オーストラリア最大のショッピングセンター”チャドストーンショッピングセンター”へ行こう♪

オーストラリア最大のショッピングセンター”チャドストーンショッピングセンター”へ行こう♪

”チャドストーンショッピングセンター(Chadstone shopping centre)"を知っていますか?オーストラリア最大550店舗以上のお店が入っていて、お買い物を楽しむならココが一番!メルボルン市内から20分、しかも無料で行ける方法を詳しくご紹介します!


チャドストーンショッピングセンター(Chadstone shopping centre)って?

とっても大きくきれいなショッピングセンターです!

チャドストーンショッピングセンター(Chadstone shopping centre)とは、オーストラリア最大のショッピングセンターで、一説によると南半球最大とも言われています。ショッピングセンター内には、550店舗を超える様々な種類の専門店が入っており、¥オーストラリア国内で主要な店舗のほとんどが入っているといっても過言ではありません。大きな二階建ての建物で、外には1万台を収容できる駐車場が完備されています。

どんなお店が入っているの?

日本に店舗がないのにお洒落さんに大人気。ビクトリアシークレットも入っています!

ファーストフード店からハイブランドまで幅広い分野の店舗が入っています!

factorie(ファクトリー)・Dotti(ドッティ)・Foever new(フォーエバー ニュー)など100店舗以上のファッションに関する店舗がずらりと軒を連ねています。海外らしく色が華やかだったり、露出が多めだったりする服が売られていますので見ているだけでも楽しいですよ!

ハイブランドは、ルイヴィトン・シャネル・ティファニー・グッチなど誰もが一度は耳にしたことのある有名ブランドが20店舗以上!

ほかにも、インテリアや家電など家に関連する商品を扱う店舗が約25店舗、ロクシタンやボディショップなどの美容・健康関連が約65店舗、トイザらスをはじめとするお子様関連の店舗が約50店舗、あまりに広いためフードコートも二つあります。

日本でも見慣れたお店も数店舗入っていました。DAISO(ダイソー)・無印良品・ユニクロなどは日本と同じ商品を扱っていますので海外初心者の方も安心してお買い物ができますね。

これだけたくさんのお店があれば、あなたが気に入るものもきっと見つかることでしょう(^^)!
お土産のまとめ買いにもぴったりですね★

行き方は?

※オススメ!※ シャトルバスを使用する場合

ショッピングセンターの名前が書かれており、とってもわかりやすい!

イチオシの交通手段は、シャトルバスです。公式ホームページに時刻表が載っています。
https://www.chadstone.com.au/tourist-shuttle-bus
曜日によりますが、約一時間に一本のペースで運行しています。
所要時間はメルボルン市内から約20分から30分。
予約制で必ず席が確保でき、無料でショッピングセンターまで直行してくれます!

無料シャトルバスの予約方法

乗り場は数か所ありますが、今回はフリンダース駅の近くにあるFederation Square(フェデレーションスクエア)からの行き方をご説明いたします。

さきほどのホームページの中ほどにある”Click here to book Federation Square to Chadstone(フェデレーションスクエアからチャドストーンまでの予約はこちらをクリック)”をクリックします。
カレンダーより希望の日にち・時間を選択します。当日予約はできませんので事前に予約しましょう。

次に進むと、個人情報の入力画面になります。
必須項目である”First name(名前)”、”Last Name(名字)"、"Email(メールアドレス)"、”I agree to receive occasional special discount offers and deals(メールマガジンを送信してよいか。旅行者は不要ですのでNOと記入しましょう)”、”Country(日本を選択しましょう)"を記入し、確定ボタンを押せば予約完了です。

入力したアドレスに予約表が届いているか確認してください。

同じ手順で、”Click here to book Chadstone to Federation Square (チャドストーンからフェデレーションスクエアまでの予約はこちらをクリック)”から復路を予約しましょう。

停車場所を要チェック★

当日はフリンダース駅で降りて、バス停へ向かいましょう。
フェデレーションスクエア側の改札を出ると左手側にトラムの停車場、右手側に観光案内所と広場が見えます。

右手側にある横断歩道を渡り、観光案内所を超えて三分ほど歩くと、茶色のバス停目印が立っています。
実際の乗降場所は、なぜか交差点の別の角でした!
10メートルほどしか離れておりませんのでバス停付近で待っていればわかります。

バスは時間通りに出発するので余裕をもって到着しましょう。

公共交通機関を使用する場合

チャドストーンショッピングセンターの周りには、Oakleigh(オークリー)駅をはじめ5つの駅があり、そのそれぞれからバスが運行しています。

メルボルンシティからオークリー駅までは電車で約30分。オークリー駅はバスの発着数が一番多く約10分に一本出発しているので、公共交通機関を使う場合はオークリー駅で下車がお勧めです。

最寄り駅は、Hughesdale(ヒューズデール)駅になります。ヒューズデール駅はバスの発着数が少ないですが、10~15分ほど歩けばショッピングセンターに到着します。

電車で30分、バスで10分。計40分の旅路となります。交通費はどちらの駅で下車しても、Myki使用で往復8.2ドルです。(公共交通機関に乗る際はMyki(マイキー)という日本でいうSuica(スイカ)のようなものを購入しなければなりません。)

まとめ

メルボルンで買い物をするなら、とにかく店舗数が多いチャドストーンショッピングセンターで1日ですませてしうのが得策!(^^)
シャトルバスをうまく利用して、短時間でお買い物を楽しみましょう!

シャトルバスは基本予約制ですが、空席やキャンセルがあれば予約がない場合でも乗ることができますよ!

この記事のライター

オーストラリア在住(^^)ケアンズ、ブリスベン、メルボルン、アデレードなどオーストラリア中の情報をご紹介!

関連する投稿


ハーバー沿いの摩訶不思議な遊園地、ルナパークで異次元の世界に浸ってみる

ハーバー沿いの摩訶不思議な遊園地、ルナパークで異次元の世界に浸ってみる

ハーバーブリッジのたもとにあるレトロな遊園地、ルナパーク。1935年に開園したこの老舗遊園地は、一歩足を踏み入れるとその独特の世界観に引き込まれる異色スポットです。度肝を抜かれる巨大な「入り口」、シドニーのアイコンが一度に望める観覧車、見たことのない不気味なゲーム。。。摩訶不思議なルナパークの世界へようこそ!


【ブルーマウンテンズ・ファームステイ】子ども受け抜群!アルパカと戯れ、電車型キャビンに泊まる週末家族旅行

【ブルーマウンテンズ・ファームステイ】子ども受け抜群!アルパカと戯れ、電車型キャビンに泊まる週末家族旅行

シドニーの田舎には数多くのファームステイが点在しています。その中でも筆者一押し、ブルーマウンテンズの外れに佇むアルパカ牧場を詳しくご紹介します。都会の喧騒から離れて広大な自然の中で様々な動物に触れ合い、牧場内に寝泊まりしてみませんか?素朴な田舎暮らしの醍醐味を存分に味わえ、子どもたちが大喜びすること間違いなし!


”豪”に入っては”豪”に従え!?シドニー公立小学校・キンディーを徹底解説!

”豪”に入っては”豪”に従え!?シドニー公立小学校・キンディーを徹底解説!

シドニーの公立小学校1年目、子ども達は学校併設の幼稚園(キンディー)で学校生活のリズムに慣れていきます。入学式なし、給食なし、黒板なし、机なし!?ゆる〜いライフスタイルがご自慢の豪州、学校生活も例外ではありません。日本の小学校の常識を覆す、びっくり連続のオージー式小学校生活・キンディー編を詳しくご紹介します。


公共施設とは思えないおしゃれな空間!パース市立図書館を、居住者も旅行者もかしこく利用しよう!

公共施設とは思えないおしゃれな空間!パース市立図書館を、居住者も旅行者もかしこく利用しよう!

2016年にリニューアルオープンしたパースの図書館は、誰もが目を引くユニークな外観です。内部も、子どもからお年寄りまで、幅広い年齢層の人々が本に親しみ、勉強に集中できるスペースが充実しています。パースの住民に限らず、誰でも、無料でパソコンやWi-Fiが利用できるので、短期滞在の旅行者も、ぜひ足を運んで欲しいスポットです


ブリスベン最大級のお祭り!”ブリスベンフェスティバル”を無料で楽しみつくす方法!

ブリスベン最大級のお祭り!”ブリスベンフェスティバル”を無料で楽しみつくす方法!

ブリスベンでは毎年9月の1か月間、”ブリスベンフェスティバル”という芸術の祭典が開催されています!期間中には有名なサーカス団や劇団がブリスベンに集結★でもチケット代は50ドルなど少し高額で手が出せない、、(´・ω・`)無料でも楽しみたい!という方のために2017年の無料イベントをご紹介!来年以降の方にも参考になるはず!


最新の投稿


アメリカの大型日用品店ベッド・バス・アンド・ビヨンドで買ってもらいたいお土産9選

アメリカの大型日用品店ベッド・バス・アンド・ビヨンドで買ってもらいたいお土産9選

アメリカでメジャーな日用品を買えるお店の中で、今日はベッド・バス・アンド・ビヨンドを紹介します。このお店は安さよりも質のいい、生活に必要なものが売っているお店です。今回は日本からの旅行時に買って帰ってもらいたいおすすめのおみやげ9選を紹介します。また、女子必見のプチプラコスメ情報もあるので最後まで読んでくださいね。


主要建築物が効率よく見られる!デンマーク・コペンハーゲンのグランド・ボートツアー

主要建築物が効率よく見られる!デンマーク・コペンハーゲンのグランド・ボートツアー

飛行機の乗り継ぎ時間や、出張の合間の時間で、コペンハーゲンに滞在したいけど時間があまりない!というタイトスケジュールの方もいらっしゃるのではないでしょうか?そんな短時間滞在の際にお勧めしたいのは、コペンハーゲンの主要建築物が効率的に回って見られるボートツアーです。


ハーバー沿いの摩訶不思議な遊園地、ルナパークで異次元の世界に浸ってみる

ハーバー沿いの摩訶不思議な遊園地、ルナパークで異次元の世界に浸ってみる

ハーバーブリッジのたもとにあるレトロな遊園地、ルナパーク。1935年に開園したこの老舗遊園地は、一歩足を踏み入れるとその独特の世界観に引き込まれる異色スポットです。度肝を抜かれる巨大な「入り口」、シドニーのアイコンが一度に望める観覧車、見たことのない不気味なゲーム。。。摩訶不思議なルナパークの世界へようこそ!


中世ヨーロッパへタイムスリップ!百塔の町、プラハの紡がれた歴史を歩いて旅しよう

中世ヨーロッパへタイムスリップ!百塔の町、プラハの紡がれた歴史を歩いて旅しよう

赤い屋根で覆われたおしゃれな街並み。中世の空気を現在でも残す歴史を深く感じることのできる町。そして、尖塔の多さから百塔の町とも形容される、世界遺産にも認定された町プラハ。何度訪れても飽きることのない美しい町の景色がここにはあります。1000以上の歴史を紡ぎ、現代の私たちに見せてくれるその町の景色を歩いて旅しましょう。


スイスの美しい湖畔の小都市ルガーノでゆったり癒し系のバカンスを満喫しよう!

スイスの美しい湖畔の小都市ルガーノでゆったり癒し系のバカンスを満喫しよう!

イタリアとの国境からほど近くに位置するスイスの美しい都市ルガーノ。ゆっくりとした時間の流れる洗練されたスイス文化と、活気あるイタリア文化の良いところを混ぜ合わせたような、魅力あふれる町です。この記事では2年の滞在歴を活かして、ルガーノ周辺で楽しめるアクティビティから絶景スポットまで、私のおすすめ観光情報をご紹介します!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング