自然に触れてリフレッシュ!サラブリ県をドライブしてみたら自然いっぱいの小さな滝にたどり着いた

自然に触れてリフレッシュ!サラブリ県をドライブしてみたら自然いっぱいの小さな滝にたどり着いた

アユタヤの隣に位置するサラブリ県。タイの田舎の雰囲気を満喫したかったので、ドライブしてみることにしました。ドライブ中とくにめぼしいものものはなかったものの、マップを見ながら進んでいくと自然豊かな場所に行き着きました。小さな滝にたどり着き、そこで食事もできました。リフレッシュできたサラブリにある小さな滝をレポートします。


かなりローカルな雰囲気を味わえるサラブリ県

サラブリ県と言われても、初めて聞く人ばかりだと思います。アユタヤの隣にある県で、大きな工場などが多くある県です。私も初めての県ですが、ドライブをしながらローカルな雰囲気を満喫することに。サラブリ県は工場地帯が多いため、トラックもたくさん走っている印象を受けました。

アユタヤとサラブリの境目辺りは、思いの外渋滞します。こんなところまで渋滞するんだなと驚きますが、車がないと生活できないようなところなのでこうなるのも当然かもしれませんね。工場地帯のような道を抜けると一気に何もなくなります。ローカル感満載ながら、何かめぼしいものはないかと探しました。

マップで近くのレジャースポットを探すと、川のような滝のような場所があったのでさっそく行ってみることに。車がたくさん停まっていたので、ここかとすぐにわかりました。現地の人らしい人々がいて、バンコクでは味わえないような雰囲気です。

おそらくたどり着いたのは、「Muak Lek Waterfall」という場所。いくつかポイントがありましたが、人が少ないところを選びました。この辺には小さな滝があり、そこで泳いだり食事をしたりして楽しみます。

浮き輪レンタル

奥には浮き輪レンタルのおばあちゃんが座っています。パタヤやプーケットにはないようなローカル感に胸が躍ります。タイで滝や川といえば、カンチャナブリという県ですが、カンチャナブリよりも観光スポットやリゾートホテルが少ないサラブリ県は、ほとんど旅行客はいないと思います。

ここの滝?といわれるものは、カンチャナブリにある滝ほどのものではありませんし、ほとんどただの川のようなもの。近くにリゾートホテルのようなものも見当たりませんでした。カンチャナブリもサラブリも、バンコクから3〜4時間ですが、観光目当てなら断然カンチャナブリでしょう。比較しやすかったのがカンチャナブリでしたが、ローカルな雰囲気を味わいたい人にはおすすめかもしれません。ただ本当に田舎ですが。

ここは天然プールのような場所なのでしょう。観光客がまったくいないというのは、新鮮でもあります。タイ語では、「น้ำตกดงพญาเย็น」と出て来ました。

自然に触れてリフレッシュ!サラブリにある天然プール

着いたのはちょうど昼ごろでしたが、木漏れ日が雰囲気を出しています。グリーンのような色にも見えますが、見る角度によって変わってきます。人が泳いでいなかったら、もう少し水が綺麗に澄んでいるのだとか。川の方を見ると自然いっぱいですが、後ろを振り返ると、ゴミなどもたくさんあるので、なるべく綺麗な景色の方を見るようにしていました。

ゴミなどでゴチャゴチャしているのは、食事処があるからです。まわりにコンビニなど何もなかったので、食事処があるのは助かりましたが。ここの場所に限らず、このような川のまわりには大抵食事処があるのがタイです。お弁当など何も準備せずにふらっと立ち寄った場合でも、のんびりできますよ。

天然プール

食事中

家族連れや若者たちがグループで来ているようでした。真っ黒に日焼けした人たちばかりで、このような自然いっぱいのところを普段から満喫しているのがうかがえます。タイ人は色白になりたいがために日傘をさす人も多いですが、そのような人はここにはいません。日焼けなんか気にしていないのでしょうね。たっぷり日差しを浴びて気持ちよさそうにしていました。

川のそばで食事を楽しめる!ガイヤーン(鳥焼き)は定番

ちょうどお腹が空いた頃なので、ここで食事をすることにしました。川のそばが空いていたので、その席をゲット。木が影を作ってくれているので、日差しを気にせずにいられて涼しく感じました。メニュー表を持ってきてくれたので、ガイヤーン(鳥焼き)、グンチャナンプラー(エビの刺身)、ラープ(豚肉をライムと唐辛子などで味付けしたもの)を頼みました。すぐに来る様子はないので気長に待ちます。

川のそばにある食事処では、ガイヤーン(鳥焼き)が定番です。丸取りを焼いたもので、ジューシーで美味しいですよ。タイは鳥がおいしいので、どこで食べても失敗がありません。こういう自然の中で食べるガイヤーンはよりおいしく感じます。自然の中で食事する機会があれば、ガイヤーンはぜひ頼んでみてくださいね。

目の前は若者たち

席からの眺め

席からの眺めです。すぐ川に手が届きます。楽しそうにキャッキャ騒いでいる人たちを見るだけで、こっちまで笑ってしまいます。今回は泳ぐ準備も何もしていなかったので、眺めているだけでしたが、いいリフレッシュになります。

グンチャナンプラー

川を眺めていると、最初にグンチャナンプラー(エビの刺身)が届きました。私はこの生エビが好きでよく食べるのですが、今のところお腹を壊したことはありません。生牡蠣には注意したほうがいいですが、比較的エビは安全です。グンチャナンプラーはタイに住む日本人でもハマる人は多いようで、けっこう知られている食べ物ですよ。

ゴーヤがまわりにあり、ピリ辛ソースとニンニクがエビの上にのっているのはお決まりのスタイルです。私はニンニクをよけてソースだけでいただいています。

しばらくしてラープとガイヤーンも運ばれてきました。写真を撮り忘れてしまいましたが、どちらもおいしかったです。ガイヤーン(鳥焼き)は焼きたてホヤホヤのものだったので、「当たり」でした。やっぱり再度温めたものよりも、新しいものの焼きたてがおいしいです。ガイヤーンが届くまでにけっこう時間がかかったのですが、そういうことでした。

食事を終え、チェックと言ったら、子どもが伝票を持ってきてくれました。こういったところでは、お店の人の娘や息子が伝票を持ってきてくれることが多いです。しっかりお手伝いしているのですね。田舎ではお手伝いをする子どもたちはよく見かけます。しっかりチップも払い、嬉しそうに子どもは去っていきました。

席を1度とったら、とくに時間は決まっていません。川遊びをしたり昼寝をしたりして、ずーっと滞在する人もいますが、川遊びをしない人にとっては少し退屈です。お昼ご飯を食べて、1時間くらい休憩してからこの場を去ることにしました。

絵になる人たち

現地人満載の人たちがよく絵になります。「ここはタイかな?」と一瞬思ってしまうくらいの風貌の人たちが多くて新鮮でした。今回はなんとなくたどり着きましたが、いいリフレッシュになりました。

この記事のライター

タイ在住5年目の専業主婦です。今でも、カルチャーショックに驚く日々。タイのおすすめ情報や、ローカルな部分をお伝えいたします。

関連するキーワード


タイ サラブリ

関連する投稿


タイの軽井沢「カオヤイ」でキャンプに挑戦!カオヤイのキャンプ場には鹿がたくさん!

タイの軽井沢「カオヤイ」でキャンプに挑戦!カオヤイのキャンプ場には鹿がたくさん!

バンコクから車で3時間のところにあるカオヤイ。自然豊かなところで、タイの軽井沢なんて呼ばれているほど。今回初めてカオヤイでキャンプをしたのですが、キャンプ場にはなんと鹿がたくさん!人間慣れしている鹿さんたちとの寝泊まりは新鮮で楽しかったです。ナイトサファリなども体験したので、カオヤイキャンプをレポートしたいと思います。


タイのバンコク旅行で水上マーケットツアーに参加してみました!船の上での売り買いが面白い!

タイのバンコク旅行で水上マーケットツアーに参加してみました!船の上での売り買いが面白い!

タイのバンコクに行った時、水上マーケットに参加しました。一度は行ってみたいと思っていた水上マーケットの様子はやはりとても活気があり、興味深いものでした。船の上で料理したり、船を上手に操ったりするタイ人のパワーはステキです!そんな水上マーケットの様子や感想についてご紹介します。


水掛け容赦なし!水掛け祭りの日に複合エンターテインメント施設「アジアンティーク」に行ってみた

水掛け容赦なし!水掛け祭りの日に複合エンターテインメント施設「アジアンティーク」に行ってみた

4月のソンクラーンの時期に、タイへ旅行に行く人は多いですよね。4月のタイといえば、「水掛け祭り」です。もともとソンクラーンとはタイにおける旧正月のことですが、「ソンクラーン=水掛祭り」として日本人にも認識されているようです。今年のソンクラーンはアジアティークに行ってみたので、水掛け祭りの様子などもあわせてお伝えします。


美しすぎるビーチが広がるタイのリペ島!タイなのにマレーシアから行くべき理由とは?

美しすぎるビーチが広がるタイのリペ島!タイなのにマレーシアから行くべき理由とは?

タイには数々の美しい島があることで知られています。その中でも特に美しいと言われているのが、リペ島です。リペ島はタイの島ですが、リペ島に行く為にはマレーシアから行くほうが良いと言われています。その訳とは?実際のリペ島への行き方とは?筆者も絶対にリピートしたい、と感動したリペ島についてご紹介します!


マレーシアにはSPF130++++の日焼け止めが!常夏の島での日焼け対策にオススメの日焼け止めクリームとは?

マレーシアにはSPF130++++の日焼け止めが!常夏の島での日焼け対策にオススメの日焼け止めクリームとは?

マレーシアやタイなどの東南アジアには綺麗な島が数多くあり、観光客が大自然を楽しんでいます。綺麗な海で時間を過ごすのはとても楽しいのですが、忘れてはならないのが日差し!ビーチに照りつける太陽の日差しは想像以上に強く、、注意しないと火傷をすることに…。そんな太陽の日差し対策にオススメの日焼け止めクリームをご紹介します!


最新の投稿


日本にも進出して大人気?韓国ソウルで本場の雪氷(ソルビン)に行ってきました!

日本にも進出して大人気?韓国ソウルで本場の雪氷(ソルビン)に行ってきました!

韓国は豪華なかき氷デザートが有名ですが、今回、韓国の明洞で、「Korean Dessert Cafe(コリアンデザートカフェ)雪氷(ソルビン)」に行ってきました。このお店はローカルの友達が連れて行ってくれました。実際に本場のかき氷を試してみて、日本のかき氷とは違う豪華な盛り付け、ふわふわのかき氷に大満足でした!


【中国広州】プチプラでトレンドの服がいっぱい!公園前駅地下のショッピングモールで超お得にお買い物しちゃおう

【中国広州】プチプラでトレンドの服がいっぱい!公園前駅地下のショッピングモールで超お得にお買い物しちゃおう

中国広東省広州市は、日本と比べると物価は安めです。でも安いのは主にグルメと交通費。地価の値上がりと共にファッションアイテムは年々値上げの傾向にあり、案外日本と変わらなかったりします。今回はそんな中国広州で、地元の若者に大人気の「トレンドでしかもプチプラなお洋服がたくさん手に入る激安ショッピングスポット」をご紹介します。


芸術に触れたかったら、メキシコ「サンミゲル・デ・アジェンデ」はおすすめ!

芸術に触れたかったら、メキシコ「サンミゲル・デ・アジェンデ」はおすすめ!

芸術家やアーティストを目指す学生の街として知られているメキシコ「サンミゲル・デ・アジェンデ」。観光地としても人気で、アメリカから日本から多くの人が訪れます。メキシコ特有のカラフルな街並みに加え、どこかロマンティックでセンスが光る雰囲気が心地良い。散策で感性が磨かれていくような気分にさせられる、素敵なこの街を紹介します。


タイの軽井沢「カオヤイ」でキャンプに挑戦!カオヤイのキャンプ場には鹿がたくさん!

タイの軽井沢「カオヤイ」でキャンプに挑戦!カオヤイのキャンプ場には鹿がたくさん!

バンコクから車で3時間のところにあるカオヤイ。自然豊かなところで、タイの軽井沢なんて呼ばれているほど。今回初めてカオヤイでキャンプをしたのですが、キャンプ場にはなんと鹿がたくさん!人間慣れしている鹿さんたちとの寝泊まりは新鮮で楽しかったです。ナイトサファリなども体験したので、カオヤイキャンプをレポートしたいと思います。


【超穴場!未就学児にオススメ!】韓国ソウル近郊にある、こども職業体験テーマパーク「リッソビル」

【超穴場!未就学児にオススメ!】韓国ソウル近郊にある、こども職業体験テーマパーク「リッソビル」

ソウルのこども向けお仕事体験テーマパークと言えば、日本でもおなじみの「キッザニア」をはじめ、複数あります。こどもにとっては、普段なかなか体験することのない大人のお仕事を実際に体験できるとあって、人気が高く、どの施設も週末は混雑しています。今回は、その中でも格安で人も少なめの超穴場な施設をご紹介したいと思います。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング