タイ旅行にポケットwifiはレンタルしておくべき!?空港やホテルから公共のwifiスポットまで徹底的に解説します!

タイ旅行にポケットwifiはレンタルしておくべき!?空港やホテルから公共のwifiスポットまで徹底的に解説します!

短期の旅行や出張であれば、ポケットwifiレンタルがおすすめですが、頻繁にネットを使わない人や留学や仕事で長期滞在する場合、現地のネット事情や無料wifiスポット情報は大変便利です!空港やホテル、駅やカフェなどのwifiスポットだけでなく、タイでおすすめのsimカードまで現地在住ライターがどこよりも詳しく解説します!


海外に行くことになれば、気になるのが、その国のインターネット事情。私の住んでいるバンコクでは、いたるところに無料Wi-Fiスポットが点在します。日本よりも断然多く、バンコクに限らず、空港、カフェ、レストラン、ホテルなどでは手軽に無料Wi-Fiに接続できます。そんなタイのインターネット事情について詳しく見ていきましょう。

タイのインターネット事情

タイは、日本よりもスマホの普及率は高いでしょう。日本では、高齢者を中心に現在もガラケーを使用している人はいるようですが、タイでは年齢に関係なくスマホを持っています。約70%のタイ人がスマホを使用している、という発表もありますが、私の体感ではもっと多いような気もします。屋台のおじちゃんおばちゃん、バイクタクシーやタクシーの運転手も、タイでは当たり前のようにスマホを使用していますから。

これは田舎に行っても同じで、どこでもビデオ電話をしている光景をよく目にします。家族との繋がりも強いタイでは、家族とビデオ電話をしてコミュニケーションをとるのも当たり前のようです。他にも、SNSを頻繁に更新したり、SNSを通じて買い物をしたりと、スマホを上手に活用しています。

SNSを通じて商品を購入する人の割合は世界一と言われているほど。タイ人の約60%以上がFaceBookを利用していますし、FacebookやインスタグラムなどのSNSを通じて商品を購入する人の割合は50%を超えます。SNSの利用率は、日本より圧倒的に高いでしょう。

タイでは、2011年12月から、「Free Public WiFi」というサービスを開始しています。 タイの公共フリーWi-Fiで、タイ全土の、空港、観光地、バスターミナル、国鉄の駅、県庁、警察署、公立学校、病院、などに無料のWi-Fiアクセスポイントがあります。経済成長とネットの普及に伴い、今もアクセスポイントはどんどん増えている最中です。Free Public WiFiを利用するには登録が必要になります。

登録方法は主に2つ。1つは、タイの現地サービスセンターでパスポートを提示し、パスワードを貰う方法。2つ目は、アカウント登録時にパスポート番号を入力する方法です。 後者のほうが、手軽で一般的です。パスポート番号以外にも、名前、電話番号、メールアドレスといった個人情報の入力が必要となります。外国人旅行客が公共フリーWi-Fiを利用する際に、パスポート番号が必須となる理由は、不正利用や国際犯罪等を防ぐためです。 ちなみに、タイ国民はパスポート番号ではなく、個人のID番号を入力します。

カフェやレストランなどのチェーン店の多くは、無料Wi-Fiサービスを提供しています。 Wi-Fiのパスワードは、レシートに印刷されていることが多いです。わからない場合は、店員さんに聞くとすぐに教えてくれます。いつでもどこでも、というわけにはいきませんが、ネットに繋がる場所が多く、ネットを必要としていなくても、旅行の際などには心の安心となるのではないでしょうか。

主なフリースポット

空港

タイの空港には、空港内で使用できる無料Wi-Fiがいくつかあります。「@AirportTrueFreeWiFi」や「@AirportAISFreeWiFi」、Free Public WiFiの「ICT_FREE_WiFi」、タイの大手通信会社TUREとタイ国営空港を運営する会社AOTが共同して提供している「AOT Free WiFi」、というネというネットワーク名のいずれかのWi-Fiを選択してください。

こちらの接続先を選択すると、使用する言語を選択する画面が表示されるので、日本語を選ぶとスムーズです。登録画面にて、名前、メールアドレス、国籍、パスポート番号、携帯電話番号を入力して、利用規約に同意すると、ユーザーネームとパスワードが発行され、登録したメールアドレスに届きます。それをログイン画面で入力すれば接続完了です。

1日1回の接続で、それぞれ2時間まで利用可能ですが、接続先を変えて4時間以上使うこともできます。空港に何時間もいることはあまりないと思いますので、2時間だけでも接続できれば嬉しいですよね。空港内の飲食店でもWi-Fiは接続できますから、コーヒー1杯頼むついでに、パスワードをスタッフに聞いてみてもいいでしょう。

ホテル

大手有名ホテルのほとんどは無料でWi-Fiが使用できます。最近では、敷居が低いローカルなホテルでも、無料でWi-Fiを提供してくれるところが増えてきました。部屋に入ると、テーブルの上などわかりやすいところにWi-Fiパスワードが書かれた紙が置いてあったり、部屋のテレビ画面に表示されていることもありました。ホテルによっては、部屋番号を入力するだけ、というところもあります。

ほとんどのホテルは無料でWi-Fiを使用できますが、すべてのホテルまでとはいきません。ホテルを予約する際に、無料Wi-Fiがあるかどうか、どのくらい使えるか、を確認しておくと良いでしょう。1泊500バーツ(約1500円)前後の格安ホテルでは、ロビーでWi-Fiを購入するパターンが多いです。1日1時間までは無料でそれ以上は有料、というホテルもあります。

ターミナル21

BTSのアソーク駅・MRTのスクンビット駅に直結しているショッピングモール「ターミナル21」でも無料でWi-Fiが使えます。ターミナル21は、空港をモチーフにしたつくりとなっていて、バンコクで人気なショッピングモールの1つです。駅から直通の通路でターミナル21に入り、同じ階にあるインフォメーションカウンターへ向かいましょう。Wi-Fiがほしいという旨を伝えると、パスポートを求められますが、提示すると受付の方がPCに情報を打ち込み、ユーザーネームとパスワードの書いた紙を発行してくれます。

ターミナル21のネットワークに繋ぎ、登録画面にてユーザーネームとパスワード入力するだけで接続完了です。このユーザーネームとパスワードを入力すると15分間ネットが使えるようになるので、その間にメールアドレスを登録します。 そうすると2時間使えるようになりますよ。2時間後に接続が切れても、接続しなおせばまた使用できます。パスワードは1年間有効のようですが、パスワードの再度発行も可能です。

ターミナル21だけでなく、主要駅にある大型ショッピングセンターは、無料Wi-Fiスポットを設置しているところも多いですから、困った際には大型ショッピングセンターを目印にしても良いでしょう。また、大型ショッピングセンターには、スターバックスなどの有名なチェーン店なども多く入っていますから、そこでWi-Fiを接続しても良いでしょう。

スターバックスコーヒー

タイでもあちこちで見かけるスターバックスコーヒー。スターバックスの店舗に入ったら、Wi-Fi回線を検索してみましょう。「STARBUCKS_AIS」というのが出てくるはずです。名前、パスポート番号、メールアドレスで登録でき、当日の24時までWi-Fiを使用できます。

同時に複数のデバイスでは使えませんが、別日でしたら同じ名前、メールアドレスで登録できます。スターバックスの店内で使用できるWi-Fiは、少し前まで1ヶ月300バーツと有料だったのですが、2016年より無料化になりました!スターバックスファンにとっては嬉しいですよね。AISというタイの携帯キャリアと協力して、無料でWi-Fiを提供し始めたようです。

タイのスターバックスは、「1BUY1FREE」2つ目無料、などのキャンペーンを時々実施していたり、期間限定メニューも日本とは違いますから、タイに来た際は是非立ち寄ってみてください!

抹茶の商品は人気があります!

マクドナルド

ワイ(合掌)をする、ドナルド・マクドナルド

タイでは、ワイ(合掌) をするドナルド・マクドナルドでおなじみの「マクドナルド」。無料Wi-Fiのパスワードはレシートに記載しており、制限時間が45分までとなっています。「McDonalds_AIS」に接続し、レシートに記載されたパスワードを入力すると、ログイン画面が出てきます。

ログイン画面にて、名前、パスポート番号、メールアドレスなどを入力すると、Wi-Fiが使用できるようになり、同時にカウントダウンが始まります。長く使いたい場合は、その都度商品を購入するしかありませんが、マクドナルドはリーズナムルなので、財布に優しいですよね。ちなみに、タイのマクドナルドでは、約30円でアイスクリームが買えます!スターバックス同様、タイでもあちこちにマクドナルドはありますよ。

True Coffee

True Coffeeは、バンコクに約80店舗展開するコーヒーチェーン。タイのインターネットプロバイダーTRUEが運営するカフェです。飲み物を頼む際に、「ミー Wi-Fi マイ カー?(Wi-Fiはありますか)」と聞くと、店員さんからユーザーネームとパスワードの書かれた紙をもらえます。それを入力するだけで、Wi-Fiを使用することができます。True Coffeeは、充電もできておすすめです。

TOM N TOMS COFFEE

True Coffeeよりも少しリーズナブルな印象の、TOM N TOMS COFFEE。韓国資本のチェーン店になります。韓国系のお洒落なカフェで、バンコクの若者たちに人気があるようです。商品を購入した際に、ユーザーネームとパスワードがもらえますので、Wi-Fiに接続しログインしてください。無料Wi-Fiは3時間使用できます。TOM N TOMS COFFEEは、バンコク以外の県にもあり、バンコク近くのリゾート地のパタヤにもありました。

Cafe Amazon

リーズナブルな料金設定で人気なのが、Cafe Amazon。ガソリンスタンド内やショッピングモール内でよく見かけます。いつも私が注文するエスプレッソは50バーツ(約150円)。注文の際、商品名の後ろに「バン」をつけると、フローズンにしてくれますよ!Wi-Fiに接続したい場合は、注文時に店員さんに聞くと教えてくれます。

PTTガソリンスタンド内にあります

エスプレッソコーヒー

その他、プリペイドSIMなど

何度もタイへ訪れるような人は、SIMロックフリーのスマートフォンを持っておくと便利です。タイのSIMカードは、AIS・DTAC・True Moveとになります。これは日本のau・ドコモ・ソフトバンクのようなもの。7日間のプランの目安が、299バーツ(約950円)で、プラン内容も価格も各社横並びです。SIMは、空港、セブンイレブン、モバイルショップなどで購入できますし、常にネット環境に置きたいという人はプリペイドSIMを利用してみても良いでしょう。

現地のネットカフェ等

タイのインターネットカフェ。郊外ではよく見る光景

スマホが普及したことにより、ここ数年でネットカフェの数自体は減っていますが、現在もネットカフェはあります。特に郊外には多いですが、バンコクでは、カオサンやホランポン駅周辺など、バックパッカーが多いところに多くあり、1時間20バーツ(60円)くらいから利用できるところが多いようです。タイピングがタイ語だと使い物にならないでしょうから、日本語に設定し直す必要があります。変換の仕方がわからなければ、店の人にたずねれば大抵は大丈夫でしょう。言語変換不可や、店の人もわからない場合がありますから、店に入った時に「japanese OK?」と聞いたほうが無難かと思います。

バンコク周辺のインターネットカフェ。実際にはもっとあります。

タイでネットをする際の注意点など

無料Wi-Fiは、不特定多数の人が使うものなので、セキュリティ面も気になるものですよね。 また、インフォメーションなどでパスポートを提示するともらえる、ユーザーネームとパスワードが書かれた紙は、個人を識別するものなので、しっかり保管しておいたほうが良いでしょう。誰かがログインして犯罪を犯した場合、あなたが使ってるものと判断されてしまう可能性もあります。

まとめ

私のお気に入りの航空会社、「タイ国際航空」

バンコクをはじめ、タイのあちこちにWi-Fiスポットがあり驚くことでしょう。常にネットに接続したいなら、Wi-FiルーターやSIMを利用するといった手段を取るべきですが、都市部を短期間旅行するだけの場合や、旅行中ぐらいはネット環境から離れたいと思っている人には、無料Wi-Fiだけで十分かもしれません。

この記事のライター

トラベルクリップは世界中の観光情報、フード、ホテル、ショッピング、交通などリアルで役に立つ情報を発信しています!

関連するキーワード


タイ 海外wifi

関連する投稿


タイのバンコクで、オーダーメードに憧れている人にオススメ!トニーカスタムメードでサンダルを作ってきました!

タイのバンコクで、オーダーメードに憧れている人にオススメ!トニーカスタムメードでサンダルを作ってきました!

タイは、良質なレーザー商品を比較的安く購入することができる場所として知られています。日本で革製品のオーダーメードというとハードルが高く感じますが、タイでは日本に比べてリーズナブルな値段でオーダーメードできてしまうんです。今回は、そんなオーダーメードの店、トニーカスタムメード(Tony Custom Made)で実際にサンダルをオーダーメードしてみました。サンダルが出来上がるまでは?出来上がったサンダルの感想は?お伝えします。


クマさんが目印!「ひろケーキカフェ」でふわっふわの美味しいパンケーキを食べてみよう!

クマさんが目印!「ひろケーキカフェ」でふわっふわの美味しいパンケーキを食べてみよう!

タイ人は辛いものが好きなイメージが強いですが、甘いものもだいすきで、おいしいスイーツショップもたくさんあります。バンコクの数あるスイーツショップの中でも、とくに人気があるお店の一つに「ひろケーキカフェ」があります。ひろケーキカフェは店名もメニューも日本語なので、日本人としては、なんだかホッとできる場所でもあります。


エムクオーティエ(エンポリアム2)にある「MOZZA by COCOTTE」でおいしいピザを食べよう!

エムクオーティエ(エンポリアム2)にある「MOZZA by COCOTTE」でおいしいピザを食べよう!

バンコクには高級志向のデパートがいくつかありますが、その一つにエムクオーティエがあります。エムクオーティエの中には、「MOZZA by COCOTTE」というイタリアンレストランがあり、本格的なピザなどを楽しむことができます。エンポリアムやエムクオーティエ(エンポリアム2)に訪れた際に、利用してみてはいかがでしょうか。


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


バンコクでAirbnbを利用してみた!Airbnbを利用するときのメリットとデメリット、その理由とは?

バンコクでAirbnbを利用してみた!Airbnbを利用するときのメリットとデメリット、その理由とは?

気楽に安い値段で宿泊するために、Airbnbを利用するという方法があります。今回実際にタイのバンコクに行った際、Airbnbを使ってみることにしました。The Boonareya Courtというコンドです。実際に利用してみて良かったと思うことや、次回への改善点など、実際に利用した感想をお伝えします。


最新の投稿


全世界共通ではない!?中国広州のケンタッキー(KFC)でおススメの美味しいご当地中華メニューとは?

全世界共通ではない!?中国広州のケンタッキー(KFC)でおススメの美味しいご当地中華メニューとは?

真っ赤な看板と白髪老人の笑顔。中国広東省の広州市には、数え切れないほど多くのケンタッキー・フライドチキンがあります。もう何年も前から、ケンタッキーは中国社会にも受け入れられているようです。今回は、中国版ケンタッキーの日本にはないおススメ中華メニューや中国旅行時の中国ケンタッキー活用方法をレポートしていきたいと思います。


タイのバンコクで、オーダーメードに憧れている人にオススメ!トニーカスタムメードでサンダルを作ってきました!

タイのバンコクで、オーダーメードに憧れている人にオススメ!トニーカスタムメードでサンダルを作ってきました!

タイは、良質なレーザー商品を比較的安く購入することができる場所として知られています。日本で革製品のオーダーメードというとハードルが高く感じますが、タイでは日本に比べてリーズナブルな値段でオーダーメードできてしまうんです。今回は、そんなオーダーメードの店、トニーカスタムメード(Tony Custom Made)で実際にサンダルをオーダーメードしてみました。サンダルが出来上がるまでは?出来上がったサンダルの感想は?お伝えします。


狎鴎亭(アックジョン)で無料で暇つぶし!現代(ヒョンデ/ヒュンダイ)モータースタジオソウル

狎鴎亭(アックジョン)で無料で暇つぶし!現代(ヒョンデ/ヒュンダイ)モータースタジオソウル

ソウルの高級エリア、狎鴎亭(アックジョン)。整形外科や皮膚科、ハイセンスなブティックなどが立ち並ぶ女性観光客には人気のエリア。しかし、カップルや家族での旅行の場合、男性や子供は時間を潰すのに苦労しそうなエリアでもあります。今回、ご紹介するのは「現代(ヒョンデ/ヒュンダイ)モータースタジオソウル」です。


観光でオランダに来たら必ず通る、アムステルダム中央駅を徹底解剖してみました!

観光でオランダに来たら必ず通る、アムステルダム中央駅を徹底解剖してみました!

アムステルダム中央駅には、ただ通過するだけではもったいない充実した設備があります。建物の外装や内装のインテリア、おいしいレストランやゆっくりできるカフェ、話題のオーガニック素材を扱ったグッズのショッピングなど、隠された見どころもたくさんあります。ぜひ見学して自分なりの楽しみ方でエンジョイしてください♪


クマさんが目印!「ひろケーキカフェ」でふわっふわの美味しいパンケーキを食べてみよう!

クマさんが目印!「ひろケーキカフェ」でふわっふわの美味しいパンケーキを食べてみよう!

タイ人は辛いものが好きなイメージが強いですが、甘いものもだいすきで、おいしいスイーツショップもたくさんあります。バンコクの数あるスイーツショップの中でも、とくに人気があるお店の一つに「ひろケーキカフェ」があります。ひろケーキカフェは店名もメニューも日本語なので、日本人としては、なんだかホッとできる場所でもあります。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング