子連れでもラクして楽しめる!韓国人パパママの味方!韓国のキッズカフェをご紹介します。

子連れでもラクして楽しめる!韓国人パパママの味方!韓国のキッズカフェをご紹介します。

韓国ではいたるところで見かけるキッズカフェ。私が住む畑が広がる田舎町でも、家から徒歩10分の範囲にキッズカフェが2軒もあります。もちろんソウルなどの都会にも子連れママ会が気軽にできるキッズカフェが多くあり、子連れのお出かけの強い味方となっています。今回は韓国人ママの強い味方となっているキッズカフェをご紹介します。


韓国のキッズカフェ

今回訪れたキッズカフェ入り口

韓国にあるキッズカフェは全国展開するチェーンから、個人経営まで様々です。テレビの人気キャラクターをテーマにしたキッズカフェの利用料は少々お高め。それでも、遊園地などに遊びに行くよりはお手軽価格です。

室内なので、天候や大気汚染の状態が悪くても子供が思う存分遊びまわれます。パパやママたちは、ゆったりとお茶や食事を楽しめるので、韓国の子育て中のパパママには大変助かる存在です。

今回は、私が住んでいるソウル郊外の田舎町の中心街に新しくできたキッズカフェを訪れてみました。

韓国キッズカフェのシステム

カウンター

料金システムはお店によって違います。例えば、今回訪れたキッズカフェでは下記の通りです。

基本料金:子供1人につき2時間
     8,000ウォン(平日)/10,000ウォン(週末)
     10分延長につき800ウォン
*6ヶ月未満は無料
*6〜12ヶ月は2時間5,000ウォン

保護者は入場無料だが、ドリンクや食事メニューから1つ以上をオーダーすること。

そんなに負担にならない金額です。一番安いドリンクも3,500ウォンなので、週末でも1,500円程度あれば、子供は2時間しっかり楽しみ、ママはコーヒーを一杯飲んで一息ついて帰ることができちゃうんです。

食事メニューはトンカツやパスタなど、親子で取り分けして食べられるもの。スープトッポギ、豆味噌トッポギ、カルボナーラトッポギなど辛くないトッポギメニューが充実しているのは、韓国ならではです。

子供を見守りながらお茶できるフロア設計

キッズカフェ店内

子供がおもちゃで遊ぶスペースと大人が食事やお茶を楽しむカフェスペースは隣接しています。子供を見守りながらお茶できるので安心です。

カフェスペースからカメラ映像を確認

カフェスペースの壁には、子供が遊ぶおもちゃスペースに設置されたカメラの映像を確認できる大型モニターが設置されています。カフェスペースから直接見えないところで子供が遊んでいても、親はお茶を飲みながら子供を見守ることができます。

室内だけどアクティブに遊べる

滑り台とボールプール

おもちゃがあるだけなら、家で遊ぶのと大して変わり映えがしません。お金を出して遊ぶなら、おウチではできない遊びをしてほしい!というママの願いを叶えるように、このキッズカフェには大型滑り台とボールプールがありました。

滑り台で遊ぶ子供の人数が多くなってくると、安全確保のために店員さんが監視しに来てくれていました。こういうのが、本当にママには助かるんです。

トランポリン

おウチではできない遊びはもう一つ。トランポリンです。なぜかディスコ仕様の照明に、流れているのは英語の歌の動画でした。タダでは遊ばせない!遊びながらも勉強を!ということでしょうか。

乳児コーナーも充実

乳児コーナー

走り回って遊ぶことのできない赤ちゃんのためにスペースも充実。ママも中に入って赤ちゃんを見守りながら遊ばせることができます。兄弟姉妹で遊びにくる場合、下の子が小さくても、このスペースがあるので安心です。

貸切ルームやママの習い事教室も

貸切ルーム

貸切用の部屋も2つありました。ここで子供の誕生日パーティーなどによく使われるそうです。ちょっとゴージャスな感じで特別感がありますね。

冬休み期間ということで、知育遊び教室の告知チラシも貼ってありました。キッズカフェの入場料さえ払えば、受講料は無料です。

また、お母さん向けのヘアリボン作りの教室の案内もありました。育児でお家に引きこもりがちなお母さんには、外に出るとても良い機会ですね。子供も安全な環境で遊ばせることができ、自分も他のお母さん方と交流しながら、ハンドメイドを楽しめます。こちらも受講料は無料。

WiFi完備なので暇つぶしやノマドも

無料WiFi完備の店内

韓国のカフェは無料WiFiが完備してあるところが多いです。このキッズカフェも無料WiFi完備。暇つぶしにスマホでネットサーフィンしたり、ノートパソコンを持ち込んでがっつりお仕事も可能です。

旅行者向けのキッズカフェ活用プラン

韓国旅行にいらっしゃる旅行者のみなさんに、韓国キッズカフェの活用プランをご提案いたします。

<ママがエステやショッピングの間に、お子様とパパで>
韓国旅行で女性が楽しみたいのは、エステやショッピング。ただ、お子様やパパには少し退屈になるプランなのかもしれません。そんな時にキッズカフェを活用してもらいたいですね。WiFi完備なので、パパママ間の連絡もスマホのメッセージアプリでスムーズ。

<異文化交流>
私が今まで何軒かキッズカフェに行って感じたことですが、日本語ができる韓国人パパママさんが結構多いです。私が子供に日本語でしゃべりかけていると「日本人ですか?」と話しかけられることが多いです。キッズカフェで子供も交えて異文化交流ができちゃいますね。

いかがでしたでしょうか?旅行の際にも韓国キッズカフェをぜひ活用してみてください。

この記事のライター

韓国のソウル郊外で旦那と子供と猫と暮らしている主婦です。
韓国国内旅行、グルメ、韓国文化、韓国語などについて
書きます。

関連するキーワード


韓国 ソウル

関連する投稿


狎鴎亭(アックジョン)で無料で暇つぶし!現代(ヒョンデ/ヒュンダイ)モータースタジオソウル

狎鴎亭(アックジョン)で無料で暇つぶし!現代(ヒョンデ/ヒュンダイ)モータースタジオソウル

ソウルの高級エリア、狎鴎亭(アックジョン)。整形外科や皮膚科、ハイセンスなブティックなどが立ち並ぶ女性観光客には人気のエリア。しかし、カップルや家族での旅行の場合、男性や子供は時間を潰すのに苦労しそうなエリアでもあります。今回、ご紹介するのは「現代(ヒョンデ/ヒュンダイ)モータースタジオソウル」です。


ソウルのサラリーマンに大人気?飛び込みで入ったソウル明洞のお店で食べたプルコギが美味しかった!

ソウルのサラリーマンに大人気?飛び込みで入ったソウル明洞のお店で食べたプルコギが美味しかった!

お昼ご飯を食べようと、通りをうろうろしていた時にふと見つけたお店「ウチョンセンコギ」に入ってみました。食べたプルコギはとても美味しく絶品でした!そして、そのお店には続々とサラリーマンらしき人がお昼ご飯を食べるために入ってきました。そこで見た、韓国のサラリーマンたちのお昼ご飯事情についてもついでにお伝えします。


韓国ソウルの明洞でサムギョプサルを食べ放題!ローカルオススメのお店にいってみました!

韓国ソウルの明洞でサムギョプサルを食べ放題!ローカルオススメのお店にいってみました!

韓国の首都ソウルの明洞は、ショッピング街だけでなく、美味しい韓国料理を食べることができる場所としても有名です。明洞に行った際、真っ先に食べに行ったのはサムギョプサルの店です。選んだ店はオントリセンコギ 明洞店。時間制限がある中で、とにかくひたすら肉を焼いては食べました。まさしく食い倒れレストランをご紹介します!


こどもが大喜び!韓国鉄道の町、義王(ウィワン)市にある鉄道博物館で韓国の鉄道の歴史を体感!

こどもが大喜び!韓国鉄道の町、義王(ウィワン)市にある鉄道博物館で韓国の鉄道の歴史を体感!

ソウル市郊外にある義王(ウィワン)市には、韓国鉄道公社KORAILが運営する鉄道博物館があります。屋外にはかつて韓国内を運行していた車両や蒸気機関車などが展示されており、屋内には韓国の鉄道の歴史を学ぶことのできる展示があります。家族連れが多かったですが、鉄道ファンも満足できる施設だと思います。


ソウルの王宮、景福宮(キョンボックン)を見に行くなら午前9時50分に到着するのがオススメ!交代式を見にいこう!

ソウルの王宮、景福宮(キョンボックン)を見に行くなら午前9時50分に到着するのがオススメ!交代式を見にいこう!

韓国ソウルの観光スポットといえば、やはり王宮だと思います。王宮は5つあると言われていますが、今回は景福宮(キョンボックン)に行って来ました。景福宮(キョンボックン)にせっかく行くのなら、午前9時50分に行ったほうがいいと教えてもらい実際に行って来ました。王宮前で見たものとは?景福宮の交代式の様子をお伝えします。


最新の投稿


狎鴎亭(アックジョン)で無料で暇つぶし!現代(ヒョンデ/ヒュンダイ)モータースタジオソウル

狎鴎亭(アックジョン)で無料で暇つぶし!現代(ヒョンデ/ヒュンダイ)モータースタジオソウル

ソウルの高級エリア、狎鴎亭(アックジョン)。整形外科や皮膚科、ハイセンスなブティックなどが立ち並ぶ女性観光客には人気のエリア。しかし、カップルや家族での旅行の場合、男性や子供は時間を潰すのに苦労しそうなエリアでもあります。今回、ご紹介するのは「現代(ヒョンデ/ヒュンダイ)モータースタジオソウル」です。


観光でオランダに来たら必ず通る、アムステルダム中央駅を徹底解剖してみました!

観光でオランダに来たら必ず通る、アムステルダム中央駅を徹底解剖してみました!

アムステルダム中央駅には、ただ通過するだけではもったいない充実した設備があります。建物の外装や内装のインテリア、おいしいレストランやゆっくりできるカフェ、話題のオーガニック素材を扱ったグッズのショッピングなど、隠された見どころもたくさんあります。ぜひ見学して自分なりの楽しみ方でエンジョイしてください♪


クマさんが目印!「ひろケーキカフェ」でふわっふわの美味しいパンケーキを食べてみよう!

クマさんが目印!「ひろケーキカフェ」でふわっふわの美味しいパンケーキを食べてみよう!

タイ人は辛いものが好きなイメージが強いですが、甘いものもだいすきで、おいしいスイーツショップもたくさんあります。バンコクの数あるスイーツショップの中でも、とくに人気があるお店の一つに「ひろケーキカフェ」があります。ひろケーキカフェは店名もメニューも日本語なので、日本人としては、なんだかホッとできる場所でもあります。


行き当たりばったりに寄ってみると面白い!道端オランアスリーのテントをのぞいてみよう!

行き当たりばったりに寄ってみると面白い!道端オランアスリーのテントをのぞいてみよう!

オランアスリーとはマレー語で(森の人)と言う意味です。マレーシアではずっと昔から森に住んでいた原住民のことを指します。今でもオランアスリーは森周辺で生活し、自然を知り尽くしています。マレーシアの道路を走っていると時々オランアスリーのテントを見かけることがあります。森で取れたハチミツなど様々なものを売っているのです。


旅行者でも優しくウェルカム!マウイ島で見つけたローカルの集まるおしゃれカフェのカフェ・カフェ・マウイ

旅行者でも優しくウェルカム!マウイ島で見つけたローカルの集まるおしゃれカフェのカフェ・カフェ・マウイ

今回は私がマウイ島のラハイナ地区で滞在中何度も通ってしまったとても居心地のいいカフェを紹介します。カフェ・カフェ・マウイは見た目がおしゃれでドリンクや食べ物の味もよし!そして何といっても居心地が最高にいいので何度も通いたくなってしまうお店なんです。カフェ・カフェ・マウイはラハイナのローカルの方が集まるお店でしたが、旅行者だった我々にも非常に優しく接してくれました。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング