南米ボリビアには実は首都が2つあり、そして経済の中心地は別の都市という興味深い国!

南米ボリビアには実は首都が2つあり、そして経済の中心地は別の都市という興味深い国!

南米大陸のボリビア。近年ウユニ塩湖などで知名度が急上昇しました。そんなボリビアの首都はラパスで、世界で一番標高の高い場所にある首都として日本でも知られるようになりましたが、実は憲法上の首都は別の場所にあるということをご存知でしょうか?そして経済の中心地も別の場所にあります。そんなボリビア国内の都市事情についてご紹介!


ボリビアの首都ラパスは実質的な首都

世界で一番標高の高い場所にある首都

ボリビアの首都と言えばラパスだということは日本でも結構知られるようになっています。ドキュメンタリー番組や旅行番組などでラパスが紹介されることもあります。標高3800m、富士山の頂上と同じ高さに位置するこの町はアンデス山脈の盆地に位置していて壮大な景色を提供します。

実はそのラパスがボリビアの首都であることには間違いありません。大統領官邸など国家における重要な機関はすべてこのラパスにありますので実質上の首都であることに変わりありません。政治を動かしているのはこの町なので首都という認識になります。

ラパスの中心にある大統領府

ラパスの中心にあるムリージョ広場はラパスを観光する際にはぜひ行っておきたいスポットです。そこには大聖堂などと共に大統領府があります。なので、政治を動かしている実質的な首都は間違いなくこのラパスであることがわかります。ヨーロッパ調の建造物がいくつも残されています。

南米のボリビアでありながら少しヨーロッパの観光地を歩くような気分になれるのがこのラパスの特徴です。

すり鉢状の町から見える夜景もきれいです。

標高3800mの高山地帯に位置しているこのラパスは盆地で、すり鉢状の町になっています。すり鉢の頂上は4000mを超える標高になります。富裕層はすり鉢の一番下に住み、標高が上がってゆくにつれて治安が悪くなっていくようです。

日本なら富裕層は山のほうに住むものですが、このラパスでは逆だというのは興味深いです。このラパスは現在も実質上の首都として機能しています。実質上の首都というのは政治機関のほとんどがこの町にあるからですが、実は本当の首都はボリビアの別の場所にあります。

ボリビアの憲法上の首都スクレ

ボリビアの憲法上の首都かつ、世界遺産にも認定された白い街スクレ

ボリビアの首都はどこ?と聞かれればラパスと聞かれて間違いはありません。実質の首都はラパスだからです。しかし、本当の意味での首都はどこかと言われればスクレと答えてください。それが答えです。ボリビアの憲法上では首都はいまだにスクレとなっています。

このスクレは観光地としても知られています。ゴシック建築の建造物が多く残り、白く塗られたその町はユネスコの世界遺産にも認定されています。きれいなヨーロッパを思わせるような街並みは多くの観光客を魅了します。

街並みの美しさを保つために白い塗装が義務化

実はこのスクレの白い街並みを守るために建造物には白い塗装が義務化されているのも面白いところ。こうしてボリビアの世界遺産は守られています。このスクレは1800年代の後半までは本当にボリビアの首都でした。スペインの統治からの解放、独立の調印が行われたのもこの都市です。

そして、その独立にも貢献した初代大統領の名前にちなんでスクレとこの年を命名して首都として君臨しました。しかし、1800年代の後半に現在の実質上の首都ラパスを拠点として活動していた自由党がスクレを拠点としていた保守党政権を撃破。革命を成功させます。

そして、議会と政府の大半をラパスに移動させることに成功して実質上の首都として現在もラパスが君臨しています。そのためにスクレは実質の首都ではなくなりました。最高裁判所のみが今もスクレには残っています。なので、憲法上の首都スクレという呼ばれ方をしているのはそのためです。

1800年代の後半から現在に至るまで実質ラパスが首都として機能していますが、記念すべき独立からボリビアを支えたのはまぎれもなくこの美しい白い町として知られるスクレです。ボリビアの独立の歴史を垣間見れる貴重な場所です。ぜひボリビア旅行の際は立ち寄ってください。

そして、現在ボリビアの経済を支える町は実質の首都であるラパスでも憲法上の首都スクレでもありません。それもボリビアの非常に興味深いところです。

ボリビア経済を支える第二の都市サンタクルス

サンタクルスの中心の9月24日広場の教会

現在、ボリビア経済の中心でボリビアを大きく支えているのは第二の都市サンタクルスです。外資系企業が次々と進出してくるのもこの場所です。その要因としては首都ラパスにはもう開発できる土地がほとんど残っていません。山岳地帯の盆地、すり鉢状の町にはびっしりとビルや住居群が立ち並びます。

その一方、サンタクルスは広大な平野を持つ都市でまだまだ未開拓の土地が残っています。豊饒な土地がまだまだあり、ボリビアのほとんどの米や大豆、小麦やトウモロコシなどを栽培、出荷しています。また、牧畜や養鶏などもさかんに行っています。

山岳地帯からの移住者もぞくぞくとサンタクルスへ

経済発展に伴って仕事を求めて、また標高400mほどかつ暮らしやすい熱帯地方であることから、山岳地帯に住む人々がどんどん移住しているのがこのサンタクルスです。ボリビア人にとって土地を買って自分の家を建てることはステータスであり、人生の目標でもあります。

それで、より仕事があり土地もあるこの熱帯の広大な平野を持つサンタクルスへと移住してきます。外国人移住者も多く住むのがこの都市の特徴です。サンタクルスはリング状に展開する都市ですが、そのリングの数や面積が年々増えてきています。

人口がどんどん増えていて、新しい家もどんどん建設されています。もうすでに土地が開発されつくした感があるラパスに比べるなら、サンタクルスはまさにポテンシャルの塊。スターバックスやケンタッキーといった外資系のチェーン店が進出しているのもボリビアではサンタクルスのみ。

ボリビアの実質の首都はラパスですが、憲法上の首都はスクレ、そしてボリビアの経済を大きく支えているのはサンタクルスと少し面白い構図がこの国にはあります。そして、ラパスもスクレもサンタクルスにもそれぞれ見どころがたくさんあります。

ボリビアを訪れる際はそうしたボリビアの構図を頭の片隅に置きながら旅していただければよりボリビアを知っていただけるかと思います。土地によって気候や文化や習慣が異なるこのボリビアの滞在、旅行をぜひ楽しんでくださいね。

この記事のライター

南米ボリビアに在住。まだまだマニアックな観光地や穴場スポットがたくさんある国ですので、少しづつ紹介できたら嬉しいです。

関連する投稿


南米ボリビアの熱帯地方だからこそ食べられるたくさんのフルーツたち!種類も豊富です

南米ボリビアの熱帯地方だからこそ食べられるたくさんのフルーツたち!種類も豊富です

南米ボリビアの国土の大半は熱帯地方だとされています。中には50度を超えるような過酷な熱帯の町もあります。そんな熱帯地方のボリビアでは色とりどりのたくさんのフルーツを味わうことができます。特に11月から12月はマンゴーの季節とされていてたくさん食べられます。他にも熱帯ならではの珍しいフルーツもありますのでご紹介します!


南米ボリビアに来たなら訪れたい観光スポットの数々を紹介!山岳地帯から熱帯地方まで

南米ボリビアに来たなら訪れたい観光スポットの数々を紹介!山岳地帯から熱帯地方まで

南米ボリビアと言えばウユニ塩湖が有名です。そのウユニ塩湖だけではなく他にも観光資源がたくさんあります。その中には日本では知られていないスポットもたくさんあります。これまでにもいくつかボリビアの観光スポットを紹介させていただきましたが、それに加えてぜひ行っておきたい観光スポットの数々をご紹介できればと思います。


途上国であるからこそ気を付けたいこと!南米ボリビアを旅行するときの注意点

途上国であるからこそ気を付けたいこと!南米ボリビアを旅行するときの注意点

南米のボリビアはアンデス山脈からなる山岳地帯とアマゾンの熱帯からなる国です。国土は日本の3倍もある広大な国です。近年、ぐんぐんと経済成長を遂げているボリビアですがまだまだ途上国であることに変わりはありません。そんなボリビアを旅行するときには体調管理は非常に重要。ボリビア旅行で気を付けておきたいことをまとめてみました。


南米ボリビアの風物詩?あちこちでしょっちゅう道路封鎖が起こって困ってしまいます

南米ボリビアの風物詩?あちこちでしょっちゅう道路封鎖が起こって困ってしまいます

南米のボリビアは日本でもウユニ塩湖や首都ラパスなどで知名度が上昇しています。それでも、実際に行ってみて住んでみないとわからないこともたくさんあります。ブロケオと呼ばれる道路封鎖もその一つ。ボリビアでは市民が政府に対して何か訴えるときよくこの道路封鎖という手段を講じます。ボリビアならではのこの道路封鎖についてご紹介します


南米ボリビアのパン事情!美味しいパンを食べたくなったら日本人移住地へ!

南米ボリビアのパン事情!美味しいパンを食べたくなったら日本人移住地へ!

南米大陸の真ん中に位置する内陸国ボリビア。ボリビアの人々は朝食と夕食にパンを食べる習慣があります。主食はジャガイモもしくは米なのですが、より多く食されているのはパンと言っても過言ではありません。そのボリビアのパンですが、日本のパンとは違います。そこで、もしボリビアで日本のパンが恋しくなったらどこへ行けばよいのかご紹介


最新の投稿


買い物をするなら旧正月がオススメ!一年中の買いだめをするマレーシア人?その訳とは?

買い物をするなら旧正月がオススメ!一年中の買いだめをするマレーシア人?その訳とは?

マレーシアには多くの華僑が生活しています。彼らは、国籍はマレーシアなのですが、中国の言葉、文化などを大切にしています。そして毎年、この時期になるとやってくる旧正月は彼らにとって最大のイベントです。関係のないはずの私たちにまで影響が出て来ます。その訳とは?


世界各地からの観光客が絶えない美しい街ー雄大な大自然を堪能できる【中国広西省・桂林の旅】

世界各地からの観光客が絶えない美しい街ー雄大な大自然を堪能できる【中国広西省・桂林の旅】

中国広西省・桂林といえば、美しい大自然を楽しめる有名な観光地。中国の20元札に描かれている美しい風景を見られると、一年を通して国内・海外から観光客が絶えません。心癒される美しい大自然と現代の文化が融合する街を散策しながら、体に優しい桂林グルメを堪能してみませんか?


1865年開業ミラノの老舗百貨店La Rinascente(ラ・リナシェンテ)を徹底解説!

1865年開業ミラノの老舗百貨店La Rinascente(ラ・リナシェンテ)を徹底解説!

ミラノの1番の観光スポット大聖堂Duomoの横に位置する老舗百貨店La Rinascente(ラ・リナシェンテ)は面積は小さいながらも全部で9フロアあり見応え十分。自分へのご褒美や大切な人へのプレゼント、人へのばら撒き用のお土産を探すのにも最適なスポット。フロアごとの紹介から観光中のトイレ情報まで書いていきます!


子供から大人まで楽しめる!韓国ノンバーバルミュージカルの名作「NANTA(ナンタ)」は必見!

子供から大人まで楽しめる!韓国ノンバーバルミュージカルの名作「NANTA(ナンタ)」は必見!

20年前から韓国に来る外国人旅行客を楽しませ続けてきたノンバーバルミュージカルの名作「NANTA(ナンタ)」。韓国語がわからなくても、楽しめる舞台として人気です。キッチン用品を使って、ダイナミックなリズムを刻むミュージカルですが、実は韓国の伝統芸能が元になっています。今回はその魅力を改めてご紹介していこうと思います。


ネオマネーの評判や口コミは!?VISA以外に銀聯ブランドも発行可能なので中国へ行く人は重宝します!即日発行可能も可能!

ネオマネーの評判や口コミは!?VISA以外に銀聯ブランドも発行可能なので中国へ行く人は重宝します!即日発行可能も可能!

ネオマネーはVISAと銀聯カードの2種類があり、特に中国出張が多い人にも重宝される海外プリペイドカードです。ららぽーとやパルコ内にあるセゾンカウンターでカードの即日発行ができるので、急な出張があった場合にもすぐに作れて便利。カードへの入金もセブンATMなど使って夜間や早朝、週末など時間を気にせず簡単にチャージできます。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング