旅行中には注意も必要!危険なエリアで有名なサウス・ロサンゼルスを車で走ってみた

旅行中には注意も必要!危険なエリアで有名なサウス・ロサンゼルスを車で走ってみた

今回は、ロサンゼルスの行っては行けない危ない地域について紹介します。楽しいことがたくさんあるロサンゼルスではありますが、実際住んでいて怖い事件を毎日のように耳にする危険な街でもあるんです。今回の記事ではロサンゼルス内で比較的安全な地域や行ってはいけない危ない地域、また治安の悪い地域を見分ける方法を紹介します。


危険いっぱいのロサンゼルスの危ない地域はどこ?!

サウス・ロサンゼルス、ノルマンディー通り

今回はロサンゼルスを旅行するときに知っておくと便利な治安について紹介します。ロサンゼルスはとっても広いので各地に危ないエリアがあります。今回は、旅の途中トラブルに巻き込まれないように、ロサンゼルスで行かないほうがいい危ないエリアについてお話しします。

まず基本で知っておいて欲しいのが、ロサンゼルスでは銃を持っている人がいるということです。安全なところに住んでいれば日常生活で銃声を聞く機会はそうありませんが、誰が銃を持っているかわからない、ということを頭に入れておきましょう。また、ロサンゼルスはギャングも多いです。タトゥーのたくさん入った怖そうな人がいたらギャングの可能性が高いので関わらないほうがいいでしょう。

ロサンゼルスでどこが安全でどこが危ないのか?実は細かく言うのは非常に難しいです。ですが、参考までに今回は大まかに紹介をします。ビバリーヒルズ(Beverly Hills)、ウエストウッド(Westwood)、サンタモニカ(Santa Monica)、などは比較的治安がいいです。またロサンゼルス国際空港南側にあるマンハッタン・ビーチ(Manhattan Beach)、トーランス(Torrance)、レドンド・ビーチ(Redondo Beach)、辺りは非常に治安がいい地域です。

観光で人気なハリウッド(Hollywood)、コリアタウン(Koreatown)、ダウンタウン(Downtown)、ベニス(Venice)、は昼間はいいですが夜は注意が必要なエリアです。夜は安全ではない地域といえます。ダウンタウンは場所によってはかなり治安が悪いところもあります。有名なのはスキッド・ロウ(Skid Row)と呼ばれるホームレスが集まる地域です。ここは日本人街であるリトル・トーキョー(Little Tokyo)からかなり近いので間違えて行かないようにしましょう。

そして、一番みなさんに行って欲しくないのがサウス・ロサンゼルスと言われているロサンゼルスの南にあるエリアです。このエリアは黒人の人やメキシコ人の人が多く住んでいるエリアです。サウス・ロサンゼルスは広いですが、地域名ではイングルウッド(Inglewood)、ハンティントン・パーク(Huntington Park)、サウスゲート(South Gate)、コンプトン(Compton)、辺りに危険なエリアが多く存在します。

地図で見ると10番高速道路(10フリーウェイ)から南で110番高速道路(110フリーウェイ)周辺のエリアです。サウス・ロサンゼルスにはギャングチームが多くあり、ギャングの抗争なども頻繁に起こっているので非常に危険な地域です。話題になったストレイト・アウタ・コンプトン(Straight Outta Compton)という映画の舞台になっているのもこのサウス・ロサンゼルスのコンプトンという地域です。

今回記事と共に紹介する写真は、ロサンゼルスのコリアタウンから南にノルマンディー通り(Normandie Avenue)をまっすぐ南下したルートです。昼間は車で通っても大丈夫そうな雰囲気でしたが、何かあってもおかしくない危ないエリアです。写真で伝わるかはわかりませんが、記事と共に危ないエリアの見分け方を紹介していきます。

厳重な柵は治安が悪い可能性大

サウス・ロサンゼルス、ノルマンディー通り

海外であると日本とは風景が全然違うのでどこが治安が悪そうなのかよくわからないかもしれません。ロサンゼルスで治安がよくない地域の見分け方はまず建物の柵を見てみましょう。厳重な柵がドアや窓に付いている地域は泥棒の被害が多い治安の良くない地域です。よく観察すると治安がいいのか悪いのかなんとなくわかってくると思います。

公園が安全とは思わないこと!

サウス・ロサンゼルス、ノルマンディー通り

公園があるところは安全そうに思うかもしれませんが治安が悪い地域にも公園はあります。そして安全そうですが全く安全ではありません。私もロサンゼルスに来たばかりの頃に有名なマッカーサー・パーク(MacAuthur Park)という公園に歩いて散歩に行ったことがありました。実はそこはとても治安が悪いところで、後で知って震え上がった記憶があります。というわけで、公園イコール安全そうなところとは思わないようにしましょう。

街の汚さを気にしてみる

サウス・ロサンゼルス、ノルマンディー通り

道の汚さも治安を知るヒントになります。アメリカではストリートクリーニングと言って定期的に道路の掃除がされています。ですが、それでも道が汚い地域はちょっと治安を気にして欲しいところです。例えばビバリーヒルズ辺りはとても道がきれいですが、この写真のようにサウス・ロサンゼルスの道端にはゴミが多く落ちているのがわかります。

人があまりいないところは危ないかもしれない!

サウス・ロサンゼルス、ノルマンディー通り

人が多く歩いているところは比較的安全な証拠です。また歩行者を見たときに人種が混ざっているところや白人層が多いところは安全です。逆にメキシコ人の人や黒人の人しかいない地域は注意が必要です。もし治安の悪い地域の場合、我々アジア人が歩いていると目立つこともあります。悪い人に絡まれる可能性もあるので気をつけましょう。

また、黒人層の多く住む地域では別の人種が歩いているだけで絡まれるところがあるようです。行ってはいけないところが多くあるので、サウス・ロサンゼルスを通らないとけないときは下道ではなく高速道路で移動するようにしましょう。

場所によっては昼間は安全でも夜になると雰囲気が劇的に変化するところがあります。特に夜は人がいないところを一人でウロウロとするのは非常に危険なので気をつけましょう。

日本でおなじみのセブンイレブンはちょっと危険

サウス・ロサンゼルス、ノルマンディー通り

日本でみなさんが愛用しているコンビニのセブンイレブンはアメリカにもあります。ロサンゼルス内ではセブンイレブンは治安が悪い地域に多くあり、必ずと言っていいほどホームレスの人が溜まっていたりして、雰囲気があまりよくありません。もちろん中には安全な地域もありますが、危険なところが多いので、夜遅くにセブンイレブンに一人で行くのは控えた方がいいです。またなぜか牛丼屋の吉野家(YOSHINOYA)も治安が悪い場所に店舗が多いので気をつけましょう。

あなたの旅行先は大丈夫?ロサンゼルスの治安マップで確認しよう!

今回は簡単にエリア情報を紹介しましたが、最新の街の治安を確認したい人は下記リンクを見てみましょう。このリンクはロサンゼルス・タイムズが出しているロサンゼルスの事件発生率のマップです。事件のない地域は灰色で、危ない地域になるにつれて黄色→オレンジ→赤と変わっていきます。赤の地域は最近事件が多く起こっている危ない地域なので、この地域には気をつけるようにしましょう。

まとめ

今回はロサンゼルスのちょっぴり怖い部分についてお話ししました。ロサンゼルスにはいいところもたくさんありますが、行ってはいけない危ない地域も多くあります。また、車移動が多いためうっかり危ないところに入り込んでしまうこともあります。恐ろしい事件もよく起こる街なので、旅行の際は要注意をして行動しましょう。今回紹介したサウス・ロサンゼルスは特に行かないようにしましょう。

この記事のライター

アメリカ・ロサンゼルスで気ままに暮らしています。みなさまの旅がより楽しくなるようなマニアック旅行情報をいろいろと紹介しています〜

関連するキーワード


アメリカ ロサンゼルス

関連する投稿


今ロサンゼルスでファッションにうるさい若者が集まる通りアボット・キンニー通りで見つけた超おしゃれ雑貨店

今ロサンゼルスでファッションにうるさい若者が集まる通りアボット・キンニー通りで見つけた超おしゃれ雑貨店

今回は今ロサンゼルスの若者に人気のスポットであるベニスのアボット・キンニー通りからおしゃれすぎてたまらない雑貨店のグロー・ベニスというお店を紹介します。ビーチ感のあるおしゃれ雑貨が好きな方には外せないお店です!アメリカっぽくおしゃれで、でも他の人が絶対持っていないようなものを探している方には超おすすめのスポットです!


ロサンゼルス近郊マリブ・ビーチに行ったら途中にあるマリブ・ビレッジ&マリブ・カントリー・マートでお買い物を楽しもう!

ロサンゼルス近郊マリブ・ビーチに行ったら途中にあるマリブ・ビレッジ&マリブ・カントリー・マートでお買い物を楽しもう!

今回はロサンゼルス近郊にあるとても美しいことで有名な観光地のマリブ・ビーチに行く途中にあるシッピングモールを紹介します。このモールはローカルなお店から化粧品店のセフォラや、高級ブランドのブティックなど、様々なお店が並ぶゆったりとしたショッピングモールです。マリブビーチに遊びに行ったらぜひ寄り道をしてほしいです。


一年で一番アメリカが安い日!ブラック・フライデーにハイブランド集結のデザート・ヒルズ・プレミアム・アウトレットに潜入!

一年で一番アメリカが安い日!ブラック・フライデーにハイブランド集結のデザート・ヒルズ・プレミアム・アウトレットに潜入!

今回はアメリカ全土で行われる年一のセールイベント、ブラック・フライデーになりたての深夜0時にロサンゼルス近郊で一番大きいアウトレットモールのデザート・ヒルズ・プレミアム・アウトレットに潜入してきました!思った以上に安くお買い得商品だらけだった今回のショッピングの経験をみなさんに大公開します!


アメリカ流はフレーバーでお茶お楽しむ!フレバーティー専門店のデイビッドズティーを徹底紹介!

アメリカ流はフレーバーでお茶お楽しむ!フレバーティー専門店のデイビッドズティーを徹底紹介!

アメリカではお茶専門店が多く存在しますが、中でも特にユニークなのが様々なフレーバーを混ぜ合わせたオリジナルフレーバーティーなんです。このお茶にこのフレーバー?とちょっと日本人には驚いてしまう組み合わせもあったりします。ですが、飲んでみると新発想でなかなかおいしいんです。今回はアメリカのフレバーティー専門店を紹介します。


アメリカで食べられる日本風のパン屋さんといえば韓国系のパン屋カフェ、パリス・バゲッド!

アメリカで食べられる日本風のパン屋さんといえば韓国系のパン屋カフェ、パリス・バゲッド!

今回は韓国発のパン屋さんパリス・バゲットを紹介します。パリス・バゲットは韓国発ですが世界中に店舗があり、アメリカにも数店舗あります。アメリカでは貴重な日本に近いパンやスイーツを楽しめるパン屋カフェです。今回はパリス・バゲットロサンゼルス店からどのようなものが買えるのかなどいろいろと紹介します。


最新の投稿


買い物をするなら旧正月がオススメ!一年中の買いだめをするマレーシア人?その訳とは?

買い物をするなら旧正月がオススメ!一年中の買いだめをするマレーシア人?その訳とは?

マレーシアには多くの華僑が生活しています。彼らは、国籍はマレーシアなのですが、中国の言葉、文化などを大切にしています。そして毎年、この時期になるとやってくる旧正月は彼らにとって最大のイベントです。関係のないはずの私たちにまで影響が出て来ます。その訳とは?


世界各地からの観光客が絶えない美しい街ー雄大な大自然を堪能できる【中国広西省・桂林の旅】

世界各地からの観光客が絶えない美しい街ー雄大な大自然を堪能できる【中国広西省・桂林の旅】

中国広西省・桂林といえば、美しい大自然を楽しめる有名な観光地。中国の20元札に描かれている美しい風景を見られると、一年を通して国内・海外から観光客が絶えません。心癒される美しい大自然と現代の文化が融合する街を散策しながら、体に優しい桂林グルメを堪能してみませんか?


1865年開業ミラノの老舗百貨店La Rinascente(ラ・リナシェンテ)を徹底解説!

1865年開業ミラノの老舗百貨店La Rinascente(ラ・リナシェンテ)を徹底解説!

ミラノの1番の観光スポット大聖堂Duomoの横に位置する老舗百貨店La Rinascente(ラ・リナシェンテ)は面積は小さいながらも全部で9フロアあり見応え十分。自分へのご褒美や大切な人へのプレゼント、人へのばら撒き用のお土産を探すのにも最適なスポット。フロアごとの紹介から観光中のトイレ情報まで書いていきます!


子供から大人まで楽しめる!韓国ノンバーバルミュージカルの名作「NANTA(ナンタ)」は必見!

子供から大人まで楽しめる!韓国ノンバーバルミュージカルの名作「NANTA(ナンタ)」は必見!

20年前から韓国に来る外国人旅行客を楽しませ続けてきたノンバーバルミュージカルの名作「NANTA(ナンタ)」。韓国語がわからなくても、楽しめる舞台として人気です。キッチン用品を使って、ダイナミックなリズムを刻むミュージカルですが、実は韓国の伝統芸能が元になっています。今回はその魅力を改めてご紹介していこうと思います。


ネオマネーの評判や口コミは!?VISA以外に銀聯ブランドも発行可能なので中国へ行く人は重宝します!即日発行可能も可能!

ネオマネーの評判や口コミは!?VISA以外に銀聯ブランドも発行可能なので中国へ行く人は重宝します!即日発行可能も可能!

ネオマネーはVISAと銀聯カードの2種類があり、特に中国出張が多い人にも重宝される海外プリペイドカードです。ららぽーとやパルコ内にあるセゾンカウンターでカードの即日発行ができるので、急な出張があった場合にもすぐに作れて便利。カードへの入金もセブンATMなど使って夜間や早朝、週末など時間を気にせず簡単にチャージできます。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング