オーストラリアのスーパーで絶対買うべきオススメ品!個人的にオススメしたい6品

オーストラリアのスーパーで絶対買うべきオススメ品!個人的にオススメしたい6品

地元のスーパーマーケットには安くて美味しい食べ物がたくさん売られています!たくさんありすぎて旅行者の方はどれを買ったらよいか迷ってしまうくらいですね(^^;)今回は個人的にオススメしたい商品6つをピックアップしてご紹介いたします!どれもお手軽価格ですのでおやつ・お土産に是非ご検討ください(^^)/


今回は、、、個人的にオススメしたい商品!!

前回は『お土産にも!オーストラリア人が子供のころから食べている定番お菓子7選!』の記事でオーストラリアで大人気のお菓子を紹介させていただきました(^^)!

そちらの記事では、”ベストセラーの定番お菓子”のご紹介でしたが、今回は、、、
”ベストセラーとはいかないが是非オススメしたいお菓子”や
”スーパーで買えるお菓子以外のオススメ商品”
などをご紹介したいと思います!

現地の友人との会話で美味しいと話題に上がったことのある商品を6つ集めました(^^)/

お土産にも!オーストラリア人が子供のころから食べている定番お菓子7選!

http://travelclip.jp/articles/96

オーストラリアのスーパーには安価で美味しいお菓子がいっぱい!!滞在中に楽しむのはもちろんのことバラマキ用や義理土産にすれば費用も抑えられます。現地滞在中の日本人の私が実際に食べて美味しかったものだけを7選ご紹介いたします(^^)

現地の日本人に大人気のアイス!”Connoisseur Ice"

「あの美味しいアイス知ってる?」 『ああ、あの黒いパッケージの?』なんて会話がされるくらい日本人の中でも有名なアイスです。

大容量1Lのものから気軽に食べられるアイスバータイプのものなど種類も様々。
味のバリエーションも豊富で、シンプルな”バニラ”や”ベルギーチョコレート”はもちろん、
”抹茶とホワイトチョコレートのワッフルコーン”
”塩キャラメルとチョコレートでコーティングされたマカダミアナッツ”といった凝った味のものまで。心惹かれる味が見つかること間違いなし!

季節ごとに新しい味や期間限定味も発売されるのですが、私の周りでは定番の”クッキー&クリーム”味が根強い人気です。かく言う私もこの味がお気に入り!色々な味を試しつつも結局は”クッキー&クリーム”に戻ってきてしまいます(^^)

値段は1L入りで10ドル。頻繁に半額セールをしているので運が良いと5ドルで買えます!

乳製品が安い☆”Dairy Farmer”の”Thick&Creamヨーグルト”

甘味が強いデザートヨーグルト!

オーストラリアは物価が高い割には、乳製品が割安に購入できます。

ヨーグルトもその一つ。種類も多く、スーパーでの売り場面積もとても広いです!美味しいと有名でオススメしたいのが”Dairy Farmer(デイリーファーマー)”のヨーグルト!味が濃厚でしっかりしているのでデザートや小腹がすいたときにお勧めです。

味は”イチジク”、”レモン”、”ハチミツ”、”イチゴ”、”マンゴー”など。オーストラリアではプレーンや無糖のヨーグルトよりも味がついたヨーグルトが多い印象です。食後にすこし食べたいというときは小さめの150g、家に常備しておきたい場合は600g入りと2種類があります。

私のオススメはシンプルな”バニラ”味。日本で無糖ヨーグルトを買うとついてくる砂糖を一食分のヨーグルトに全部つっこんだかのようなとっても甘い味がします!

『甘いヨーグルトが好き!』という方、是非お試しください!値段は150gで2ドルです。

ちょっとおかしな牛の顔が印象的。”The Laughting Cow(ラッフィング カウ)”のチーズ!

笑っている牛の顔が目印です!

乳製品が安い、第2弾!チーズも安くて種類豊富です!
オススメしたいのが”The laughting cow”のチーズです。

”The laughting cow(ラッフィングカウ)”を製造している会社”ベル”は、フランスで生まれ。現在は全世界130か国以上に進出しており、日本にも2005年に上陸しています。日本では1~2cmほどのキューブ型のチーズ”ベルキューブ”が人気ですね。ベルキューブ好きは要チェックです!

同じグループに”キリクリームチーズ”があるので、今回ご紹介するチーズもキリのような柔らかくコクのあるチーズです。強く持つと簡単につぶれてしまうほどの柔らかさでパンに塗って食べてもおいしいです(^^♪

日本では取り扱いのない、数種類のハーブが入った”ガーデンハーブ”味やビスケットがついている”ディッパーズ”などがオススメ☆

お土産にもよい調味料!”Chicken Salt(チキンソルト)”

このチキンソルトは若干酸味が強めです^^

チキンソルトとは塩、コンソメ、ガーリックなどと数種類のスパイスを混ぜて作られたチキン味の塩のことです。日本ではあまり知られていませんがオーストラリアでは定番の調味料です。

街でフィッシュ&チップスを食べたとき、フライドポテトに普通の塩ではないとてもおいしい調味料がかかっていたので気になって調べてたどり着いた逸品です(^^♪

スーパーで購入する以外にも、街でフィッシュ&チップスを買うと”Salt or Chicken salt?(フライドポテトには普通の塩?それともチキンソルト?)"と聞かれますので、是非チキンソルトをお試しください(^^)/

日本国内ではなかなか見かけないので、気に入った方はお土産に買って帰られることをオススメいたします~!お値段は、ブランドによりますが大体2ドル~5ドル程度です。

現地のアジア人を魅了する焼きそば”Me goreng(ミゴレン)”

チープなお味ですがなぜかもう一度食べたくなる!

以前同じシェアハウスに住んでいた台湾人・韓国人が頻繁に食べていて、食べてみたらどっぷりハマってしまったインスタント焼きそばです!

元々はインドネシアやマレーシアあたりの商品のようですが、オーストラリアの2大スーパーであるウールワース、コールスでも売られており簡単に手に入れることができます。一袋が60セントという値段も魅力☆

茹でた麵に甘いタレをまぜ、サクサクの触感が楽しいフライドオニオンを入れ、辛みと酸味のあるエスニック風パウダーをまぜ、仕上げにチリペッパーをふりかけて出来上がりです。唐辛子系の辛みがあるので辛いのが苦手な方は卵を入れると食べやすいです(^^♪

甘味、辛味、酸味が一度に味わえ、ついつい『もう一口!』と食べ進めてしまう中毒性のあるおいしさです。一食分が80グラムと少な目なので男性は2袋ご購入ください!

ちょっぴり高級なポテトチップス ”Red Rock Del(レッドロックデリ)”

高級感漂う黒いパッケージ!

美味しいポテトチップスといえば”Red Rock Del(レッドロックデリ)”シリーズです!
お値段が高いため頻繁には買えないので『定番お菓子』の記事には載せませんでしたが、味は最高に美味しいので是非試していただきたい商品です。

日本のネットでも、”一度食べたら忘れられないポテトチップス”、”絶品グルメチップス”などと高評価で紹介されています。ネット通販で取り扱っている会社があるようですが、一袋1000円近くするようです!?

味は”塩”、”ライム&ブラックペッパー”、”スイートチリ&サワークリーム”、”ハニーソイチキン”、”塩&バルサミコ酢”の基本の5種類の他に、期間限定味もあります。一般的なポテトチップスに比べて、ジャガイモが薄く、パリパリとした触感を楽しめるチップスです。

一袋1~2ドルでポテトチップスが買えるオーストラリアにおいて、一袋約5ドル(約400円)というポテトチップスにしては高い価格設定ながら、本格的な味付けで絶大なる人気を得ています!

一言で表すならば、”大人のポテトチップス”!オーストラリアに来られた際には忘れずにお試しください!!

この記事のライター

オーストラリア在住(^^)ケアンズ、ブリスベン、メルボルン、アデレードなどオーストラリア中の情報をご紹介!

関連する投稿


コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

インドネシアはコーヒーの生産量・輸出量が世界第三位です。コーヒー栽培は植民地支配していたオランダが持ち込んだものですが、インドネシアの気候にあい地域や各島ごとに特徴あるコーヒーが作られています。国内のコーヒーメーカーも多く、インドネシア人が気軽に楽しむ、インドネシア独特の飲み方のコーヒーから、若いオーナーがこだわってブレンドしたコーヒーを出すカフェ、インスタ映えするお洒落カフェまで様々です。おなじみスターバックスでもインドネシア各地のコーヒー豆を使ったコーヒーもだされているので、ジャカルタにきたらコーヒー好きの人には天国です。インドネシアのお土産として最適なコーヒーや、幻のコーヒー、今話題のカフェなどを紹介します。


ラッセル・クロウも巻き込まれた?ちょっと笑えるオーストラリアvsニュージーランド痴話喧嘩の数々

ラッセル・クロウも巻き込まれた?ちょっと笑えるオーストラリアvsニュージーランド痴話喧嘩の数々

「ダウン・アンダー(Down Under)」の愛称で親しまれるオーストラリアとニュージーランド。行き来も永住も自由で、国旗もそっくり、ラグビーの強国と共通点も多いものの、それ故にあれこれ優越をつけたがる微妙なライバル関係にあるのも事実なのです。「どっちでもいいじゃないか」なんて間違っても言ってはいけません。彼らが国のプライドをかけて展開する議論の数々をご紹介します。


週に1度はバティックデー。本気の買い物もお土産用にも、伝統の布バティック

週に1度はバティックデー。本気の買い物もお土産用にも、伝統の布バティック

ジャワ更紗の名で知られている、インドネシアの伝統の布バティック。老若男女も毎週金曜日はバティックデー、日本の浴衣とは違い、現在も普段着から正装まで幅広く着用されています。柄も地域で違うという、奥深いバティック(ジャワ更紗)の選び方と、普段着として着られるものから、お土産にオススメのお店やアイテムを紹介します。


手作り大好きの人必見!生地屋天国のマーケットで、オリジナルの服を作る

手作り大好きの人必見!生地屋天国のマーケットで、オリジナルの服を作る

既製品よりもオーダーがなぜか安いジャカルタ。手作り大好きな人も、そうでない人も楽しい生地屋や手作り品のパーツが集まるパサールがあります。生地屋が取り囲むパサールで、好きな生地を買い、イメージを伝えるだけでオリジナルの服が作れます。自分で作る人は、驚くほどの安さで材料が買えますので、テンションあがること間違いなしです。


ヒルトン・サーファーズパラダイスのサービス・アパートメントを家族連れにオススメしたい6つの理由

ヒルトン・サーファーズパラダイスのサービス・アパートメントを家族連れにオススメしたい6つの理由

ゴールドコースト屈指の観光地サーファーズパラダイスには、宿泊施設がごまんと存在しています。その中でも高い人気を誇っているのが、ヒルトン・サーファーズパラダイスのサービス・アパートメント。ロケーション、設備、諸観光地へのアクセスとも文句なしで、ファミリーホリデーの強い味方です。ゴールドコーストの宿泊先はここで決まり!


最新の投稿


【ベトナムホーチミン】ローカルスパでオイルマッサージとボディスクラブを初体験!!

【ベトナムホーチミン】ローカルスパでオイルマッサージとボディスクラブを初体験!!

ベトナムに来てから、ベトナムはマッサージ天国なんだよ〜多くの人が教えてくれました。いいサービス、良心的な価格でリラックスできる娯楽として海外から来た人だけでなく、ローカルの人々もたくさん利用しているようです。今回は私が現地の女性たちに連れて行ってもらったローカルのCoconut Spaというマッサージ屋さんを紹介します


コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

インドネシアはコーヒーの生産量・輸出量が世界第三位です。コーヒー栽培は植民地支配していたオランダが持ち込んだものですが、インドネシアの気候にあい地域や各島ごとに特徴あるコーヒーが作られています。国内のコーヒーメーカーも多く、インドネシア人が気軽に楽しむ、インドネシア独特の飲み方のコーヒーから、若いオーナーがこだわってブレンドしたコーヒーを出すカフェ、インスタ映えするお洒落カフェまで様々です。おなじみスターバックスでもインドネシア各地のコーヒー豆を使ったコーヒーもだされているので、ジャカルタにきたらコーヒー好きの人には天国です。インドネシアのお土産として最適なコーヒーや、幻のコーヒー、今話題のカフェなどを紹介します。


人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

自然いっぱいのマウイ島を満喫するために自転車をレンタルしてみました!出だし好調でしたが思った以上に登り坂が多く苦戦!運動不足の足が悲鳴をあげながら、美しい海と平原を冒険してきました!今回はラハイナ地区のマップ、マウイ島でのバイクレンタルの価格、またサイクリング中に見つけた美しい景色の写真などを紹介します。


街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

ベトナムのハノイとホーチミンの間にダナンというベトナム第3位の都市があります。ダナンから南にバスで1時間ほどの場所に、ホイアンという街があります。ホイアンはとても小さな街ですが、街中が世界遺産になっていて、建物がとにかくとても可愛いんです!歩くだけでもとても楽しい気分になるので、街歩きが大好きな人にぴったりの場所です。


【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

広州観光と言ったらやっぱり広州タワーです。でも一見して広州タワーの周りって、大きな広場とちょっとした出店の他はみんなオフィスビル。広州タワーの近くでお食事やお茶できる場所ってないの?実は、広州タワーの「真下」にたくさんのグルメスポットがあるんですよ。今回は、広州タワー観光時に役立つ地下街に関する情報をまとめていきます。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング