[カナダ・オンタリオ州] ナイアガラの滝完全ガイド!実際に食べて美味しかったレストラン&おすすめホテルも

[カナダ・オンタリオ州] ナイアガラの滝完全ガイド!実際に食べて美味しかったレストラン&おすすめホテルも

トロントから日帰りでも1泊旅行でも楽しめるナイアガラの滝は世界中から観光客が集まる超有名観光地です。この記事では、そんなナイアガラの滝で楽しめるおすすめアトラクション、ライターが実際に食べて美味しかったレストラン、絶景の見えるコスパGOODなホテル、英語が苦手でも安心のツアーなど、情報盛りだくさんでお届けします。


ナイアガラの滝を満喫するための完全ガイド!

日本からカナダを訪れるツアーには必ずといっていいほど含まれるナイアガラの滝。カナダで一番有名な観光地かもしれません。世界三大瀑布にも選ばれている滝は何度行ってもその迫力に言葉を失います。

そんなナイアガラの滝は実はトロントからは日帰り旅行でいくのにぴったりの距離!この記事では、ナイアガラの滝への交通手段や滝の近くで出来るおすすめのアトラクションなどについてご紹介したいと思います。

ナイアガラの滝の概要

カナダとアメリカの国境にあるナイアガラの滝。もう少し詳しく言うと、カナダのオンタリオ州とアメリカのニューヨーク州の間にあるということになります。イグアスの滝、ビクトリアの滝と並んで世界三大瀑布と言われ、日本人はもちろん世界中の人が一生に一度は訪れてみたいと思う超有名観光地です。

一般的にはNiagara Falls(ナイアガラ・フォールズ、ナイアガラの滝)と総称をしますが、実は3つの大きな滝で構成されています。その3つとは、Horseshoe Falls(ホースシュー・フォールズ、カナダ滝)、American Falls(アメリカン・フォールズ、アメリカ滝)、Bridal Veil Falls(ブライダルベール・フォールズ、ブライダルベール滝)です。

カナダ滝

一番大きいのがカナダ滝です。写真などでもこのカナダ滝が取り上げられていることが多く、ナイアガラの滝というとこの滝をイメージする人が多いのではないでしょうか。滝に向かって右側がカナダ、左側がアメリカという正に国境をまたいだ形になっています。大きさは幅が約790メートル、落差が約57メートルです。

アメリカ滝とブライダルベール滝

そして、アメリカ側からしかアクセスできないのがアメリカ滝とブライダルベール滝で、写真の左側の幅の広い滝がアメリカ滝、右側の小さい滝がブライダルベール滝です。2つの滝のすぐそばまで行って迫力を間近に感じられるのはアメリカ側からですが、先に紹介したカナダ滝も含めて全景が眺められるのはカナダ側からのみです。

それぞれの滝の大きさですが、アメリカ滝の幅が約320メートル、落差は約21メートルから約30メートルです。高さにかなり幅があるのは、滝の下には巨大な岩がごろごろしているため、場所によってはあまり高さがない部分もあるためです。そして、ブライダルベール滝の幅が約15メートル、落差が約55メートルとなっています。

実際に滝に近づいていくとその迫力はすさまじく、地面が揺れているのかと錯覚するほど。滝の水量としては北米で一番多く、最大では毎分168,000立方メートルもの水が流れ落ちています…といっても単位が大きすぎて実感が沸きませんね(笑)。

その大量の水、90パーセントは一番大きなカナダ滝に流れ落ちます。これだけの水が落ちれば岩が削れてしまうのは自然のことですが、現在は水量がコントロールされているので年間30センチほどの後退で済んでいるようです。コントロールされる以前は年間で約1メートルも後退をしていたといいますから、自然の驚異はすごいものがあります。

ナイアガラの滝へトロントから行く場合の交通手段、ツアーでも行けます!

ナイアガラの滝周辺の交通標識

さて、ここからはナイアガラの滝へトロントから向かう場合の交通手段についてご紹介したいと思います。超が付くほどの有名観光地ですから、英語にあまり自信がない人でも行けるように整備されているので、ぜひトライしてみてください。

トロント市内からナイアガラの滝までは約130キロメートル。車(レンタカー)、バス、鉄道、GO Transit(ゴートランジット)のいづれかで行くか、ツアーに参加するのが一般的です。

ナイアガラの滝に車で行く方法

自分の車がある人、レンタカーができる人はぜひ車で行くのがおすすめです。自分で好きなようにスケジュールを立てることができますし、ナイアガラの滝から少し離れたところにあるNiagara-on-the-Lake(ナイアガラ・オン・ザ・レイク)というとっても可愛らしい街に立ち寄ったり、近くのワイナリーに立ち寄ったりもできるからです。

ナイアガラまでのルートは高速道路が整備されていますので、快適なドライブを楽しむことができます。問題になるのはラッシュアワー。スムーズにいけば1時間と少しで到着する距離ですが、時間を読み間違えると2時間以上かかってしまうこともあるので注意をしてください。

ナイアガラの滝にバスで行く方法

ナイアガラの滝へ行くツアーバス

カナダにワーキングホリデーなどで滞在している人は、バスで行くのが安くて便利でしょう。トロントのバスターミナルは、Dundas(ダンダス)通りとBay(ベイ)通りの交差点にあり、そこからCoach Canada(コーチカナダ)とGreyhound(グレイハウンド)という会社のバスが毎日運行をしています。(Coach CanadaはMegabus(メガバス)と言う会社と共同運航していることもあります。)

チケットは窓口で買うこともできますし、インターネットで購入することももちろん可能です。トロントからナイアガラまで所要時間は約2時間、チケットの値段はどれだけ早く購入するかや購入するシーズンにも寄りますが、現地に午前10時に到着するような便利な便だと約20ドルから、少し不便な時間帯だと約15ドルほどから見つかります。

ちなみに、トロントのバスターミナルはダウンタウンの中心地にあるのですが、ナイアガラのバスターミナルは街中にあり、ナイアガラの滝からは少し距離があります。徒歩だと30分ぐらいで行けるので気候のいい時には歩いていくのもいいですし、タクシーに乗るのも時間がかなり節約できるのでおすすめです。

また、ナイアガラの滝周辺の観光地を結んで走っているバスWEGO(ウィーゴー)もあります。バスターミナルとナイアガラの滝の近くまでを結んでいるのは緑のラインで、料金は24時間乗り放題パスが7.50ドルです。

ちなみに、バス旅行をする際に出発地と目的地が決まっていて複数のバス会社の料金を比較したい場合は、busbud(バスバット)というウェブサイトが便利です。出発地と目的地、日付を入力すると候補チケットをバス会社にまたがって一覧表示してくれるので、値段で決めたり、時間で決めたりすることができます。

ナイアガラの滝に鉄道で行く方法

ナイアガラの滝に鉄道で行くこともできます。カナダの国鉄はVIA(ヴィア)鉄道と呼ばれ、日本からわざわざ乗りに来るファンがいるほどの人気です。座席は広くて快適ですし、窓も大きいのでゆったりとした気分で旅の雰囲気に浸ることができ、個人的には往路か復路かのどちらかは鉄道に乗ることが多いです。

ただ、運行は毎日ではありませんし、チケットも一番安くて約25ドルほどからと他の手段に比べると割高にはなります。所要時間は約2時間。出発は、トロントのUnion(ユニオン)駅からになります。

ナイアガラにある駅は、これまたナイアガラの滝から少し離れたところにあります。先に紹介したバスターミナルの近くですので、バスターミナルからWEGOに乗るのもいいですし、タクシーでも徒歩でも滝に行くことができます。

ナイアガラの滝にGO Transit(ゴートランジット)で行く方法

日本でいう電車に一番近いのが、GO Transitです。冬場はトロントとナイアガラの途中にあるバーリントン駅まで行って、そこからバスに乗り換えなければならないので利用価値はあまりないのですが、夏場の週末には直行便が運行されます。所要時間は約2時間、料金は約20ドルです。

(番外編)ナイアガラの滝にカジノバスで行く方法

ナイアガラは滝でも有名ですが、実はカジノでも知られている街です。ナイアガラの滝周辺にはカジノがあり、トロント市内から出ている無料送迎バスもあるので、それを利用してナイアガラに行くこともできます。

このバス、以前はカジノを利用しなくても乗ることができたのですが、ここ数年はさすがにチェックが厳しくなり、カジノで○○ドル以上使うことなどと言った条件が付くようになりました。といっても、カジノでちょっと遊んでみたいという人には無料で利用できるとってもお得な交通手段です。

ナイアガラの滝にツアーを利用して行く方法

ツアーで立ち寄ったワイナリ―での試飲

トロント市内からはナイアガラの滝も見学できるツアーがいくつか出ています。英語に不安があるという人は日系のツアーを利用することもできます。例えば、大手の日系会社で言うとH.I.S.からはナイアガラとナイアガラ・オン・ザ・レイクを周る日帰りのツアーがあります。朝8時前にトロントを出発し、夕方の6時30分ごろ戻って来るという盛りだくさんのツアーです。

ナイアガラの滝では、この記事でも後で紹介するような様々なアトラクションが体験できるほか、ワイナリーでのワイン試飲、ナイアガラ・オン・ザ・レイクでの散策も含まれているなど、かなりお得な内容です。値段は220ドルと一見割高ですが、これに各種アトラクションの料金も含まれていますし、交通費、日本語ガイドもあるのでなかなかお得なツアーではないかと思います。

【H.I.S.】ナイアガラ&オンザレイク1日観光 | 海外現地オプショナルツアー予約

https://activities.his-j.com/TourLeaf/YYZ0024.htm

H.I.S. 【トロントダウンタウン発着/又はナイアガラ着】 世界的に有名なナイアガラの滝を観光するツアーです。まずはテーブルロックから大瀑布の圧倒的な水量をご覧ください。その後、観光船【ホーンブロワー・ナイアガラクルーズ】(2013年10月までは霧の... | 海外オプショナルツアー予約はH.I.S.で。人気の現地発着ツアーを検索!

英語でも問題がないという人にはtnt tours(ティーエヌティー・ツアーズ)という会社が出しているツアーがお得です。ツアー料金はなんと50ドル。ナイアガラの滝で楽しめるアトラクションは別料金になりますが、ナイアガラ・オン・ザ・レイクにも立ち寄りますし、ワイナリーにも行きます。アトラクションが別料金と言うことは、逆に言えば乗りたいアトラクションを自分で選ぶことができるということですから、自分で好きなように計画が出来ていいですね。

ナイアガラの滝で楽しみたいアトラクション、滝のそばまで行ける船も!

ここからはナイアガラの滝で楽しめるおすすめのアトラクションをご紹介したいと思います。ナイアガラの滝周辺は徒歩で周れるぐらいコンパクトなエリアで、興味深いアトラクションがぎゅっと凝縮しています。人気のアトラクションはもちろん滝関連ですが、それ以外にも興味深いものが揃っていますよ。

Hornblower Niagara Cruise(ホーンブロアー・ナイアガラクルーズ)

ナイアガラの滝のアトラクションで断トツ有名なのはこちらのアトラクションでしょう。以前は「霧の乙女号」と呼ばれていたのでその名前で覚えている人もいるかもしれませんが、数年前に名前が変わりました。

船に乗って滝のぎりぎりのところまで近づき、轟轟と音を立てて流れ落ちる水しぶきを全身に浴びることができるという大迫力のクルーズ。濡れたくないという人は船内に留まることもできますが、どうせなら全身びしょぬれになるぐらい楽しみましょう!カナダは湿度がとっても低いので、かなり濡れてしまっても歩いているうちに乾いてしまいますよ。

無料でポンチョももらえますが、一番濡れるところに行くとあまり役に立たないぐらいの水の量です。携帯やカメラにはくれぐれも気を付けてください。

営業期間は5月上旬から10月下旬までとなっています。急な運休などもありますので、事前にウェブサイトから確認をしておくのがおすすめです。カナダ滝、アメリカ滝の両方に接近をしてくれます。

Table Rock(テーブル・ロック)

テーブル・ロックからの眺め

カナダ滝を流れ落ちるすぐそばから眺めることのできるのがTable Rockです。実際に行くと写真で見るよりも随分近く感じ、吸い込まれそうな感覚に陥ります。特に雨が降った翌日などには水量も多く、滝つぼから立ち上る水蒸気でまるで雨が降っているかのようになっている日も多いです。

名前のとおりテーブルのように突き出しているエリアで、滝との間には簡単な柵が設けられているだけですのでくれぐれも乗り出したり、柵に登ったりしないようにしてください。数年前に日本人女性が滝に落下して亡くなってしまうという事故が起こったのもこのTable Rockです。Table Rockのすぐそばにはお土産屋もあります。

Journey Behind the Falls(ジャーニー・ビハインド・ザ・フォールズ)

裏側から見たカナダ滝

ナイアガラの滝に船で近づいたり、上から見下ろしたりした次は下から見上げてみるのはどうでしょう?名前にbehind、つまり後ろとあるように、カナダ滝を後ろからと下から見ることのできるアトラクションです。

カナダ滝の後ろにはトンネルが掘られていますので、徒歩で滝の後ろに回ることができ、滝が流れ落ちる様子を後ろから見るという貴重な体験ができます。

また、滝つぼのすぐ横にも出られるようになっていますので、水しぶきが雨のように降りかかる中で滝を鑑賞することができます。

Skylon Tower(スカイロン・タワー)

ナイアガラの滝に近づくとその大きさや迫力がよく分かりますが、少し高いところにあがり、周囲の建物と比べるとまた違った意味で大きさが実感できます。

ナイアガラの滝や周囲を見渡せるところに建っている高いタワーがスカイロン・タワーです。地上160メートル、滝の底からは何と236メートルという高さから3つの滝やカナダ側、アメリカ側の様子を見ることができます。カナダ滝とアメリカ滝の両方を一度に見られる高さですが、滝が遠すぎない絶妙な高さですので、滝の迫力をさらに実感することができます。

Clfton Hill(クリフトン・ヒル)

クリフトン・ヒル

ナイアガラの滝があるエリアには、カジノやホテル、レストランが多数あり、いつも観光客で賑わっていますが、その中でも人気があるのはクリフトン・ヒルです。90年代のアメリカを思わせるポップな装飾をほどこしたお店が多く、日本人からするとまるで映画の中に入り込んだような、テーマパークの中にいるような気分に浸ることができます。まさにインスタ映えする通りといった感じです。

このエリアには、ハードロックカフェやハーシーズもありますので、ナイアガラ限定のグッズをお土産に買うのもおすすめです。スターバックスもあり、ナイアガラという文字の入ったマグやタンブラーが販売されています。

ナイアガラの滝でコスパ良く絶景を楽しむのにおすすめホテル

ナイアガラの滝の全景

トロントからは日帰り旅行でも十分楽しめるナイアガラの滝ですが、少し余裕をもって現地で1泊をするのもおすすめです。朝早い時間に起き出し、観光客がまだ少ない時間帯に滝を眺めながらコーヒー片手に散歩をすると、まるで滝を独り占めしているかのような気分になることができ、とっても贅沢な時間の過ごし方ができます。

滝周辺にはヒルトンやシェラトン、マリオットなどの高級ホテルからモーテルまで様々なホテルがありますが、どうせナイアガラの滝の近くに泊まるのであれば、部屋からも滝を見たいですよね。

ホテルの部屋を探していると、Fallsview(フォールズ・ビュー)という滝の見える部屋を選んで宿泊できるホテルがあるのが分かります。もちろん滝の見えない角度にある部屋よりは割高になりますが、その値段を払う価値は大アリ!

そして気を付けてもらいたいのが、ほんのちょびっとでも滝が見えたら、滝の見える部屋と称することができるので、ホテルの建っている位置や角度を考慮して予約をしなければ、期待したような眺めが手に入らないことがあるのです。

また、滝は見えたとしても正面に別の建物があり、滝が全面に見られるわけではないホテルも多いです。

私が数年前にナイアガラの滝に日本の両親と旅行した時にホテルを探したのですが、面白いのは高級ホテルだからと言っていい景色が見られるとは限らない点です。5つ星のホテルで滝が見える部屋と称していても、目の前にカジノのビールがどーんと建っており、その脇から滝がちょろっと見える感じのホテルもありました。

エンバシー・スイーツホテルからの絶景

そして、リサーチの結果、コスパ的にも景色的にも最高のホテルが見つかったのです!そのホテルはEmbassy Suites(エンバシー・スイーツ)。部屋からの眺めはこの写真の通り。何も遮るもののない最高の眺めを楽しむことができます。

私達が宿泊したのは2部屋が繋がっているタイプの部屋で35階でした。友人同士や家族で宿泊するのにおすすめのスタイルです。

ナイアガラの滝周辺のレストランはこれで決まり!

ナイアガラの滝の近くの通り

世界的な観光地となっているナイアガラの滝。観光地にはあまり美味しいレストランがないのは世界共通のようで、ナイアガラの滝周辺のレストランも値段が結構高い割には味はいまいち…というところが多いです。ここでは私が実際に食べてみて、コスパやロケーション、味など総合的に優秀だと思ったレストランを2つご紹介したいと思います。

THE KEG(ザ・ケグ)でステーキを食べる

ザ・ケグからの眺め

まず一軒目はステーキハウスのTHE KEGです。実はこのお店はチェーン店で、トロント市内にも数店舗あります。ではどうしてナイアガラの滝まで行ってチェーン店をおすすめするかと言うとそれはこの景色です。

カナダ滝が目の前にどーんと見える絶好のロケーションにあるのです。しかも、あまり目立たないところにあるからか、チェーン店は避ける人が多いのか、ランチだと予約をしなくてもかなりいい席に案内してもらえることが多いです。

コスパもなかなか良く、サーロインステーキやフィレミニョンなどを食べても40ドル前後です。カナダと言えばのサーモンもありますし、軽く食事がしたい人にはバーガーなども20ドル以内で食べられますよ。

住所: Courtyard Marriott - 5950 Victoria Avenue Niagara Falls, Ontario L2G 3L7
電話番号: (905) 353-4022

Antica(アンティカ)でピザを食べる

実はこちらのお店は下調べをして行ったわけではありませんでした。夫と二人でふらりとナイアガラの滝へ行った時、お店の前を偶然に通りかかったらランチタイムはとっくに過ぎているのに満席!これは食べてみないといけないねと入ってみたのがきっかけです。

お店の中には大きな窯があり、次々とピザが焼き上げられています。インテリアもおしゃれで、ほどよい賑やかさが食欲を増進してくれるようないい雰囲気に満ちたお店です。

おすすめメニューはなんといってもピザ。野菜とゴートチーズのピザが特にお気に入りですが、どれを食べても外れたことがありません。値段も1枚15ドルから19ドルほどとコスパもGOODです。

パスタやスープ、サラダ、パニーニなどメニューも豊富ですが、何度行ってもピザを注文してしまうので、なかなか他のメニューが開拓できないのが悩みです…。

住所: 5735 Victoria Avenue Niagara Falls, ON Canada L2G 3L6
電話番号: (905) 356-3844

ナイアガラの滝を訪れるのにおすすめの季節は?冬に行ったら極寒? 

冬のナイアガラの滝

最後によく質問されることについてお答えしておきたいと思います。それはナイアガラの滝を訪れるのに一番いい季節です。

個人的に一番おすすめなのはやはり夏です。カナダの湿気の少ない心地よい暑さのなかで散策ができますし、船に乗って濡れても問題ありません!

紅葉を狙って秋にカナダに来る人も多いですが、ナイアガラの滝にはめぼしい紅葉スポットはありません。ナイアガラ・オン・ザ・レイクは紅葉していると更に美しく見える街ですので、秋に旅行をお考えならぜひナイアガラ・オン・ザ・レイクに立ち寄ってください。

冬は寒いし…と敬遠される方も多いですが、個人的には冬のナイアガラも結構好きです。特にクリスマスの季節になると街中の様々なところにイルミネーションが施され、街中がキラキラと輝きます。寒くて空気も澄んでいる分、滝もはっきりとくっきりと見ることができます。

凍った手すり

また、寒くなると滝が部分的に凍りますので、夏とは違った幻想的な景色を楽しむこともできます。2017年から2018年にかけての冬は記録的な極寒で、トロント市内でも最高気温がマイナス16度といった日もあるほど。滝もかなり凍っているので絶景を見るために新年早々に休みを取って滝を見に行っているカナダ人も多いです。

ナイアガラの冬は、暖冬の年であっても零下の気温は当たり前。体感気温だと零下20度ぐらいになることも珍しくありません。防寒はしっかりとお願いします。また、いろんなところが凍っていますので事故にも注意です。

この記事のライター

常夏の東南アジア某国で数年を過ごしたのちにワーホリでふらっとやってきたのは極寒のカナダ・トロント。最近、一児の母になりました。

関連する投稿


〔カナダトロント〕日本では安くて学生にも人気の高いボーリング!トロントではあんまり聞かないボーリング、その理由とは!?

〔カナダトロント〕日本では安くて学生にも人気の高いボーリング!トロントではあんまり聞かないボーリング、その理由とは!?

日本では、学生の遊びと言ったらとにかくボーリングかカラオケ、会社でボーリング大会があるところも多いと思います。それほど日本ではメジャーな遊びですが、カナダトロントではあまり聞かないし、ボーリング場もほとんど見ません。が、先日友だちに誘ってもらって、行くことができました!今回は、その体験談をご紹介します。


[カナダ・トロントの絶品グルメ]味付けは全部自分で!?モンゴリアングリルはいろんな麺料理の食べ放題レストラン

[カナダ・トロントの絶品グルメ]味付けは全部自分で!?モンゴリアングリルはいろんな麺料理の食べ放題レストラン

カナダのトロントにあるモンゴリアングリルというレストランは、麺料理の具材を自分で選ぶことができるだけでなく、味付けまで自分でするというスタイルの食べ放題レストランです。野菜たっぷりでスパイシーな卵麺でとか、お肉がっつり系のうどんで韓国スタイルになどなど、自分で好きなようにアレンジできる楽しいレストランをご紹介します。


[カナダ・トロント]子どもドロップインセンターレポート!ヨークビル図書館編:図書館の入り方やプログラムの内容をご紹介

[カナダ・トロント]子どもドロップインセンターレポート!ヨークビル図書館編:図書館の入り方やプログラムの内容をご紹介

子どもが少し大きくなると挑戦してみたいのがドロップインセンター。無料プログラムもたくさんあるので活用したいですが、心配なのは英語。子ども向けの手遊びなんて日本語でも知らないのに英語でなんてどうしようと心配になっている方向けに今回はヨークビル図書館で行われているドロップインについて詳しい内容なども含めてご紹介します。


〔カナダトロント〕チョコレート好きには堪らない!絶品ホットチョコレートが飲めるトロントのチョコレート屋さん!

〔カナダトロント〕チョコレート好きには堪らない!絶品ホットチョコレートが飲めるトロントのチョコレート屋さん!

カナダトロントでチョコレートと言えばSOMAchocolatemaker(ソーマチョコレートメーカー)が有名ですが、今回は知る人ぞ知る、隠れた名店!?おしゃれでおいしいチョコレートが楽しめる、トロントのチョコレート屋さんSOUL CHOCOLATE(ソウルチョコレート)をご紹介します!


〔カナダトロント〕図書館でただ勉強するだけじゃもったいない!?ライブラリーカードで最大限に活用!

〔カナダトロント〕図書館でただ勉強するだけじゃもったいない!?ライブラリーカードで最大限に活用!

カナダトロントには、本当にたくさんの図書館があります。日本人の留学生も平日の夕方や土日には利用しているひともたくさんいると思います。実は、ライブラリーカードを作ると、勉強するだけじゃなくて、いろいろな便利なしくみがあるんです。今回は、ライブラリーカードの作り方から便利なしくみをまとめてご紹介します!


最新の投稿


人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

自然いっぱいのマウイ島を満喫するために自転車をレンタルしてみました!出だし好調でしたが思った以上に登り坂が多く苦戦!運動不足の足が悲鳴をあげながら、美しい海と平原を冒険してきました!今回はラハイナ地区のマップ、マウイ島でのバイクレンタルの価格、またサイクリング中に見つけた美しい景色の写真などを紹介します。


街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

ベトナムのハノイとホーチミンの間にダナンというベトナム第3位の都市があります。ダナンから南にバスで1時間ほどの場所に、ホイアンという街があります。ホイアンはとても小さな街ですが、街中が世界遺産になっていて、建物がとにかくとても可愛いんです!歩くだけでもとても楽しい気分になるので、街歩きが大好きな人にぴったりの場所です。


【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

広州観光と言ったらやっぱり広州タワーです。でも一見して広州タワーの周りって、大きな広場とちょっとした出店の他はみんなオフィスビル。広州タワーの近くでお食事やお茶できる場所ってないの?実は、広州タワーの「真下」にたくさんのグルメスポットがあるんですよ。今回は、広州タワー観光時に役立つ地下街に関する情報をまとめていきます。


スープを頼むともれなくパンがついてくるカフェとは?シンガポールのcedeleで休憩してきました!

スープを頼むともれなくパンがついてくるカフェとは?シンガポールのcedeleで休憩してきました!

今回cedeleというカフェに行ってきました。シンガポールのあちこちに展開しているチェーン店です。テーブルでカフェラテを飲みながら休んでいると、多くの人が共通のものを注文していることに気づきました。テーブルにある、大きなボールと美味しそうなパン。このカフェの面白いシステムについてご紹介します。


途上国ならではの光景が広がる?南米ボリビアの交通事情を把握してしっかりと旅をする

途上国ならではの光景が広がる?南米ボリビアの交通事情を把握してしっかりと旅をする

南米大陸の真ん中にある国ボリビアは南米の中でもまだまだ途上国です。日本の国土の3倍ともいわれるボリビアには都市と都市を結ぶ道が少なく交通事情はまさに途上国そのもの。道路封鎖があったり、雨の日には水があふれかえったりとボリビアならではの景色も。しっかりとボリビアを旅行できるように、独特の交通事情をご紹介します!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング