中国で食べる本格派ベトナム料理!広州市の有名観光地北京路にある行列必死のベトナム料理レストラン「大头虾Tiger Prawn」

中国で食べる本格派ベトナム料理!広州市の有名観光地北京路にある行列必死のベトナム料理レストラン「大头虾Tiger Prawn」

中国に来たら中華料理!ですが、長めの旅行だとたまにはテイストを変えてみたくなるものです。広州で超メジャーな観光地北京路に、お手頃でとってもおススメのベトナム料理レストラン「大头虾Tiger Prawn」があります。今回は、素敵な雰囲気と本格的で美味しいベトナム料理で常に行列必死の大人気レストランを少し覗いてみましょう。


中国の人は、日本人ほど外国のものを食べ慣れていないという印象があります。1年365日中華料理を食べて過ごしている人も少なくないでしょう。そんな中で、いつ行っても行列必死で中国人にも大人気のベトナム料理レストランがあります。

これだけの人が並んででも食べたいと思っているのですから、相当美味しいに違いありません。ちょっと覗いてみましょう。

Tiger Prawnのアクセス、レストラン紹介

ベトナム料理レストラン「タイガープラウン」は、広州の超有名観光地北京路のすぐご近所「惠福东路548号」にあります。北京路を観光した足でそのまま向かってもいいですし、広州地下鉄の「北京路駅」や「公園前駅」から歩いて行くこともできます。いずれの場合も10分以内で着きますよ。

ベトナム料理レストラン「タイガープラウン」入り口。

レストランの中国語名「大头虾(ダートウーシャー)」は、中国語の意味は「大きい頭のエビ」です。でも実はこの言葉は中国語ではなく、広東語から来ています。「そそっかしい」という意味で可愛らしい響きを持った言葉だそうです。

どうして英語で「タイガープラウン」となったのかはわかりませんが、語呂が良かったのでしょう。お店の営業時間は11:00~22:00となっていて、昼間も行列必死ですが夜の方が断然混雑しています。少し食事時を外して来るのが懸命です。

レストランTiger Prawnの入店システム

冷たい雨の日で18:00前でもすでに並んでいます。

この日は久しぶりの冷たい雨が一日中降ったり止んだりしていたお陰で、17:30時点での店頭の行列は普段の3分の1以下となっていました。ラッキーです。

入り口付近で入店チケットが配られ、その後マイクでアナウンスがあります。

チケットを受け取る際に、ほぼ必ず「光明広場8階のタイガープラウンだったらほとんど待ち時間はないけどどうする?」と聞かれます。光明広場というのは目と鼻の先です。そちらも悪くないのかもしれませんが、ネットで写真を見た限りでは、お店の雰囲気が全然違います。

特に高評価なのはこちらのお店なので、私たちはいつもここで待つことにします。横にメニューがあるので、メニューを見ながら待てば時間が短縮できますね。店頭には簡易イスがたくさんあります。順番待ちの人用なので、勝手に取って座って待ちましょう。

入店チケットは色と数字です。こちらは白の22番。

チケットのアナウンスは中国語と広東語でなされます。混雑時は特にそうですが、結構回転が速くてどんどん呼ばれていくので、聞き漏らさないように注意しましょう。

言語が全くわからない場合は、チケットを受け取る時にその旨を伝えておくと良いと思います。外国人客率が割と高いので、英語でアナウンスするなど何かしら手をうってくれるでしょう。

レストラン前の様子。普段はここでも大勢の人が順番待ちをしています。

混雑時はいつもイスが足りていないので、店先の花壇(?)に腰掛けたり、立って待つ人も大勢います。以前一度開店とほぼ同時に到着して並ばずに入店できたことがありましたが、夜にこんなに人が少ないのは今まで見たことがありません。

レストラン内の様子

タイガープラウンには1階席と2階席があります。まずは1階席から埋めていくからか、混雑時は2階に通されることがほとんどです。タイガープラウンでは、店員さんがずっと席まで案内してくれるわけではありません。

「2階へ」と言われて2階に着いたら、近くにいる店員に積極的に入店チケットを見せて「どこ?」と聞いた方が良いでしょう。そうすると、空いている席に案内してくれますよ。

2階に上がる階段。ちなみにお手洗いは1階のみで、ちょうどこの階段の裏側にあります。

内装がオシャレです。筆者は個人的に、様々な形の綺麗なベトナム風(?)ライトがお気に入りポイントの一つです。

簡単ながらも食器も可愛いです。

赤のタイガープラウンロゴ入りティッシュは有料です。不要な場合、最後お会計の時に返しましょう。

席に着くと、店員が入店チケットと似た紙を置いていきます。お食事時は時間制限があり、基本的に2時間以内です。私たちは午後5:30過ぎに入店したので、2時間後の午後7:30までと書いてあります。

メニュー

主人のお気に入りの一つは、左下の香烧猪扒饭(Traditional Vietnam Style Grilled Pork)。メニュー1ページ目は全てワンプレートのお料理です。

スープ料理もたくさんあって、どれも美味しそうです。

主だったメニューは大体1品28元~128元(約489円~2235円)程と幅があります。中国の物価からするとやや高めですが、本格的な海外料理を出しているお店としてはかなりリーズナブルだと思いますよ。

ベトナム料理だけでなくタイ料理もたくさんあります。こだわりのある人は、写真だけでなくベトナム式(越式)かタイ式(泰式)かをよく確認するようにしましょう。全ての料理に写真と英語表記が付いているので、注文は難しくありませんよ。

泰式虾球炒金边粉(Shrimps pad thai)がもう一つのお気に入り(メニュー左ページ右上)。

なぜか中国ではこの丸くてぶ厚い豆腐をよく「日本豆腐」と呼んでいます。

ベトナム料理と言えば、美味しいフランスパンも有名です。

メニューには何種類ものベトナムサンド「バインミー」があり、フランスパンをそのまま注文することも可能です。フランスパン単品は1つ8元(約140円)、バインミーは25元(約436円)前後です。

お飲み物はベトナムらしいココナッツジュースからお酒まで様々ですが、筆者のおススメはマンゴージュースです。18元(約314円)でラージサイズ、濃厚でとっても美味しいですよ。夏はフローズンマンゴージュースも冷たくて爽やかです。

今回はクリスマス一色の店内でした

中国では、元旦を過ぎてもクリスマス飾りを外さないのはもはや普通です。

レストランを訪れたのはクリスマスシーズンではありません。2018年1月はじめです(汗)恐らく中国の旧正月(今年は2月16日が旧暦の元旦)まではこのままなのでしょう。まぁせっかく綺麗に飾り付けましたからね(笑)

このお塩がなかなか美味しかったです。

よく見ると、お茶には大きなネギのようなものが入っています。

制服は、背面に「Tiger Prawn」の文字が入っただけの簡単な黒Tシャツです。コストを上手に抑えています。

待ちに待った本格派ベトナム料理の登場

大振りの海老がゴロゴロ入っているタイ式炒めビーフン

泰式虾球炒金边粉(Shrimps pad thai)。実はベトナム風ではなく、タイ風のお料理。

注意!赤唐辛子は激辛です。

和風にも中華にもない独特のお味がはまってしまう一品です。一緒に付いてくるもやしとアーモンドとしっかり混ぜ合わせてからいただきましょう。大きめの海老がいっぱいで、食べ応えありです。混ぜたアーモンドが良いアクセントになって、とっても美味しいですよ。

甘酸っぱくて美味しいソースも付いてきます。それに対して、唐辛子類は激辛なので注意が必要です。あまり辛い物が得意ではない私の場合、唐辛子を全部混ぜたら食べられなくなってしまうレベルで辛いです。

挑戦したい方はもちろん止めませんが、最初はアーモンドだけを混ぜて唐辛子は少し小皿に足していく程度で十分だと思います。(私は唐辛子なしの方が好きです。)ちなみにお値段38元(約663円)とコスパ抜群です。

私たちは二人でシェアしていただきます。結構ボリュームがありますよ。

伝統的なベトナムスタイルの豚肉ワンプレート

香烧猪扒饭(Traditional Vietnam Style Grilled Pork)。こちらは正真正銘のベトナムスタイル。

このポークが香ばしくて美味しくて、主人のお気に入り料理の一つです。見た目以上にボリュームがあって、女性だったらランチはこのワンプレートで十分足りるでしょう。あまりに気に入ったので、私たちはディナーの場合でも二人でシェアしていただいています。

ベトナム風の甘酸っぱいソースがお料理に合いますし、中国では普段生野菜のサラダを食べる機会がほとんどないので嬉しいです。盛り付けも可愛いですよね。この量とクオリティで28元(約489円)ととってもお手頃で、おススメです。

混雑のためか、今回は料理と料理が出てくる間の時間差がかなりありました(毎回そういうわけではありません)。

ベトナム風肉野菜たっぷりの堅焼きそば

正式名称はわかりませんが、メニューにこんな感じの写真が載っています。

なんと6種類ものソースが出てきました。

こちらは急遽注文することにしたため、料理名を確認するのを忘れてしまいました。今回初めて挑戦したお料理です。ベトナム風かもしれませんが、堅焼きそばなので中華っぽい感じもします。先程の炒めビーフンと同じく38元で、ボリューム&栄養満点な上にとっても美味しいですよ。

それぞれ中国語と英語で品名がついているので、私でも読めます。

気になる6種類の調味料は、(1)シーフードソース、(2)チリソース、(3)唐辛子、(4)フィッシュソース、(5)醤油、(6)ビネガーです。正直、量・種類共にこんなにあっても使い切れないのですが、気分が上がるのでいいかなと思います(笑)

海老がぎっしりの海老春巻

ベトナム風海老春巻き4個入りで28元(約489円程)。

以前来た時に注文した海老春巻きです。これはこれで美味しかったのですが、この量で豚肉のワンプレートと同じお値段ということを考えると、もっと食べ応えのあるものを選ぶとお得感がアップするかなと思います。

今まで何度か来た中で色々な料理に挑戦してきましたが、今のところ「ハズレ」だと思ったものは一つもありません。タイガープラウンは食べ物も飲み物も全体的に美味しい、安心感のあるレストランです。

私たちは個人的にはそんなに好きではないので頼まないのですが、ベトナム独特のあのココナッツミルク入りソースを使ったお料理もたくさんあります。お好きな方はどんどん本格的なベトナム料理を楽しむことができます。

お会計の方法

お会計の辺りだけ一変して、仏教的なグッズが数多く飾られていました。

タイガープラウンでのお会計は、多くの日本のレストランと同じく食後に1階のお会計カウンターで済ませます。ちなみに今回は、ご紹介した3品(春巻きは過去の写真です)を二人でいただいて合計106元(約1838円)でした。

私たちは二人ともどちらかと言うと食べる方なのですが、3品もあれば十分お腹いっぱいで大満足できます。このクオリティでとってもリーズナブルなので嬉しいです。(38+28+38=104なのですが、残り2元は場所代なのかもしれません。)

小雨の中、午後7:30過ぎのタイガープラウン前で順番待ちをしている人々。

ゆったり2時間お食事をしてから外に出てみると、やっぱり列が増えていました。小雨にもかかわらず、大人気です。行列はできれば避けたいですが、2時間の時間制限があるなど見た目よりも進むのが早いので、是非並んででも行ってみましょう。

広州市のベトナム料理レストラン大头虾Tiger Prawnの利用価値

夜はまだまだこれからといった感じです(土日祝日はもっともっと並んでいます。)

中国広東省広州市には、おススメの中華料理や広州ならではのグルメがたくさんあります。でもたまには違う物も食べてみたい!と思う方がいたら、タイガープラウンは超おススメです。日本で食べるよりずっとお安く気軽にベトナム料理を楽しむことができるでしょう。

アクセス良し、味良し、コスパ良し、雰囲気良しと花丸づくしのタイガープラウンを是非一度お試しくださいね。

*記事内のレートは全て2018年2月現在のものです。

この記事のライター

中国広東省広州市に住む30代主婦です。今の目標は広東語をマスターすること!大好きな広州を、楽しく詳しくレポートしていきます★

関連するキーワード


中国 広州

関連する投稿


【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

広州観光と言ったらやっぱり広州タワーです。でも一見して広州タワーの周りって、大きな広場とちょっとした出店の他はみんなオフィスビル。広州タワーの近くでお食事やお茶できる場所ってないの?実は、広州タワーの「真下」にたくさんのグルメスポットがあるんですよ。今回は、広州タワー観光時に役立つ地下街に関する情報をまとめていきます。


覚悟して食べよう!中国で大人気の「肉松パン」とは?中国のパンとパン屋事情あれこれ

覚悟して食べよう!中国で大人気の「肉松パン」とは?中国のパンとパン屋事情あれこれ

海外旅行をすると、誰でも「これはどうしても食べられない・・・」というものに一つか二つはぶち当たるものではないでしょうか?今回は、食べるのならある程度覚悟が必要な中国で大人気の「肉松パン」をご紹介します。肉松って何?どんなお味なの?気になる肉松パンをレポートする前に、まずは今の中国でのパン事情からご説明していきましょう。


中国広州旅行で手っ取り早く中国らしいお土産をゲットするには?北京路にある大変便利なお土産屋さんで旅のお土産を揃えよう

中国広州旅行で手っ取り早く中国らしいお土産をゲットするには?北京路にある大変便利なお土産屋さんで旅のお土産を揃えよう

中国広東省広州市からお届けしています。皆さん、広州旅行のお土産はどうしようとお考えですか?行き当たりばったりも旅の醍醐味ではありますが、観光で忙しく、ゆっくりお土産屋さんを回る時間が取れないかもしれません。今回は、大切な旅のお土産を買いそびれてしまわないように、いざという時に利用できる便利なお土産屋さんをご紹介します。


全世界共通ではない!?中国広州のケンタッキー(KFC)でおススメの美味しいご当地中華メニューとは?

全世界共通ではない!?中国広州のケンタッキー(KFC)でおススメの美味しいご当地中華メニューとは?

真っ赤な看板と白髪老人の笑顔。中国広東省の広州市には、数え切れないほど多くのケンタッキー・フライドチキンがあります。もう何年も前から、ケンタッキーは中国社会にも受け入れられているようです。今回は、中国版ケンタッキーの日本にはないおススメ中華メニューや中国旅行時の中国ケンタッキー活用方法をレポートしていきたいと思います。


となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

最近、広州市内で得体の知れない可愛い生き物を発見しました。中国語表記によると、その名は「龙猫(ロンマオ)」。ロンマオってまさかあのトトロのことでは?いやいや、いくら中国でもトトロがペットショップにいるわけがないでしょう・・・今回はそんないきさつで調べたロンマオと、広州市にあるロンマオ専門ショップの様子をレポートします。


最新の投稿


【ベトナムホーチミン】ローカルスパでオイルマッサージとボディスクラブを初体験!!

【ベトナムホーチミン】ローカルスパでオイルマッサージとボディスクラブを初体験!!

ベトナムに来てから、ベトナムはマッサージ天国なんだよ〜多くの人が教えてくれました。いいサービス、良心的な価格でリラックスできる娯楽として海外から来た人だけでなく、ローカルの人々もたくさん利用しているようです。今回は私が現地の女性たちに連れて行ってもらったローカルのCoconut Spaというマッサージ屋さんを紹介します


コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

インドネシアはコーヒーの生産量・輸出量が世界第三位です。コーヒー栽培は植民地支配していたオランダが持ち込んだものですが、インドネシアの気候にあい地域や各島ごとに特徴あるコーヒーが作られています。国内のコーヒーメーカーも多く、インドネシア人が気軽に楽しむ、インドネシア独特の飲み方のコーヒーから、若いオーナーがこだわってブレンドしたコーヒーを出すカフェ、インスタ映えするお洒落カフェまで様々です。おなじみスターバックスでもインドネシア各地のコーヒー豆を使ったコーヒーもだされているので、ジャカルタにきたらコーヒー好きの人には天国です。インドネシアのお土産として最適なコーヒーや、幻のコーヒー、今話題のカフェなどを紹介します。


人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

自然いっぱいのマウイ島を満喫するために自転車をレンタルしてみました!出だし好調でしたが思った以上に登り坂が多く苦戦!運動不足の足が悲鳴をあげながら、美しい海と平原を冒険してきました!今回はラハイナ地区のマップ、マウイ島でのバイクレンタルの価格、またサイクリング中に見つけた美しい景色の写真などを紹介します。


街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

ベトナムのハノイとホーチミンの間にダナンというベトナム第3位の都市があります。ダナンから南にバスで1時間ほどの場所に、ホイアンという街があります。ホイアンはとても小さな街ですが、街中が世界遺産になっていて、建物がとにかくとても可愛いんです!歩くだけでもとても楽しい気分になるので、街歩きが大好きな人にぴったりの場所です。


【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

広州観光と言ったらやっぱり広州タワーです。でも一見して広州タワーの周りって、大きな広場とちょっとした出店の他はみんなオフィスビル。広州タワーの近くでお食事やお茶できる場所ってないの?実は、広州タワーの「真下」にたくさんのグルメスポットがあるんですよ。今回は、広州タワー観光時に役立つ地下街に関する情報をまとめていきます。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング