一足早い春の声?オランダの「チューリップ解禁日」イベントに参加してみた!

一足早い春の声?オランダの「チューリップ解禁日」イベントに参加してみた!

オランダを代表するモノの1つと言えば、チューリップ。何百年も昔からその本場として名を馳せる国には、なんと「チューリップの解禁日」があった!?そんな「ナショナル・チューリップ・デー(National tulip day)」に参加しましたので、花に溢れたそのイベントの様子をレポートします。


オランダを代表する要素の1つ、チューリップ

「オランダと聞いて頭に思い浮かべるものは何ですか?」と尋ねられたら。1つだけなら10人のうち5人、3つ挙げてと言われれば8人は答えが返ってきそうなもの。そう、タイトルの通りチューリップです。

シンプルな色合いのチューリップ

品種によっては球根たった1つで家一軒が買えるほどだったと言われる17世紀オランダのチューリップバブル、最近では仮想通貨ビットコインの急騰をこれになぞらえる記事をよく見かけます。

在住者としてはオランダが話題にのぼると嬉しいものですが、さてそんなチューリップにも旬があります。3~5月、春の日差しが暖かい頃ですね。

オランダもピークの時期は同じですが、さすがはチューリップの本場。オランダにはなんと「チューリップの解禁日」があるのです。

チューリップの季節がオフィシャルにスタートする「ナショナル・チューリップ・デー(National tulip day)」と呼ばれるこの日は、毎年1月の第3土曜日にそれを祝うイベントが開催され、今年2018年は1月20日が開催日となりました。

ナショナル・チューリップ・デー(National tulip day)の開催場所

イベントが開催されるのは、オランダはアムステルダムのど真ん中にある「ダム広場(Dam square)」。太っ腹なことにこのイベントでは、開花直前の球根付きチューリップが無料で配布されるのです!

いつもは観光客で賑わう場所ですが、この日ばかりは人間よりも花の数の方が多くなります。その数、実に200,000本(2018年の配布量)。やはり世界中に年間17億本のチューリップを輸出してるだけあって、桁が違います・・。

ダム広場(Dam square)

ちなみにこのダム広場、すぐ横には東京にも分館のあるマダム・タッソー蝋人形館やオランダの老舗デパート、バイエンコルフ(Bijenkorf)があり、観光の際は訪れる機会もある場所だと思います。

蝋人形の館

今回のイベント会場となった、ダム広場の地図はこちらです。

ゲートを抜けるとそこは、花畑

さて、私はイベントの開始時刻ちょうどぐらいに到着したのですが、毎年10,000人以上が参加するというだけあってかなりの混雑振り。

広場の角の列に加わろうとしたらそこはまだ列の終わりではなく、「違う違う、あっちの方に行きな!」と並んでいたおじさんに言われて100mほど離れた列の最後尾へ。結局、入口ゲートに辿りつくまで40分も掛かってしまいました。

列をなす人々

お待ちかねの入口ゲートに到着したら、係員からチューリップを入れるビニール袋を1人1枚手渡してもらいます。この中に入る分は詰め放題です。

やっと入口に到着

中はこの通り花畑から切り取ってきたかのごとく、彩り鮮やかなチューリップが立ち並んでいます。まだまだ冬真っ盛りでチューリップには程遠い季節ですが、春を一瞬先取りしながら皆楽しそうに花を摘んでいきます。

人、花、人

ところで、下の写真で右手に写っているのが老舗デパートのバイエンコルフ(Bijenkorf)です。その手前に見える入口上部のアーチには階段があり、中入らなくても写真撮影ができるようになっていました。

ちなみに、人がいないときに更に高いところから見ないとわからなかったのですが・・実はチューリップのパレットが「LOVE」の文字を形づくるようにして配置されていたとのことです。

並んで待っている間、先ほどのマダム・タッソー蝋人形館(有料ですが)の上層階から見下ろしている人たちが目に入ったのですが、全体を見渡すにはあそこがベストスポットの1つかもしれません。

階段から「見るだけ」もOK

オランダのメインカラーであるオレンジ色のパーカーに身を包むボランティアの中には、こんな可愛らしいスタッフも。会場を囲む長い列に並び疲れた人たちに「はい!」と一輪のチューリップを先行して渡してあげる姿に周囲はほのぼのでした。

※オランダの建国者「オラニエ公ウィレム」にちなんでいます。オラニエ(Oranje)は英語でオレンジ(Orange)の意味です。

小さくても立派なスタッフ

千差万別なチューリップの色と柄

イベントで配布されていたチューリップは形状としてかなりベーシックな種類のものが多かった印象ですが、それでも冒頭の紫、その他に赤(ピンク)、オレンジ、黄色、白とカラフルなラインナップでした。

ピンク + 白

黄色 + 赤

上だけ見ていると綺麗ですが、下はどうなってるの?と覗き込んでみると、こんな風に球根が1つ1つパレットに刺さっていました。摘むときに少し力を入れないといけないのが、畑から採っているようでリアルな感覚でした。

舞台裏

そして、家に持って帰ってきたチューリップを花瓶に生けてみたところ・・。

急に暖房の効いた室内で水分を補給したせいか、花びらが全開の珍しい画が出来上がりました。チューリップってこんな花だったっけ!?

これ・・何の花!?

解禁日イベントは年に一度のピンポイントですが、ちょうど旅行のタイミングと重なったときは是非参加してみてください。

この記事のライター

在オランダ2年近く。以前は東南アジア(香港・シンガポール)にも4年半住んでいましたので、そちらについての記事も書いていきます!

関連するキーワード


オランダ アムステルダム

関連する投稿


北のヴェネツィアと呼ばれる街・ドルドレヒト(Dordrecht)とオシャレな穴場レストラン

北のヴェネツィアと呼ばれる街・ドルドレヒト(Dordrecht)とオシャレな穴場レストラン

多くの歴史的価値ある建物が残されているドルドレヒト。スペインからの独立を宣言し、オランダ独立国家の誕生を承認したオランダの記念の場所でもあります。北のヴェネツィアと呼ばれるほどで、のんびりと水路を見ながら、中世の時代に思いを馳せ、美味しい料理と素敵な食事で癒される、そんな素敵な休日にぴったりの街です。


アムステルダム市民の台所、アルバート・カイプ市場(Albert Cuypmarkt)をぶらり探索♪

アムステルダム市民の台所、アルバート・カイプ市場(Albert Cuypmarkt)をぶらり探索♪

オランダはアムステルダムで4大マーケットの一つとも言われる「アルバート・カイプ市場(Albert Cuypmarkt)」は、観光客の姿もよく見られますが元々は市民が普段使いするマーケット。今回は、フルーツや肉といった新鮮な食材からオランダの名物スイーツまで、市場の軒先に並ぶ品物をのぞきながら歩いてみます。


美味しくて安くて楽しい!ハーグに来たら巨大青空マーケット(De Haagse Markt)にいらっしゃい!

美味しくて安くて楽しい!ハーグに来たら巨大青空マーケット(De Haagse Markt)にいらっしゃい!

ハーグ市場は、オランダで最大のマーケットであり、ヨーロッパでも最大の市場のうちの一つです。500余りの露店が出て、様々な人種や商品が見られるのと共に、美味しくて新鮮な果物や野菜などの食べ物と、お買い得な衣料品や子供服、バック、靴、ペンキ、工具、日用品から電化製品まで、ありとあらゆる掘り出し物も見つかる可能性が大ですよ!


オランダに来たら絶対外せない景色、世界遺産 キンデルダイク(Kinderdijk)の風車群

オランダに来たら絶対外せない景色、世界遺産 キンデルダイク(Kinderdijk)の風車群

オランダといえば一番に、平らな平和な風景と共に風車と思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?ロッテルダムから水上バスで30分、バスで1時間ほどの場所あるキンデルダイクは、オランダの中で最も数多い19基の風車が並んで建っている地域です。ずらーっと風車が並ぶ風景は、まさにオランダ!というイメージ通りの風景です。


オランダ国内で賢く公共交通機関に乗ろう!OVチップカードとその他のカードの購入の仕方&お得情報

オランダ国内で賢く公共交通機関に乗ろう!OVチップカードとその他のカードの購入の仕方&お得情報

オランダ国内で1週間以上滞在・移動する場合は、滞在期間中の公共交通機関代が馬鹿になりませんよね。出来れば効率よく、お得に電車やバスを乗り回したい…とお考えの旅行者に向けて、今回はオランダの公共交通機関が使えるカードやサービスを、まとめてみました。


最新の投稿


スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人にとって一番大事な食べ物といえばパンです。食事には必ずパンが必要。料理を味わうためにも、味があまりないパンで一度口をリセットします。料理の風味を大事にするために、絶対バターは使いません。常に料理の味が第一というのがスペインの考え方です。そんな大事なパンを紹介するイベントがカソルラでありました。


日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

南米ボリビアはまだまだ途上国です。それは観光業においても同じで、数年前に世界一観光客に不親切な国として第一位に輝いたという不名誉な記録もあります。それだけ観光客に対しても観光スポットに対してもまだまだ上手に向き合えていないという現状があります。それで隠れた秘境がたくさんあるボリビアのチョチスといいう観光スポットをご紹介


となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

最近、広州市内で得体の知れない可愛い生き物を発見しました。中国語表記によると、その名は「龙猫(ロンマオ)」。ロンマオってまさかあのトトロのことでは?いやいや、いくら中国でもトトロがペットショップにいるわけがないでしょう・・・今回はそんないきさつで調べたロンマオと、広州市にあるロンマオ専門ショップの様子をレポートします。


ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクそのものに観光に行こうと思う日本人は多くはないかもしれませんが、ヨーロッパを旅する際に大活躍してくれる数多くのLCCが乗り入れているため重宝するのが、ルクセンブルクのフィンデル空港です。観光大国である周辺の国々とアクセスが良好の、フィンデル空港利用の際に知っておきたいことを、私個人の経験からご紹介します!


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング