ドイツ人が行くドイツの観光地トリーアでおすすめの美味しいレストランをご紹介!

ドイツ人が行くドイツの観光地トリーアでおすすめの美味しいレストランをご紹介!

ドイツ西端にある美しい古都トリーア。ドイツ人がこぞって観光にやってくるドイツのこの知られざる名所で、観光のお供にぜひ活用してほしいレストランをいくつかご紹介します。食レベルが高くないとされるドイツでも、きちんとリサーチすれば美味しい食事にありつくことができるんです。トリーア観光の参考に、ぜひチェックしてみてください!


トリーア(Trier)市は、ドイツ西端のラインラント・プファルツ州に属する小さな田舎町です。日本語では「トリール」と表記されることもあります。人口は10万人ほどのこの小都市は、実はドイツ人にとっては大切な町なんです。というのも、トリーア市はドイツ最古の都市と言われており、貴重な文化遺産や史跡などが多く残っているからです。

日本人にとっての奈良のような存在と言えばイメージしやすいかもしれません。特に中高年層のドイツ人が好んで観光にやってくる場所として、町の規模の小ささにも関わらず、ドイツ国内での知名度はかなり高くなっています。

今回はそんなトリーアでの観光を楽しみたいという人に向けて、おすすめのレストランやカフェをいくつかご紹介したいと思います。お腹を満たして観光のためのエネルギーを蓄えましょう!

トリーア市の大聖堂

ちょっと贅沢したいならシュレマー・オイレへ!

シュレマー・オイレ(Schlemmer Eule)は直訳すると「グルメふくろう」というチャーミングな名前のレストランです。トリーア大聖堂があるドーム広場からほど近く、しかしひっそりと人目を避けるような場所に位置しています。

ドーム広場からひとつアーチをくぐると、すぐ右手には市立図書館があり、その真向かいにシュレマー・オイレがあります。しっかり地図で下調べをしていかないと発見しにくいかもしれません。迷いそうなら図書館の位置を町の人に尋ねてみましょう。

シュレマー・オイレの入り口

店内は高級感のあるインテリアでシックにまとめられています。暖かい季節には屋外テーブルでの食事を楽しむこともできます。ランチ営業もやっているので、お昼に日差しを感じながら食事をするのもいいかもしれませんね。

メニューはドイツ料理からフレンチ、イタリアンなどが融合し、幅広いバリエーションがあります。コース・メニューもア・ラ・カルトでの注文も可能です。

私たちは前菜とメインをひとり一皿ずつ注文し、ちょうどいい満腹感を得られました。その季節に旬な食材を生かしたメニューが多い印象です。どれも本当に美味しかったため、客人がトリーアに滞在している5日間の間に、私たちは2度このレストランに足を運びました。

お酒が好きな方は、この地域の特産品であるモーゼル・ワインも一緒に楽しむことができますよ。

カキのグラタン風


席数はとても多いので、予約なしで飛び込みでも待ち時間なく座れます。ちなみにお値段はひとり2皿プラス飲み物で50ユーロ弱でした。ドイツのレストランとしては、これはかなりお高めです。それでもそれだけの価値のあるクオリティーを提供してもらえたと思います。

お得に美味しい食事を楽しみたいという方は、平日の昼間に行くとリーズナブルなコースメニューがあるそうです。

普段使いにするには少々敷居の高いレストランですが、来客時や特別な日の食事にはぴったりです。

店舗詳細情報
住所:Domfreihof 1B, 54290 Trier
電話:+49 (0)651 73616
営業時間:12:00から14:30、18:00から22:00、毎週日曜定休日

カジュアルなレストランで食事したいならカルトフェル・レストラン・キステへ!

カルトフェル・レストラン・キステ正面入り口

店名にあるカルトフェル・キステ(Kartoffel Kiste)とはドイツ語で、「ジャガイモの箱」という意味です。カルトフェル・レストラン・キステはその名の通り、ジャガイモ料理を専門に扱っているレストランです。

トリーアの旧市街に位置し、いつも大勢のお客さんで賑わいを見せています。観光客だけではなく、地元の人々も通う、トリーアの超定番となっている人気店です。

ドイツと言えばジャガイモ料理ですよね。カルトフェル・レストラン・キステでは、注文を決めかねて困ってしまうほど大量のメニューが用意されています。どれももちろんジャガイモをふんだんに使ったドイツ料理です。どのメニューもボリュームたっぷりなので、ひとり一皿でお腹いっぱいになります。それぞれの値段が10ユーロ前後とリーズナブルなので、気軽に足を運ぶことのできるレストランです。

観光客対応も見事にしていて、席に着いたとたん店員さんに「コンニチハ」と日本語で声をかけられることもしばしば。お願いすれば日本語で説明の載っているメニュー表を貰うこともできます。

屋内と屋外それぞれにかなり広いテーブル席エリアがあるので、混んでいても並んで待つことはありません。ただし、とても人通りの多いエリアに位置しているため、屋外の通りに面した席に座るのは少々気恥ずかしい気もします。通行人に食事風景をがっつりみられる危険もあるので、私個人としては屋内の席に着いてゆっくり食事をする方が好きです。

リーズナブルな価格で満足の行く味を提供してくれますし、何と言ってもメニューの豊富さから、リピート率が高くなるレストランです。

店舗詳細情報
住所: Fahrstraße 13-14, 54290 Trier
電話:+49 (0)651 9790066
営業時間:毎日11:00から23:30

お肉料理が食べたい!という人は迷わずレストラン・ブラスリーへ!

レストラン・ブラスリー外観

トリーアの旧市街ど真ん中にあるレストラン・ブラスリー(Restaurant Brasserie)では、美味しいお肉料理を堪能できます。ロースト・ビーフや牛肉のタルタルなど、バリエーション豊かなメニューに新鮮で上質なお肉が使われていて、肉食系の人にはたまらないレストランです。もちろん、モーゼル・ワインもお肉のお供に楽しめますよ。

価格帯は中の上といった感じで、前項でご紹介したシュレマー・オイレよりはずっと安く、カルトフェル・レストラン・キステよりは少々お値段が張ります。

トリーアのメインとなるショッピング・ストリートに位置しており、たくさんある観光名所からもほど近く、観光客にも地元の人々にとっても、非常に便利な立地です。

暖かい季節には屋外の席での食事をおすすめします。美しい旧市街の風景の中に溶け込んで食べる食事は格別です。冬にはしっかり屋外ストーブがたかれるので、屋外の席を利用するお客さんの姿も見かけますが、ドイツの冬はとても冷え込むので、やはり冬場は屋内の席でゆっくり食事を楽しむことをおすすめします。

店舗詳細情報
住所:Fleischstraße 12, 54290 Trier
電話:+49 (0)651 978000
営業時間:毎日11:00から0:00

食後のコーヒーは店を変えて楽しもう!おすすめはモンド・デル・カフェ!

モンド・デル・カフェ外観

食後のコーヒーを飲みたい場合や、観光途中でちょっと一息つきたいときなどにおすすめなのが、モンド・デル・カフェ(Mondo del caffe')です。イタリア語の店名を誇らしげに掲げるこちらのお店はコーヒーの専門ショップで、クオリティーの高いメニューが揃っています。

カルトフェル・レストラン・キステの三軒隣りにあるので、ジャガイモ料理を堪能した後にコーヒーを飲みにこちらに立ち寄るというコースも良いですね。

しっかりときめの細かいミルクのスキューマが魅力のカプチーノが、私のお気に入りです。普通の白砂糖に加えて、シナモン風味のついた茶色い砂糖が常備されているのも嬉しいポイントです。夏場には、ドイツではあまり浸透率の高くないアイス・コーヒーも提供されています。

モンド・デル・カフェのカプチーノ

ドイツで「アイス・カフェ」というと、コーヒーの上にアイスクリームが乗っかったものが出てきてしまうので注意が必要です。いわゆる普通のアイス・コーヒーが飲みたい場合は、このお店ではイタリア語で「カフェ・フレッド」と注文しましょう。

コーヒーのお供にサービスされる小さなチョコレートや一枚のビスケットもとても美味しいので、ぜひ残さず食べてみてください。店内には、目移りしてしまうようなチョコレート・ボンボン各種も売られていますので、おやつに少しだけ甘いものを…という時におすすめです。

がっつり食べたいのならカウンターにあるショーウィンドウにケーキが数種類並んでいますので、しっかりカロリーを摂ることもできますよ。

少し開けた広場に位置しているお店で、屋外の席には日を遮ってくれる大きなパラソルも立っているので、夏場に屋外の席に座ると、とても気持ちのいいひと時を過ごすことができます。席数は屋内外ともに多いので、長居をしても嫌な顔はされません。

店舗詳細情報
住所: Fahrstraße 10, 54290 Trier
電話:+49 (0)651 700293
営業時間:月曜から土曜8:30から19:00、日曜11:00から18:00

コーヒーよりもケーキのバリエーション重視ならカフェ1900へ!

カフェ1900外観

ドリンクのバリエーションよりもケーキのバリエーションを重視する人にはカフェ1900をおすすめします。こちらも旧市街中心部に位置しており、地元の人々の利用率がとても高いお店です。

常にたくさんの種類のケーキがショーウィンドウに並んでおり、甘党の人々から愛され続けています。ケーキはどれもとてもボリューミーなので、食後のデザートに…という感じではありません。ある程度、胃のスペースに余裕があるときに立ち寄っていただきたいお店です。

昔ながらのドイツ風ケーキの数々を、高級感溢れるインテリアでまとめられた店内で味わえるので、午後のおやつタイムに休憩を取りに行くのにぴったりです。ちょっと贅沢な気分でお茶を楽しむことができます。

店舗詳細情報
住所:Brotstraße 27, 54290 Trier
電話:+49 (0)651 17042030
営業時間:月曜から土曜9:00から19:00、日曜11:00から19:00

まとめ

トリーア宮殿(Kurfürstliches Palais)

ドイツは物価の安い国ではありますが、トリーアは小さいながら歴史的背景からとても重要な観光都市でもあるので、旧市街や観光スポット近くの飲食店はあまり安くはありません。

それでもそれぞれのニーズに合わせて、カジュアルなレストランから高級なお食事が楽しめるお店まで、幅広く揃っているので、その日の気分とお財布事情から選択肢を決めることをおすすめします。

特に青空が広がる晴れた日には、ユネスコ世界遺産にも登録されているトリーアの古い建造物群が輝きを増します。日本では決して知名度の高い都市ではありませんが、一見の価値ありの観光地です。

美味しい食事を楽しみながら、ぜひこの古き良きドイツの小都市を満喫していただきたいと思います。

この記事のライター

ヨーロッパ在住歴13年の経験を活かしてイタリア、スイス、ドイツ、フランスのちょっとディープな観光情報をお届けします!

関連するキーワード


ドイツ トリーア

関連する投稿


ドイツにあるリトル日本・デュッセルドルフでの日本食事情を赤裸々リポート!

ドイツにあるリトル日本・デュッセルドルフでの日本食事情を赤裸々リポート!

日本に中華街があるように、ドイツには有名な日本人が集まる町デュッセルドルフがあります。日本人の人口密度が異常に高いこの町で、ネット上で評判の日本食レストランをいくつか回ってきました。口コミサイトでの評価は果たして本当に信用できるのか?食べ歩きがライフワークと化している私が、率直な感想をこの記事で記したいと思います!


ドイツ最古の町トリーアで歴史ある美しい街並みを堪能するためのおすすめポイント

ドイツ最古の町トリーアで歴史ある美しい街並みを堪能するためのおすすめポイント

トリーアはドイツ最古の都市と言われる、ドイツ西端に位置する町です。その街並みはとてもかわいらしく、どこか女性的。インスタ映えスポットにも事欠きません。日本で言うところの奈良のような存在、ドイツの古都トリーアの観光名所を、私が実際に行ってみ良かったと思うものに厳選してご紹介します。ぜひ次回の旅行の参考にしてください!


ドイツのオペラ・フェスティバルに行こう!ロッシーニが愛したバット・ヴィルトバット

ドイツのオペラ・フェスティバルに行こう!ロッシーニが愛したバット・ヴィルトバット

静かな癒しメインのバカンスを送りたい人におすすめしたい温泉町バット・ヴィルトバットでは、毎年夏にオペラ・フェスティバルが催されています。この地を愛したイタリア人作曲家ロッシーニの音楽と共に、森林浴や温泉、美味しい食事で身も心も浄化されるようなひと時を過ごすことができるバット・ヴィルトバットを、詳しくご紹介します!


ドイツのクリスマスマーケットへ行こう!ラインラント・プファルツ州からレポート!

ドイツのクリスマスマーケットへ行こう!ラインラント・プファルツ州からレポート!

冬のドイツの一大イベントとなっているクリスマス・マーケットを、ドイツ西端のラインラント・プファルツ州からレポートします!かわいらしい小物や装飾品の数々に、イミネーションで彩られた古い街並みは、歩いているだけでとても楽しい気分にさせてくれます。日本では味わえないヨーロッパならではの伝統行事を、存分に楽しみましょう!


空港から市内まで乗り継ぎ5時間あれば散策できる♪フランクフルトの街探検

空港から市内まで乗り継ぎ5時間あれば散策できる♪フランクフルトの街探検

フランクフルトといえば、空港と金融街がひしめくビジネスの街ですが、意外に観光名所やショップ・レストランが中心部にも集まっているので、観光やお買い物もしやすい街です。何と言っても空港からのアクセスが15分だけで中央駅に着いてしまうので、観光を兼ねて乗り継ぎに5時間あれば、外に出てまた空港に戻ってくることが可能です!


最新の投稿


日本にも進出して大人気?韓国ソウルで本場の雪氷(ソルビン)に行ってきました!

日本にも進出して大人気?韓国ソウルで本場の雪氷(ソルビン)に行ってきました!

韓国は豪華なかき氷デザートが有名ですが、今回、韓国の明洞で、「Korean Dessert Cafe(コリアンデザートカフェ)雪氷(ソルビン)」に行ってきました。このお店はローカルの友達が連れて行ってくれました。実際に本場のかき氷を試してみて、日本のかき氷とは違う豪華な盛り付け、ふわふわのかき氷に大満足でした!


【中国広州】プチプラでトレンドの服がいっぱい!公園前駅地下のショッピングモールで超お得にお買い物しちゃおう

【中国広州】プチプラでトレンドの服がいっぱい!公園前駅地下のショッピングモールで超お得にお買い物しちゃおう

中国広東省広州市は、日本と比べると物価は安めです。でも安いのは主にグルメと交通費。地価の値上がりと共にファッションアイテムは年々値上げの傾向にあり、案外日本と変わらなかったりします。今回はそんな中国広州で、地元の若者に大人気の「トレンドでしかもプチプラなお洋服がたくさん手に入る激安ショッピングスポット」をご紹介します。


芸術に触れたかったら、メキシコ「サンミゲル・デ・アジェンデ」はおすすめ!

芸術に触れたかったら、メキシコ「サンミゲル・デ・アジェンデ」はおすすめ!

芸術家やアーティストを目指す学生の街として知られているメキシコ「サンミゲル・デ・アジェンデ」。観光地としても人気で、アメリカから日本から多くの人が訪れます。メキシコ特有のカラフルな街並みに加え、どこかロマンティックでセンスが光る雰囲気が心地良い。散策で感性が磨かれていくような気分にさせられる、素敵なこの街を紹介します。


タイの軽井沢「カオヤイ」でキャンプに挑戦!カオヤイのキャンプ場には鹿がたくさん!

タイの軽井沢「カオヤイ」でキャンプに挑戦!カオヤイのキャンプ場には鹿がたくさん!

バンコクから車で3時間のところにあるカオヤイ。自然豊かなところで、タイの軽井沢なんて呼ばれているほど。今回初めてカオヤイでキャンプをしたのですが、キャンプ場にはなんと鹿がたくさん!人間慣れしている鹿さんたちとの寝泊まりは新鮮で楽しかったです。ナイトサファリなども体験したので、カオヤイキャンプをレポートしたいと思います。


【超穴場!未就学児にオススメ!】韓国ソウル近郊にある、こども職業体験テーマパーク「リッソビル」

【超穴場!未就学児にオススメ!】韓国ソウル近郊にある、こども職業体験テーマパーク「リッソビル」

ソウルのこども向けお仕事体験テーマパークと言えば、日本でもおなじみの「キッザニア」をはじめ、複数あります。こどもにとっては、普段なかなか体験することのない大人のお仕事を実際に体験できるとあって、人気が高く、どの施設も週末は混雑しています。今回は、その中でも格安で人も少なめの超穴場な施設をご紹介したいと思います。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング