中国広州の「広州レストラン」は広東料理や飲茶だけじゃない!広州レストランのケーキ&パンコーナーを利用してみました

中国広州の「広州レストラン」は広東料理や飲茶だけじゃない!広州レストランのケーキ&パンコーナーを利用してみました

中国・広州旅行でリサーチすると、ほぼ間違いなくヒットするスポットの一つが「広州酒家」です。広州酒家は、広州市内で有名な広東料理&飲茶レストランの老舗となっています。でも実は、広州酒家はレストランだけではないんです。今回は、外国人にはあまり知られていない「広州酒家のケーキ&パンコーナー」を利用した感想をレポートします。


広州と言えば!の「広州酒家(広州レストラン)」

「広州レストラン」とは?

中国語で「酒家」とはレストランの意味です。飲み屋さんの意味合いもある場合がありますが、大抵は純粋にレストランのことを指します。今回ご紹介する「広州酒家」こと広州レストランは、1939年創業の広東料理・飲茶の老舗レストランです。

食は広州にあり!ということを世間に知らしめた第一人者的レストランである広州レストランは、これまで多くの賞を受賞しています。

写真の店名の部分には、日本語でも「食は広州にあり」と書いてありますね(笑)そうです、こちら日本人観光客にもものすごく知名度の高いレストランの一つとなっています。 

広州レストラン正面。

広州レストランは今やたくさんのチェーン店を出していますが、観光客にとって有名なのは広州の人気観光地の一つ「上下九歩行街」と呼ばれる歩行者天国の中にある広州レストランです。せっかくなので今回は、その有名な広州レストランまで行ってきました。

広州一有名な広州レストランへの行き方

まずは広州地下鉄1号線の長寿路駅を目指しましょう。長寿路駅から古い街並みを見ながら10分程南に歩くと上下九路の近くに出ます。お目当ての広州レストランは、その上下九路の歩行者天国を歩いて暫くした頃左手に見えてきますよ。

有名な上下九路沿いにある広州レストランを目指します。

上下九歩行街には多くの店が軒を連ねており、広州レストランと並んで超有名な「陶陶居」や「蓮香楼」などの飲茶レストランもすぐ近くで営業しています。こんなに近いと客の取り合いになりそうですが、それでもどこも行列していて中国人にも外国人にも大人気です。

ところで、今回レポートするのは広州レストランの広東料理や飲茶ではなく、自分や他の人へのお土産にもできる広州レストランのケーキ&パンコーナーです。広州酒家はレストランだけではないんですよ。

広州レストランは高級広東料理や飲茶だけじゃない

非常に有名な広州レストランではありますが、飲茶としてはかなり高級な部類に入ると思います。広州市にはもっとリーズナブルかつ美味しい飲茶レストランがいくつもあることを考えると、筆者としては広州レストランが特におススメというわけではありません。

また広東料理レストランとしての広州酒家は、飲茶よりさらに高級です。本格的な広東料理はもちろん文句なしに素晴らしいかとは思いますが、飲茶と同じく広州市には、もっと気軽に美味しい広東料理を楽しめるスポットはたくさんあります。

じゃあ広州レストランは全くおすすめではないのか?と言ったら、決してそういうわけではありません。でも今回は、特に広州レストランの別の側面をご紹介していきます。(コスパの良い人気飲茶チェーン「点都徳」についても以前記事にしています。合わせてご覧ください。)

広州レストランのお買い物チケット。

今回記事で特集するのは、広東料理や飲茶としての広州酒家ではありません。私が広州レストランに足を向けてみようと思ったのは、先日友人から上の写真のようなチケットをいただいたことがきっかけでした。

なんと広州レストランにあるケーキ&パンコーナーの50元(*約862円)分の商品券です。発効日から2年間有効で、広州レストランで販売されている全ての商品に適応されます。

チケットにケーキの絵が付いているように、実は広州レストランではケーキやパン、中国菓子などのお土産品も多数扱っているんです。中国の物価的に考えると、パン・ケーキの類に利用するには50元なんて大金です。本当に使えるのかドキドキしながら、初の広州レストランに行ってみました。

広州レストランのケーキ&パンコーナー

お土産にも良いクッキー系中華菓子

広州レストランの美味しそうな中華菓子。

広州レストランのケーキ&パンコーナーでまず目に留まったのは、クッキー系の中華菓子です。試食してはいないのですが、どれも美味しそうですね。お味は紅茶味やクルミ味、ナッツの入ったものなど様々です。

お値段は、20元(約345円)程のものから50元(約862円)以上、100元(約1,725円)近くするものまでピンキリです。このような中華系クッキー菓子だったら、持ち運びしやすく長持ちしますし、しかも中国らしいので日本へのお土産にもピッタリですね。

中華菓子で気を付けた方が良いものがこの中にあります・・・。

大抵、甘い中華菓子は日本人でも比較的美味しくいただける無難なものが多いのですが、ちょっと注意した方が良い爆弾お菓子も中にはあります。

上の写真の下段左側に写っている「鸡仔饼」が気になりました。購入したことはないので絶対ではありませんが、経験上しょっぱい系の中華菓子には注意が必要です。(これは「鶏」の字が入っているので恐らくしょっぱい系中華菓子だと思います。)

こういったお菓子の中には、食べられないレベルでマズイものも存在します。あくまでも筆者個人の感想ですが、こちらに住む多くの日本人の友人たちも同じ意見です。中華菓子を選ぶ際は、手堅く甘いものにするようにしましょうね。

冷凍の中華まんや点心が豊富

日本へのお土産とすることは難しいですが、広州レストランのケーキ&パンコーナーでは冷凍中華まんや冷凍点心も多く扱っています。これらは家で蒸すか電子レンジでチンするだけで、気軽に食べることができる大変便利なものです。

朝御飯やちょっとしたオヤツ用に購入している人は多いと思いますよ。旅行者でも、ホテルの部屋で食べる用として購入することはできますね。では、どんな種類があるのでしょうか?

広州レストランの冷凍中華まん&点心。

カスタードクリームまんや流沙包、アンまんやクルミ練乳など甘い系中華まんの種類が豊富です。しょっぱい系でいくとチャーシューまんや餃子、ショーロンポーや海老シュウマイなど通常飲茶で注文するような商品が並んでいます。

もちろん本場飲茶とは比べられないと思いますが、家でも簡単にこれだけの中華まんや点心を食べることができるなんて本当に便利です。気になるお値段は、12個入りで8.8元(約152円)のものから12元(約207円)程のものが主流です。

気になるお味がたくさんあります。

外でできたて中華まんを購入する場合、安くても1つ1.5元(約26円)、ものによっては1つ2.5元(約43円)はします。冷凍の場合、12個入りで12元だとしても中華まんが1個1元(約17円)の計算になり、コスパ良しです。

ちなみに12個入り12元の冷凍ものを2袋購入すると、本来24元(約414円)のところが22元(約379円)となり、ささやかな割引きながらもお得感があります。甘いかしょっぱいかにかかわりなく、点心や中華まんに関してはハズレはないと思うので私も少しずつ試していきたいです。

パンの品揃えはそれ程でもないようです

見た感じ、パンのレベルはそこそこ。

広州酒家のレストランのパンコーナーのパンは、それ程気合いが入っているわけではなさそうでした。一般的なパン屋と比べてやや品揃えが悪い印象です。価格もごく普通でしょうか。個人的にはそんなに魅力を感じなかったです。

広州レストランの系列パン屋さん「利口福」も大人気

広州レストランはパンの品揃えが少ないと書きましたが、その理由は系列店「利口福(リーコウフー)」にあるのかもしれません。利口福は、広州レストランの系列店でパン屋さんです。広州レストランのパンは主にこちらで販売されているのでしょう。

市内に数多くある広州レストランの系列店「利口福」。

広州市内の至る所にある利口福は我が家の近くにもあり、これまでも時々利用していました。他のパン屋と比べて特に突出しているわけではありませんが、パンの種類はそれなりにあります。

利口福は店舗によって扱っている商品の幅にだいぶ違いがありますが、小さい店舗ではパンのみで、しかもベーカリーパン(焼き立てでトレーに取って購入するタイプのパン)はありません。

私たちの家の近くにあるのは中くらいの店舗で、いくらかベーカリーパンやケーキを扱っているものの、冷凍ものは置いていません。でも少し大きめのテンポになると利口福でも冷凍の中華まんや点心を扱っていて、内容的には広州レストランのケーキ&パンコーナーとほぼ同じレベルとなります。

利口福のロールケーキ(すでに半分食べた写真ですみません)。

確認したところ、今回いただいた50元分のお買い物チケットは、利口福でも利用できるということなのでそうしてみました。50元は1回で使い切らなければならないので、何とか考えて50元分一気に使い切りましたよ。パン屋でこんなに高額なお買い物は初めてですが、とってもお得でした。

ちなみに購入したのは、上の写真のロールケーキ1本と大小のパン1個ずつ計2個、冷凍流沙包2袋です。パンやロールケーキも含めて全て冷凍可能な食品なので、まとめ買いしても少しずついただくことができます。

「広州レストラン」ケーキ&パンコーナーまとめ

広州市の空。

今回たまたまサービス券をいただいたことで思いがけず広州レストランに行ってきましたが、意外にもコスパが良いケーキや中華まん、お土産になりそうな中華菓子の類がたくさんあって新たな発見でした。

お金と時間に余裕があったら、広州レストランで本場の広東料理や飲茶を味わうのも良いでしょう。でもそうでなくても、広州レストランはそれだけではありません。ホテルでの小腹や日本へのお土産が揃う、有名な広州酒家ケーキ&パンコーナーも是非覗いて行ってみてくださいね。

*記事内の全てのレートは2018年4月のものです。

この記事のライター

中国広東省広州市に住む30代主婦です。今の目標は広東語をマスターすること!大好きな広州を、楽しく詳しくレポートしていきます★

関連するキーワード


中国 広州

関連する投稿


【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

広州観光と言ったらやっぱり広州タワーです。でも一見して広州タワーの周りって、大きな広場とちょっとした出店の他はみんなオフィスビル。広州タワーの近くでお食事やお茶できる場所ってないの?実は、広州タワーの「真下」にたくさんのグルメスポットがあるんですよ。今回は、広州タワー観光時に役立つ地下街に関する情報をまとめていきます。


覚悟して食べよう!中国で大人気の「肉松パン」とは?中国のパンとパン屋事情あれこれ

覚悟して食べよう!中国で大人気の「肉松パン」とは?中国のパンとパン屋事情あれこれ

海外旅行をすると、誰でも「これはどうしても食べられない・・・」というものに一つか二つはぶち当たるものではないでしょうか?今回は、食べるのならある程度覚悟が必要な中国で大人気の「肉松パン」をご紹介します。肉松って何?どんなお味なの?気になる肉松パンをレポートする前に、まずは今の中国でのパン事情からご説明していきましょう。


中国広州旅行で手っ取り早く中国らしいお土産をゲットするには?北京路にある大変便利なお土産屋さんで旅のお土産を揃えよう

中国広州旅行で手っ取り早く中国らしいお土産をゲットするには?北京路にある大変便利なお土産屋さんで旅のお土産を揃えよう

中国広東省広州市からお届けしています。皆さん、広州旅行のお土産はどうしようとお考えですか?行き当たりばったりも旅の醍醐味ではありますが、観光で忙しく、ゆっくりお土産屋さんを回る時間が取れないかもしれません。今回は、大切な旅のお土産を買いそびれてしまわないように、いざという時に利用できる便利なお土産屋さんをご紹介します。


全世界共通ではない!?中国広州のケンタッキー(KFC)でおススメの美味しいご当地中華メニューとは?

全世界共通ではない!?中国広州のケンタッキー(KFC)でおススメの美味しいご当地中華メニューとは?

真っ赤な看板と白髪老人の笑顔。中国広東省の広州市には、数え切れないほど多くのケンタッキー・フライドチキンがあります。もう何年も前から、ケンタッキーは中国社会にも受け入れられているようです。今回は、中国版ケンタッキーの日本にはないおススメ中華メニューや中国旅行時の中国ケンタッキー活用方法をレポートしていきたいと思います。


となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

最近、広州市内で得体の知れない可愛い生き物を発見しました。中国語表記によると、その名は「龙猫(ロンマオ)」。ロンマオってまさかあのトトロのことでは?いやいや、いくら中国でもトトロがペットショップにいるわけがないでしょう・・・今回はそんないきさつで調べたロンマオと、広州市にあるロンマオ専門ショップの様子をレポートします。


最新の投稿


【ベトナムホーチミン】ローカルスパでオイルマッサージとボディスクラブを初体験!!

【ベトナムホーチミン】ローカルスパでオイルマッサージとボディスクラブを初体験!!

ベトナムに来てから、ベトナムはマッサージ天国なんだよ〜多くの人が教えてくれました。いいサービス、良心的な価格でリラックスできる娯楽として海外から来た人だけでなく、ローカルの人々もたくさん利用しているようです。今回は私が現地の女性たちに連れて行ってもらったローカルのCoconut Spaというマッサージ屋さんを紹介します


コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

インドネシアはコーヒーの生産量・輸出量が世界第三位です。コーヒー栽培は植民地支配していたオランダが持ち込んだものですが、インドネシアの気候にあい地域や各島ごとに特徴あるコーヒーが作られています。国内のコーヒーメーカーも多く、インドネシア人が気軽に楽しむ、インドネシア独特の飲み方のコーヒーから、若いオーナーがこだわってブレンドしたコーヒーを出すカフェ、インスタ映えするお洒落カフェまで様々です。おなじみスターバックスでもインドネシア各地のコーヒー豆を使ったコーヒーもだされているので、ジャカルタにきたらコーヒー好きの人には天国です。インドネシアのお土産として最適なコーヒーや、幻のコーヒー、今話題のカフェなどを紹介します。


人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

自然いっぱいのマウイ島を満喫するために自転車をレンタルしてみました!出だし好調でしたが思った以上に登り坂が多く苦戦!運動不足の足が悲鳴をあげながら、美しい海と平原を冒険してきました!今回はラハイナ地区のマップ、マウイ島でのバイクレンタルの価格、またサイクリング中に見つけた美しい景色の写真などを紹介します。


街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

ベトナムのハノイとホーチミンの間にダナンというベトナム第3位の都市があります。ダナンから南にバスで1時間ほどの場所に、ホイアンという街があります。ホイアンはとても小さな街ですが、街中が世界遺産になっていて、建物がとにかくとても可愛いんです!歩くだけでもとても楽しい気分になるので、街歩きが大好きな人にぴったりの場所です。


【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

広州観光と言ったらやっぱり広州タワーです。でも一見して広州タワーの周りって、大きな広場とちょっとした出店の他はみんなオフィスビル。広州タワーの近くでお食事やお茶できる場所ってないの?実は、広州タワーの「真下」にたくさんのグルメスポットがあるんですよ。今回は、広州タワー観光時に役立つ地下街に関する情報をまとめていきます。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング