キングスパークは景色を楽しむだけの場所じゃない!ジェイコブズ・ラダーでストイックなトレーニングに挑戦!

キングスパークは景色を楽しむだけの場所じゃない!ジェイコブズ・ラダーでストイックなトレーニングに挑戦!

キングスパークは、パースの美しい風景が見渡せる最も有名な観光名所です。実は、観光客が訪れるエリアは、キングスパークのほんの一部分です。今回は、キングパーク内の知る人ぞ知るトレーニングスポット「ジェイコブズ・ラダー」を紹介します。かなりストイックなトレーニングができる施設ですので、パース市民に混じって挑戦してみましょう!


広大なキングスパーク 楽しみ方はいろいろ

手入れの行き届いた緑の芝生が美しいキングスパーク

キングスパークは、パースで最も有名な観光地として、ガイドブックでもおなじみの場所です。シティの中心部にあり、交通の便もいいので、観光客だけでなく、市民にとっても、憩いの場として、親しまれています。休日には、芝生でピクニックやバーベキューを楽しむ人たちも多く、和やかな雰囲気も伝わってきます。

公園の入り口にある、戦争記念碑を中心としたエリアは、隅々まで手入れが行き届いた青々と茂る芝生が広がっています。記念碑のほか、カフェや売店もあり、常に観光客でにぎわっています。

また、ボタニカルガーデン(植物園)では、季節に応じて、西オーストラリア州原産の様々な木々や花々を見ることができます。街の中心にいながらにして、パースの自然に親しむことができます。

パースに春が来た!ワイルドフラワーが咲き誇るキングスパークフェステバルへ出かけよう!

http://travelclip.jp/articles/256

南半球のオーストラリアでは、日本とは季節が逆なので、9月が春の始まりです。パースの街の中心地にあるキングスパークでは、この時期「キングスパークフェステバル」が開催され、西オーストラリア固有のワイルドフラワーが満開になります。この時期にしか見られないオーストラリアの大地に力強く咲く花たちの特別な魅力を楽しみましょう。

高台にあるキングスパークからの眺めは抜群です。散策しながら、スワンリバーやシティの高層ビル群を一望することができます。思わず写真に収めたくなってしまう風景です。夜になると、夜景が広がり、昼間とはちがったも景色が楽しめます。

キングスパークからのパースシティの景色

キングスパークは、総面積400ヘクタールの広大な公園です。普段、観光客が足を踏み入れるのは、そのうちのほんの一部分です。奥に入っていくと、広い原生林が広がっていて、さまざまな施設が整備されています。

今回は、その中でも、ストイックなトレーニングで体を鍛えている人にぴったりのポイントを紹介します。

ジェイコブズ・ラダーで、ストイックなトレーニングに挑戦!

いろいろな世代の人が、ジェイコブズ・ラダーでトレーニングをしています

前述のとおり、キングスパークは小高い丘の上にある公園です。シティから車やバスで行くときには、さほど気にならない坂道ですが、高低差はかなりあります。

キングスパークの一角には、ジェイコブズ・ラダー(Jacob's ladder)という階段があります。「ラダー」は、「はしご」という意味ですが、キングスパークの高低差を242段のジグザグの階段で結んでいます。

ジェイコブズ・ラダーを下から見上げたところ

ジェイコブズ・ラダーは、本来、聖書の言葉で、天使が天国へ上り下りをする階段という意味があるそうです。また、雲の切れ間から太陽の光がさす様子も、ジェイコブズ・ラダーというのだそうです。すてきな名前ですが、こちらは、そんな優しいイメージとはかけ離れた、なかなかハードなトレーニングスポットです。

このジェイコブズ・ラダーは、本来は、キングスパークへの近道として1905年に作られました。最初に作られた階段は、木製で、踊り場もなく、まさに崖に立てかけられたはしごのような、かなり急な階段だったようです。その後、1960年代には、現在のコンクリートステップの階段に作り変えられ、今では、トレーニングスポットとして人気の場所になっています、

ジェイコブズ・ラダーの上から下を見下ろしたところ

パースには、スワンリバーの周囲やキングスパークの林の中にも、ジョギングやサイクリングに最適のコースが、いたるところに整備されています。ジョギングや、サイクリングのほか、ジム通いをして体を鍛えている人もたくさんいます。そんな人たちにとっては、ここジェイコブズ・ラダーでは、一味違ったトレーニングができる人気のスポットです。それも、無料で使える公共の施設なので、多くの人たちに親しまれています。

ここは、シティのオフィス街にも近いので、お昼になると、ランチタイムを利用してジョギングをしながらトレーニングをしにやって来る人たちも大勢います。毎日、ここでトレーニングをしていたら、足腰がかなり鍛えられそうです。

ジェイコブズ・ラダー入り口の看板

この日は、平日の午前中でしたが、何人かの人が、黙々と階段を昇り降りしていました。わたしも、試しに一往復してみましたが、途中で何度か休みながら登り降りしないと、かなり大変です。膝がガクガクしてきて、日頃の運動不足を痛感しながら、スイスイと登っていく人たちに感心するばかりでした。

ジェイコブズ・ラダーへの行き方 意外と見つけにくいので注意!

ジェイコブズ・ラダーは、ガイドブックに載っていることも少なく、観光客にはほとんど知られていないスポットです。

実は、私も、ジャイコブズ・ラダーの存在は何度も耳にしたことがあり、キングスパークには数え切れないほど行ったことがあるのに、この日初めて、ジェイコブズ・ラダーの場所を知りました。この日も、すぐには見つけられず、道で工事をしているお兄さんにたずねて、やっと見つけました。キングスパークにありながら、案内看板もないので、なかなか見つけにくい場所にあります。

クリフストリート看板 ここを右へ曲がると、入り口が見えます

ジェイコブス・ラダーは、キングスパークの手前に位置しています。キングスパークの入り口につながるフレイザー・アベニュー(Fraser Ave)の脇道ベルビュー・テラス(Bellevue Tce)を歩いていくと、クリフ・ストリート(Cliff St)があります。この道を入っていくと、ジェイコブズ・ラダーの降り口が見えますよ。

ジェイコブス・ラダー入り口(上)

この周辺は、パースの高級マンションがたくさん集まるエリアです。シティの真ん中に住みながら、広大なキングスパークを自分の庭のように楽しめるので、パース市民にとっては、憧れのエリアです。

さらに、自分の家の近所に、このような公共のトレーニングスポットがあったら、とても贅沢なライフスタイルが楽しめそうですね。

観光に訪れた際にも、キングスパークからの景色を楽しむだけでなく、ぜひ、ジェイコブズ・ラダーの昇り降りトレーニングを体験してみましょう。体を鍛えている人なら、毎朝スワンリバー沿いをジョギングして、ジェイコブズ・ラダーの昇り降りでトレーニングを締めくくるというのがおすすめです。素敵な思い出になりますよ。

この記事のライター

オーストラリアの西海岸、パース在住です。オーストラリアの日々の暮らしの中で見つけたお気に入りを紹介していきたいと思っています。

関連するキーワード


オーストラリア パース

関連する投稿


ラッセル・クロウも巻き込まれた?ちょっと笑えるオーストラリアvsニュージーランド痴話喧嘩の数々

ラッセル・クロウも巻き込まれた?ちょっと笑えるオーストラリアvsニュージーランド痴話喧嘩の数々

「ダウン・アンダー(Down Under)」の愛称で親しまれるオーストラリアとニュージーランド。行き来も永住も自由で、国旗もそっくり、ラグビーの強国と共通点も多いものの、それ故にあれこれ優越をつけたがる微妙なライバル関係にあるのも事実なのです。「どっちでもいいじゃないか」なんて間違っても言ってはいけません。彼らが国のプライドをかけて展開する議論の数々をご紹介します。


ヒルトン・サーファーズパラダイスのサービス・アパートメントを家族連れにオススメしたい6つの理由

ヒルトン・サーファーズパラダイスのサービス・アパートメントを家族連れにオススメしたい6つの理由

ゴールドコースト屈指の観光地サーファーズパラダイスには、宿泊施設がごまんと存在しています。その中でも高い人気を誇っているのが、ヒルトン・サーファーズパラダイスのサービス・アパートメント。ロケーション、設備、諸観光地へのアクセスとも文句なしで、ファミリーホリデーの強い味方です。ゴールドコーストの宿泊先はここで決まり!


ゴールドコーストでバットマンに会える!子連れでワーナー・ブラザーズ・ムービーワールドを遊び尽くすコツ

ゴールドコーストでバットマンに会える!子連れでワーナー・ブラザーズ・ムービーワールドを遊び尽くすコツ

国内随一のテーマパークが揃ったクイーンズランド州ゴールドコーストへ、秋休みを利用して一家で旅行してきました。お目当ての1つはバットマンやワンダーウーマンにに会える遊園地、ワーナー・ブラザーズ・ムービーワールド。リピーターである筆者が、絶叫マシーンに乗らずとも家族連れでムービーワールドを効率よく楽しむコツをご紹介します。


【小学生編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

【小学生編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

海外の子供用品って色合いが華やかだったり、日本にはないセンスがあったりとってもかわいいですよね(^^)オーストラリアの子供用品も日本お洒落でインスタ映えしそうなものがたくさんあるんです!今回は実際にお友達のお土産を買うために調べ回った私が選んだオススメ商品(小学生向け)を4つご紹介いたします。


【オーストラリアのキッズ・パーティ事情】目からウロコのお誕生日会のアイデアあれこれ

【オーストラリアのキッズ・パーティ事情】目からウロコのお誕生日会のアイデアあれこれ

豪州で子育てするにあたって避けて通れない道、それはプリスクールの年頃からじわじわと始まる、子供のお誕生日会。大変ありがたいことに、こちらには気軽に雇えるキッズパーティ専門業者が星の数ほとあります。子どもたちの思い出に残るパーティを開いてあげようと、親も腕の見せ所。こちらのキッズ・パーティのほんの一例をご紹介します。


最新の投稿


【ベトナムホーチミン】ローカルスパでオイルマッサージとボディスクラブを初体験!!

【ベトナムホーチミン】ローカルスパでオイルマッサージとボディスクラブを初体験!!

ベトナムに来てから、ベトナムはマッサージ天国なんだよ〜多くの人が教えてくれました。いいサービス、良心的な価格でリラックスできる娯楽として海外から来た人だけでなく、ローカルの人々もたくさん利用しているようです。今回は私が現地の女性たちに連れて行ってもらったローカルのCoconut Spaというマッサージ屋さんを紹介します


コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

インドネシアはコーヒーの生産量・輸出量が世界第三位です。コーヒー栽培は植民地支配していたオランダが持ち込んだものですが、インドネシアの気候にあい地域や各島ごとに特徴あるコーヒーが作られています。国内のコーヒーメーカーも多く、インドネシア人が気軽に楽しむ、インドネシア独特の飲み方のコーヒーから、若いオーナーがこだわってブレンドしたコーヒーを出すカフェ、インスタ映えするお洒落カフェまで様々です。おなじみスターバックスでもインドネシア各地のコーヒー豆を使ったコーヒーもだされているので、ジャカルタにきたらコーヒー好きの人には天国です。インドネシアのお土産として最適なコーヒーや、幻のコーヒー、今話題のカフェなどを紹介します。


人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

自然いっぱいのマウイ島を満喫するために自転車をレンタルしてみました!出だし好調でしたが思った以上に登り坂が多く苦戦!運動不足の足が悲鳴をあげながら、美しい海と平原を冒険してきました!今回はラハイナ地区のマップ、マウイ島でのバイクレンタルの価格、またサイクリング中に見つけた美しい景色の写真などを紹介します。


街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

ベトナムのハノイとホーチミンの間にダナンというベトナム第3位の都市があります。ダナンから南にバスで1時間ほどの場所に、ホイアンという街があります。ホイアンはとても小さな街ですが、街中が世界遺産になっていて、建物がとにかくとても可愛いんです!歩くだけでもとても楽しい気分になるので、街歩きが大好きな人にぴったりの場所です。


【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

広州観光と言ったらやっぱり広州タワーです。でも一見して広州タワーの周りって、大きな広場とちょっとした出店の他はみんなオフィスビル。広州タワーの近くでお食事やお茶できる場所ってないの?実は、広州タワーの「真下」にたくさんのグルメスポットがあるんですよ。今回は、広州タワー観光時に役立つ地下街に関する情報をまとめていきます。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング