お土産買うのもひと苦労なんです。渋滞がひどいジャカルタで、お土産物を1回で揃える!

お土産買うのもひと苦労なんです。渋滞がひどいジャカルタで、お土産物を1回で揃える!

渋滞がすごすぎるジャカルタでは、観光だけでなく、お土産ものを買う時にも、あちらこちらには買い歩きしにくい。自分用からばら撒き土産まで、1回で済ませることができるお店を紹介します。お土産を買うのに時間をさけない、さけたくない方にもってこいです。インドネシアだから見てほしい民芸品を中心にしたお土産のお店に絞って紹介します。


Alun-Alun(アルンアルン)

アルンアルン入り口

アルンアルンとは広場という意味です。高級モールで、土日はこのモールに行く車の渋滞ができるほど人が集まるモールの中にあるお土産物コーナーです。

売り場は広めで、少し価格が高めなので混雑することはありません。欧米人も多いです。おいてあるものは、クマンというおしゃれエリアにある雑貨屋さんのグッズや、部屋に置く置物などが多く、バティックや鞄などは、かなり高めの設定ですが、きれいなので上司や義理の両親などへのお土産にはオススメです。バラマキ土産もありますが、あまり種類は多くなく、ばら撒くにしては高めです。

コーヒー

雑貨や民芸品などのコーナーは欧米人や日本人好みのものが多いのに、バラマキ土産であるお菓子やコーヒーなどの食品のコーナーは意外と力が入ってないようで、中華系のお客さんが多いです。みたことないようなパッケージの商品も多くしかも値段も高めです。

グランドインドネシアという大きなモールの中で、西武百貨店側の上にあります

Bintara Art Gallery(ビンタラアートギャラリー)

ジャカルタの代官山と呼ばれるセノパティという地域にありますが、あまり知られていないお店です。お店の人は中華系だと思います。普段はほとんど日本人のお客さんはいないのですが、店員さんは、「これはディスコン(ディスカウント)」と日本語で言ってくれます。全ての商品に割引があります。

アタ製品

壁一面のアタ製品。アタでできたカゴバッグは、普段使いでもお出かけ用にももてるので人気です。ここまで種類が多いところは少ないです。しかも常に割引があります。

アタ製品は、1本が細くて網目が小さいものが高価になります。バラマキ土産用には、ちょっとザックリ編んだような小物だと安く買えます。自分用や奥様用には、少し高くなりますが、細かい目のものを選ぶといいです。

インドネシアの木彫り

インドネシアのお土産として、日本人のイメージはバティックですが、世界でも高い評価を得ているのが木彫りです。

地域や島によって、独自の文化を持つインドネシアでは、木彫りに優れた才能を持つ部族もいて、とくにパプアのアスマット族の木彫りやカモロアートと呼ばれる木彫りは人気が高いです。でも、ジャカルタ市内でも木彫り商品を作っているところは多く、自分用の本物のお土産としてはお勧めです。

インドネシアはイスラム教が80%以上の国で、アルコールはどこでも買えるというわけではなく、買うとしてもすごく高いです。

お酒の免税品

もちろんお店でお酒を飲むのも高いです。なぜかこのお土産やさんには『免税』コーナーがあり、日本のウイスキーや海外のワインなどのアルコール類が免税で売ってます。宗教行事の日などは、販売したり、見えるところに陳列することもできないので、こういう目につかない地下で売ってます。

Sarinah(サリナデパート)

本格的な民芸品は、ジャカルタで一番古いデパートで、スカルノ元大統領がたてたサリナデパートが一番の品揃えだと思います。

オンデルオンデル

これはOndel-ondel(オンデルオンデル)というジャカルタ周辺(オランダ統治時代のバタビア周辺にすんでいる)ブタウィの文化です。街の至るところにみられますが、日本人向けのお土産やさんや、おしゃれな雑貨やさんにはまずないものです。このオンデルオンデルの人形がこちらには豊富。ジャカルタならではのお土産になります。

民族楽器

インドネシアの有名な楽器といえば、バリやジョグジャカルタでよく見るガムランという座って弾く鉄筋のようなものですが、こちらはアンクロンという竹でできた楽器です。ジャカルタ近郊のバンドゥンというところが有名です、ただしあまり旅行中にアンクロンの演奏を聞くことは少ないかもしれません。実際のアンクロンはもっと大きなものですが、このサリナデパートではお土産用の小型版が売っています。

まだ車がそんなに走っていない時代に建てられただけ、あって駐車場は狭く、停めにくいつくりなんだとか、渋滞も多い地域ですが、ここは地価にもスーパーがあるので、ほぼお土産そろいます。

デビ夫人も建設に尽力したといわれる老舗。ジャカルタで一番古いので、知らないひとはまずいないでしょう。

PASARAYA(パサラヤ)

ローカルは昔から高級モールとして知られてます。ブロックエムという日本食レストランや日系食品スーパーがある、かつてはリトルトーキョーと呼ばれたエリアにある、2017年9月までは、インドネシアで1番店舗数の多い大手デパートのマタハリが入っていましたが、現在はしたの階はポップアップショップなどが出て閑散としています。

横に広い面積の2フロアに民芸品とバティック売り場があります。日本食レストランが多いエリアですので、土日は日本人の単身者や出張の男性のグループがお土産物を買いに訪れます。

おしゃれ系のバリ風土産

バリ島でもクタやレギャン地区でよく見かける雑貨です。ビーチのイメージのかわいい雑貨で、一応デパートだけあって、陳列もきれいで、商品が薄汚れているということは少ないです。特にジャカルタとかインドネシアってわかりにくいですが、ボリュームもあって見栄えもいいです

ブロックエムのパサラヤへ。というとわかります。日本人向けのレストランも多いエリアですので、食事に困りません。

旅行や出張者のお土産だけでなく、在住者が長い休みに一時帰国するときにもお土産は必要です。いろんなお店で物色できればいいですが、ジャカルタの場合そうもいきませんので、このような大型お土産店はありがたいです。意外と本物志向の民芸品があるので、ぜひ覗いてみてください

この記事のライター

2017年4月よりジャカルタに在住。旅行者と同じように観光スポットめぐりをしてますので、在住者ならではの情報をあわせてお届け

関連する投稿


インドネシアのお土産はバティックだけではありません。欧米人に人気のインドネシアの木彫り

インドネシアのお土産はバティックだけではありません。欧米人に人気のインドネシアの木彫り

インドネシアのお土産の代表といえばバティック(布)ですが、実は欧米人には、インドネシア各地の木彫りが大人気です。住宅環境のせいもあるかもしれませんが、日本人はあまり目をむけていない木彫り。博物館や美術館には、木彫りの物があり、見ることもできますが、各地の特徴があり手に入りにくい貴重なものも多いのです。ベルギーには専門の雑誌まであります。日本人がよく利用するお店には取り扱いが少ないこともありますが、各民族の伝統が反映された面白いものや、味のあるもの、1つとして同じものがないという高価なものもありますので、購入できるお店とあわせて紹介します。


コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

インドネシアはコーヒーの生産量・輸出量が世界第三位です。コーヒー栽培は植民地支配していたオランダが持ち込んだものですが、インドネシアの気候にあい地域や各島ごとに特徴あるコーヒーが作られています。国内のコーヒーメーカーも多く、インドネシア人が気軽に楽しむ、インドネシア独特の飲み方のコーヒーから、若いオーナーがこだわってブレンドしたコーヒーを出すカフェ、インスタ映えするお洒落カフェまで様々です。おなじみスターバックスでもインドネシア各地のコーヒー豆を使ったコーヒーもだされているので、ジャカルタにきたらコーヒー好きの人には天国です。インドネシアのお土産として最適なコーヒーや、幻のコーヒー、今話題のカフェなどを紹介します。


週に1度はバティックデー。本気の買い物もお土産用にも、伝統の布バティック

週に1度はバティックデー。本気の買い物もお土産用にも、伝統の布バティック

ジャワ更紗の名で知られている、インドネシアの伝統の布バティック。老若男女も毎週金曜日はバティックデー、日本の浴衣とは違い、現在も普段着から正装まで幅広く着用されています。柄も地域で違うという、奥深いバティック(ジャワ更紗)の選び方と、普段着として着られるものから、お土産にオススメのお店やアイテムを紹介します。


世界一の観光地バリ島で、どのホテルに泊まればいいの?エリア別おすすめ情報

世界一の観光地バリ島で、どのホテルに泊まればいいの?エリア別おすすめ情報

世界一の観光地インドネシアのバリ島。エリアによって雰囲気もアクティビティも金額も違います。何をしたいか?見たいか?によって選ぶエリアを間違えると、行ったり来たりが意外と大変です。リピーターも多いバリ島で、ホテル選びをどこにするか?1回といわず2回、3回泊まるエリアを変えるのも楽しいです。バリ初心者のためのエリア情報です


手作り大好きの人必見!生地屋天国のマーケットで、オリジナルの服を作る

手作り大好きの人必見!生地屋天国のマーケットで、オリジナルの服を作る

既製品よりもオーダーがなぜか安いジャカルタ。手作り大好きな人も、そうでない人も楽しい生地屋や手作り品のパーツが集まるパサールがあります。生地屋が取り囲むパサールで、好きな生地を買い、イメージを伝えるだけでオリジナルの服が作れます。自分で作る人は、驚くほどの安さで材料が買えますので、テンションあがること間違いなしです。


最新の投稿


インドネシアのお土産はバティックだけではありません。欧米人に人気のインドネシアの木彫り

インドネシアのお土産はバティックだけではありません。欧米人に人気のインドネシアの木彫り

インドネシアのお土産の代表といえばバティック(布)ですが、実は欧米人には、インドネシア各地の木彫りが大人気です。住宅環境のせいもあるかもしれませんが、日本人はあまり目をむけていない木彫り。博物館や美術館には、木彫りの物があり、見ることもできますが、各地の特徴があり手に入りにくい貴重なものも多いのです。ベルギーには専門の雑誌まであります。日本人がよく利用するお店には取り扱いが少ないこともありますが、各民族の伝統が反映された面白いものや、味のあるもの、1つとして同じものがないという高価なものもありますので、購入できるお店とあわせて紹介します。


【ベトナムホーチミン】ローカルスパでオイルマッサージとボディスクラブを初体験!!

【ベトナムホーチミン】ローカルスパでオイルマッサージとボディスクラブを初体験!!

ベトナムに来てから、ベトナムはマッサージ天国なんだよ〜多くの人が教えてくれました。いいサービス、良心的な価格でリラックスできる娯楽として海外から来た人だけでなく、ローカルの人々もたくさん利用しているようです。今回は私が現地の女性たちに連れて行ってもらったローカルのCoconut Spaというマッサージ屋さんを紹介します


コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

インドネシアはコーヒーの生産量・輸出量が世界第三位です。コーヒー栽培は植民地支配していたオランダが持ち込んだものですが、インドネシアの気候にあい地域や各島ごとに特徴あるコーヒーが作られています。国内のコーヒーメーカーも多く、インドネシア人が気軽に楽しむ、インドネシア独特の飲み方のコーヒーから、若いオーナーがこだわってブレンドしたコーヒーを出すカフェ、インスタ映えするお洒落カフェまで様々です。おなじみスターバックスでもインドネシア各地のコーヒー豆を使ったコーヒーもだされているので、ジャカルタにきたらコーヒー好きの人には天国です。インドネシアのお土産として最適なコーヒーや、幻のコーヒー、今話題のカフェなどを紹介します。


人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

自然いっぱいのマウイ島を満喫するために自転車をレンタルしてみました!出だし好調でしたが思った以上に登り坂が多く苦戦!運動不足の足が悲鳴をあげながら、美しい海と平原を冒険してきました!今回はラハイナ地区のマップ、マウイ島でのバイクレンタルの価格、またサイクリング中に見つけた美しい景色の写真などを紹介します。


街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

ベトナムのハノイとホーチミンの間にダナンというベトナム第3位の都市があります。ダナンから南にバスで1時間ほどの場所に、ホイアンという街があります。ホイアンはとても小さな街ですが、街中が世界遺産になっていて、建物がとにかくとても可愛いんです!歩くだけでもとても楽しい気分になるので、街歩きが大好きな人にぴったりの場所です。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング