【本場広州より飲茶特集3】飲茶で外せないおすすめ点心!絶対に注文しなければならないマスト点心を一挙にご紹介します!

【本場広州より飲茶特集3】飲茶で外せないおすすめ点心!絶対に注文しなければならないマスト点心を一挙にご紹介します!

中国広東省広州市と言えば飲茶!飲茶なしでは広州に旅行に言ったとは言えません。でもいざ飲茶レストランに入ってみると、無数の点心があって、メニューも全部漢字だし、どれを注文したら良いのかわからない・・・という人もいるはず。そこで今回は、飲茶に行ったら確実に押さえておきたい超おすすめなマスト点心をいくつかご紹介していきます。


中国広東省広州市での飲茶事情

飲茶なら香港でも良いのでは?と思う方もいるでしょうか。もちろん香港飲茶も良いですが、美味しい飲茶を食べまくりたい!というのであれば、筆者は断然広州をおすすめします。

広州市の有名飲茶チェーンの一つ「レストラン点都徳」。

広州の飲茶は香港と同じくとっても美味しいです。味はほぼ同レベルと思って良いでしょう。それに加えて、広州飲茶は香港と比べてかなりコストパフォーマンスが良いです。これは香港と中国の物価の違いから来るものです。

中国での衛生面を気にする方も多いと思いますが、その点もご安心ください。広州市内の有名飲茶チェーンのレストランはどこも清潔ですし、外国人客も大勢訪れます。コスパが良ければその分たくさん美味しい点心を食べられるので、広州飲茶は本当におすすめです。

では今回は、飲茶に行ったら絶対に押さえておきたい筆者のおすすめの点心をいくつかご紹介していきましょう。

本格飲茶で絶対に外せない!超おすすめの点心とは?

おすすめ№1:口の中に幸せ広がる「海老シュウマイ①」

おすすめ№1はやっぱり海老シュウマイ。メニュー上では「金牌虾饺皇」です。

これは日本人にとってはメジャーな点心ですね。本場の広州で食べる海老シュウマイはプリプリ感が半端じゃありません。まさに最高の点心です!薄い半透明の生地にたっぷり海老が包まっています。

毎回「飲茶に来て良かった~!」と一番感じさせてくれるのはこの海老シュウマイで、欠かさず注文しています。この海老シュウマイは一般に点心の中では最も高級な部類に入り、今回のお店では一籠4個入りで28元(*約472円)でした。それでも日本で食べるよりはずっと割安ですね。

実は、広州人はあまりこの海老シュウマイを注文しません。決して嫌いではないのでしょうが、高いからでしょうか?彼らにとってはマストではないようです。

たっぷり海老が入っていますよ。

どうやら中国人が好んで食べるマスト点心と日本人のそれとの間には、いくらか相違があるようです。例えば中国人は大根でできた「萝卜糕(ローボーガオ)」という点心や他に甘い点心も大好きです。中国の伝統的ケーキとしては「马蹄糕(マーティーガオ)」などが有名です。

これらも決して悪くはないのですが、日本人にとっての飲茶のイメージとはちょっと違います。味的にも好みが分かれるでしょう。また点心ではありませんが、中国人は絶対に「青菜(チンツァイ・青い野菜)」を注文します。要するに、青梗菜などの青野菜を炒めたものです。

確かに飲茶レストランの炒め野菜は美味しいのですが、個人的には注文するほどではないかなと思います。それならその分美味しい点心をもう一皿追加注文したいところです。でも、中国人にとってこれはマストです。

それで中国人と一緒に飲茶をする場合は、完全にお任せにするのではなく「日本人として是非食べたい飲茶点心」をいくつかピックアップしておいて、確実に注文してもらうようにしましょう。

おすすめ№2:お次もやっぱり「海老シュウマイ②」

可愛らしい姿をした海老シュウマイ「明虾蟹子烧卖」。一籠4個入りで26元(約434円)。

おすすめマスト点心№2もやっぱり海老シュウマイです(笑)日本でよく見かけるシュウマイに黄色い皮が付いていて、上には海老とカニの卵が乗っています。こちらも海老とシュウマイのコラボが本当に美味で、毎回欠かさず注文してしまう点心の一つです。

イクラのようなものは、カニの卵です。

おすすめ№3:点心の王道と言えば「ショーロンポー」

点心と言えば「小笼包(シャオロンバオ)」も外せません。こちらは「上海小笼包」。

点心の王道ショーロンポーも忘れてはいけませんね。薄くて華奢な皮と中の肉汁たっぷりのスープが本当に美味しいです。食べないで帰ったら絶対に後悔しますよ!こちらのショーロンポーは4個入りで18元(約303円ほど)で、海老シュウマイよりもだいぶお安くなっています。

※ショーロンポーについて詳しくは、「【本場広州より飲茶特集】点心の代表格ショーロンポー!熱々で肉汁スープたっぷりショーロンポーの正しい食べ方をマスターしよう」という記事をご覧ください。

初挑戦:日本の海老天を思わせる?地元民に大人気の点心「紅米腸(ホンミーチャン)」

広東省に住んでもうすぐ7年。年に数回飲茶をしてきているので、大体毎回注文するものも同じになってきています。そんな私たちが今回初挑戦したのは、下の写真の「紅米腸」です。事前に調査したら、地元民の間でダントツで評判が良かったんです。

テーブルに華を添えてくれる美しい点心「金沙鲜虾红米肠」。

紅米腸の皮は、広州の有名なB級グルメの一つ「腸粉」を紅米粉と呼ばれる粉で作ったものです。もちもちしています。中身は海老ですが、海老の周りに「油条(ヨウティァオ)」と呼ばれるこれまた大人気B級グルメの揚げ物が詰まっています。

まさに広州B級グルメの結晶とも言える一品です。ただ、個人的にお味は日本の海老天婦羅とほとんど同じかなと思いました(笑)初めて食べるお料理なのに、それほど新鮮ではないと言うか・・・でも、日本人の口にも合うことは間違いありません。十分おすすめできる点心です。

他の日本人の方のブログでも「これは美味しい!」「絶対食べるべき」というコメントを見かけますが、うちの主人的には「これなら日本で海老天食べた方が美味しいんじゃ?」とのことで、感じ方は人それぞれのようです。私は割と好きですよ。

二種類のソースとささやかなお野菜が付いてきます。

紅米腸も海老シュウマイ②と同じく26元でした。ただ海老シュウマイやショーロンポーが4つずつだったのに対して、紅米腸は小振りにカットされたものが合計10個セットとなっていて、お得感があります。

また紅米腸は中に揚げ物が使われていて、他の点心と比べてかなり食べ応えがあります。たくさん食べたい人や大勢で一緒に食べる場合は特におすすめです。その他長所としては、綺麗な赤い皮と二種類のソース、そっと添えられたお野菜で大変彩の良い点心なので、SNS映えすると思いますよ。

番外編1:その他おすすめ点心

写真右上:牛肉丸(広東省の伝統的な肉団子)。写真右下:海苔シュウマイ。

その他私たちがよく注文するおすすめの点心として、牛肉丸や海苔シュウマイなどがあります。餃子も確実に美味しいです。これらは「絶対外せないマストな点心」とは言いませんが、「絶対ハズレがない間違いなく美味しい点心」です。

今まで飲茶で「失敗したな」と思ったことはありません。いわゆる「ハズレ」はほとんどないと思います。「素晴らしい」か「美味しい」、「普通」のいずれかです。

ただ、一部の肉料理とデザートの中には「ちょっとハズレかな?」というものもあるかと思います。メジャーなお料理以外は写真付きのメニューを選ぶか、いくらか事前に調査をしていった方が安全だと思いますよ。

番外編2:飲茶レストランの「炒麺(チャオミェン)」

点心ではないものの大変おすすめな「豉油皇三丝炒面」。一皿20元(約337円)。

上の写真のような炒め麺「炒面」は、広州市内の至るところで食べることができます。「じゃあわざわざ飲茶に来てまで食べることなくない?」と思うかもしれませんが、実は飲茶レストランで出している炒め麺ってとっても美味しいんです。

今回私たちがいただいた「豉油皇三丝炒面」は、ハムやもやし、ネギなど一見ごく普通のものしか入っていないのですが、大変美味しく注文して良かったです。一緒に付いてくるタレがまた甘酸っぱくていい感じでした。

料理を出す度に、店員がレシートにスタンプを押していきます。

飲茶レストランのチャーハンも、実は他所よりずっと美味しいです。今回は店員さんに「うちにチャ-ハンはない」と言われてしまいましたが、メニューに載っていなくてもあることが多いんです。店員によって言うことが違うのはよくあることなので、めげずに次回も聞いてみたいと思います(笑)

点心だけでお腹を満たそうと思うと、かなりの量を頼まなくてはいけなくなります。ちょっとお財布が痛いので、我が家では大抵一つは皿物を注文するようにしていますよ。皿物は、普通2~3人でシェアできるくらいの大きさがあります。他にも、お粥や腸粉は絶対に外さないのでおすすめです。

デザートはこれで決まり!黄金の「流沙包(リゥシャーバオ)」

先程少し触れたように、飲茶においては点心選びよりもデザート選びの方がやや難易度が高くなります。メニューに載っているデザートを全部網羅したことがあるわけではありませんが、個人的な印象としては「普通」のものが多くて「美味しい!」というものが少ないように思います。

潔くデザートはなしにして、その分点心を食べることもできます。私たちにも、しばらくそのような時期がありました(笑)香港人と一緒に飲茶すると大抵美味しいデザートにありつけるのですが、彼らが注文するのはメニューにはない「裏メニュー」です。

中国語がままならない頃は、彼らが何を注文してくれていたのかずっとわからなかったのですが、少し前に「これは間違いなく美味しい!」というデザートの名前をやっと知ることができました。

外で食べるのとは全く違う流沙包「甘笋汁流沙包」。

この黄色の綺麗なお饅頭は、超おすすめの飲茶デザート「流沙包」です。流沙包の特徴はこれまた綺麗な黄色の餡で、カスタードに色もお味もよく似ているため「カスタードまん」だと思う人も多いようです。でも実はカスタードではありません。

カスタードに似たこの餡は、あひるの塩玉子の黄身の部分や砂糖、バターなどを使って作られているそうです。「流沙」の意味は「流れ出て来る」。そうです、食べると中身の熱々の黄色い餡が、まるで火山の噴火でマグマが流れてくるかの如く流れ出てくるんです。

少し大袈裟な例えだと感じるかもしれませんが、流沙包の餡はめちゃくちゃ熱いんです。食べる時は十分気を付けましょうね。

この流沙包は一籠3個入りで18元(約303円)でした。実は外では一つ2.5元(約42円)ほどでも流沙包が売られています。でも、飲茶レストラン(もしくは広東料理レストラン)で食べる流沙包は格別です。お値段に比例して文句なしで美味しいので、是非是非お試しください。

流沙包の中には黄金のクリームが。

飲茶でのデザート選びで気に留めておくべきなのは「榴莲(リゥリェン)」の存在です。ドリアンですよ。好きな方は問題ありませんが、好きじゃないのにドリアンを選んでしまうなんて悲劇以外の何物でもありません(泣)くれぐれもご注意ください。

実はもう一つ「また食べたい」デザートがあります。カリカリした黄色っぽいお饅頭を練乳ソースにつけて食べるというものです。中国に来たばかりの頃に友達が注文してくれたのですが、美味し過ぎて未だに忘れられません。

数年経った今でもこのデザートの名前がわからないのですが、店員に聞いても全然埒があかず、いつかまたどこかで巡り会えるといいなと思っています。

飲茶でのおすすめの点心ーまとめ

今回は点心4つ、炒め麺1皿、デザート1品とお茶代で合わせて148元(約2,493円)でした。二人でゆっくり2時間かけてお腹いっぱい満喫してこのお値段は、嬉しいですね。中国は日本や香港よりも物価が安いので、だいぶお得です。

テーブルが点心でいっぱいになると幸せな気分になります(笑)

今回ご紹介したのは海老シュウマイやショーロンポー、紅米腸や炒面、流沙包など超おすすめのマスト点心でした。

「食の都」と呼ばれる広州市には、グルメな広東人の舌をも唸らせる絶品グルメがまだまだたくさんあります。是非機会を見て、絶品飲茶&点心を堪能しにいらしてくださいね。

*記事内のレートは全て2018年3月のものです。

この記事のライター

中国広東省広州市に住む30代主婦です。今の目標は広東語をマスターすること!大好きな広州を、楽しく詳しくレポートしていきます★

関連するキーワード


中国 広州

関連する投稿


【中国の公園シリーズ】都会のオアシス的な「東風公園」は、広州旅行でちょっとひと息つくのにピッタリの憩いの場所

【中国の公園シリーズ】都会のオアシス的な「東風公園」は、広州旅行でちょっとひと息つくのにピッタリの憩いの場所

私は中国の公園が大好きです。海外旅行で公園?とはあまり考え付かないかもしれませんが、中国の公園って、中国の良さが発見できるとっても面白い場所なんです。今回は、規模的にはそれほど大きくないものの最近筆者が気に入った「東風公園」をご紹介します。都会の真っ只中にあるオアシス的な公園で、市民の憩いの場です。どうぞご覧ください。


ちょっとグロテスクだけど大丈夫!中国の市場で肉を買ってみよう!地元の人々が通う地下市場と生肉の購入方法

ちょっとグロテスクだけど大丈夫!中国の市場で肉を買ってみよう!地元の人々が通う地下市場と生肉の購入方法

中国でお友達ができたなら、簡単な日本料理を作って振舞ってあげるととっても喜ばれます。調理は彼らの家でするとして、お買い物はどうしますか?全部イオンで揃えるなんてもったいない!この機会に、中国の野菜市場を体験してみましょう。今回は、特に難易度の高そうな(?)ちょっとグロテスクな肉の購入の仕方をメインにお届けしていきます。


中国広東省広州市の「北京路」は超メジャーな観光スポットだけど旅行中に立ち寄るべき?旅行中の北京路の賢い活用方法

中国広東省広州市の「北京路」は超メジャーな観光スポットだけど旅行中に立ち寄るべき?旅行中の北京路の賢い活用方法

ネットで「広州観光地」と検索すると、比較的上位でランクインしてくる「北京路」。でも口コミを見ると賛否両論で、結局行った方が良いのかはっきりしないと思う人も多いのではないでしょうか?北京路は、広州旅行で外せない観光スポットなのでしょうか?今回は、広州市「北京路」の魅力と旅行中の北京路の上手な活用方法をお届けしていきます。


お馴染みの「吉野家」が中国でも大人気!オシャレセンス&コスパ抜群の中国広東省広州市の吉野家の牛丼とそのサービス

お馴染みの「吉野家」が中国でも大人気!オシャレセンス&コスパ抜群の中国広東省広州市の吉野家の牛丼とそのサービス

日本の飲食チェーンが次々と中国に進出してきています。今回特集するのはお馴染みの牛丼チェーン「吉野家」。日本の牛丼のお味は中国人に受けているのか?そもそも中国の吉野家は、本当に私たちがよく知る吉野家なのか?是非是非確かめてみたいと思い、先日行ってきました。大満足のオシャレ広州吉野家をたっぷりご紹介していきたいと思います。


【本場広州より飲茶特集4】飲茶の都:中国の広州市で大人気の飲茶チェーン「点都徳」!その利用方法や人気の秘密に迫る

【本場広州より飲茶特集4】飲茶の都:中国の広州市で大人気の飲茶チェーン「点都徳」!その利用方法や人気の秘密に迫る

「食は広州にあり!」の中国広東省広州市から、飲茶特集の第4弾をお届けします。今回は、広州市で人気の飲茶レストラン「点都徳」のシステムやその人気の秘密に迫っていきます。広州市には飲茶の有名チェーンが数多くありますが、その中で地元の人に聞いたらまず最初に名前が挙がるのが「点都徳」です。一体どんな飲茶レストランなのでしょか?


最新の投稿


【スペインの城シリーズ】カソルラの山のてっぺんにある城、カスティーリョ・デ・ラス・シンコ・エスキーナス

【スペインの城シリーズ】カソルラの山のてっぺんにある城、カスティーリョ・デ・ラス・シンコ・エスキーナス

スペインの城シリーズ第8回は、私の住んでいるカソルラにある廃墟になっている城、カスティーリョ・デ・ラス・シンコ・エスキーナです。城は博物館になっているものも多いのですが、この城はただそこにある、それだけの廃墟です。周りはハーブがたくさん生えて、静かで落ち着く場所。こういう場所に来るのもなかなか素敵ですよ。


南米のボリビアの熱帯では蚊には十分気を付けたいところ!蚊対策もご紹介します。

南米のボリビアの熱帯では蚊には十分気を付けたいところ!蚊対策もご紹介します。

南米大陸の熱帯地方はアマゾンの肥沃なジャングルに囲まれていて自然がたくさんあります。そして、多種多様な動植物を垣間見ることができ世界的にも人気の観光スポットとなります。しかし、熱帯、ジャングルと聞く中で気を付けておきたいのは病気です。蚊が媒介する病気がいくつかあり予防接種が義務付けられることもあり注意が必要です。


ボリビア人も大好きな豚肉料理!休日の定番かつ豚は町でも普通に歩いているので面白いです

ボリビア人も大好きな豚肉料理!休日の定番かつ豚は町でも普通に歩いているので面白いです

南米大陸の国ボリビアは日本でも少しづつ知名度が上がってきています。経済発展を遂げていますが、まだまだ途上国です。そんなボリビアで休日の楽しみと言えば豚肉料理を味わうこと。スープで味わったり、フライや炭焼きにしたりと様々です。そして、その料理の仕方もダイナミック!豚に関しても日本と比べてより身近な存在で興味深いです。


ドイツ最古の町トリーアで歴史ある美しい街並みを堪能するためのおすすめポイント

ドイツ最古の町トリーアで歴史ある美しい街並みを堪能するためのおすすめポイント

トリーアはドイツ最古の都市と言われる、ドイツ西端に位置する町です。その街並みはとてもかわいらしく、どこか女性的。インスタ映えスポットにも事欠きません。日本で言うところの奈良のような存在、ドイツの古都トリーアの観光名所を、私が実際に行ってみ良かったと思うものに厳選してご紹介します。ぜひ次回の旅行の参考にしてください!


【ベトナム】スタバ好きな人必見!ベトナムホーチミンのスターバックスコーヒーに行ってみました

【ベトナム】スタバ好きな人必見!ベトナムホーチミンのスターバックスコーヒーに行ってみました

スタバが好きな人!?海外旅行や海外で生活をしていて、現地のカフェやレストランなどに入るのがちょっと勇気がいるな〜という時に重宝するスターバックス。スターバックスはどこの国でも大体同じドリンクがあって、店員さんが優しくて私はとても安心できます。今回はベトナムホーチミンのスターバックスの雰囲気を紹介します。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング