B級グルメの宝庫、中国広州!日本ではあまり知られていない「腸粉」の老舗へ

B級グルメの宝庫、中国広州!日本ではあまり知られていない「腸粉」の老舗へ

「食は広州にあり!」言わずと知れたグルメ都市、中国広東省の広州市。日本では、本格広東料理レストランとなるとお高いイメージが強いと思います。もちろん中には高級なものもありますが、実は、広州はB級グルメの宝庫なんです。 今回は、広州の代表的なB級グルメの一つ「腸粉(北京語:チャンフェン)」とその老舗をご紹介しましょう。


広州市の下町的な地区

広州市越秀区。なんだか懐かしいと思わせる街並みです。

今回ご紹介するお店があるのは、広州地下鉄の1号線「農講所」駅から歩いて5、6分ほどのところです。ここは広州市の越秀区で、市の中心部と言っても良いエリアなのですが、どうもそんな雰囲気はない…ですよね?そうです、この辺りには、立ち並ぶオフィスビルも夜通し輝くネオンもありません。至って静かです。

広州市内には、そのような「繁栄の象徴」とも言えるギラギラなエリアもあるのですが、ここは中心地の中でも「古き良き広州」を思わせる、ちょっと懐かしい感じの場所なんです。

東京で言えば、華やかな銀座や六本木とは違って、下町的な雰囲気とでも言いましょうか?緑が多いですし、なんだかホッとするような、親しみやすい町並みが続いています。

腸粉の老舗”銀記腸粉店”

超有名店とは思えない、素朴な佇まいの店舗。

そんな広州市越秀区にある「銀記腸粉店(北京語:インジーチャンフェンディエン)」は、広州の腸粉屋さんの中でも超有名な老舗です。1958年に創業、その後人気が人気を呼び、今では広州中にたくさんのチェーン店を出しています。

特に広州の中心部にはゴロゴロあって、集中しているところでは、歩いて10分圏内に3店舗はあったりするくらいです。(ただし、中国では有名店の名前を少しもじっただけ、もしくはほぼ同じ看板のお店も結構あるので、全部が全部本物のチェーン店なのかは不明です。)

今回は、数ある店舗の中でも中国のサイトで特に美味しいという評判の店舗(こちらの写真の店舗)に行ってきました。

超有名店にしてはかなり素朴なたたずまいで、店内は比較的清潔です。ただ混雑時は手が足りないのか、前の人の使った丸まったティッシュなどのゴミがいくらか残されたままになっているということはありました。日本ではあり得ないことですが、こちらではそのくらいのことは大目に見てあげないといけませんよ。

写真は、もうお昼のピークの時間は過ぎて、だいぶ空いてきた頃のものです。昼夜のピーク時や週末は、お店の外まで行列になっていることも多いんですよ。

老舗のメニューを覗いてみよう

メニューはもちろん全部漢字!日本人は、意外と読めるんですよね。

こちらがメニューです。ちょっとこの角度では見にくいのですが、二つ並んでいるメインメニューの右側に「○○腸」という名前のメニューが並んでいるのが見えるでしょうか?これが腸粉です。

数えてみると、ざっと十種類以上の腸粉があることがわかります。ちなみに、左側はサイドメニューのお粥です。こちらも品揃え豊富ですね。

では、どんな腸粉があるのでしょうか?例えば★マークがついているお勧め腸粉が三つあります。(上の二つはセットメニューなので除きます)。「鲜虾肠(海老腸粉)」、「牛肉肠(牛肉腸粉)」、「鸳鸯肠(オシドリ腸粉)」が特にお勧めのようですね。

お値段はお勧め商品で10元~13元(165~215円程*)となっていて、さすがはB級グルメです。ただ、他のお店で腸粉を食べると大体6~8元(99~132円)が主流ですから、こちらの腸粉はこれでもやや割高と言えます。

では、やや高いにもかかわらず銀記腸粉店が人気なのは何故でしょうか?その人気の秘密は、やはりその美味しさにありました。

老舗の腸粉のお味は?

こちらが腸粉です!日本で見かけることはあまりないですね。

こちらは、私が個人的にお勧めする海老腸粉(左)とチャーシュー腸粉(右)です。今回は二人で行って、一人一つずつ注文しました。

まず腸粉とは点心の一種で、米粉で作っ生地に色々な具を包んで蒸したものです。甘しょっぱい中華だれがかかった状態で出てくるのが一般的で、特にこちらでは朝ご飯として人気ですが、昼でも夜でもOKですし、夜食として食べることもあります。

銀記腸粉店の腸粉は、写真でもわかるように具がしっかりと入っていてかなり豪華です。気になるお味ですが、これが抜群に美味しかったです!具の量だけでなく、生地のもちもち感やタレの美味しさも含めて、今まで食べた腸粉の中でもぶっちぎりの美味しさでした。やや割高ながらも行列ができるのには、やっぱり訳があるんですね。

混雑時に行ったとしても、かなり回転が速いので、少し待てば店内に入ることができるはずです。是非臆せず並んでみましょう!

地元民に愛される銀記腸粉店

閉店間際でも、まだまだお客さんがやってきます。

こちらは、夜の9時半過ぎに通りかかった時の様子です。少ないながらも、まだまだ人の出入りがあるようですね。

銀記腸粉店は、10:00-22:00となっています。いつでも市民の小腹を満たしてくれる銀記腸粉店。機会があったら是非立ち寄ってみてください。おススメですよ!

*2017年7月のレートによります。

この記事のライター

中国広東省広州市に住む30代主婦です。今の目標は広東語をマスターすること!大好きな広州を、楽しく詳しくレポートしていきます★

関連するキーワード


中国

関連する投稿


【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

広州観光と言ったらやっぱり広州タワーです。でも一見して広州タワーの周りって、大きな広場とちょっとした出店の他はみんなオフィスビル。広州タワーの近くでお食事やお茶できる場所ってないの?実は、広州タワーの「真下」にたくさんのグルメスポットがあるんですよ。今回は、広州タワー観光時に役立つ地下街に関する情報をまとめていきます。


覚悟して食べよう!中国で大人気の「肉松パン」とは?中国のパンとパン屋事情あれこれ

覚悟して食べよう!中国で大人気の「肉松パン」とは?中国のパンとパン屋事情あれこれ

海外旅行をすると、誰でも「これはどうしても食べられない・・・」というものに一つか二つはぶち当たるものではないでしょうか?今回は、食べるのならある程度覚悟が必要な中国で大人気の「肉松パン」をご紹介します。肉松って何?どんなお味なの?気になる肉松パンをレポートする前に、まずは今の中国でのパン事情からご説明していきましょう。


中国広州旅行で手っ取り早く中国らしいお土産をゲットするには?北京路にある大変便利なお土産屋さんで旅のお土産を揃えよう

中国広州旅行で手っ取り早く中国らしいお土産をゲットするには?北京路にある大変便利なお土産屋さんで旅のお土産を揃えよう

中国広東省広州市からお届けしています。皆さん、広州旅行のお土産はどうしようとお考えですか?行き当たりばったりも旅の醍醐味ではありますが、観光で忙しく、ゆっくりお土産屋さんを回る時間が取れないかもしれません。今回は、大切な旅のお土産を買いそびれてしまわないように、いざという時に利用できる便利なお土産屋さんをご紹介します。


全世界共通ではない!?中国広州のケンタッキー(KFC)でおススメの美味しいご当地中華メニューとは?

全世界共通ではない!?中国広州のケンタッキー(KFC)でおススメの美味しいご当地中華メニューとは?

真っ赤な看板と白髪老人の笑顔。中国広東省の広州市には、数え切れないほど多くのケンタッキー・フライドチキンがあります。もう何年も前から、ケンタッキーは中国社会にも受け入れられているようです。今回は、中国版ケンタッキーの日本にはないおススメ中華メニューや中国旅行時の中国ケンタッキー活用方法をレポートしていきたいと思います。


となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

最近、広州市内で得体の知れない可愛い生き物を発見しました。中国語表記によると、その名は「龙猫(ロンマオ)」。ロンマオってまさかあのトトロのことでは?いやいや、いくら中国でもトトロがペットショップにいるわけがないでしょう・・・今回はそんないきさつで調べたロンマオと、広州市にあるロンマオ専門ショップの様子をレポートします。


最新の投稿


インドネシアのお土産はバティックだけではありません。欧米人に人気のインドネシアの木彫り

インドネシアのお土産はバティックだけではありません。欧米人に人気のインドネシアの木彫り

インドネシアのお土産の代表といえばバティック(布)ですが、実は欧米人には、インドネシア各地の木彫りが大人気です。住宅環境のせいもあるかもしれませんが、日本人はあまり目をむけていない木彫り。博物館や美術館には、木彫りの物があり、見ることもできますが、各地の特徴があり手に入りにくい貴重なものも多いのです。ベルギーには専門の雑誌まであります。日本人がよく利用するお店には取り扱いが少ないこともありますが、各民族の伝統が反映された面白いものや、味のあるもの、1つとして同じものがないという高価なものもありますので、購入できるお店とあわせて紹介します。


【ベトナムホーチミン】ローカルスパでオイルマッサージとボディスクラブを初体験!!

【ベトナムホーチミン】ローカルスパでオイルマッサージとボディスクラブを初体験!!

ベトナムに来てから、ベトナムはマッサージ天国なんだよ〜多くの人が教えてくれました。いいサービス、良心的な価格でリラックスできる娯楽として海外から来た人だけでなく、ローカルの人々もたくさん利用しているようです。今回は私が現地の女性たちに連れて行ってもらったローカルのCoconut Spaというマッサージ屋さんを紹介します


コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

インドネシアはコーヒーの生産量・輸出量が世界第三位です。コーヒー栽培は植民地支配していたオランダが持ち込んだものですが、インドネシアの気候にあい地域や各島ごとに特徴あるコーヒーが作られています。国内のコーヒーメーカーも多く、インドネシア人が気軽に楽しむ、インドネシア独特の飲み方のコーヒーから、若いオーナーがこだわってブレンドしたコーヒーを出すカフェ、インスタ映えするお洒落カフェまで様々です。おなじみスターバックスでもインドネシア各地のコーヒー豆を使ったコーヒーもだされているので、ジャカルタにきたらコーヒー好きの人には天国です。インドネシアのお土産として最適なコーヒーや、幻のコーヒー、今話題のカフェなどを紹介します。


人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

自然いっぱいのマウイ島を満喫するために自転車をレンタルしてみました!出だし好調でしたが思った以上に登り坂が多く苦戦!運動不足の足が悲鳴をあげながら、美しい海と平原を冒険してきました!今回はラハイナ地区のマップ、マウイ島でのバイクレンタルの価格、またサイクリング中に見つけた美しい景色の写真などを紹介します。


街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

ベトナムのハノイとホーチミンの間にダナンというベトナム第3位の都市があります。ダナンから南にバスで1時間ほどの場所に、ホイアンという街があります。ホイアンはとても小さな街ですが、街中が世界遺産になっていて、建物がとにかくとても可愛いんです!歩くだけでもとても楽しい気分になるので、街歩きが大好きな人にぴったりの場所です。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング