中国に行ったら乗らなきゃ損!安くてとっても便利-中国のローカルバス利用術

中国に行ったら乗らなきゃ損!安くてとっても便利-中国のローカルバス利用術

海外への旅行、海外での生活、どちらの場合にも欠かせないのが交通手段です。効率良く動ければ時間の節約になりますし、できれば移動にかかる費用も節約したいですよね。今回は、便利に活用できる「バス」をご紹介!


中国では近年、マイカーを所有する人が増えています。私の住んでいるような比較的小さな街でも日本車をちらちら見かける様になりました。ただ、日本のように交通規制がしっかり守られていない場所も多く、慣れていないのに中国で運転なんてしたらめちゃくちゃ危険です。不必要なストレスを感じず、命の危険も冒さず、便利に利用できる交通手段を選びましょう。

その一つが「バス」。バスは安くて便利ですし、なによりも中国人や中国文化を知るためには欠かせない乗り物です。ちょっとドキドキしますが、勇気を出して乗ってみましょう。

街を走り抜けるバス。カラーや大きさは色々。

毎日分刻みで次々にやってくるバス-乗り方をマスターすれば行動の幅も広がるはず!

中国の大都市では地下鉄が主流になってきてはいるものの、まだ地下鉄の通っていない多くの都市でバスが市民の足として利用されています。そのような場所では街中にバス停があり、何本ものバスが数分単位で行き来しています。

様々なルートを経由するバスがあるので、まず自分が目指すバス停とそこを経由するバス番号を案内板で確認しておきます。基本的に時刻表は無いので、時間に余裕を持って出かけることをお勧めします。時々ですが、15分以上待ってるのにバスが来ない…なんていうこともあるからです。

よく分からなければ隣の人や、バスの運転手に尋ねることができます。バス停名をメモっておいて見せるのも簡単で確実な方法です。

この記事で取り上げる街のバス乗車価格は1回1元(約16円~20円)。安い!(近い将来、2元に値上げするという噂が流れています…それでも安い!)

申し込み時にパスポートを提示する必要がありますが、「バスカード」を作る事もできます。これはチャージ式のカードで、事前にチャージしておけば乗車の際に車内の機械にピッとかざすだけで支払えます。財布に1元があるかどうか気にせずに済むので個人的にはお勧めです。(日本のバスのように両替機やお釣りがもらえる仕組みは無いので、小銭がないとすごく不安・・・)バスに乗る前に1元不足に気付いたら、近くのお店でサッと水か何かを買ってお釣りをもらうのが良い方法!

普通バスには前の自動ドアから乗車、すぐ右手にお金をいれるボックスがあるので1元投入。「バスカード」があれば横の機械にピッとかざす。降りたい駅で後部自動ドアから下車。とても簡単です。時々バスのアナウンスの故障というドッキリがあるので、車内にあるバス停名表示を確認しておくと安心です。

バスルート案内。それぞれのバスが通る簡単な地図とバス停名と確認できます。

乗車するとすぐ右手にある料金投入ボックスと、カードをタッチする機械。

バスの運行は24時間ではない…路線ごとの運行時間をしっかり確認して賢く利用

それぞれの路線によって始発と最終の時間が異なります。

例えば、旅行者が必ず利用するであろう「火车站」フオチャージャン(汽車の駅)や、新幹線の駅や空港へ向かうバスは、始発は朝5時台、最終は夜中1時や2時まで運行しています。一方、その他のバスは夜8時台~10時台が最終の便になるので、絶対バスで帰りたいという場合には時間を気にして行動する必要があります。

それぞれの時間はバス停の案内板に表示されているので簡単に確認できます。最近では、街を走るバスが今どこにいて、そのバスが最終便かどうか等をリアルタイムで確認できるアプリがあり、スマホを持っているなら活用できます。とても便利なアプリなので若い人を中心に非常に多くの人が活用していますよ。

楽しい旅行が台無しに!バス車内でのスリに遭わないためのアドバイス

バスは便利ですが、スリが絶えません。私もこれまで何度かスリを目撃し、先日は大事な携帯を盗られてしまいました...

彼らはプロなので大抵は盗られても全く気付きませんが、動きが怪しい人を見つける時があります。そういう時にはサッと離れたり、かばんを手で押さえるなど対策ができます。バックや旅行用リュックは体の前に持ち、絶対に自分の後ろで持たないようにします。パスポートや携帯など大切なものは外ポケットに入れたりせず、かばんの中にしっかりしまうようにします。人が乗り込んでくると動きにくくなるので、私は毎回バスに乗る時点でリュックを前に持つようにしていますよ。

ジェットコースター気分を味わえる?いいえ、危険です

中国のバスにも一応、いえしっかりとマナーがあります。例えば、たばこ禁止、窓から物を投げない、小さい子どもだけの乗車は禁止、体の弱い人に席をゆずる、等々。バスに乗っていて私が個人的に好きな場面は、お年寄り、妊婦、赤ちゃんを抱いた人が乗って来ると皆がサッと席を譲るところ。そのスピードの早いこと!

車内には防犯カメラが設置されていて、運転手はしっかり車内を見ています。「じいちゃんに席を譲れ~」「子どもを座らせろ~」と促す運転手もいます。

私個人が感じている事ですが、中国のバスは交通事情の理由もあってか急停車・急発進が多いです。若者でも飛んでいきそうになる事がありますが、お年寄りや子どもならなおさら危険。それでバス乗車時は吊革やしっかり掴める場所を探して足は肩幅に開いて(笑)、転んだり隣の人にぶつかったりしないようにも注意しましょう。スマホに夢中になっていると突然の急ブレーキ、転んで携帯を落とし画面が割れる、なんていう漫画みたいなことが結構普通に起こります…。

 数分ごとに行きかうバス。

言葉も分からないし旅行者なんだから関係ないと言わず、笑顔で席を譲ってみたら「谢谢!」と笑顔で感謝されたりして、とてもさわやかな気分になります。

バスはお財布にも優しく、自分がその街の一員になったように感じられる、ローカルで便利な乗り物です。是非上手に活用して、中国の滞在に役立ててください。

この記事のライター

中国在住、日々中国人と中国文化に囲まれながらエキサイティングな毎日を送っています。地元ならではの情報をご紹介していきます。

関連するキーワード


中国

関連する投稿


となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

最近、広州市内で得体の知れない可愛い生き物を発見しました。中国語表記によると、その名は「龙猫(ロンマオ)」。ロンマオってまさかあのトトロのことでは?いやいや、いくら中国でもトトロがペットショップにいるわけがないでしょう・・・今回はそんないきさつで調べたロンマオと、広州市にあるロンマオ専門ショップの様子をレポートします。


これぞアニオタ天国!?中国でも大人気の日本のアニメが勢揃い!中国広州のオタクスポットと言ったらここ!

これぞアニオタ天国!?中国でも大人気の日本のアニメが勢揃い!中国広州のオタクスポットと言ったらここ!

海外においてもはや日本の文化となっている「アニメ」や「オタク」。私の住むここ中国でも、若者を中心に大人気です。中国語でもオタクという言葉があって、「宅男(ザイナン)」もしくは「宅女(ザイニュウ)」となります。面白いですね!今回は、中国の広州市で見つけた超ディープな「アニオタ天国」の状況をレポートしていきたいと思います。


【中国広東省】東洋のユダヤ人と言われる客家(はっか)人!客家文化に触れながら本場の「客家料理」を味わってみよう

【中国広東省】東洋のユダヤ人と言われる客家(はっか)人!客家文化に触れながら本場の「客家料理」を味わってみよう

「食は広州にあり」と言うように、グルメ家の舌をうならせる広東料理の中心は省都広州の「広州料理」です。でも実は、広い広い広東省には広州とは文化も言語も習慣も全く違うエリアがたくさんあり、土地ごとに様々な自慢の味があります。今回記事でご紹介するのは、中国の「客家(はっか)人」と呼ばれる人々とその伝統料理、「客家料理」です。


【中国広州】プチプラでトレンドの服がいっぱい!公園前駅地下のショッピングモールで超お得にお買い物しちゃおう

【中国広州】プチプラでトレンドの服がいっぱい!公園前駅地下のショッピングモールで超お得にお買い物しちゃおう

中国広東省広州市は、日本と比べると物価は安めです。でも安いのは主にグルメと交通費。地価の値上がりと共にファッションアイテムは年々値上げの傾向にあり、案外日本と変わらなかったりします。今回はそんな中国広州で、地元の若者に大人気の「トレンドでしかもプチプラなお洋服がたくさん手に入る激安ショッピングスポット」をご紹介します。


美しい夜景とビル群の映像コラボ!中国広州市に流れる「珠江」と「海印大橋」の華やかな夜景の楽しみ方

美しい夜景とビル群の映像コラボ!中国広州市に流れる「珠江」と「海印大橋」の華やかな夜景の楽しみ方

中国広東省広州市には、夜間に楽しめる観光スポットがたくさんあります。今回は、大本命の「広州タワーの夜景はもう見た」という方のために、筆者がおススメの穴場夜景スポットの一つをご紹介します。「海印大橋」と「珠江」の夜景です。地元の人々の日常に溶け込んでいるこの美しいエリアを、今夜は私たちも一緒に歩いてみることにしましょう。


最新の投稿


スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人にとって一番大事な食べ物といえばパンです。食事には必ずパンが必要。料理を味わうためにも、味があまりないパンで一度口をリセットします。料理の風味を大事にするために、絶対バターは使いません。常に料理の味が第一というのがスペインの考え方です。そんな大事なパンを紹介するイベントがカソルラでありました。


日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

南米ボリビアはまだまだ途上国です。それは観光業においても同じで、数年前に世界一観光客に不親切な国として第一位に輝いたという不名誉な記録もあります。それだけ観光客に対しても観光スポットに対してもまだまだ上手に向き合えていないという現状があります。それで隠れた秘境がたくさんあるボリビアのチョチスといいう観光スポットをご紹介


となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

最近、広州市内で得体の知れない可愛い生き物を発見しました。中国語表記によると、その名は「龙猫(ロンマオ)」。ロンマオってまさかあのトトロのことでは?いやいや、いくら中国でもトトロがペットショップにいるわけがないでしょう・・・今回はそんないきさつで調べたロンマオと、広州市にあるロンマオ専門ショップの様子をレポートします。


ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクそのものに観光に行こうと思う日本人は多くはないかもしれませんが、ヨーロッパを旅する際に大活躍してくれる数多くのLCCが乗り入れているため重宝するのが、ルクセンブルクのフィンデル空港です。観光大国である周辺の国々とアクセスが良好の、フィンデル空港利用の際に知っておきたいことを、私個人の経験からご紹介します!


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング