アメリカ流はフレーバーでお茶お楽しむ!フレバーティー専門店のデイビッドズティーを徹底紹介!

アメリカ流はフレーバーでお茶お楽しむ!フレバーティー専門店のデイビッドズティーを徹底紹介!

アメリカではお茶専門店が多く存在しますが、中でも特にユニークなのが様々なフレーバーを混ぜ合わせたオリジナルフレーバーティーなんです。このお茶にこのフレーバー?とちょっと日本人には驚いてしまう組み合わせもあったりします。ですが、飲んでみると新発想でなかなかおいしいんです。今回はアメリカのフレバーティー専門店を紹介します。


水色の店構えが目印!フレバーティー専門店デイビッドズ・ティー

デイビッドズ・ティー外観

今回紹介するデイビッドズ・ティー(DAVIDs TEA)は実はアメリカではなくカナダ発のお茶専門店です。カナダに多くの店舗がありますが、アメリカ本土にも多くの店舗があります。西海岸にはロサンゼルスとサンフランシスコに店舗があります。東海岸の方が店舗数が多く、フロリダ、ニューヨーク、フィラデルフィア、ワシントン、ボストン、ミネアポリス、オハイオ、シカゴ、などにお店があります。

デイビッドズ・ティーではルースティー、お茶グッズ、ギフトアイテム、ドリンク、などを買うことができます。水色のポップな店構えが特徴的なお店です。

デイビッドズ・ティー店内の様子

デイビッドズ・ティーの店内に入ると女性はワクワクすると思います。雑貨店のような雰囲気ですが、売られているのは全てお茶用品ばかりです。お茶好きな方が興奮すること間違いなしです。こちらの写真はクリスマス前に行った時の写真なので、店内がクリスマス色のギフトアイテムであふれていました。

ホリデイギフトセット

デイビッドズ・ティーのギフトアイテムはプレゼントやお土産に喜ばれること間違いなしです。とてもかわいらしくておしゃれなパッケージのものが多く、価格も比較的買いやすいのが嬉しいです。こちらは冬季限定のお茶のセットです。12種類の様々なお茶がパッケージされたギフトです。

ギフトセット

こちらは冬のイメージのグラスバグカップやお茶などです。大人っぽいおしゃれな雰囲気のギフトです。

様々な種類のフレーバーティー

デイビッドズ・ティーの店内の壁にはこのように多種にわたる茶葉が並んでいます。シンプルな茶葉もありますが、ほとんどはお店でオリジナルに調合されているフレバーティーの数々です。デイビッドズ・ティーで売られているお茶の種類には次のようなものがあります。

●白茶(White Tea)
●緑茶(Green Tea)
●抹茶(Match)
●烏龍茶(Oolong Tea)
●紅茶(Black tea)
●プーアール茶(Pu'erh)
●マテ茶(Mate)
●ルイボス・ティー(Rooibos)
●ハーブティー(Herbal)

クリスマスシーズンのおすすめティー

こちらは今回行った時にお店でフューチャーされていた季節限定のお茶の数々です。どれもクリスマス感全開の香りがするお茶でした。

香りを確かめる

デイビッドズ・ティーでルースティーを買う場合、またドリンクを買う場合は、お茶がどのような香りか香りを嗅ぐことができます。希望のお茶を店員さんに伝えると、この写真のように手前に出してくれるので香りを楽しむことができます。こちらのお店のお茶は名前からは想像できないような香りのフレーバーのものも多いです。ですので、多めに購入する場合はぜひ香りをチェックしてから買うといいです。

<参考英語表現>

●あのお茶の香りを嗅いでもいいですか? キャナイ・スメル・ザ・ティー?(Can I smell the Tea)

●紅茶が欲しいです。 アイ・ウォント・トゥー・バイ・ブラック・ティー(I want to buy black Tea)

●甘い香りのお茶が欲しいです。 サムシング・スウィート・セント(Something sweet scent)

●シナモンを使ったお茶はありますか? ドゥー・ユー・ハブ・サムシング・ウィズ・シナモン?(Do you have something with cinnamon?)

●茶葉を買いたいです。アイ・ウォント・トゥー・ハブ・ルース・ティー(I want to have loose tea)

キッチン

デイビッドズ・ティーには茶葉が並ぶコーナーとこの写真のようなキッチンコーナーがあります。キッチン側ではその場で飲めるドリンクを注文することができます。お店で売られている茶葉は全てドリンクとして買うことが可能です。お茶にベストな入れ方をしてくれるので、お茶が出るまで数分待ちますが、おいしいお茶を入れてくれます。砂糖やミルクを入れるかも聞かれます。欲しい場合はお願いしましょう。

ドリンクメニュー

お店にはこのようにドリンクメニューが飾られていました。お茶は種類によって2〜6ドル(約250〜650円)で買うことができます。

紙袋

こちらはデイビッドズ・ティーの紙袋です。お店と同じポップな水色の紙袋です。このままお土産やギフトとして十分渡せるおしゃれな紙袋だと思いました。

今回買ってみたものとその感想

こちらは4オンスのルースティーです。このサイズでも20杯以上のお茶を楽しむことができます。アメリカでは重さはグラムではなくオンス(oz)を使います。デイビッドズ・ティーでは2オンスから好きな量のお茶を買うことができます。日本のグラムに換算してどのくらいの量が欲しいかを店員さんに伝えましょう。

<重さ換算例>

●2オンス=56グラム
●4オンス=113グラム
●10オンス=283グラム
●18オンス=510グラム
●20オンス=566グラム

こちらはお試しサイズで2オンス(56グラム)のお茶が入っています。こちらはルイボスティーの中からキャラメルのフレーバーがついたクリーム・キャラメル・ルイボス(Creme Caramel Rooibos)です。通常のルイボスティーよりも甘くてスイーツ感覚で楽しめるルイボスティーです。

こちらも同じくお試しサイズでホワイト・チョコレート・チャイ・ブラック・ティー(White Chocolate Chai Black Tea)です。このお茶には紅茶以外にも生姜、シナモン、ココア、クローブ、ホワイトチョコ、などが入っていて、香ばしい香りが特徴のおもしろい紅茶です。

こちらは今回買った中で一番変わったお茶です。プーアール茶なのですが、日本でおなじみのプーアール茶といえば甘くないですよね。ですが、このプーアール茶はなんとも甘い香りがするんです。お茶以外に入っているのは、シナモン、マシュマロ、チョコチップ、などおやつのようなものばかりなんです。

おいしいのかな?と不思議がりながら飲んでみましたが、これがとてもおいしくて不思議な気分になります。最初は飲みなれないので違和感がありますが、プーアール茶と言われなければ、普通に甘い風味のおいしいお茶と思ってしまいます。このような変わったお茶はなかなか日本では買えないのでお土産にはとてもおすすめです。

デイビッドズ・ティーオリジナルタンブラー

こちらはデイビッドズ・ティーオリジナルのタンブラーです。こちらもお店のイメージカラーのきれいなブルーのタンブラーです。長時間飲み物の熱をキープすることができるおしゃれなタンブラーです。軽くて使いやすそうなので買ってみました。自宅で飲み物を飲む時や、車に飲み物を持ち出す時などに愛用しています。このようなお茶アイテムが買えるのもデイビッドズ・ティーの魅力です。

ロサンゼルス周辺の店舗

今回はロサンゼルス国際空港から行きやすい2店舗を紹介します。共に大きなショッピングモールに店舗があるので、デイビッドズ・ティー以外にもいろいろとお買い物を楽しむことができます。その他アメリカやカナダの店舗は下記リンクより確認してください。

店舗:カルバー・シティー店(Culver City)*ウエストフィールド(Westfield)カルバー・シティ店内
住所:6000 Sepulveda Blvd Ste A8, Culver City, CA 90230
電話番号:(310)391-7069
営業時間:月〜土 10:00 - 21:00 日 11:00 - 19:00
駐車場:モール専用無料駐車場あり

店舗:トーランス店(Torrance)*デル・アモ・ファッション・センター(Del Amo Fashion Center)内
住所:21540 Hawthorne Blvd, Torrance, CA 90503
電話番号:(310)370-5012
営業時間:月〜金 10:00 - 21:00 土 10:00 - 20:00 日 11:00 - 19:00
駐車場:モール専用無料駐車場あり

まとめ

今回はデイビッドズ・ティーというカナダ発のお茶専門店を紹介しました。日本ではまず買えないユニークなフレーバーのお茶を多く取り揃えているおもしろいお店です。お茶好きにはぜひ行ってもらいたいですし、お土産やプレゼントにも最適です。ロサンゼルスまたアメリカ西海岸やカナダに旅行した際はぜひ行ってみてくださいね。

この記事のライター

アメリカ・ロサンゼルスで気ままに暮らしています。みなさまの旅がより楽しくなるようなマニアック旅行情報をいろいろと紹介しています〜

関連するキーワード


アメリカ

関連する投稿


ステーキだけじゃないテキサス料理!日本ではあまりなじみのないテックス・メックス料理の魅力に迫る

ステーキだけじゃないテキサス料理!日本ではあまりなじみのないテックス・メックス料理の魅力に迫る

テックス・メックス料理という言葉を聞いたことがあるでしょうか。テックスはテキサス、メックスはメキシカンから来ており、要は「テキサス風のメキシコ料理」のことです。日本ではあまり見かけないですが、日本人の口に合うものや、テキサス独自にアレンジされたものもあります。今回はそんなテックス・メックス料理の魅力を少しご紹介します。


1日の始まりは朝食から!ダラス近郊で朝食やブランチが楽しめるおすすめカフェ3選!

1日の始まりは朝食から!ダラス近郊で朝食やブランチが楽しめるおすすめカフェ3選!

アメリカ人は朝食が大好きで割としっかり食べます。忙しい平日は簡単に済ませてしまう場合も多いですが、休日などにはブランチとして、ゆっくり時間をかけて、レストランでしっかりした食事を楽しむ人が多いです。今回はそんなアメリカ式の朝食、ブランチを楽しめるお店をいくつかご紹介したいと思います!


ハワイでビーチ雑貨を買う!まず行って欲しいのがハワイとビーチに特化した雑貨店のサンド・ピープル!

ハワイでビーチ雑貨を買う!まず行って欲しいのがハワイとビーチに特化した雑貨店のサンド・ピープル!

今回はハワイのオアフ島ワイキキ周辺でとてもかわいいビーチ雑貨が買えるサンド・ピープルというお店を紹介します。ハワイではたくさんのビーチ雑貨が買えますが、特に日本人の好みにぴったりのおしゃれ雑貨店といえばサンド・ピープルなんです。私もハワイに行くと必ず何度も立ち寄ってしまうかわいいお店なんです!


貧しい地域に健康な食事を!超健康的アメリカン弁当が食べられるエブリテーブルでランチを食べてみた!

貧しい地域に健康な食事を!超健康的アメリカン弁当が食べられるエブリテーブルでランチを食べてみた!

今回紹介するエブリテーブルというお店は、ロサンゼルス内でより貧しい層が住むサウスロサンゼルスエリアの人々の健康を助けるために作られたお店です。貧しい地域ではファーストフードが人気で、健康に良くない食事によって病気になってしまう人が多いです。そんな問題を解決するため、低価格で体に優しい食事を売り出したお店を紹介します。


旅行中には注意も必要!危険なエリアで有名なサウス・ロサンゼルスを車で走ってみた

旅行中には注意も必要!危険なエリアで有名なサウス・ロサンゼルスを車で走ってみた

今回は、ロサンゼルスの行っては行けない危ない地域について紹介します。楽しいことがたくさんあるロサンゼルスではありますが、実際住んでいて怖い事件を毎日のように耳にする危険な街でもあるんです。今回の記事ではロサンゼルス内で比較的安全な地域や行ってはいけない危ない地域、また治安の悪い地域を見分ける方法を紹介します。


最新の投稿


スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人にとって一番大事な食べ物といえばパンです。食事には必ずパンが必要。料理を味わうためにも、味があまりないパンで一度口をリセットします。料理の風味を大事にするために、絶対バターは使いません。常に料理の味が第一というのがスペインの考え方です。そんな大事なパンを紹介するイベントがカソルラでありました。


日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

南米ボリビアはまだまだ途上国です。それは観光業においても同じで、数年前に世界一観光客に不親切な国として第一位に輝いたという不名誉な記録もあります。それだけ観光客に対しても観光スポットに対してもまだまだ上手に向き合えていないという現状があります。それで隠れた秘境がたくさんあるボリビアのチョチスといいう観光スポットをご紹介


となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

最近、広州市内で得体の知れない可愛い生き物を発見しました。中国語表記によると、その名は「龙猫(ロンマオ)」。ロンマオってまさかあのトトロのことでは?いやいや、いくら中国でもトトロがペットショップにいるわけがないでしょう・・・今回はそんないきさつで調べたロンマオと、広州市にあるロンマオ専門ショップの様子をレポートします。


ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクそのものに観光に行こうと思う日本人は多くはないかもしれませんが、ヨーロッパを旅する際に大活躍してくれる数多くのLCCが乗り入れているため重宝するのが、ルクセンブルクのフィンデル空港です。観光大国である周辺の国々とアクセスが良好の、フィンデル空港利用の際に知っておきたいことを、私個人の経験からご紹介します!


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング