アムステルダム市民の台所、アルバート・カイプ市場(Albert Cuypmarkt)をぶらり探索♪

アムステルダム市民の台所、アルバート・カイプ市場(Albert Cuypmarkt)をぶらり探索♪

オランダはアムステルダムで4大マーケットの一つとも言われる「アルバート・カイプ市場(Albert Cuypmarkt)」は、観光客の姿もよく見られますが元々は市民が普段使いするマーケット。今回は、フルーツや肉といった新鮮な食材からオランダの名物スイーツまで、市場の軒先に並ぶ品物をのぞきながら歩いてみます。


オランダ市民でいつも一杯!大概のものは揃ってしまう市場

オランダはアムステルダムの中心地、ダム広場からトラムで15分ほど南下して少し歩くと、そこに「アルバート・カイプ市場(Albert Cuypmarkt)」が見えてきます。

場所柄、周辺ヨーロッパ諸国や他地域からの観光客の姿もよく見られますが、元々は地元の市民が普段使いするマーケットでもあります。

260もの店が軒を並べ、毎日(月曜日から土曜)開く市場としてはヨーロッパ最大級と言われる規模は伊達ではなく、野菜、果物、肉、魚、パン、チーズといった食品から、ついつい食べ歩きしたくなるスイーツ、生活用品まで大概のものは買えてしまいます。

海外生活では貴重な「煎茶」もお手軽な量・価格で買えちゃいます

農業大国オランダならでは、良質で美味しい食材達

最近ときどき注目されるようになりましたが、なんとオランダは世界第2位の農業輸出国。その実力を裏付けるかのように、市場にもおいしそうな食材が並びます。

私は果物に目がないので、当たり前のように新鮮なベリー類が豊富に売っているオランダは天国のようです。

様々な種類のベリーの山

果物そのものだけではなく、搾りたてのフレッシュジュースもその場で買えます。 この新鮮さと味は、日本じゃなかなかワンコイン(1ユーロ≒134円、記事執筆時点)では飲めないレベルだと思います!

搾りたてのフルーツジュースがワンコインで

さて、主食として重要な肉についてですが、オランダで一番ポピュラーなのは鶏肉です。

私が以前住んでいたシンガポールも同じくだったのですが、移民が多い、もしくは様々な宗教を信じる人々が混在している国では鶏の消費が増え、結果として質も良くなるのでは?と思います、自論ですが。

※キリスト教は特に禁じるものがない一方、イスラム教は豚肉、ヒンドゥー教は牛肉を食べることを禁じられているため、鶏肉ならばこれら全ての宗教の信者が食べられる、ということ 

プリップリの鶏肉

肝心の肉質ですが、刺身で食べられるのではないかというほどにプリプリに輝き、しかもオランダの一般的なスーパーマーケットよりも安く売っています。

さらに驚いたことに、レバー、ハツ(心臓)、砂肝といったホルモンまでも手軽に手に入るんですね。一通り買って帰り、自宅で焼いてみたのですが・・気分はまさに、評判の良い日本の焼鳥屋にいるよう。新鮮かつ質も高いものが並んでいました。

かなり新鮮なホルモンも手に入ります

オランダ名物のスイーツも食べられちゃいます

食べ歩きには欠かせないのがスイーツですが、もちろんアルバート・カイプ市場でも色々揃っています。

まず紹介したいのが、ポッフェルチェ(Poffertjes)。これはオランダ版のパンケーキなのですが、形がちょっと珍しい。焼いているところを見てわかる通り、まるでこれ、たこ焼きみたいですよね?

実際はたこ焼き器ほどの深みがなく、やや平べったい感じです。形状としては、あんこの入っていないどら焼きといったイメージでしょうか。

オランダ版パンケーキ、ポッフェルチェ(Poffertjes)

このポッフェルチェ、どこのお店で買ってもそうなんですが、雪が積もったかのように全面真っ白になるまで粉砂糖を掛けてくれます。

こちらの砂糖は日本に比べると甘さがやや弱いため甘過ぎるということはないのですが・・・風の強い日などは服に飛ばないよう気をつけて食べる必要があります。

粉砂糖たっぷり、でもそこまで甘過ぎず

そしてお次は、ストロープワッフル(stroopwafel)。格子模様の薄いワッフル生地の間に、キャラメルシロップを挟み込んだオランダ名物のスイーツです。

日本人の舌に合うようで、私も大好物のこれ、普通はだいたい直径5~10センチぐらいです。

ところが、ここで売っているのは、下の写真で渋い面持ちのイケメン店員さんがキャラメルシロップを塗っている様子からも明らかですが、なんと手のひら(を超える)サイズ!

そういう訳で、"スーパー" ストロープワッフルという名前なんですね。塗りたてでまだ固まっていないキャラメルと、ほんのり暖かいワッフル生地の組み合わせは一度食べてみてください!

"スーパー" ストロープワッフル(stroopwafel)

アルバート・カイプ市場へのアクセス

最後に、アルバート・カイプ市場までのアクセスについて。

結構な街ナカですのでアクセスは良く、トラムを利用の場合だと4番はStadhouderskade駅、16番・24番はAlbertcuypstraat駅、3番・12番はVan Woustraat駅、そしてバスの場合は356番でVan Woustraatが最寄りの駅となっています。

営業時間は月曜日~土曜日の9:00~17:00です。品物が売り切れて早じまいをする店もたまにありますので、あまり閉まる間際に行くのはおススメしません。

ヨーロッパらしく日曜日はお休みですので、旅行計画の際は是非そのことも頭の片隅に置いておいてくださいね。

この記事のライター

在オランダ2年近く。以前は東南アジア(香港・シンガポール)にも4年半住んでいましたので、そちらについての記事も書いていきます!

関連するキーワード


オランダ アムステルダム

関連する投稿


観光でオランダに来たら必ず通る、アムステルダム中央駅を徹底解剖してみました!

観光でオランダに来たら必ず通る、アムステルダム中央駅を徹底解剖してみました!

アムステルダム中央駅には、ただ通過するだけではもったいない充実した設備があります。建物の外装や内装のインテリア、おいしいレストランやゆっくりできるカフェ、話題のオーガニック素材を扱ったグッズのショッピングなど、隠された見どころもたくさんあります。ぜひ見学して自分なりの楽しみ方でエンジョイしてください♪


北のヴェネツィアと呼ばれる街・ドルドレヒト(Dordrecht)とオシャレな穴場レストラン

北のヴェネツィアと呼ばれる街・ドルドレヒト(Dordrecht)とオシャレな穴場レストラン

多くの歴史的価値ある建物が残されているドルドレヒト。スペインからの独立を宣言し、オランダ独立国家の誕生を承認したオランダの記念の場所でもあります。北のヴェネツィアと呼ばれるほどで、のんびりと水路を見ながら、中世の時代に思いを馳せ、美味しい料理と素敵な食事で癒される、そんな素敵な休日にぴったりの街です。


一足早い春の声?オランダの「チューリップ解禁日」イベントに参加してみた!

一足早い春の声?オランダの「チューリップ解禁日」イベントに参加してみた!

オランダを代表するモノの1つと言えば、チューリップ。何百年も昔からその本場として名を馳せる国には、なんと「チューリップの解禁日」があった!?そんな「ナショナル・チューリップ・デー(National tulip day)」に参加しましたので、花に溢れたそのイベントの様子をレポートします。


美味しくて安くて楽しい!ハーグに来たら巨大青空マーケット(De Haagse Markt)にいらっしゃい!

美味しくて安くて楽しい!ハーグに来たら巨大青空マーケット(De Haagse Markt)にいらっしゃい!

ハーグ市場は、オランダで最大のマーケットであり、ヨーロッパでも最大の市場のうちの一つです。500余りの露店が出て、様々な人種や商品が見られるのと共に、美味しくて新鮮な果物や野菜などの食べ物と、お買い得な衣料品や子供服、バック、靴、ペンキ、工具、日用品から電化製品まで、ありとあらゆる掘り出し物も見つかる可能性が大ですよ!


オランダに来たら絶対外せない景色、世界遺産 キンデルダイク(Kinderdijk)の風車群

オランダに来たら絶対外せない景色、世界遺産 キンデルダイク(Kinderdijk)の風車群

オランダといえば一番に、平らな平和な風景と共に風車と思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?ロッテルダムから水上バスで30分、バスで1時間ほどの場所あるキンデルダイクは、オランダの中で最も数多い19基の風車が並んで建っている地域です。ずらーっと風車が並ぶ風景は、まさにオランダ!というイメージ通りの風景です。


最新の投稿


人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

自然いっぱいのマウイ島を満喫するために自転車をレンタルしてみました!出だし好調でしたが思った以上に登り坂が多く苦戦!運動不足の足が悲鳴をあげながら、美しい海と平原を冒険してきました!今回はラハイナ地区のマップ、マウイ島でのバイクレンタルの価格、またサイクリング中に見つけた美しい景色の写真などを紹介します。


街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

ベトナムのハノイとホーチミンの間にダナンというベトナム第3位の都市があります。ダナンから南にバスで1時間ほどの場所に、ホイアンという街があります。ホイアンはとても小さな街ですが、街中が世界遺産になっていて、建物がとにかくとても可愛いんです!歩くだけでもとても楽しい気分になるので、街歩きが大好きな人にぴったりの場所です。


【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

広州観光と言ったらやっぱり広州タワーです。でも一見して広州タワーの周りって、大きな広場とちょっとした出店の他はみんなオフィスビル。広州タワーの近くでお食事やお茶できる場所ってないの?実は、広州タワーの「真下」にたくさんのグルメスポットがあるんですよ。今回は、広州タワー観光時に役立つ地下街に関する情報をまとめていきます。


スープを頼むともれなくパンがついてくるカフェとは?シンガポールのcedeleで休憩してきました!

スープを頼むともれなくパンがついてくるカフェとは?シンガポールのcedeleで休憩してきました!

今回cedeleというカフェに行ってきました。シンガポールのあちこちに展開しているチェーン店です。テーブルでカフェラテを飲みながら休んでいると、多くの人が共通のものを注文していることに気づきました。テーブルにある、大きなボールと美味しそうなパン。このカフェの面白いシステムについてご紹介します。


途上国ならではの光景が広がる?南米ボリビアの交通事情を把握してしっかりと旅をする

途上国ならではの光景が広がる?南米ボリビアの交通事情を把握してしっかりと旅をする

南米大陸の真ん中にある国ボリビアは南米の中でもまだまだ途上国です。日本の国土の3倍ともいわれるボリビアには都市と都市を結ぶ道が少なく交通事情はまさに途上国そのもの。道路封鎖があったり、雨の日には水があふれかえったりとボリビアならではの景色も。しっかりとボリビアを旅行できるように、独特の交通事情をご紹介します!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング