[カナダ・トロント]トロントのシンボル、CNタワーの高さは?料金や恐怖のエッジウォーク、回転レストランも

[カナダ・トロント]トロントのシンボル、CNタワーの高さは?料金や恐怖のエッジウォーク、回転レストランも

カナダのトロントのシンボルと言えばCNタワー!自立式建築物として長い間世界一を誇ったその高さは533mです。展望台からの絶景を楽しめるほか、床が回転するレストラン、命綱一本で展望台の外を歩けるスリル満点エッジウォークなどがあります。この記事では、そんなCNタワーの料金や少しお得に入れる方法なども含めてご紹介します。


トロントのシンボル、CNタワー

東京の街のシンボルと言えば東京タワーでしょうか、それとも新しくできた東京スカイツリーでしょうか。パリの街は満場一致でエッフェルタワーでしょう。それでは、トロントの街のシンボルは何かというと、それはCNタワーです。

トロントの無印良品で買えるトートバッグ

トロントのダウンタウンの一番南のところにすっくと建っており、トロントを描くとなるとこれを外すことはできません。その証拠に最近オープンした無印良品のトロント店限定のトートバッグにもCNタワーがデザインをされています。

この記事では、そんなCNタワーの高さや観光情報、実際に私がのぼった時の感想などをまとめてみたいと思います。

CNタワーの基本情報

晴れた日のCNタワー、オンタリオ湖から

CNタワーは1976年に完成した電波塔で、英語で書くとCN Towerとなります。名前のCNはCanadian National(カナディアン・ナショナル)の略で、カナダを代表する塔として建築をされました。

CNタワーの高さは533メートル。高さについては後の項目で詳しく解説してみたいと思いますが、長らくの間世界一の高さを誇った自立式建築物です。高層ビルがどんどん建設されているダウンタウンでも、その特徴あるシルエットは遠くからでも見ることができますし、飛行機でトロントに降り立つ時にCNタワーが見えてくると「あぁ、トロントに帰って来た。」としみじみ感じるシンボルです。

CNタワーには展望台がいくつかあるほか、床が透明になっている場所やレストランなどもあり、常に大勢の観光客で賑わっています。特に週末には行列が出来ていることが当たり前の状態で、展望台へのエレベーターに乗るまでには最低でも約30分ほどの待ち時間があることを念頭に置いておくのがおすすめです。

CNタワーの高さ「世界で何番目に高い?」

夜景

CNタワーの高さは先ほども紹介したように533メートルです。では、これは世界ランキングでいうとどのぐらいの高さになると思いますか?

答えは、自立型建築物の世界ランキングで言うと2017年現在では世界第6位の高さになります。

CNタワーは建築された当時の1975年から2007年までは自立型建築物の世界ランキング堂々の第1位だったのですが、その後建築されたドバイのブルジュ・ハリファに抜かれてしまいました。現在では、829.84メートルのブルジュ・ハリファが世界1位、634メートルの東京スカイツリーが第2位、632メートルの上海中心が第3位、601メートルのアブラージュ・アル・ベイト・タワーズが第4位、600メートルの広州塔が第5位となっています。

CNタワーの構造「各階には何がある?」

ここからはCNタワーの各階についてご紹介していきたいと思います。

東京タワーには展望台が2つあり、より高いほうの展望台に行くには特別料金が必要ですが、CNタワーも同じ仕組みです。低い方の展望台までは基本料金で行くことができますが、より高いところまではプラスの料金がかかります。

地上レベルでエレベーターに乗るとまず到着するのはLookOut(ルックアウト)です。高速エレベーターで58秒で到着するのですが、その間にはエレベーターに乗っているアテンダントの方からCNタワーについての解説を聞くことができます。

本題とは少しそれますが、CNタワーのエレベーターに関して面白い?興味深い?エピソードがあるので、ここで紹介したいと思います。

私が前回CNタワーに行った時ですが、エレベーターが上昇を始めて間もなくアテンダントのお姉さんの解説が始まりました。すると、一緒にエレベーターに乗っていた6歳位の女の子が「私、このエレベーターに乗ったことあるよ!」と無邪気に叫んだんです。そうしたらアテンダントのお姉さんがちょっとムッとした感じで「じゃ、もう解説する必要ないわね。」って言って、本当に何も解説をしないで58秒間黙ったままでした。

日本のサービスに比べたら足元にもおよばないカナダのサービスですが、ここまでびっくりしたのは久々でした。小さい女の子に腹を立てて仕事を放棄するなんて…。皆さんがCNタワーにのぼる時には、念のためアテンダントの方を刺激しないようにお願いします(笑)。

LookOutからの絶景

さて、話を本題に戻しましょう。LookOut は、地上からは346メートルの高さです。CNタワーの写真で言うとドーナッツみたいになっている部分で、360度の景色を楽しむことができます。床から天井までは一面ガラス窓になっており、晴れている日などには遠くまで見渡すことができ、まさに絶景の一言です。

グラスフロア

そして、そのLookOutから階段を使って1階分下りたところにあるのが、Glass Floor(グラスフロア)とOutdoor Sky Terrace(アウトドア スカイテラス)です。高さは342メートルになります。Glass Floorは、その名前の通りガラスで出来ている床のことで、地上まで遮るものがないという高さを楽しむことができます。ガラス床部分はそんなに大きくないこともあっていつも混みあっています。

Outdoor Sky Terraceは、ガラスで囲われていないテラスで、ネットで覆われているだけですので直接外の空気を感じることができます。CNタワーはオンタリオ湖に面したところにあるので、常に風が強い場所にあるのですが、地上342メートルだとその風も一層強く、タワー自体が揺れているのではないかという錯覚も感じるほどです。

CNタワーの一番高いところ、SkyPod

そして、LookOut からエレベーターで向かうことができるのが、CNタワーで一番高いところにある展望台SkyPod(スカイポッド)です。高さはなんと地上447メートル。LookOutよりもさらに33階分高いところにあります。写真で言うと、一番大きいドーナツ状の円がLookOutでしたが、そこから少し上にあがった小さいドーナツ状の円がSkyPodです。大分細いところにあるので、高所恐怖症の人にとっては見上げるだけでも青ざめるレベルかもしれません。

SkyPodからは、天候の良い時であれば160キロメートルほど遠くまでの景色を楽しむことができます。トロントからの日帰り旅行にぴったりのナイアガラの滝も見えますし、アメリカのニューヨーク州まで見える日もあります。もちろん、タイムズスクエアのあるようなマンハッタンが見えるわけではなく、広いニューヨーク州の端っこが見えるだけですが…。

では、実際にみんなSkyPodまでのぼっているのかと言うと、そこまで多くの人がのぼっているわけではないようです。というのも、低い側の展望台といっても高さは342メートルあるので十分絶景は楽しむことができますし、地上の様子もよく見える高さなので、トロント市街を眺めて「あ、あそこに行ったね。」なんて話をするにはぴったりの高さです。

また、SkyPodは高さも高くなりますが、展望台自体のサイズも小さくなるので、高所恐怖症の人もそうですが、閉所恐怖症の人にはかなり辛いことになるかもしれません。私は高所恐怖症に加えて、少し閉所恐怖症があるので滞在時間はほんの数分でした。

もちろん、SkyPodからの眺めは本当に素晴らしいです。トロントのダウンタウンにはビルがたくさんありますが、少し離れると緑が広がっている様子がはっきりと分かりますし、オンタリオ湖もキラキラ輝いていて美しいです。私がのぼった日は、残念ながらそんなに天候は良い日ではありませんでしたが、ぼんやりとナイアガラの滝も見えました。

CNタワーの料金「料金は結構高いって聞いたけど…」

では、そんなCNタワーですが、料金はいくらぐらいになると思いますか?

一般的なチケットは、大人36ドル、シニア(65歳以上)31ドル、子ども(4歳から12歳)26ドルです。

36ドルを2017年12月現在のレートで計算すると3200円ほどになります。これを高いと考えるか安いと考えるかは人ぞれぞれですが、この値段では一番上のSkyPodまでは行くことができず、LookOut までとなります。

もし、一番高い地点であるSkyPodまで行くのであれば追加のチケットが必要になり、一律で12ドル掛かります。つまり、大人であれば36ドルに12ドル追加で合計48ドルとなり、日本円だと4300円ほどになってしまいます。

東京スカイツリーだと一番高いところまでのぼっても当日券で3060円ですからCNタワーのSkyPodの割高さが際立ちますね。

では、そんなちょっと割高に感じる料金を少しでも安くする方法を次の項目でご紹介したいと思います。

CNタワーにちょっとお得にのぼる方法「一番のおすすめの方法はこれ!」

一つ目は、CNタワーのすぐそばにあるRipley’s Aquarium of Canada(リプリー水族館)との共通チケットを買う方法です。CNタワーのLookOut までの料金は大人36ドル、リプリー水族館の料金は大人が31ドルなのですが、両方に入ることのできるチケットが58ドルで販売されています。CNタワーの窓口でも、リプリー水族館の窓口でも購入することができます。

二つ目は、CityPASS(シティーパス)を購入するという方法です。CityPASSと言うのは、サンフランシスコやニューヨーク、シカゴやシアトルなどでも販売されているチケットで、複数の観光地に入ることができる共通チケットです。

トロントの場合は、5か所の観光地がパッケージになっています。具体的には、CNタワー(LookOutまで)、Casa Loma(カサロマ)、Royal Ontario Museum(ロイヤルオンタリオ博物館)、リプリー水族館に加え、Toronto Zoo(トロント動物園)かOntario Science Centre(オンタリオ・サイエンスセンター)から1つ選ぶことができます。

これだけの人気観光地が揃ってチケットの料金は大人が71.08ドル、子ども(4歳から12歳)が47.94ドルとなんと37パーセント割引で入場できるのです。トロントに数日滞在をし、ゆっくり観光地を巡る予定のある人にはぴったりのおすすめチケットです。

360レストラン

最後に紹介するのが一番のおすすめの方法で、CNタワーの展望台にあるレストランで食事をするという方法です。レストランの名前は360 Restaurant(360 レストラン)で、名前のとおり360度の絶景を楽しみながら食事ができるように、レストラン自体がゆっくりと回転をしています。

そして、このレストランで食事をすると、CNタワーへの入場料が無料になるほか、専用のエレベーターでレストランまで行きますから待ち時間がかなり短くて済みます。

レストランはカナダ産の食材をふんだんに使用した料理を提供しており、デートなどにも使える雰囲気です。ドレスコードがあるほどの格式ばったレストランではありませんが、キレイ目な恰好をしていくほうがスマートです。

気になる料金ですが、ランチであれば、2コースが58ドル、3コースが72ドルで食べることができます。この値段で、絶景を眺めながらおいしい食事ができ、CNタワーへの入場料も含まれ、しかも並ぶ時間がほぼないというなかなかコスパのいい値段です。ディナーであれば2コースが65ドル、3コースが79ドルです。

CNタワーから見えるのは碁盤目の街「日本のあの街みたいです!」

LookOutからの眺め

CNタワーにのぼってトロントのダウンタウンを観察するとよく分かるのですが、きれいな碁盤の目のように道路が整備されています。

日本でいうとちょうど京都市内のような感じで、東西に走っているのが京都では四条通りですが、トロントではBloor(ブロア)通りです。そして南北に走っているのが京都では烏丸通りですが、トロントはYonge(ヤング)通りということになります。

観光で訪れたとしてもすぐに地形を把握しやすいので歩いて観光するのにぴったりの街と言えるでしょう。

CNタワーにのぼるならこの時間がおすすめ「一番きれいなのは…」

では、そんなCNタワーはどの時間帯がおすすめかと言うと、個人的には夕方からのぼるのが一番おすすめです。夕方にのぼるとまだ明るいので地上の様子もよく分かりますし、広大なオンタリオ湖も遠くまで見渡すことができます。

そして、しばらく経つと暗闇が広がり、オフィスに明かりが灯るので夜景も楽しめるというわけです。LookOut には、簡単なものですが飲み物や軽食を売っているスタンドもありますので、そこでコーヒーでも買ってゆっくりと夜景を待つこともできますよ。

特に気温が下がった日には、所々が凍ってしまったオンタリオ湖を眺めることもできます。

CNタワーでスリルを味わいたいならこれ!エッジウォーク「私にはとても…」

エッジウォーク

高所恐怖症に加え、やや閉所恐怖症もある私はCNタワーにのぼるだけで結構精一杯、Glass Floorに立ってみるなんてとんでもない感じですが、世の中には更にスリルを味わいたい人が多いようで、そんな人におすすめなのがEdge Walk(エッジウォーク)です。

Edge、つまり端を歩けるのですが、どの端かというとCNタワーのドーナッツ状になっている部分の”外”の端を歩くことができます。もちろん命綱を付けてですが、ドーナッツ状の部分の上に出ることができ、地上に向けてジャンプをするような体勢になって体を端から外向けに倒すように身を乗り出してみることもできるのです。

356メートルの高さから何も遮るものがなく、トロントのダウンタウンやオンタリオ湖の絶景を楽しめるというのがエッジウォークのうたい文句です。

約30分間の外の散歩を楽しめるこのエッジウォーク、料金は一人225ドルです。この料金にはLookOutやSkyPodの料金も含まれています。

ちなみに、CNタワーではこのエッジウォークを楽しめるギフトクーポンも販売されています。クリスマスや誕生日のプレゼントにいかがでしょう?

CNタワーでイベントを再確認!「あぁ、もうクリスマスかぁ」

クリスマスカラーのCNタワー

街中を歩いているとふとした時に目に飛び込んでくるCNタワーですが、色がイベントや季節によって変わります。赤と緑のクリスマスカラーになると「あぁ、クリスマスのプレゼントを早く買わなきゃ。」と焦りますし、7月1日のカナダデーが近づいてくると赤と白のカナダ国旗の色になります。

個人的に好きなのは、Pride Parade(プライドパレード)の期間が近づいた時のレインボーカラーのCNタワーです。LGBTQ文化を讃えるイベントで、トロントで実施されるPride Paradeはかなりの大規模なものです。LGBTQのシンボルカラーであるレインボーカラーは常日ごろからあちらこちらで目にすることがありますが、CNタワーまでレインボーになるとカナダの多様性が証明されたようで見ていると嬉しくなるのです。

CNタワーに“登る”こともできます「体力自慢はぜひ!」

漢字を間違えているわけではありません、CNタワーには階段を使って「登る」こともできます。常にできるわけではなく、年に数回開催されているチャリティーイベントに参加することになりますが、1776段の階段を登って展望台まで行くという体験をすることができます。

2018年ですでに発表されているイベントは、4月7日に実施されるWWFのチャリティーイベントです。自然動物を保護するという目的でのチャリティーで30分ほどかけて階段を登る人が多いようです。ちなみに過去最速は2017年に男性が打ち立てた9分54秒だとか。

CNタワーの営業時間と住所

最後にCNタワーの営業時間と住所です。CNタワーはトロントを代表する観光地ですので364日営業をしています。1日だけのお休みはいつかと言うとクリスマスです。展望台の営業時間は午前9時から午後10時30分までとなっています。

名称:CN Tower
住所:301 Front Street West
電話番号:416-868-6937
アクセス:TTCのユニオン駅から徒歩10分

この記事のライター

常夏の東南アジア某国で数年を過ごしたのちにワーホリでふらっとやってきたのは極寒のカナダ・トロント。最近、一児の母になりました。

関連するキーワード


カナダ トロント

関連する投稿


〔カナダトロント〕日本では安くて学生にも人気の高いボーリング!トロントではあんまり聞かないボーリング、その理由とは!?

〔カナダトロント〕日本では安くて学生にも人気の高いボーリング!トロントではあんまり聞かないボーリング、その理由とは!?

日本では、学生の遊びと言ったらとにかくボーリングかカラオケ、会社でボーリング大会があるところも多いと思います。それほど日本ではメジャーな遊びですが、カナダトロントではあまり聞かないし、ボーリング場もほとんど見ません。が、先日友だちに誘ってもらって、行くことができました!今回は、その体験談をご紹介します。


[カナダ・トロントの絶品グルメ]味付けは全部自分で!?モンゴリアングリルはいろんな麺料理の食べ放題レストラン

[カナダ・トロントの絶品グルメ]味付けは全部自分で!?モンゴリアングリルはいろんな麺料理の食べ放題レストラン

カナダのトロントにあるモンゴリアングリルというレストランは、麺料理の具材を自分で選ぶことができるだけでなく、味付けまで自分でするというスタイルの食べ放題レストランです。野菜たっぷりでスパイシーな卵麺でとか、お肉がっつり系のうどんで韓国スタイルになどなど、自分で好きなようにアレンジできる楽しいレストランをご紹介します。


[カナダ・トロント]子どもドロップインセンターレポート!ヨークビル図書館編:図書館の入り方やプログラムの内容をご紹介

[カナダ・トロント]子どもドロップインセンターレポート!ヨークビル図書館編:図書館の入り方やプログラムの内容をご紹介

子どもが少し大きくなると挑戦してみたいのがドロップインセンター。無料プログラムもたくさんあるので活用したいですが、心配なのは英語。子ども向けの手遊びなんて日本語でも知らないのに英語でなんてどうしようと心配になっている方向けに今回はヨークビル図書館で行われているドロップインについて詳しい内容なども含めてご紹介します。


〔カナダトロント〕チョコレート好きには堪らない!絶品ホットチョコレートが飲めるトロントのチョコレート屋さん!

〔カナダトロント〕チョコレート好きには堪らない!絶品ホットチョコレートが飲めるトロントのチョコレート屋さん!

カナダトロントでチョコレートと言えばSOMAchocolatemaker(ソーマチョコレートメーカー)が有名ですが、今回は知る人ぞ知る、隠れた名店!?おしゃれでおいしいチョコレートが楽しめる、トロントのチョコレート屋さんSOUL CHOCOLATE(ソウルチョコレート)をご紹介します!


〔カナダトロント〕図書館でただ勉強するだけじゃもったいない!?ライブラリーカードで最大限に活用!

〔カナダトロント〕図書館でただ勉強するだけじゃもったいない!?ライブラリーカードで最大限に活用!

カナダトロントには、本当にたくさんの図書館があります。日本人の留学生も平日の夕方や土日には利用しているひともたくさんいると思います。実は、ライブラリーカードを作ると、勉強するだけじゃなくて、いろいろな便利なしくみがあるんです。今回は、ライブラリーカードの作り方から便利なしくみをまとめてご紹介します!


最新の投稿


スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人にとって一番大事な食べ物といえばパンです。食事には必ずパンが必要。料理を味わうためにも、味があまりないパンで一度口をリセットします。料理の風味を大事にするために、絶対バターは使いません。常に料理の味が第一というのがスペインの考え方です。そんな大事なパンを紹介するイベントがカソルラでありました。


日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

南米ボリビアはまだまだ途上国です。それは観光業においても同じで、数年前に世界一観光客に不親切な国として第一位に輝いたという不名誉な記録もあります。それだけ観光客に対しても観光スポットに対してもまだまだ上手に向き合えていないという現状があります。それで隠れた秘境がたくさんあるボリビアのチョチスといいう観光スポットをご紹介


となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

最近、広州市内で得体の知れない可愛い生き物を発見しました。中国語表記によると、その名は「龙猫(ロンマオ)」。ロンマオってまさかあのトトロのことでは?いやいや、いくら中国でもトトロがペットショップにいるわけがないでしょう・・・今回はそんないきさつで調べたロンマオと、広州市にあるロンマオ専門ショップの様子をレポートします。


ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクそのものに観光に行こうと思う日本人は多くはないかもしれませんが、ヨーロッパを旅する際に大活躍してくれる数多くのLCCが乗り入れているため重宝するのが、ルクセンブルクのフィンデル空港です。観光大国である周辺の国々とアクセスが良好の、フィンデル空港利用の際に知っておきたいことを、私個人の経験からご紹介します!


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング