素泊まりでも大満足。シンガポールでの乗り継ぎでクラウンプラザ チャンギ エアポートに感銘を受ける

素泊まりでも大満足。シンガポールでの乗り継ぎでクラウンプラザ チャンギ エアポートに感銘を受ける

オーストラリアの夏休み(12月中旬〜1月下旬)を利用して子連れ一時帰国を決めた筆者。今回は初めてシンガポール航空を利用し、乗り継ぎの間に空港直結のエアポートホテルであるクラウンプラザ チャンギ エアポートに宿泊しました。滞在時間がたった8時間だったのが惜しく思えるほど素晴しかったこのホテル、その魅力をご紹介します。


夢のようなアクセスの良さ

シドニーから6歳と3歳の子供を連れ、シドニーから8時間のフライトを終えてチャンギ空港(Changi Airport)に降り立ったのは現地時間の9時半頃でした。筆者は2006〜2009年までシンガポールに居住していましたが、8年振りに訪れたチャンギ空港は記憶にあるよりもさらに快適で、開放感でいっぱいで、隅々まで眩しくピカピカで、そして信じられないくらい効率的で、非現実的なほど。シンガポールという国に改めて脱帽する思いでした。

筆者の乗った飛行機が着陸したのは、シンガポール航空がメインで利用するターミナル3。飛行機を降りてから、子供の足でもあっという間に入国審査のカウンターに到着。一切行列のない非常に静かな入国審査エリアでした。審査を終えて入国、真後ろにあるバゲージクレームエリアには搭乗ゲートで預けたベビーカーが既に待っていました。これぞシンガポール!とにかく無駄がありません。

クリスマスムード満々のロビー。

クラウンプラザ チャンギ エアポート(Crowne Plaza Changi Airport、以下クラウンプラザ)の素晴らしい点は多々ありますが、まず注目すべきはチャンギ空港のターミナル3と直結するアクセスの良さでしょう。

到着ロビーの出口を抜けてすぐ左手に、クラウンプラザ新館の入り口があります。青字のサインを探せば迷うことなくすぐに見つかるでしょう。フロアの左奥へに進んでいくとゆるやかなスロープが見えてきますが、そこがホテルの入り口です。

この間、5分かかるかかからなかったか。この日シンガポール入りしたのはシドニー時間では深夜過ぎで皆クタクタでしたので、この便宜性には本当に助けられました。屋外に出ることなくホテル建物内に入れますので、雨の日もラクラク移動なのがまた高ポイント。スカイトレインで行き来できる他ターミナルからもほんの徒歩10分程度でアクセス可能だとか。素晴らしいですね。

エントランスから振り返るとこんな感じです。ボヤけて見えづらいですが、写真の奥にあるエレベーターは出発フロアに直結していて大変便利です。

チェックインからお部屋到着まで

右手に中庭、左手にインペリアル・トレジャー(Imperial Treasure)というレストランを横目にまっすぐ進むと、そこはもうホテルのフロントです。このエリアは黒を基調としており、全体的にやや薄暗くシックな雰囲気。それが高級感のあるクリスマスのデコレーションと相性ピッタリで、とっても素敵でした。

フロントでチェックインを済ませカードキーを受け取り、翌朝のモーニングコールをお願いした後、目の前にあるエスカレーターで部屋のある2階まで向かいます。手荷物の多い方やベビーカーで移動の方はフロントの奥にあるエレベーターが便利です。2階の客室エリアに通じるドアを開けるにはカードキーが必要ですので、セキュリティもバッチリ。

宿泊した部屋のある2階フロア。クリスマス間近でしたが、大変静かでした。

WiFi接続もラクラク

無事シンガポールに到着したことを家族に知らせるために必要だったのが、WiFi。セットアップはとても簡単でした。はじめに携帯のWiFi機能をクリック、「Crowne Plaza」を選択すると自動的に専用ページへ案内されますので、そこで部屋の予約者名字と部屋番号をそれぞれ入れればすぐに繋がります。速度も全く問題なく、快適なインターネット利用ができました。

ハイテク満載のバスルーム

部屋の一番奥の窓際にあるのがバスルーム。外では深夜まで何やら建設工事が行われていました。後で調べてみましたが、どうやら「ジュエル・チャンギ・エアポート(Jewel Changi Airport)」という複合商業施設の建設現場だったようです。これ以上完成度の高い空港はないんじゃないかと思わせるほど素晴らしいチャンギ空港が、いまだに進化を遂げていることに半ば唖然としていまいました。

部屋の中で一番素晴らしかったのがこのバスルームでした。チェックインしてから短い滞在時間でしたことといえばシャワーを浴びて寝たぐらいでしたので、ハイライトがバスルームになるのもしょうがないような気がしますが、それでも誰かに語りたくなる仕掛けが沢山あるバスルームなのです。

宿泊したビジネスキングは28㎡と決して広くはありませんが、バスルームは大変ゆとりのある作りになっています。まず、ベッドルームとバスルームを仕切るのは、特殊フィルムを使用した調光ガラス。壁のスイッチひとつで曇りガラスに変身します。子供たちにバレると格好の遊びものになってしまうので使用できなかったのが残念です。

セレブな気分を味わえるバスローブも、もちろん用意されています。

さらに感銘を受けたのが、窓際のブラインド。バスタブは外から丸見えですので入浴中はブラインドを下げておきたいところですが、よく見るとブラインドが二重になっています。先ほどの壁スイッチに再び目を向けてみると、「Day」「Blackout」の文字が。そう、これはバスルーム使用中に役に立つ調光ブラインドと、ゆっくり眠りたい朝に日光を遮ってくれる遮光ブラインドなのです。

前が調光、後ろが遮光ブラインド。

バスルーム・アメニティも大変充実しています。オーラ・カイリーのシャンプー、コンディショナー、シャワージェルにボディーローションが揃っているのはもちろん、歯ブラシに歯磨き粉、デンタルフロス、シャワーキャップ、コットンパフ、綿棒、糸と針のセット、爪磨き、カミソリとシェービングクリームが置いてあります。

ガラスのコップには透明フィルムがかぶせてある徹底ぶり。こういった細かい心遣いはオーストラリアではあまり見られませんので、いちいち感動してしまいます。また、バスタブとは別に独立したレインシャワーもあり、早朝便の前にササッとシャワーを浴びることもできます。

無料のお水は計4本置いてありました。気前が良いですね。

東南アジア諸国ではおなじみの、お尻洗浄シャワーにも久しぶりにお目にかかれました。

チェックアウト、そして出発フロアへ

翌朝。予約した通り6時に自動のモーニングコールが、そして5分後に今度はフロントの方からも念押しの一本かかってきました。二度寝防止対策も完璧です。チェックアウトを済ませ、ホテルのエントランスを出てすぐのところにあるエレベーターで2階まで上がればそこはもう出発ロビー。チェックインカウンターまでは10分もかかりませんでした。

この日は朝8時の羽田行きフライトであったため、ホテルでゆっくり朝食をとる時間も部屋のインスタントコーヒーを飲む時間すらなかったのがやや心残りでした。筆者の二日前に同じホテルに宿泊した主人は、ルームサービスでイングリッシュ・ブレックファーストをオーダーしてゆっくり朝食を味わったそうです。ホテル内レストランでの朝食ビュッフェもありますので、時間に余裕のある方はぜひ。

ルームサービスで注文できるイングリッシュ・ブレックファースト。

やむを得なくあくせくしがちな子連れの飛行機移動の最中で、つかの間のオアシス気分を味わえるクラウンプラザ チャンギ エアポート。後に知ったことですが、2015年から2年連続でベスト・エアポート・ホテルに選出されているとのこと。うーん、納得です。この次の滞在はゆっくりと時間をかけて、ホテルの施設もたっぷりと利用して世界一のエアポート・ホテルを満喫してみたいものです。

アジアと世界をつなぐハブ空港として名高いチャンギ空港。シンガポールに乗り継ぎで立ち寄る際はぜひ、クラウンプラザ チャンギ エアポートでの小休憩を堪能してみてください。

ホテル外観。

Crowne Plaza Changi Airport

https://www.ihg.com/crowneplaza/hotels/us/en/singapore/sincp/hoteldetail?cm_mmc=GoogleMaps-_-CP-_-SG-_-SINCP

Official site of Crowne Plaza Changi Airport - read guest reviews, view photos, and get the Best Price Guarantee.

この記事のライター

ニュージーランドとシンガポールでの生活を経て2009年よりシドニーに居住しています。6・3・1歳の子育て中です。

関連するキーワード


シンガポール

関連する投稿


2018年シンガポール紀行④駐在員御用達サービスアパートメントのオアシスっぷりが凄い

2018年シンガポール紀行④駐在員御用達サービスアパートメントのオアシスっぷりが凄い

1月下旬に家族で5日間滞在したシンガポールのサービスアパートメント。自宅のように寛ぎながらも朝ごはんが出てくる。敷地内にプール、遊具場、カフェもジムもある。オーチャード通りまで徒歩数分。駐在員家族やホリデーメーカーに特にオススメしたい、夢のようなライフスタイルが味わえる滞在先を見つけました。その魅力を徹底解説します。


2018年シンガポール紀行③アートサイエンスミュージアムの目玉展示FUTURE WORLD展を遊び尽くす

2018年シンガポール紀行③アートサイエンスミュージアムの目玉展示FUTURE WORLD展を遊び尽くす

マリーナベイ・サンズ内の施設のひとつであるアートサイエンスミュージアム。一番人気の常設展示であるFUTURE WORLD展を訪れてきました。その名に引けを取らず、近未来感たっぷりの展示作品が目白押しで、親子でたっぷり楽しめること間違いなしです。見所いっぱいの体験型インスタレーションを、ゾーン別に詳しくご紹介します。


シンガポールの迷テーマパーク、ハウパーヴィラ(Haw Par Villa)に行ってみよう!

シンガポールの迷テーマパーク、ハウパーヴィラ(Haw Par Villa)に行ってみよう!

シンガポールのテーマパークは、USS(Universal Studio Singapore)だけじゃない!カオスな空間に謎の中毒性があるオブジェが並ぶ「迷」テーマパーク、ハウパーヴィラ(Haw Par Villa)を紹介します。


2018年シンガポール紀行②チャンギ空港の癒しスポット、バタフライ・ガーデンで搭乗前にちょっと充電

2018年シンガポール紀行②チャンギ空港の癒しスポット、バタフライ・ガーデンで搭乗前にちょっと充電

チャンギ国際空港第3ターミナルにあるバタフライ・ガーデンは、搭乗前や乗り継ぎの合間のちょっとした空き時間に気軽に立ち寄ることのできる穴場スポット。ガーデン・シティの異名と取るシンガポールの底力を、ここでもまた実感できます。1000羽以上の蝶々が飛び交うオアシスで、フライト前にリラックスしてみてはいかかですか?


2018年シンガポール紀行①圧倒的な存在感を放つガーデンズ・バイ・ザ・ベイを堪能する

2018年シンガポール紀行①圧倒的な存在感を放つガーデンズ・バイ・ザ・ベイを堪能する

去る1月、シンガポール有数の観光地として名高いガーデンズ・バイ・ザ・ベイに家族で訪れてきました。代名詞でもあるスーパーツリーとその構造、一番人気のクラウド・フォレストの見所から、精密に計算された園内のエコシステム、お食事処、ちょっと意外な料金システムまで詳しくご紹介します。シンガポールを訪問予定の方はお見逃しなく!


最新の投稿


ボリビア人も大好きな豚肉料理!休日の定番かつ豚は町でも普通に歩いているので面白いです

ボリビア人も大好きな豚肉料理!休日の定番かつ豚は町でも普通に歩いているので面白いです

南米大陸の国ボリビアは日本でも少しづつ知名度が上がってきています。経済発展を遂げていますが、まだまだ途上国です。そんなボリビアで休日の楽しみと言えば豚肉料理を味わうこと。スープで味わったり、フライや炭焼きにしたりと様々です。そして、その料理の仕方もダイナミック!豚に関しても日本と比べてより身近な存在で興味深いです。


ドイツ最古の町トリーアで歴史ある美しい街並みを堪能するためのおすすめポイント

ドイツ最古の町トリーアで歴史ある美しい街並みを堪能するためのおすすめポイント

トリーアはドイツ最古の都市と言われる、ドイツ西端に位置する町です。その街並みはとてもかわいらしく、どこか女性的。インスタ映えスポットにも事欠きません。日本で言うところの奈良のような存在、ドイツの古都トリーアの観光名所を、私が実際に行ってみ良かったと思うものに厳選してご紹介します。ぜひ次回の旅行の参考にしてください!


【ベトナム】スタバ好きな人必見!ベトナムホーチミンのスターバックスコーヒーに行ってみました

【ベトナム】スタバ好きな人必見!ベトナムホーチミンのスターバックスコーヒーに行ってみました

スタバが好きな人!?海外旅行や海外で生活をしていて、現地のカフェやレストランなどに入るのがちょっと勇気がいるな〜という時に重宝するスターバックス。スターバックスはどこの国でも大体同じドリンクがあって、店員さんが優しくて私はとても安心できます。今回はベトナムホーチミンのスターバックスの雰囲気を紹介します。


【プレママ~幼児編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

【プレママ~幼児編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

海外の子供用品って色合いが華やかだったり、日本にはないセンスがあったりとってもかわいいですよね(^^)オーストラリアの子供用品も日本お洒落でインスタ映えしそうなものがたくさんあるんです!今回は実際にお友達のお土産を買うために調べ回った私が選んだオススメ商品(プレママ~幼児向け)を4つご紹介いたします。


海のない国ならではの独特の魚たち!ボリビアでこそ食べられる魚と魚料理の数々!

海のない国ならではの独特の魚たち!ボリビアでこそ食べられる魚と魚料理の数々!

ボリビアは南米大陸の海のない内陸国として知られています。どうしても海産物が流通するにはハンデとなります。国民の多くが魚ではなく牛肉や鶏肉を食べているという現実もあり魚は高級品です。そんな中、ボリビアにはチチカカ湖やアマゾン川という川の幸があります。海魚ではなく川魚を手に入れることができ味わえます。ボリビアのお魚とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング