スペイン人って家で何飲むの? お土産にもぴったりのくつろぎタイムに飲むお茶

スペイン人って家で何飲むの? お土産にもぴったりのくつろぎタイムに飲むお茶

スペインではコーヒーがよく飲まれるし、バルでも1ユーロ、1ユーロ20センチモと安く、気軽にひと休みができます。でも、胃がちょっと悪いときなどはどうするんだろうって思いますよね? スペインでは意外とハーブティーが飲まれているんですよ。スペインではどのようなハーブティーが人気か紹介します。お土産にもどうぞ。


スペインといえば、やっぱりコーヒー!

知らないうちにネスレになっていたボンカ(Bonka)。ネスレのレトロ缶はおまけでいただいたもの。

スペインで一番飲まれるのはコーヒー。バルやカフェで、ワンコインで飲める、が長い歴史の中の常識でした。1990年バルのコーヒーが全国どこでも100ペセタで、2000年になってもこの値段でした。ワンコインのひとやすみ。値上げしたいのはやまやまだけど、という状態だったのでしょう。2001年にユーロを使い始めると、すぐに1ユーロになりました。

写真はスペインでよく飲まれるコーヒーのメーカー、「ボンカ」です。1980年代には日本でも、成城石井などで売られていました。当時、1,600円だか1,800円という破格の値段がついて、まだスペインのものって無名でしたし、ちょっと高すぎるということですぐに撤退。当時スペインでほぼ100円くらいで売っていたのですから。

もともとスペインのメーカーでしたが、現在はネスレが提供しているようです。

スペインのコーヒーの入れ方は簡単にいえば、ドリップ式の反対。
下の部分に水を入れ、真ん中のフィルターの中にコーヒーを入れます。
下から温めて、水が沸騰してフィルターを通って上の部分にいくとコーヒーになっているという方式。

我が家のは電気で直接温める器具ですが、直火でするタイプもあり、それは10ユーロくらいからあるので、お土産にいかがでしょう? スペイン式のコーヒーの入れ方は、おいしいですよ。その上、ドリップ方式より暖かさをキープするので寒い時期にもぴったりです。

どこの家にも常備されているマンサニージャって何?

マンサニージャ

どこの家にも必ずある、ほぼ「常備薬」とも言えるのが、これ! マンサニージャというのはマンサーナ、「りんご」の縮小辞です。An apple a day keeps the doctor away.とか英語でも言いますが、古い時代からりんごは健康のシンボル。そのりんごのように健康にいいんだよってことで小さなりんごという名前がついたのがカモミールです。

気持ちが悪い、食欲がないというようなときは、必ずママがマンサニージャを用意してくれます。はちみつを入れたり、アニスを数滴入れたりして、ちょっと滋養をプラス。お店やスーパーマーケットにもはちみつ入り、アニス入りが売られています。

カモミールティー以外にもいろいろ飲まれるハーブティー

ポレオ

ポレオはミントティーです。私個人の趣味で言えば胃が気持ち悪いときは、マンサニージャよりミントティーの方がスッキリするような気がします。普段もけっこうミントティーが好きでよく飲みます。甘いお菓子にも合いますしね。

それからミントティーが余ったら、冷たくなったミントティーでうがいをするとスッキリします。

リンデンフラワー

ティラ(tila)はリンデンフラワーティーのことです。「眠れないので睡眠薬をください。」とお医者さんに言うと、「ティラを飲みなさい。」と言われてしまいます。スペインは医療が公立なので、(私立もありますが、保険は全く使えません。日本の保険会社で契約したものはOKです。)お医者さんも公務員。できるだけ社会保険を無駄に使わないように、なかなかお薬の処方をしてくれません。重大な問題ではなさそうだと、家に帰ってハーブティーを飲んでのんびりしなさい、と言われるのが普通です。

リンデンフラワーティーはそのままだとけっこう癖があって飲みにくいお茶だと思います。(もちろん中には好きな人もいるかもしれませんが。)ミントティーとミックスすると比較的おいしく飲めます。ストレスがあって眠れないようなときに飲まれているようです。スペインだけではなく、イギリスなどヨーロッパ各地で、「千の用途をもつ木」と呼ばれながら昔から飲まれてきました。

いろいろミックスされた眠れるお茶

ハーブティーが大好きなスペインのセニョーラのためにいろいろミックスして、効能プラスのお茶がいろいろ売っています。写真はsueño(スエニョ:眠り、夢)の名前のとおりよく眠れるためのお茶。25%gratisと書いていますが、スペイン人はgratisということばが大好きです。gratis(グラティス)というのは無料という意味。25パーセント無料、簡単に言えば25パーセント増量なんですが、とにかく「無料」ということばが大好きなスペイン人の心を誘惑するために常にグラティスということばが使われます。

よく眠れるために飲むお茶以外にも痩せる(adergazar とか perder peso)、よく消化する(
digestion)とか、効能付きで売られています。本当に効果があるかどうかわからないのですが、写真の「よく眠れるお茶」は、ほのかな甘い香りが気に入ってよく飲んでいます。

最近は紅茶もあります!

タイフーとPG

紅茶はスペインではinfusion(インフシオン)、ハーブティーの一種として扱われ、コーヒーを飲むとちょっと気持ち悪いかもというような感じのときに飲まれるお茶だったので、おいしいものが売られていませんでした。せいぜいトワイニングくらい。トワイニングはアールグレイはけっこう好きなんですが、それ以外はちょっと薄い。私も夫もインドラバーなんで、しっかりしたお茶でインドティーを作りたいと。

やはり、そういうときはイギリス人にお問い合わせが一番です。で、イギリス人が教えてくれたのがPG。そういえば、カルフールで見かけていたんですが、箱のカラーがちっとも紅茶らしくないんで、長い間パスしていました。そのカルフールで2年前からタイフーも売り始めています。PGの方が味にニュアンスがあって好きですが、夫はしっかりした味が好きなのでタイフーです。値段は本国より若干高めですが、それでも本場の紅茶が飲める幸せ。

スペインでハーブティー!

スペインでちょっと気分が悪くなったときなどにはぜひハーブティーをバルやホテルで頼んでください。英語でも大丈夫かと思いますが、スペイン語の名前を覚えておくと重宝しますよ。どこのスーパーマーケットでも買えるので、お土産にもどうぞ。だいたい一箱が1ユーロから2ユーロくらいです。

この記事のライター

スペインに住んで18年になります。小さな素敵な町やお祭り、工芸品などスペインらしいスペインの旅を楽しむ情報をお届けします。

関連するキーワード


スペイン

関連する投稿


【スペインの城シリーズ】カソルラの山のてっぺんにある城、カスティーリョ・デ・ラス・シンコ・エスキーナス

【スペインの城シリーズ】カソルラの山のてっぺんにある城、カスティーリョ・デ・ラス・シンコ・エスキーナス

スペインの城シリーズ第8回は、私の住んでいるカソルラにある廃墟になっている城、カスティーリョ・デ・ラス・シンコ・エスキーナです。城は博物館になっているものも多いのですが、この城はただそこにある、それだけの廃墟です。周りはハーブがたくさん生えて、静かで落ち着く場所。こういう場所に来るのもなかなか素敵ですよ。


【スペインの城シリーズ】アルカラ・ラ・レアルの城は街を丸ごと飲み込んでる!フォルタレッサ・デ・ラ・モタ

【スペインの城シリーズ】アルカラ・ラ・レアルの城は街を丸ごと飲み込んでる!フォルタレッサ・デ・ラ・モタ

スペインの城シリーズ、第7回は、アンダルシア東北部にあるハエン県アルカラ・ラ・レアルにあるお城です。お城には、城下町を含めて残っていて、今発掘中という考古学ファンにはものすごく楽しめるお城だと思います。観光地として有名ではないのに、外国人観光客がたくさん来ていました。結構、穴場のおすすめ観光地です。


スペインに行ったら観光だけではなくコンサートも楽しもう!セビリアで劇場に行く方法

スペインに行ったら観光だけではなくコンサートも楽しもう!セビリアで劇場に行く方法

スペインで観光だけではなく、コンサート、特にクラシックミュージックのコンサートに行って見てはいかがでしょうか。オペラなども日本より安く行けますし、スペインらしい、スペインバレエやスペインオペラであるサルスエラなども楽しめます。ここではセビリアの劇場でのチケット購入などを紹介します。


【簡単スペイン語会話】ありがとうと言われたらどう答えればいい? すぐに覚えられて役に立つ

【簡単スペイン語会話】ありがとうと言われたらどう答えればいい? すぐに覚えられて役に立つ

1990年に一人でスペインを3ヵ月の間、歩き回ったときは本当に少しのボキャブラリーでした。ありがとうなどの簡単な会話だけでもなんとかなるものです。そして、ちょっと言い方を覚えておくと、楽しさも倍増します。今回はありがとうとありがとうと言われたときの返し方を中心に紹介します。


スペイン人アーティストのアトリエを訪問カディスで生まれカソルラに住む:美しく生きるシリーズ第1回

スペイン人アーティストのアトリエを訪問カディスで生まれカソルラに住む:美しく生きるシリーズ第1回

現代は仕事のために住む場所を選ぶのではなく、自分のため、自分が幸せと感じられる場所を住む場所にする人が増えて来ました。好きな場所に住んで、自分のしたいことをしている素敵な人たちを紹介する新しいシリーズ「美しい生きるシリーズ」を始めました。第1回目はアンダルシア・ハエン県カソルラに住むアーティスト、アナ・ドミンゲスです。


最新の投稿


【スペインの城シリーズ】カソルラの山のてっぺんにある城、カスティーリョ・デ・ラス・シンコ・エスキーナス

【スペインの城シリーズ】カソルラの山のてっぺんにある城、カスティーリョ・デ・ラス・シンコ・エスキーナス

スペインの城シリーズ第8回は、私の住んでいるカソルラにある廃墟になっている城、カスティーリョ・デ・ラス・シンコ・エスキーナです。城は博物館になっているものも多いのですが、この城はただそこにある、それだけの廃墟です。周りはハーブがたくさん生えて、静かで落ち着く場所。こういう場所に来るのもなかなか素敵ですよ。


南米のボリビアの熱帯では蚊には十分気を付けたいところ!蚊対策もご紹介します。

南米のボリビアの熱帯では蚊には十分気を付けたいところ!蚊対策もご紹介します。

南米大陸の熱帯地方はアマゾンの肥沃なジャングルに囲まれていて自然がたくさんあります。そして、多種多様な動植物を垣間見ることができ世界的にも人気の観光スポットとなります。しかし、熱帯、ジャングルと聞く中で気を付けておきたいのは病気です。蚊が媒介する病気がいくつかあり予防接種が義務付けられることもあり注意が必要です。


ボリビア人も大好きな豚肉料理!休日の定番かつ豚は町でも普通に歩いているので面白いです

ボリビア人も大好きな豚肉料理!休日の定番かつ豚は町でも普通に歩いているので面白いです

南米大陸の国ボリビアは日本でも少しづつ知名度が上がってきています。経済発展を遂げていますが、まだまだ途上国です。そんなボリビアで休日の楽しみと言えば豚肉料理を味わうこと。スープで味わったり、フライや炭焼きにしたりと様々です。そして、その料理の仕方もダイナミック!豚に関しても日本と比べてより身近な存在で興味深いです。


ドイツ最古の町トリーアで歴史ある美しい街並みを堪能するためのおすすめポイント

ドイツ最古の町トリーアで歴史ある美しい街並みを堪能するためのおすすめポイント

トリーアはドイツ最古の都市と言われる、ドイツ西端に位置する町です。その街並みはとてもかわいらしく、どこか女性的。インスタ映えスポットにも事欠きません。日本で言うところの奈良のような存在、ドイツの古都トリーアの観光名所を、私が実際に行ってみ良かったと思うものに厳選してご紹介します。ぜひ次回の旅行の参考にしてください!


【ベトナム】スタバ好きな人必見!ベトナムホーチミンのスターバックスコーヒーに行ってみました

【ベトナム】スタバ好きな人必見!ベトナムホーチミンのスターバックスコーヒーに行ってみました

スタバが好きな人!?海外旅行や海外で生活をしていて、現地のカフェやレストランなどに入るのがちょっと勇気がいるな〜という時に重宝するスターバックス。スターバックスはどこの国でも大体同じドリンクがあって、店員さんが優しくて私はとても安心できます。今回はベトナムホーチミンのスターバックスの雰囲気を紹介します。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング