、ラーメン、天婦羅などはもちろんですが、今回ご紹介するのは「ちょっと小腹」に嬉しいたこ焼きです!広州市のどこででも簡単に見つけることができる美味しい「たこ焼きチェーン咕噜咕噜(グルグル)」で、中国南方の短い冬にぴったりのたこ焼きのお味を確かめてみましょう。


中国のたこ焼きチェーン店「グルグル」

もしたこ焼きチェーンの「咕噜咕噜(グルグル)」がなかったら、他に中国のどこでたこ焼きを食べることができるのか・・・思いつきません!一部の日本料理屋では提供されているかと思いますが、日本料理店だからと言ってたこ焼きが必ずあるとは限りません。

ちょっとお腹が空いた時に活躍するのがたこ焼きですね。今回は、とってもお手頃で美味しいたこ焼きチェーン店グルグルをご紹介します。

中国のたこ焼きチェーン「咕噜咕噜(グルグル)」は、可愛い赤頭巾ちゃん(?)がトレードマーク。

たこ焼きチェーン「グルグル」は、ここ中国広東省の広州市を中心に全国何ヶ所かに広がる軽食チェーンです。1997年創業ということですが、私の住む広州市では本当にあちこちでグルグルを見かけます。

広州市では、毎年多くの軽食チェーンが競争しあっていて、一年以内に姿を消すもお店もそれなりにあります。グルグルは、競争が激しいここ広州で20年以上続いているのですからなかなかのものです。

そんなグルグルの、他のショップと差をつける最大の特徴が「たこ焼き」。日本料理店でもあるかないか際どいところのたこ焼きが、グルグルのお陰でいつでもお手軽に手に入ります。では、気になるグルグルのメニューを見てみましょう。

たこ焼きもドリンクも意外と豊富!グルグルのメニュー

たこ焼きとお飲み物のメニュー。

グルグルのたこ焼きは種類が豊富です。上の写真のメニュー下段は全てたこ焼きとなっています。全部で9種類あるようです。

上から順番に見ていくと、①ノーマルや②海草たこ焼き、③海苔と肉松たこ焼きが13元(*約220円)、④スパイシーたこ焼きや⑤蟹とタコが入った豪華なたこ焼き、⑥オクトパスたこ焼きは15元(約254円)となっています。

まずツッコミたくなってしまうのは「⑥オクトパスたこ焼き」なるものですが、オクトパスってタコですよね?注文したことがないのでどんな代物なのかはわかりませんが、普通のノーマルたこ焼きにももちろんタコは入っています。気になるので、今度機会があったら試してみたいです。

⑦~⑨の16元~20元(約271円~339円)のたこ焼きは、たこ焼きの種類と言うよりはファミリーパックみたいなもののようです。色々気になるものの、私たちは何だかんだ言っていつも①のノーマルたこ焼きに落ち着いてしまいます。

グルグルには様々な商品がありますが、メインは何と言ってもたこ焼きです!

グルグルのおすすめドリンク

メニューの上段は全てお飲み物で、グルグルはドリンクメニューもかなり充実しています。上段の左側は全てミルクティー、右側はお茶やジュースの類となっています。ドリンクはあまりハズレはないと思いますが、個人的なおすすめはタピオカミルクティーです。

中国語では「珍珠奶茶」と呼ばれるタピオカミルクティーは、熱い夏にとってもおすすめのドリンクです。グルグルのミルクティーは結構甘味が強いので、私はいつも「半糖(砂糖半分)」で注文します。他に氷の量も調整できるので、たっぷり飲みたい人は「非氷(氷なし)」にすると良いですよ。

グルグルは他店にないたこ焼きをメインに売り出している軽食ショップですが、暑い時期が長い(4月~12月前半頃まで暑い)広州市では、実は「グルグル=ミルクティー」というイメージが強いです。タピオカミルクティーのお値段はラージサイズで12元(約203円)で、コスパも◎です。

セットメニューもあります。

ところで、グルグルのたこ焼きの中で一つだけ注意すべきメニューがあります。それは、肉松が入った「③海苔と肉松たこ焼き」です。

詳しくはいずれ別記事にて扱えればと思っていますが、肉松「ロウソン」とは肉のドライ食品で、中国では頻繁に目にする食材の一つです。お惣菜パンや饅頭に入っていることが多く、豆腐に乗せて食べることもあるようです。

上のメニューの英語表記では、肉松の部分が「ポーク」と訳されています。たこ焼きにタコと豚肉が入っているんだったら美味しそうだなと思うかもしれませんが、これが曲者なんです。

まず肉松の見た目や食感は、日本の桜でんぷによく似ています。色がピンクではなく茶色なだけです。桜でんぷも何とも言えない食材ですが、肉松は「甘味&肉のエキス」が混在したあり得ないお味となっていて、日本人には決しておすすめできません。(現地の人は大好きです。)

旅行中に色々冒険してみるのは良いと思いますが、「人生経験として一度挑戦してみたい」という志のある方以外は、挑まない方が良いですよ。

日本でお馴染みのあの「たこ焼き機」で、バイトの若い子がすぐにたこ焼きを焼き始めてくれます。

生地の厚みや丸味加減もばっちりです。

店員さんはほぼ若い男女ですが、誰がたこ焼きを作ってもいつも同じだけのクオリティがあります。見たところ日本の一般家庭にもありそうなごく普通のたこ焼き機を使うのと要領は同じですが、みんな本当に上手に作ります。

もちろん業務用のたこ焼き器なので火加減が絶妙なのでしょうが、何度も練習したのかなと思うぐらい綺麗な仕上がりです。私よりもずっと上手(笑)

ちなみに上の写真の右上に掛かっている特殊なフライパンは、たこ焼き機ではありません。よく似ていますが、これは香港やマカオから来た大人気のスイーツ「鸡蛋仔(ジーダンザイ:日本語ではケイタンシ)」を作るための道具です。

香港発スイーツの「鸡蛋仔」もおすすめ

写真上方に載っている、一見たこ焼きがみんなくっついているかのような食べ物が「鸡蛋仔」です。

鸡蛋仔は一見たこ焼きに似ていますが、実は甘い甘いスイーツです。食感やお味はクレープやワッフルのような感じで、とっても美味しいですよ。英語では「エッグワッフル」とか「香港ケーキ」とも呼ばれるそうです。外はカリカリサクサク、中はふんわり・・・と万人受けする味だと思います。

中国語で「鸡蛋(ジーダン)」とは卵のことで、「仔(ザイ)」は子どもを指すことが多い単語なので、鸡蛋仔は「小さなにわとりの卵」というような意味合いです。実際生地に卵が使用されていますし、形も小さくて可愛い卵をイメージしているようです。

グルグルには鸡蛋仔にも色々なトッピングがあって、スタンダードのお味は10元(約169円)、小豆味、ピーナッツ味、チョコレート味、抹茶味はそれぞれ12元(約203円)、一つだけ20元(約339円)と値段に随分差がある高級な鸡蛋仔はドリアン味です。

私はドリアン味はにおいからして絶対に無理ですが(笑)広東人にはドリアンを愛している人が多いので、高くても食べたいと思う人は多いのでしょう。

気になる中国のたこ焼きのお味は?

本命のたこ焼き登場。

たこ焼きは、ちょっと和を意識しているような箱に入れて渡してくれます。箱には「有料!勇敢爆出来」とありますが、たぶん「有料」は日本語で、後半は中国語です。あえて箱に「有料!」と銘打っている意味がよくわかりません(笑)

たこ焼きが見えないくらい、かつお節たっぷりです。

グルグルのたこ焼きは、かつお節がかなりたっぷりです。今まで中国のごく普通のスーパーでは、かつお節を見かけたことはありません。イオンなど一部の日系スーパーや輸入品店、卸売り市場で販売されているのを見たことがありますが、私はいつも日本から持参しています。

かつお節が入った料理を中国人の友人に出すといつも「これは何?」と聞かれるので、こちらではあまり知られていないようです。でも私の周囲の中国人たちは、みんなかつお節を気に入っていましたよ。

日本のたこ焼きと遜色ないです。

日本のものよりやや甘めのような気もしますが、たこ焼きソースもマヨネーズも普通に美味しいです(日本のものを使っているかはわかりません)。何だか懐かしい味がして、心も体も温まります。

ただ筆者の出身は関西ではなく、たこ焼きに特にこだわりはありません。一度本場の味を知っている方に中国グルグルのたこ焼きを評価してみてもらいたいものです。たぶん本場の方にも「まぁまぁ」と言ってもらえると思うのですが。

中国たこ焼きチェーン店グルグルの感想

1人か2人の少人数制が多いグルグルの店員さんは、いつも手際良く注文に応えてくれます。

たこ焼きチェーンのグルグルの良さは美味しさ、コスパ、手軽さ(小腹にちょうど良い・広州市内のあちこちにある)、メニューの豊富さなどでしょうか。中華料理も良いですが、グルグルは中国の広州市ならではのたこ焼きショップです。旅行の際には是非是非お試しください。

*記事内のレートは全て2018年2月のものです。

この記事のライター

中国広東省広州市に住む30代主婦です。今の目標は広東語をマスターすること!大好きな広州を、楽しく詳しくレポートしていきます★

関連するキーワード


中国 広州

関連する投稿


【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

広州観光と言ったらやっぱり広州タワーです。でも一見して広州タワーの周りって、大きな広場とちょっとした出店の他はみんなオフィスビル。広州タワーの近くでお食事やお茶できる場所ってないの?実は、広州タワーの「真下」にたくさんのグルメスポットがあるんですよ。今回は、広州タワー観光時に役立つ地下街に関する情報をまとめていきます。


覚悟して食べよう!中国で大人気の「肉松パン」とは?中国のパンとパン屋事情あれこれ

覚悟して食べよう!中国で大人気の「肉松パン」とは?中国のパンとパン屋事情あれこれ

海外旅行をすると、誰でも「これはどうしても食べられない・・・」というものに一つか二つはぶち当たるものではないでしょうか?今回は、食べるのならある程度覚悟が必要な中国で大人気の「肉松パン」をご紹介します。肉松って何?どんなお味なの?気になる肉松パンをレポートする前に、まずは今の中国でのパン事情からご説明していきましょう。


中国広州旅行で手っ取り早く中国らしいお土産をゲットするには?北京路にある大変便利なお土産屋さんで旅のお土産を揃えよう

中国広州旅行で手っ取り早く中国らしいお土産をゲットするには?北京路にある大変便利なお土産屋さんで旅のお土産を揃えよう

中国広東省広州市からお届けしています。皆さん、広州旅行のお土産はどうしようとお考えですか?行き当たりばったりも旅の醍醐味ではありますが、観光で忙しく、ゆっくりお土産屋さんを回る時間が取れないかもしれません。今回は、大切な旅のお土産を買いそびれてしまわないように、いざという時に利用できる便利なお土産屋さんをご紹介します。


全世界共通ではない!?中国広州のケンタッキー(KFC)でおススメの美味しいご当地中華メニューとは?

全世界共通ではない!?中国広州のケンタッキー(KFC)でおススメの美味しいご当地中華メニューとは?

真っ赤な看板と白髪老人の笑顔。中国広東省の広州市には、数え切れないほど多くのケンタッキー・フライドチキンがあります。もう何年も前から、ケンタッキーは中国社会にも受け入れられているようです。今回は、中国版ケンタッキーの日本にはないおススメ中華メニューや中国旅行時の中国ケンタッキー活用方法をレポートしていきたいと思います。


となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

最近、広州市内で得体の知れない可愛い生き物を発見しました。中国語表記によると、その名は「龙猫(ロンマオ)」。ロンマオってまさかあのトトロのことでは?いやいや、いくら中国でもトトロがペットショップにいるわけがないでしょう・・・今回はそんないきさつで調べたロンマオと、広州市にあるロンマオ専門ショップの様子をレポートします。


最新の投稿


コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

インドネシアはコーヒーの生産量・輸出量が世界第三位です。コーヒー栽培は植民地支配していたオランダが持ち込んだものですが、インドネシアの気候にあい地域や各島ごとに特徴あるコーヒーが作られています。国内のコーヒーメーカーも多く、インドネシア人が気軽に楽しむ、インドネシア独特の飲み方のコーヒーから、若いオーナーがこだわってブレンドしたコーヒーを出すカフェ、インスタ映えするお洒落カフェまで様々です。おなじみスターバックスでもインドネシア各地のコーヒー豆を使ったコーヒーもだされているので、ジャカルタにきたらコーヒー好きの人には天国です。インドネシアのお土産として最適なコーヒーや、幻のコーヒー、今話題のカフェなどを紹介します。


人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

自然いっぱいのマウイ島を満喫するために自転車をレンタルしてみました!出だし好調でしたが思った以上に登り坂が多く苦戦!運動不足の足が悲鳴をあげながら、美しい海と平原を冒険してきました!今回はラハイナ地区のマップ、マウイ島でのバイクレンタルの価格、またサイクリング中に見つけた美しい景色の写真などを紹介します。


街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

ベトナムのハノイとホーチミンの間にダナンというベトナム第3位の都市があります。ダナンから南にバスで1時間ほどの場所に、ホイアンという街があります。ホイアンはとても小さな街ですが、街中が世界遺産になっていて、建物がとにかくとても可愛いんです!歩くだけでもとても楽しい気分になるので、街歩きが大好きな人にぴったりの場所です。


【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

広州観光と言ったらやっぱり広州タワーです。でも一見して広州タワーの周りって、大きな広場とちょっとした出店の他はみんなオフィスビル。広州タワーの近くでお食事やお茶できる場所ってないの?実は、広州タワーの「真下」にたくさんのグルメスポットがあるんですよ。今回は、広州タワー観光時に役立つ地下街に関する情報をまとめていきます。


スープを頼むともれなくパンがついてくるカフェとは?シンガポールのcedeleで休憩してきました!

スープを頼むともれなくパンがついてくるカフェとは?シンガポールのcedeleで休憩してきました!

今回cedeleというカフェに行ってきました。シンガポールのあちこちに展開しているチェーン店です。テーブルでカフェラテを飲みながら休んでいると、多くの人が共通のものを注文していることに気づきました。テーブルにある、大きなボールと美味しそうなパン。このカフェの面白いシステムについてご紹介します。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング