オーストラリア最大のショッピングセンター”チャドストーンショッピングセンター”へ行こう♪

オーストラリア最大のショッピングセンター”チャドストーンショッピングセンター”へ行こう♪

”チャドストーンショッピングセンター(Chadstone shopping centre)"を知っていますか?オーストラリア最大550店舗以上のお店が入っていて、お買い物を楽しむならココが一番!メルボルン市内から20分、しかも無料で行ける方法を詳しくご紹介します!


チャドストーンショッピングセンター(Chadstone shopping centre)って?

とっても大きくきれいなショッピングセンターです!

チャドストーンショッピングセンター(Chadstone shopping centre)とは、オーストラリア最大のショッピングセンターで、一説によると南半球最大とも言われています。ショッピングセンター内には、550店舗を超える様々な種類の専門店が入っており、¥オーストラリア国内で主要な店舗のほとんどが入っているといっても過言ではありません。大きな二階建ての建物で、外には1万台を収容できる駐車場が完備されています。

どんなお店が入っているの?

日本に店舗がないのにお洒落さんに大人気。ビクトリアシークレットも入っています!

ファーストフード店からハイブランドまで幅広い分野の店舗が入っています!

factorie(ファクトリー)・Dotti(ドッティ)・Foever new(フォーエバー ニュー)など100店舗以上のファッションに関する店舗がずらりと軒を連ねています。海外らしく色が華やかだったり、露出が多めだったりする服が売られていますので見ているだけでも楽しいですよ!

ハイブランドは、ルイヴィトン・シャネル・ティファニー・グッチなど誰もが一度は耳にしたことのある有名ブランドが20店舗以上!

ほかにも、インテリアや家電など家に関連する商品を扱う店舗が約25店舗、ロクシタンやボディショップなどの美容・健康関連が約65店舗、トイザらスをはじめとするお子様関連の店舗が約50店舗、あまりに広いためフードコートも二つあります。

日本でも見慣れたお店も数店舗入っていました。DAISO(ダイソー)・無印良品・ユニクロなどは日本と同じ商品を扱っていますので海外初心者の方も安心してお買い物ができますね。

これだけたくさんのお店があれば、あなたが気に入るものもきっと見つかることでしょう(^^)!
お土産のまとめ買いにもぴったりですね★

行き方は?

※オススメ!※ シャトルバスを使用する場合

ショッピングセンターの名前が書かれており、とってもわかりやすい!

イチオシの交通手段は、シャトルバスです。公式ホームページに時刻表が載っています。
https://www.chadstone.com.au/tourist-shuttle-bus
曜日によりますが、約一時間に一本のペースで運行しています。
所要時間はメルボルン市内から約20分から30分。
予約制で必ず席が確保でき、無料でショッピングセンターまで直行してくれます!

無料シャトルバスの予約方法

乗り場は数か所ありますが、今回はフリンダース駅の近くにあるFederation Square(フェデレーションスクエア)からの行き方をご説明いたします。

さきほどのホームページの中ほどにある”Click here to book Federation Square to Chadstone(フェデレーションスクエアからチャドストーンまでの予約はこちらをクリック)”をクリックします。
カレンダーより希望の日にち・時間を選択します。当日予約はできませんので事前に予約しましょう。

次に進むと、個人情報の入力画面になります。
必須項目である”First name(名前)”、”Last Name(名字)"、"Email(メールアドレス)"、”I agree to receive occasional special discount offers and deals(メールマガジンを送信してよいか。旅行者は不要ですのでNOと記入しましょう)”、”Country(日本を選択しましょう)"を記入し、確定ボタンを押せば予約完了です。

入力したアドレスに予約表が届いているか確認してください。

同じ手順で、”Click here to book Chadstone to Federation Square (チャドストーンからフェデレーションスクエアまでの予約はこちらをクリック)”から復路を予約しましょう。

停車場所を要チェック★

当日はフリンダース駅で降りて、バス停へ向かいましょう。
フェデレーションスクエア側の改札を出ると左手側にトラムの停車場、右手側に観光案内所と広場が見えます。

右手側にある横断歩道を渡り、観光案内所を超えて三分ほど歩くと、茶色のバス停目印が立っています。
実際の乗降場所は、なぜか交差点の別の角でした!
10メートルほどしか離れておりませんのでバス停付近で待っていればわかります。

バスは時間通りに出発するので余裕をもって到着しましょう。

公共交通機関を使用する場合

チャドストーンショッピングセンターの周りには、Oakleigh(オークリー)駅をはじめ5つの駅があり、そのそれぞれからバスが運行しています。

メルボルンシティからオークリー駅までは電車で約30分。オークリー駅はバスの発着数が一番多く約10分に一本出発しているので、公共交通機関を使う場合はオークリー駅で下車がお勧めです。

最寄り駅は、Hughesdale(ヒューズデール)駅になります。ヒューズデール駅はバスの発着数が少ないですが、10~15分ほど歩けばショッピングセンターに到着します。

電車で30分、バスで10分。計40分の旅路となります。交通費はどちらの駅で下車しても、Myki使用で往復8.2ドルです。(公共交通機関に乗る際はMyki(マイキー)という日本でいうSuica(スイカ)のようなものを購入しなければなりません。)

まとめ

メルボルンで買い物をするなら、とにかく店舗数が多いチャドストーンショッピングセンターで1日ですませてしうのが得策!(^^)
シャトルバスをうまく利用して、短時間でお買い物を楽しみましょう!

シャトルバスは基本予約制ですが、空席やキャンセルがあれば予約がない場合でも乗ることができますよ!

この記事のライター

オーストラリア在住(^^)ケアンズ、ブリスベン、メルボルン、アデレードなどオーストラリア中の情報をご紹介!

関連する投稿


パースのセカンドハンドショップ「グッドサミー」をかしこく利用して、海外生活を豊かに!

パースのセカンドハンドショップ「グッドサミー」をかしこく利用して、海外生活を豊かに!

オーストラリアには、慈善団体が運営しているセカンドハンドショップがたくさんあります。パースで一番有名なセカンドハンドショップ「グッドサミー」の店内を取材しました。中古品といっても、掘り出し物もたくさんあります。また、お店をかしこく利用して、パース生活をより豊かに楽しむ方法も紹介します。


慣れれば簡単&便利&早い!オーストラリアの大手スーパーのセルフレジを使ってみよう!

慣れれば簡単&便利&早い!オーストラリアの大手スーパーのセルフレジを使ってみよう!

日本の大手スーパーではセルフレジを見かけることも多くなりましたね。オーストラリアの大きなスーパーでも導入されています。オーストラリアの家族は一度にたくさん買い物をするので、自分は数個しか購入しないのにレジで長い時間待たなければならないなんてことも。そんなときはセルフレジを使えると便利です!


オーストラリアに観光に行くならオージー英語を覚えていこう!旅行中に役立つフレーズ5つ

オーストラリアに観光に行くならオージー英語を覚えていこう!旅行中に役立つフレーズ5つ

日本ではアメリカ英語が主流ですが、オーストラリア英語には独特の発音・言い回しがあり、他の英語圏から来た人もわからない表現が使われています。 今回は観光でオーストラリアに行った人が出会うであろう独特の表現を5つご紹介いたします。英語が苦手な人はもちろん、得意な方も必見です(^^)


西オーストラリアの港町フリーマントルで、シーフードを堪能するなら、フィッシュ&チップスを食べてみよう!

西オーストラリアの港町フリーマントルで、シーフードを堪能するなら、フィッシュ&チップスを食べてみよう!

パースでおいしいシーフードが食べたくなったら、フリーマントルへ行ってみましょう。ボートハーバーには、シーフードレストランがたくさんあり、港町の雰囲気を楽しみながら、おいしいフィッシュ&チップスが楽しめます。フィッシュ&チップスの味わい方や、そのほかのおすすめ料理も紹介します。


お土産にも!オーストラリア人が子供のころから食べている定番お菓子7選!

お土産にも!オーストラリア人が子供のころから食べている定番お菓子7選!

オーストラリアのスーパーには安価で美味しいお菓子がいっぱい!!滞在中に楽しむのはもちろんのことバラマキ用や義理土産にすれば費用も抑えられます。現地滞在中の日本人の私が実際に食べて美味しかったものだけを7選ご紹介いたします(^^)


最新の投稿


テーブルの上に置いてあるタイのおいしいお菓子「カノム トゥアイ」を食べてみよう

テーブルの上に置いてあるタイのおいしいお菓子「カノム トゥアイ」を食べてみよう

タイでよく見かける小さなお椀に入った食べ物。これはココナッツを使ったおいしいお菓子で、タイ人が大好きなもの。ラーメン屋やタイ料理屋のテーブルの上に置いてあることが多く、屋台で売られていることもあります。ココナッツプリンのようなもので日本人でもおいしくいただける味です。私もだいすきなカノム トゥアイについてご紹介します。


バンコクから約1時間!タイムスリップしたかのような雰囲気を楽しめるクレット島に行ってみた

バンコクから約1時間!タイムスリップしたかのような雰囲気を楽しめるクレット島に行ってみた

バンコク郊外にある観光地のひとつである「クレット島」。バンコク在住者は訪れたことのある人が多い場所です。どこか懐かしいような雰囲気で、昭和へタイムスリップしたかのような不思議な雰囲気を楽しめるのも魅力のひとつでしょう。都会の喧騒から離れ、癒されたい人にもおすすめの場所です。「クレット島」について詳しくみていきましょう。


今年は日本人が優勝!オレンジカウンティのハンティントンビーチで年に一度行われるサーフィンの大会!

今年は日本人が優勝!オレンジカウンティのハンティントンビーチで年に一度行われるサーフィンの大会!

アメリカ・カリフォルニア州のオレンジカウンティにあるハンティントンビーチは有名なサーフタウンです。ここで毎年8月に行われるサーフィンの大会、バンズオープンの決勝戦を見に行ってきました!美しいビーチでトップサーファーが目の前で見れてしまうこの大会!夏に南カリフォルニアに来る人は旅のプランにぜひ入れてもらいたいです。


バンコクの若者を中心に流行っているスイーツ2選!バンコクでおすすめのスイーツをご紹介

バンコクの若者を中心に流行っているスイーツ2選!バンコクでおすすめのスイーツをご紹介

バンコクには、おしゃれなスイーツやエンターテインメント性のあるスイーツなど、様々なアイディアスイーツがありますが、今1番バンコクで流行っていると言っても過言ではないスイーツショップが「After You」と「IceDEA」です。話題性としては今のところ2トップでしょう。それぞれのおすすめメニューなどをご紹介します。


不思議なほどのエメラルドグリーンに輝くスイスのブラウ・ゼーで癒しのひと時を!

不思議なほどのエメラルドグリーンに輝くスイスのブラウ・ゼーで癒しのひと時を!

アルプスの大自然が作り出す神秘の光景を楽しむことができる、スイスのブラウ・ゼー。公共交通機関を使ってのアクセスが容易なのも魅力です。スイス観光の拠点となるインターラーケンから一歩足を延ばして、妖精でも出てきそうな独創的な雰囲気を楽しみに出かけてみませんか?この記事では私のブラウ・ゼー初体験を詳しくレポートします!


最近話題のキーワード

トラベルクリップで話題のキーワード


タイ バンコク メキシコ カンクン クレット島 韓国 市場 パタヤ