イタリアのクリスマスの定番菓子パネットーネ!天然酵母のおかげで無添加なのにその賞味期限は半年【まさに天然の保存料】

イタリアのクリスマスの定番菓子パネットーネ!天然酵母のおかげで無添加なのにその賞味期限は半年【まさに天然の保存料】

イタリアで11月くらいからスーパーやケーキ屋さんに山積みに置かれ始めるクリスマスの伝統の発酵菓子パネットーネ。一見普通のフルーツケーキなのですが、その発酵に使われている自然酵母パネットーネ種には実はすごい秘密が!今回はパネットーネの魅力を徹底解説。そしておすすめのパネットーネ購入スポットも紹介いたします。


Panettone(パネットーネ)とは

一般的なパネットーネ

Panettone(パネットーネ)とはイタリアではクリスマスに食べられる超定番の菓子パンで11月くらいからスーパーにも山積みになります。卵たっぷりの甘い生地にレーズン、オレンジピールなどのドライフルーツを混ぜ合わせ焼き上げた風味豊かなドーム型のパン菓子です。

とってもデリケートな自然酵母

パネットーネの生地の発酵にはパネットーネ種が必ず使用されなくてはならないのと、発酵と生地を休ませる工程を何度も繰り返すため手間と時間がかかります。そのため、マンマの味が一般的であるイタリアの家庭でもパネットーネだけはパン屋、菓子屋の仕事とされ、家庭で作られることはあまりありません。パネットーネ種について調べてみると、生まれたての子牛が初乳を飲んだ後の小腸内の物質から取り出した菌を小麦粉と混合して作る北イタリアの特定の地方でしか培養しづらいとされている自然酵母、とのこと。さらにパネトーネ種は北イタリアの空気や気候など、様々な環境の条件が整った元でパネットーネ菌を成育した「酵母」と「乳酸菌」が共生するとっても貴重でデリケートなものだそう。

天然の保存料といわれるパネットーネ酵母

パネットーネがすごいところは無添加なのに長期保存が可能なところ。発酵時に天然の保存料を出すと言われています。

パネットーネ種の特徴は、水分・油脂分・糖分に対する耐性が強く、そして種に含まれる乳酸菌は、糖を発酵して乳酸やアルコール、酢酸、炭酸ガスを生成します。生地のpH(酸性・アルカリ性を指す数値)を低下させ酸性を強めることで微生物等の生育を防止するため、一般的なパンの賞味期間が2〜3日であるのに対し、パネットーネは常温で3ヶ月から半年という長期保存が可能となります。

無添加でこの威力すごいと思いませんか??

日本にも味噌や醤油、漬物など古くからある発酵食品はたくさんありますが、やっぱり先人の知恵ってすごいですね!

今でこそ冷蔵庫という便利な道具が各家庭にありますが、昔の人は食材を長期間、常温で保存させるために「食品を発酵させる」という加工技術を用いていたのは日本もイタリアも一緒なんですね。

おまけ話①:パネットーネの永遠のライバル?

パネットーネと同じ生地が主体のパンドーロもクリスマスに食べられる菓子パン。こちらはヴェローナの銘菓ですが今ではイタリア全土で食べられています。ドライフルーツが入らないシンプルでしっとりしたブリオッシュ生地が特徴で粉砂糖をふんだんにまぶして食べます。イタリアでは、パネットーネよりこちらを好む人も多いくらいです。

クリスマスの時期の食事会などではパネットーネ派パンドーロ派の論争が繰り広げられることもしばしば。

パンドーロ

おまけ話②:近年のパネットーネ事情

2005年には「各材料とも一定量以上の基準を満たし、決められた製法で作らなければいけない」という規定が制定されました。こうして伝統の味が受け継がれているのですね。さすがスローフードの国イタリアです。

さらに近年ではチョコチップやピスタッチオ入りなど、さまざまなバリエーションも出てきていてそちらも人気です。一般的なサイズはだいたい直径が約20cm、重さが約1kgとお土産には少し大きいですが手土産サイズの小さいものも売られているので冬の時期、イタリアに訪れる際にはぜひチェックしてみてください!

迷ったら高級スーパーEATALY(イータリー)へ

パネットーネと一口に言っても色々なパスティッチェリア(お菓子屋さん)やメーカーが出していて、味や食感もそれぞれ違います。我が家は今年の一つ目のパネットーネは高級スーパーEATALY(イータリー)にてMUZZI TOMMASOというメーカーのものを購入。色々な味がありましたがとりあえずクラシックなものを買いました。

奥の白いパッケージがクラシック。手前のグリーンは梨とチョコレートでした。

EAYALYは毎年パネットーネの売り場に力を入れていて老舗メーカーから最近注目されてきているメーカーまで厳選されたパネットーネが並びます。もちろんパンドーロも多く取り扱われています。どこのものを買えばわからなければとりあえずEATALYに来れば美味しいものをゲットできるはずです!

パネットーネとパンドーロが並ぶお洒落なディスプレイ。

店内もクリスマス仕様でとても素敵でした。EATALYは建物の構造、店内の商品の見せ方やマーチャンダイジングがとってもしっかりしているのでまた今度、別の記事で詳しく紹介したいと思います!

吹き抜けが特徴的なミラノのEATALYの店内

イータリー (EATALY Milano Smeraldo)
住所:Piazza XXV Aprile 10 - Milano, Italy
行き方:地下鉄緑線(M2)ガリバルディ駅より徒歩5分ほど
電話番号:+39 0249497301
休業日:祝日のみ
営業時間:10:00-24:00
※EATALYフードコートは12:00-15:15 / 19:15-22:15です。
サイト:http://www.eataly.it/blog/negozi-italia-eataly-milanosmeraldo/

この記事のライター

フリーランスデザイナー・ライターのaikaです。15歳からミラノに住んでいます。現地のライフスタイルや観光情報をお届けします!

関連するキーワード


イタリア

関連する投稿


生ハムの町パルマは観光地としても魅力的!イタリアの食と芸術を贅沢に味わおう!

生ハムの町パルマは観光地としても魅力的!イタリアの食と芸術を贅沢に味わおう!

イタリアはエミリア・ロマーニャ州に位置している小都市パルマ。生ハムやパルメザンチーズで有名なこの町は、観光地としても見所たっぷりです。イタリアの伝統文化や芸術の底力を感じさせてくれるこの町で、食、美術、音楽、ショッピングまで、イタリアの良さを短期集中で上手に堪能するために、私の個人的なおすすめポイントをご紹介します!


ミラノ近郊都市ベルガモのオリオ・アル・セリオ空港で楽しめるショッピング!

ミラノ近郊都市ベルガモのオリオ・アル・セリオ空港で楽しめるショッピング!

オリオ・アル・セリオ空港は、格安航空会社専用ともいえる空港ですが、空港内でのショッピングに関しては大型の有名空港と比較してもなんら遜色ありません。イタリアならではのとってもオシャレなショップたちがギュッと詰め込まれているので、効率よく回れます。この記事では、私が特に気に入っている空港内のショップをいくつかご紹介します!


斜塔だけじゃないピサの魅力をご紹介!空港アクセスや食事情、ショッピングも!

斜塔だけじゃないピサの魅力をご紹介!空港アクセスや食事情、ショッピングも!

ピサと言えばピサの斜塔で有名なイタリア屈指の観光地ですが、実は斜塔以外にも見所はたくさんあります。それぞれ毛色の違ったレストランでトスカーナ州のグルメに舌鼓を打ったり、プチプラ・ショッピングを楽しんだり、美しい歴史的建造物を訪れたりしながら、斜塔までの道のりを最大限に楽しむためにおすすめのスポットをご紹介します!


ボローニャ旧市街で観光するなら知っておきたいディープな情報をご紹介します!

ボローニャ旧市街で観光するなら知っておきたいディープな情報をご紹介します!

学生の町として有名なボローニャは、日本人にはあまり馴染みのない町かもしれません。ですが実は隠れた名所や、それにまつわる数々のエピソードが語り継がれている興味深い町なんです。超有名都市間の移動途中に立ち寄ることのできる便利なポジションを利用して、コンパクトにボローニャの町を楽しむためのポイントをご紹介したいと思います!


アマルフィ海岸を見に行こう!カプリ島などの周辺スポット情報も一緒にお届け!

アマルフィ海岸を見に行こう!カプリ島などの周辺スポット情報も一緒にお届け!

イタリアの南西部、ティレニア海に面する美しい海岸線アマルフィ。ユネスコ世界遺産にも登録された、断崖絶壁に立ち並ぶカラフルな家々と青い海と花々が織りなすコントラストは、この地域でしかお目にかかることのできない絶景です。この記事ではそんなアマルフィ海岸を訪れる際に知っておきたい基本情報とおすすめスポットをご紹介します!


最新の投稿


スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人にとって一番大事な食べ物といえばパンです。食事には必ずパンが必要。料理を味わうためにも、味があまりないパンで一度口をリセットします。料理の風味を大事にするために、絶対バターは使いません。常に料理の味が第一というのがスペインの考え方です。そんな大事なパンを紹介するイベントがカソルラでありました。


日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

南米ボリビアはまだまだ途上国です。それは観光業においても同じで、数年前に世界一観光客に不親切な国として第一位に輝いたという不名誉な記録もあります。それだけ観光客に対しても観光スポットに対してもまだまだ上手に向き合えていないという現状があります。それで隠れた秘境がたくさんあるボリビアのチョチスといいう観光スポットをご紹介


となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

最近、広州市内で得体の知れない可愛い生き物を発見しました。中国語表記によると、その名は「龙猫(ロンマオ)」。ロンマオってまさかあのトトロのことでは?いやいや、いくら中国でもトトロがペットショップにいるわけがないでしょう・・・今回はそんないきさつで調べたロンマオと、広州市にあるロンマオ専門ショップの様子をレポートします。


ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクそのものに観光に行こうと思う日本人は多くはないかもしれませんが、ヨーロッパを旅する際に大活躍してくれる数多くのLCCが乗り入れているため重宝するのが、ルクセンブルクのフィンデル空港です。観光大国である周辺の国々とアクセスが良好の、フィンデル空港利用の際に知っておきたいことを、私個人の経験からご紹介します!


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング