アメリカ旅行にポケットwifiはレンタルしておくべき!?空港やホテルから公共のwifiスポットまで徹底的に解説します!

アメリカ旅行にポケットwifiはレンタルしておくべき!?空港やホテルから公共のwifiスポットまで徹底的に解説します!

短期旅行や出張であれば、ポケットwifiレンタルがおすすめですが、頻繁にネットを使わない人や留学や仕事で長期滞在する場合、現地のネット事情や無料wifiスポット情報は大変便利です!空港やホテル、駅やカフェなどのwifiスポットだけでなく、アメリカでおすすめのsimカードまで現地在住ライターがどこよりも詳しく解説します!


海外旅行で人気のアメリカ本土に行く時に知っておきたいことが、wifiなどのネット情報です。短期間のビジネスや旅行中でもネットにアクセスして日本の家族とメールしたり、現地の情報を収集したりするためには、ネットアクセスが大切なツールになりますよね。
なかには海外旅行の際に万全の準備をして、日本からwifiレンタルをする人も少なくありません。しかしアメリカのwifi事情は日本以上に充実しているため、無料スポットを把握しておけば滞在中は無料でネットアクセスが可能です。
では早速ですが、アメリカ本土のwifiやネット事情について詳しく見ていきましょう。

アメリカのインターネット事情

日本ではiPhoneをはじめとしたスマホ利用者がとても多いですよね。携帯会社のプロバイダーではネット使い放題などのお得なプランがとても人気になっています。
アメリカでももちろんスマホは普及しています。しかしアメリカではiPhone以外のユーザーもとても多く、人気があるのはサムスン、HTC、LG、モトローラ、ノキアなどお手頃なスマホが人気です。
日本でよく見られる新規加入するとスマホが無料というキャンペーンも行っていますが、このような特典は2年間契約の縛りがあるなど、日本と似ている部分もあります。携帯電話の料金はネットや通話、ショートメールなど全部使い放題にすると、日本円で約6千円前後。
またスマホ普及率は年々増加して、現在はアメリカ国民の77%がスマホを利用していると言われています。
アメリカでも携帯の月額料金は決して安くはないため、データ量を設定して月額料金を抑える利用者がとても多いことが特徴。また使用量が少ない人にはプリペイドカードで契約できる携帯電話も人気があります。
そこで大切になるのが街中のフリーwifiスポット。アメリカでは大手のスーパーやモール内でフリースポットがあり、小さなカフェでも使える場合があります。アメリカではフリーwifiスポットを「wifi hotspot」と呼び、対応しているお店の入り口にはシグナルのwifiマークが表示されています。
ほとんど無料で使えますが、なかには現地のケーブルテレビ会社が運営するwifiネットワークがありますので、接続する時に会員専用のパスワードが必要になることも。

主なフリースポット

旅行をした時に便利に使えるオススメのフリースポットを見ていきましょう。

空港

最初に到着するのが空港。アメリカ国内の空港ではwifi接続が無料となっています。空港によっては時間制限があり30分間のみなど、場所によって違いあるので事前にチェックしておきましょう。
ちなみにロサンゼルス空港では無料時間が45分となっています。アメリカ国内の空港は「boingo」と呼ばれるアクセスポイント名になっていますので、探す時の参考にしてください。

ホテル

ホテルのwifiは無料で使えるチェーン店と有料になるホテルがあります。予約の際に必ず確認しておきましょう。ホテル側では無料wifiを売り文句にしているところがたくさんあります。
有料ホテルが思ったより多いことに驚く方もいるでしょう。wifiは接続が悪くて、客室から出てロビーに行かないと使えないこともたまにあります。

レストラン

大手のチェーンレストランでは店舗によってフリースポットを提供している場合があります。滞在中にレストランに行く場合はぜひ参考にしてくださいね。applebee's ・Arby's ・Denny's ・ IHOP Hooter's など。お店のサイトで、行く前に確認しておきましょう。

ファーストフード

アメリカに行ったらハンバーガーは絶対に食べたい!そんな人にとってもファーストフードのフリースポットはとても助かりますよね。アメリカではレストランよりもファーストフードの方がフリースポットは多く利用できます。
ドリンクだけを買って店内でネット接続した方がお得なことも。主に提供している有名ファーストフードは以下の通りです。
マクドナルド 
サブウェイ 
ウェンディーズ 
タコベル 
デイリークリーン 
ソニックドライブイン 
ハーディーズ 
ジャックインザボックス 
ファットバーガー 

マクドナルドはアメリカ国内で一番店舗数が多いハンバーガーチェーンで、しかも全店舗で無料wifiが利用できます。

スタバ

アメリカではじめて飲食店の無料wifiをスタートしたのがスタバ。オープンカフェでPCを使っている人などをよく見かけますが、無料で時間制限もありませんのでコーヒー一杯でネットアクセスできる便利なスポットです。またスタバを始めとするカフェでは、電源コンセントもありますので万が一の時にも助かりますね。

公園内

ニューヨークのセントラルパーク、バッテリーパーク、タイムズスクエア、またグランドキャニオンやロスのサンタモニカ、サードストリードプロムナードなどのエリアでも無料でネット接続ができます。お店の中に入らなくてもこのような有名観光スポットはしっかり設備が整っています。

旅行中に使う有料wifiについて

観光スポットの西海岸や東海岸やラスベガスなどは、ほぼどこに行っても無料wifiが使えるスポットがあります。しかしちょっと離れた田舎町に行くときはちょっと心配ですよね。
そんな時に便利に使えるのは現地携帯会社が販売するプリペイド式のポケットwifiです。公共の無料スポットとは違うので、多少接続がしにくい時や速度が遅い場合もありますのでご注意ください。また現地で購入するため英語が苦手な人にはちょっと不安かもしれません。

アメリカにもあるの?現地のネットカフェ情報

日本や韓国でおなじみのネットカフェですが、アメリカではまだそれほど普及していません。PCを持っていない人がネットアクセスするには、近所の図書館に行くかもしくはホテル滞在者専用のPCを使う方法が一般的となっています。
ネットカフェとしてネットアクセスができるお店は少なくて、自分のPCを飲食店に持ち込んで利用するケースがほとんど。データのアップデートやセキュリティー、また盗難や損傷の恐れもあるため、ネットカフェはアメリカではビジネスとしてあまり人気がないようです。
フロリダ州、オハイオ州、カリフォルニア州の一部では州の議会がネットカフェを禁止する条例を制定しているところも。これは規制外のカジノとして利用される可能性があるためと言われています。

アメリカでネットをする際に注意したい点

アメリカで無料wifiに接続する際ですが、店舗数が多いスタバやマクドナルドではアクセスポイント名が「スタバ」や「マクドナルド」とはなっていません。設定画面でロックがかかっていないアクセスを選んで使用することになりますので、お店の名前で探さないように注意しましょう。
「attwifi」などプロバイダー名になっているので、わからない時はお店の店員さんに確認すると安心ですね。また日本のスマホを海外設定に変えて現地で使う場合、通話は着信するだけで料金がかかってしまいます。
発信料金はさらに高額になり、メジャーな日本のプロバイダーではアメリカと日本の1分間の通話料は140前後となりますので高額請求にならないようにご注意ください。また現地で無料wifiに接続する際も、セキュリティーの問題がありますのでオンラインバンキングなどはなるべくしないこと。
旅行先の情報収集等として使うと安心ですね。万が一ホテルやレストランの予約でクレジットカードが必要になる際は、できれば電話でやりとりしたほうが安全です。

まとめ

アメリカに旅行する際や出張の場合、いつでもネットにアクセスする必要があるなら日本からレンタルwifiを準備したほうが確実です。しかし旅行中は普段よりもネットアクセスをしないという人なら、無料wifiスポットがあちこちにありますので、観光がてらに探してみるのも良いでしょう。
また観光する地域によっては無料wifiスポットが少ないエリアもあります。このような場合は滞在するホテルでネットアクセスができるかなども事前にチェックして、快適な海外旅行にしてくださいね。
日本のプロバイダーで海外でのデータを使い放題プランにすると、使用の頻度に関係なく1日あたりのパケット料金が発生します。節約するなら、現地の無料wifiだけでも十分に日本とやりとりができるでしょう。

この記事のライター

トラベルクリップは世界中の観光情報、フード、ホテル、ショッピング、交通などリアルで役に立つ情報を発信しています!

関連するキーワード


アメリカ 海外wifi

関連する投稿


ステーキだけじゃないテキサス料理!日本ではあまりなじみのないテックス・メックス料理の魅力に迫る

ステーキだけじゃないテキサス料理!日本ではあまりなじみのないテックス・メックス料理の魅力に迫る

テックス・メックス料理という言葉を聞いたことがあるでしょうか。テックスはテキサス、メックスはメキシカンから来ており、要は「テキサス風のメキシコ料理」のことです。日本ではあまり見かけないですが、日本人の口に合うものや、テキサス独自にアレンジされたものもあります。今回はそんなテックス・メックス料理の魅力を少しご紹介します。


1日の始まりは朝食から!ダラス近郊で朝食やブランチが楽しめるおすすめカフェ3選!

1日の始まりは朝食から!ダラス近郊で朝食やブランチが楽しめるおすすめカフェ3選!

アメリカ人は朝食が大好きで割としっかり食べます。忙しい平日は簡単に済ませてしまう場合も多いですが、休日などにはブランチとして、ゆっくり時間をかけて、レストランでしっかりした食事を楽しむ人が多いです。今回はそんなアメリカ式の朝食、ブランチを楽しめるお店をいくつかご紹介したいと思います!


ハワイでビーチ雑貨を買う!まず行って欲しいのがハワイとビーチに特化した雑貨店のサンド・ピープル!

ハワイでビーチ雑貨を買う!まず行って欲しいのがハワイとビーチに特化した雑貨店のサンド・ピープル!

今回はハワイのオアフ島ワイキキ周辺でとてもかわいいビーチ雑貨が買えるサンド・ピープルというお店を紹介します。ハワイではたくさんのビーチ雑貨が買えますが、特に日本人の好みにぴったりのおしゃれ雑貨店といえばサンド・ピープルなんです。私もハワイに行くと必ず何度も立ち寄ってしまうかわいいお店なんです!


貧しい地域に健康な食事を!超健康的アメリカン弁当が食べられるエブリテーブルでランチを食べてみた!

貧しい地域に健康な食事を!超健康的アメリカン弁当が食べられるエブリテーブルでランチを食べてみた!

今回紹介するエブリテーブルというお店は、ロサンゼルス内でより貧しい層が住むサウスロサンゼルスエリアの人々の健康を助けるために作られたお店です。貧しい地域ではファーストフードが人気で、健康に良くない食事によって病気になってしまう人が多いです。そんな問題を解決するため、低価格で体に優しい食事を売り出したお店を紹介します。


旅行中には注意も必要!危険なエリアで有名なサウス・ロサンゼルスを車で走ってみた

旅行中には注意も必要!危険なエリアで有名なサウス・ロサンゼルスを車で走ってみた

今回は、ロサンゼルスの行っては行けない危ない地域について紹介します。楽しいことがたくさんあるロサンゼルスではありますが、実際住んでいて怖い事件を毎日のように耳にする危険な街でもあるんです。今回の記事ではロサンゼルス内で比較的安全な地域や行ってはいけない危ない地域、また治安の悪い地域を見分ける方法を紹介します。


最新の投稿


【ベトナムホーチミン】ローカルスパでオイルマッサージとボディスクラブを初体験!!

【ベトナムホーチミン】ローカルスパでオイルマッサージとボディスクラブを初体験!!

ベトナムに来てから、ベトナムはマッサージ天国なんだよ〜多くの人が教えてくれました。いいサービス、良心的な価格でリラックスできる娯楽として海外から来た人だけでなく、ローカルの人々もたくさん利用しているようです。今回は私が現地の女性たちに連れて行ってもらったローカルのCoconut Spaというマッサージ屋さんを紹介します


コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

インドネシアはコーヒーの生産量・輸出量が世界第三位です。コーヒー栽培は植民地支配していたオランダが持ち込んだものですが、インドネシアの気候にあい地域や各島ごとに特徴あるコーヒーが作られています。国内のコーヒーメーカーも多く、インドネシア人が気軽に楽しむ、インドネシア独特の飲み方のコーヒーから、若いオーナーがこだわってブレンドしたコーヒーを出すカフェ、インスタ映えするお洒落カフェまで様々です。おなじみスターバックスでもインドネシア各地のコーヒー豆を使ったコーヒーもだされているので、ジャカルタにきたらコーヒー好きの人には天国です。インドネシアのお土産として最適なコーヒーや、幻のコーヒー、今話題のカフェなどを紹介します。


人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

自然いっぱいのマウイ島を満喫するために自転車をレンタルしてみました!出だし好調でしたが思った以上に登り坂が多く苦戦!運動不足の足が悲鳴をあげながら、美しい海と平原を冒険してきました!今回はラハイナ地区のマップ、マウイ島でのバイクレンタルの価格、またサイクリング中に見つけた美しい景色の写真などを紹介します。


街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

ベトナムのハノイとホーチミンの間にダナンというベトナム第3位の都市があります。ダナンから南にバスで1時間ほどの場所に、ホイアンという街があります。ホイアンはとても小さな街ですが、街中が世界遺産になっていて、建物がとにかくとても可愛いんです!歩くだけでもとても楽しい気分になるので、街歩きが大好きな人にぴったりの場所です。


【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

広州観光と言ったらやっぱり広州タワーです。でも一見して広州タワーの周りって、大きな広場とちょっとした出店の他はみんなオフィスビル。広州タワーの近くでお食事やお茶できる場所ってないの?実は、広州タワーの「真下」にたくさんのグルメスポットがあるんですよ。今回は、広州タワー観光時に役立つ地下街に関する情報をまとめていきます。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング