自然に触れてリフレッシュ!サラブリ県をドライブしてみたら自然いっぱいの小さな滝にたどり着いた

自然に触れてリフレッシュ!サラブリ県をドライブしてみたら自然いっぱいの小さな滝にたどり着いた

アユタヤの隣に位置するサラブリ県。タイの田舎の雰囲気を満喫したかったので、ドライブしてみることにしました。ドライブ中とくにめぼしいものものはなかったものの、マップを見ながら進んでいくと自然豊かな場所に行き着きました。小さな滝にたどり着き、そこで食事もできました。リフレッシュできたサラブリにある小さな滝をレポートします。


かなりローカルな雰囲気を味わえるサラブリ県

サラブリ県と言われても、初めて聞く人ばかりだと思います。アユタヤの隣にある県で、大きな工場などが多くある県です。私も初めての県ですが、ドライブをしながらローカルな雰囲気を満喫することに。サラブリ県は工場地帯が多いため、トラックもたくさん走っている印象を受けました。

アユタヤとサラブリの境目辺りは、思いの外渋滞します。こんなところまで渋滞するんだなと驚きますが、車がないと生活できないようなところなのでこうなるのも当然かもしれませんね。工場地帯のような道を抜けると一気に何もなくなります。ローカル感満載ながら、何かめぼしいものはないかと探しました。

マップで近くのレジャースポットを探すと、川のような滝のような場所があったのでさっそく行ってみることに。車がたくさん停まっていたので、ここかとすぐにわかりました。現地の人らしい人々がいて、バンコクでは味わえないような雰囲気です。

おそらくたどり着いたのは、「Muak Lek Waterfall」という場所。いくつかポイントがありましたが、人が少ないところを選びました。この辺には小さな滝があり、そこで泳いだり食事をしたりして楽しみます。

浮き輪レンタル

奥には浮き輪レンタルのおばあちゃんが座っています。パタヤやプーケットにはないようなローカル感に胸が躍ります。タイで滝や川といえば、カンチャナブリという県ですが、カンチャナブリよりも観光スポットやリゾートホテルが少ないサラブリ県は、ほとんど旅行客はいないと思います。

ここの滝?といわれるものは、カンチャナブリにある滝ほどのものではありませんし、ほとんどただの川のようなもの。近くにリゾートホテルのようなものも見当たりませんでした。カンチャナブリもサラブリも、バンコクから3〜4時間ですが、観光目当てなら断然カンチャナブリでしょう。比較しやすかったのがカンチャナブリでしたが、ローカルな雰囲気を味わいたい人にはおすすめかもしれません。ただ本当に田舎ですが。

ここは天然プールのような場所なのでしょう。観光客がまったくいないというのは、新鮮でもあります。タイ語では、「น้ำตกดงพญาเย็น」と出て来ました。

自然に触れてリフレッシュ!サラブリにある天然プール

着いたのはちょうど昼ごろでしたが、木漏れ日が雰囲気を出しています。グリーンのような色にも見えますが、見る角度によって変わってきます。人が泳いでいなかったら、もう少し水が綺麗に澄んでいるのだとか。川の方を見ると自然いっぱいですが、後ろを振り返ると、ゴミなどもたくさんあるので、なるべく綺麗な景色の方を見るようにしていました。

ゴミなどでゴチャゴチャしているのは、食事処があるからです。まわりにコンビニなど何もなかったので、食事処があるのは助かりましたが。ここの場所に限らず、このような川のまわりには大抵食事処があるのがタイです。お弁当など何も準備せずにふらっと立ち寄った場合でも、のんびりできますよ。

天然プール

食事中

家族連れや若者たちがグループで来ているようでした。真っ黒に日焼けした人たちばかりで、このような自然いっぱいのところを普段から満喫しているのがうかがえます。タイ人は色白になりたいがために日傘をさす人も多いですが、そのような人はここにはいません。日焼けなんか気にしていないのでしょうね。たっぷり日差しを浴びて気持ちよさそうにしていました。

川のそばで食事を楽しめる!ガイヤーン(鳥焼き)は定番

ちょうどお腹が空いた頃なので、ここで食事をすることにしました。川のそばが空いていたので、その席をゲット。木が影を作ってくれているので、日差しを気にせずにいられて涼しく感じました。メニュー表を持ってきてくれたので、ガイヤーン(鳥焼き)、グンチャナンプラー(エビの刺身)、ラープ(豚肉をライムと唐辛子などで味付けしたもの)を頼みました。すぐに来る様子はないので気長に待ちます。

川のそばにある食事処では、ガイヤーン(鳥焼き)が定番です。丸取りを焼いたもので、ジューシーで美味しいですよ。タイは鳥がおいしいので、どこで食べても失敗がありません。こういう自然の中で食べるガイヤーンはよりおいしく感じます。自然の中で食事する機会があれば、ガイヤーンはぜひ頼んでみてくださいね。

目の前は若者たち

席からの眺め

席からの眺めです。すぐ川に手が届きます。楽しそうにキャッキャ騒いでいる人たちを見るだけで、こっちまで笑ってしまいます。今回は泳ぐ準備も何もしていなかったので、眺めているだけでしたが、いいリフレッシュになります。

グンチャナンプラー

川を眺めていると、最初にグンチャナンプラー(エビの刺身)が届きました。私はこの生エビが好きでよく食べるのですが、今のところお腹を壊したことはありません。生牡蠣には注意したほうがいいですが、比較的エビは安全です。グンチャナンプラーはタイに住む日本人でもハマる人は多いようで、けっこう知られている食べ物ですよ。

ゴーヤがまわりにあり、ピリ辛ソースとニンニクがエビの上にのっているのはお決まりのスタイルです。私はニンニクをよけてソースだけでいただいています。

しばらくしてラープとガイヤーンも運ばれてきました。写真を撮り忘れてしまいましたが、どちらもおいしかったです。ガイヤーン(鳥焼き)は焼きたてホヤホヤのものだったので、「当たり」でした。やっぱり再度温めたものよりも、新しいものの焼きたてがおいしいです。ガイヤーンが届くまでにけっこう時間がかかったのですが、そういうことでした。

食事を終え、チェックと言ったら、子どもが伝票を持ってきてくれました。こういったところでは、お店の人の娘や息子が伝票を持ってきてくれることが多いです。しっかりお手伝いしているのですね。田舎ではお手伝いをする子どもたちはよく見かけます。しっかりチップも払い、嬉しそうに子どもは去っていきました。

席を1度とったら、とくに時間は決まっていません。川遊びをしたり昼寝をしたりして、ずーっと滞在する人もいますが、川遊びをしない人にとっては少し退屈です。お昼ご飯を食べて、1時間くらい休憩してからこの場を去ることにしました。

絵になる人たち

現地人満載の人たちがよく絵になります。「ここはタイかな?」と一瞬思ってしまうくらいの風貌の人たちが多くて新鮮でした。今回はなんとなくたどり着きましたが、いいリフレッシュになりました。

この記事のライター

タイ在住5年目の専業主婦です。今でも、カルチャーショックに驚く日々。タイのおすすめ情報や、ローカルな部分をお伝えいたします。

関連するキーワード


タイ サラブリ

関連する投稿


クマさんが目印!「ひろケーキカフェ」でふわっふわの美味しいパンケーキを食べてみよう!

クマさんが目印!「ひろケーキカフェ」でふわっふわの美味しいパンケーキを食べてみよう!

タイ人は辛いものが好きなイメージが強いですが、甘いものもだいすきで、おいしいスイーツショップもたくさんあります。バンコクの数あるスイーツショップの中でも、とくに人気があるお店の一つに「ひろケーキカフェ」があります。ひろケーキカフェは店名もメニューも日本語なので、日本人としては、なんだかホッとできる場所でもあります。


エムクオーティエ(エンポリアム2)にある「MOZZA by COCOTTE」でおいしいピザを食べよう!

エムクオーティエ(エンポリアム2)にある「MOZZA by COCOTTE」でおいしいピザを食べよう!

バンコクには高級志向のデパートがいくつかありますが、その一つにエムクオーティエがあります。エムクオーティエの中には、「MOZZA by COCOTTE」というイタリアンレストランがあり、本格的なピザなどを楽しむことができます。エンポリアムやエムクオーティエ(エンポリアム2)に訪れた際に、利用してみてはいかがでしょうか。


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


バンコクでAirbnbを利用してみた!Airbnbを利用するときのメリットとデメリット、その理由とは?

バンコクでAirbnbを利用してみた!Airbnbを利用するときのメリットとデメリット、その理由とは?

気楽に安い値段で宿泊するために、Airbnbを利用するという方法があります。今回実際にタイのバンコクに行った際、Airbnbを使ってみることにしました。The Boonareya Courtというコンドです。実際に利用してみて良かったと思うことや、次回への改善点など、実際に利用した感想をお伝えします。


ドリアン好きにはたまらない!おいしいドリアンを求めて「ドリアン市場」へ行ってみた!

ドリアン好きにはたまらない!おいしいドリアンを求めて「ドリアン市場」へ行ってみた!

南国に住んでいる醍醐味の1つが、フルーツ天国であることです。タイでは毎年6月頃になると、おいしいドリアンが出てきます。私もタイに来るまでドリアンを食べたことがなかったのですが、タイでおいしいドリアンを食べてからというもの、すっかりドリアンが大好きになりました。最近はドリアン市場に通ってしまうほどハマってしまっています。


最新の投稿


狎鴎亭(アックジョン)で無料で暇つぶし!現代(ヒョンデ/ヒュンダイ)モータースタジオソウル

狎鴎亭(アックジョン)で無料で暇つぶし!現代(ヒョンデ/ヒュンダイ)モータースタジオソウル

ソウルの高級エリア、狎鴎亭(アックジョン)。整形外科や皮膚科、ハイセンスなブティックなどが立ち並ぶ女性観光客には人気のエリア。しかし、カップルや家族での旅行の場合、男性や子供は時間を潰すのに苦労しそうなエリアでもあります。今回、ご紹介するのは「現代(ヒョンデ/ヒュンダイ)モータースタジオソウル」です。


観光でオランダに来たら必ず通る、アムステルダム中央駅を徹底解剖してみました!

観光でオランダに来たら必ず通る、アムステルダム中央駅を徹底解剖してみました!

アムステルダム中央駅には、ただ通過するだけではもったいない充実した設備があります。建物の外装や内装のインテリア、おいしいレストランやゆっくりできるカフェ、話題のオーガニック素材を扱ったグッズのショッピングなど、隠された見どころもたくさんあります。ぜひ見学して自分なりの楽しみ方でエンジョイしてください♪


クマさんが目印!「ひろケーキカフェ」でふわっふわの美味しいパンケーキを食べてみよう!

クマさんが目印!「ひろケーキカフェ」でふわっふわの美味しいパンケーキを食べてみよう!

タイ人は辛いものが好きなイメージが強いですが、甘いものもだいすきで、おいしいスイーツショップもたくさんあります。バンコクの数あるスイーツショップの中でも、とくに人気があるお店の一つに「ひろケーキカフェ」があります。ひろケーキカフェは店名もメニューも日本語なので、日本人としては、なんだかホッとできる場所でもあります。


行き当たりばったりに寄ってみると面白い!道端オランアスリーのテントをのぞいてみよう!

行き当たりばったりに寄ってみると面白い!道端オランアスリーのテントをのぞいてみよう!

オランアスリーとはマレー語で(森の人)と言う意味です。マレーシアではずっと昔から森に住んでいた原住民のことを指します。今でもオランアスリーは森周辺で生活し、自然を知り尽くしています。マレーシアの道路を走っていると時々オランアスリーのテントを見かけることがあります。森で取れたハチミツなど様々なものを売っているのです。


旅行者でも優しくウェルカム!マウイ島で見つけたローカルの集まるおしゃれカフェのカフェ・カフェ・マウイ

旅行者でも優しくウェルカム!マウイ島で見つけたローカルの集まるおしゃれカフェのカフェ・カフェ・マウイ

今回は私がマウイ島のラハイナ地区で滞在中何度も通ってしまったとても居心地のいいカフェを紹介します。カフェ・カフェ・マウイは見た目がおしゃれでドリンクや食べ物の味もよし!そして何といっても居心地が最高にいいので何度も通いたくなってしまうお店なんです。カフェ・カフェ・マウイはラハイナのローカルの方が集まるお店でしたが、旅行者だった我々にも非常に優しく接してくれました。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング