辛いのが苦手な人でも大丈夫!おすすめのタイ料理「クン・オップ・ウンセン(グンオブウンセン)」

辛いのが苦手な人でも大丈夫!おすすめのタイ料理「クン・オップ・ウンセン(グンオブウンセン)」

「クンオップウンセン」は、エビと春雨の蒸しものという意味で、タイ料理の中でも日本人に人気のあるメニューです。辛くもありませんし、万人ウケするような素朴な味。たまに無性に食べたくなるような中毒性があり、私もよくタイで食べる食べ物です。グンオブウンセンと発音したりしますが、そんなクンオップウンセンについて見ていきましょう。


タイ料理といえば何を思い浮かべますか?カオマンガイやトムヤムクン、パッタイなどは定番ですよね。辛いものばっかり、というイメージをお持ちの人も多いでしょう。確かに、辛いものは多いです。なんでも唐辛子が入っていますし、香草がきいた独特の風味がする料理もたくさんあります。イメージだけでタイ料理は苦手、という人もいますよね。

そんなタイ料理の中にも、日本でも馴染みのあるような味がする料理はたくさんあります。今回ご紹介する「クン・オップ・ウンセン」もそのひとつ。辛くもなく醤油の風味もするこのメニューは、万人ウケする味でもあるでしょう。どこか懐かしい味もするため、私も定期的に食べています。比較的どこで食べても味が安定しているので、安心感を私は持っています。

「タイ料理で何がおすすめ?」と聞かれたら、プーパッポンカリー・トムヤムクン・ガパオライス・ヤムウンセン・クンオップウンセン、、といったところでしょうか。この中でも無難な食べ物といえばクンオップウンセンでしょう。辛くなくエスニックの要素もなく、タイ旅行中にも1度は食べてほしい料理です。「ザ・タイ料理」を食べ続けるよりも、クンオップウンセンのような馴染みのある味のものを間にはさむといいですよ。クンオップウンセンは要チェックです。

クンオップウンセン(グンオブウンセン)とは?

「クン・オップ・ウンセン」とは、エビと春雨を蒸した料理で、屋台をはじめフードコートなどでは定番のメニューです。シーフードレストランではほとんどのお店においてあります「クン(タイではグンのような発音)」はエビ、「オップ」は蒸す、「ウンセン」は春雨、という意味。タイではどちらかというとグンオブウンセンのような発音になります。

エビのうまみをたっぶり吸収した春雨は安定した美味しさで、中華料理屋さんにありそうな味。なんとなくヘルシーな感じもして、ダイエット中でも罪悪感なくサクッと食べれてしまします。タイでクンオップウンセンを頼むと、土鍋で出てくるので、熱々のうちに食べてくださいね。

テーブルに料理が運ばれたら、鍋の底からひととおりかき混ぜるといいですよ。そのまま時間を置いておくと、下の春雨が土鍋の余熱で焦げ、くっついてしまうこともあるのです。お店によっては、焦げてくっつかないように考慮されているところもあります。

この料理の主役はエビではなく、エビのうまみがたっぷりと染み込んだ春雨のほうです。エビのうまが凝縮されたこの料理は、ビールにもぴったりですよ!食欲がない日でも食べられちゃいます。

屋台にて

セブンイレブンでも手軽にゲットできちゃう!インスタントでもおいしい

タイにはあちこちにセブンイレブンがあるのをご存知でしょうか。旅行に来た人によく驚かれることですが、バンコク周辺でコンビニに困ることはあまりありません。そんなタイ全土のあちこちに点在しているセブンイレブンでも、クンオップウンセンはゲットできちゃいます。

レンジでチンするだけのインスタント食品なのですが、悪くはないですよ。小腹が空いたな、なんてときにもおすすめです。タイのセブンイレブンに入った際は、ぜひチェックしてみてくださいね。支払いをするときに、店員さんが「温めますか?」とタイ語で聞いてくるので、「チャイ(はい)」もしくは「yes」と言っておけばレンジで温めてくれます。

タイに来たばかりでタイ語がまったくわからなかったとき、私はすべて「yes」でのりきっていました。コンビニで支払いするとき、「スタンプシールいりますか?」「レシートいりますか?」「ストローいりますか?」「温めますか?」などと何かしら質問されますが、「yes」と言ってうなずいておけばスムーズです。

今となってはだいたい何を言っているのかがわかりますが、とりあえずタイのコンビニでは「yes」でのりきれるなと思います。日本の場合は「Tポイントカードはお持ちですか?」というのがお決まりだったりしますよね。そんな感じでタイでも決まり文句があるのです。

クンオップウンセンを簡単調理してみた

クンオップウンセンはお手軽メニューとして、タイの家庭でもよく食べられています。私も作ってみたのでご紹介します。

味付けは、この粉におまかせです。スーパーなどで手に入り、簡単においしいクンオップウンセンが作れます。ニンニク・豚肉・エビ・春雨・パクチー・ネギを準備しました。エビは1キロ500バーツ(1500円くらい)だったかと思います。クンオップウンセンにすべてを使ったわけではありませんが、エビ1キロ500バーツは激安です。

材料

春雨をサッと茹でてザルで水気を切り、この粉を混ぜ合わせて馴染ませます。鍋で軽く豚肉とニンニクを炒めたら、春雨を投入。その上から黒胡椒をきかせたエビをうえにのせます。クンオップウンセンは黒胡椒がアクセントです。あったほうが味がしまり、それらしいものになりますよ。ふたをして中火で蒸し焼きにしたら、水を50mlほど加え、弱火で水分がなくなるまで蒸し焼きにします。

お好みでパクチーとネギをトッピングしてくださいね。ネギをドーンとのせるのがタイ流です。

完成

今回はエビを贅沢にたっぷり入れました。粉を使っているので失敗はありません!安定した美味しさで、この調味料は重宝しています。まだまだ開拓中ですが、タイのには重宝する調味料がたくさんあるので、スーパーをじっくり見るのも楽しいです。

もっと簡単調理のインスタント「クンオップウンセン」

もっと簡単に調理するなら、インスタントのクンオップウンセン。こちらはインスタントでありながらクオリティが高くておすすめです。お土産でも喜ばれますよ。インスタント食品のなかでも品質が良いものなので、どこでも手に入るわけではないようです。いつも行くスーパーには置いておらず、たまに発見したらラッキーかなという認識で私はいます。

インスタントのグンオブウンセン

こちらはお湯で蒸すかレンジでチンするかですが、今回はかなり手抜きなレンジで調理してみます。お湯を入れ、レンジで温めること7分ほど。麺がいい感じになったところで、そなえつけの調味料を混ぜて完成です。今回はトッピングも何もないですが、うまみたっぷりの春雨がメインの料理なので良しとします。究極の手抜き料理なのですが、これが案外いけるのです。

コショウがきいています

黒胡椒がアクセントとなっていて、それに負けないくらい味もしっかりしています。麺はもちもちしていておいしいです。

グンオブウンセン

タイ料理が好きな方は知っていることも多いクンオップウンセンですが、「初めて聞いた!」という方が多いのではないでしょうか。エビのエキスをたっぷりと吸い込んだもちもち麺は絶品ですよ。
機会があれば、タイの庶民的な味「クンオップウンセン」をぜひお試しくださいね。

この記事のライター

タイ在住5年目の専業主婦です。今でも、カルチャーショックに驚く日々。タイのおすすめ情報や、ローカルな部分をお伝えいたします。

関連するキーワード


タイ

関連する投稿


自然に触れてリフレッシュ!サラブリ県をドライブしてみたら自然いっぱいの小さな滝にたどり着いた

自然に触れてリフレッシュ!サラブリ県をドライブしてみたら自然いっぱいの小さな滝にたどり着いた

アユタヤの隣に位置するサラブリ県。タイの田舎の雰囲気を満喫したかったので、ドライブしてみることにしました。ドライブ中とくにめぼしいものものはなかったものの、マップを見ながら進んでいくと自然豊かな場所に行き着きました。小さな滝にたどり着き、そこで食事もできました。リフレッシュできたサラブリにある小さな滝をレポートします。


タイ人ハイソ向けのデパート「The Crystal Shopping Mall 」は日本人にもおすすめ

タイ人ハイソ向けのデパート「The Crystal Shopping Mall 」は日本人にもおすすめ

タイにはバンコクを中心におしゃれなデパートはありますが、とくに品が良いと私が思うのは、「The Crystal Shopping Mall 」です。もともと周辺が高級住宅地であり、芸能人や富裕層が多く住む地域。まわりにはCDCやセントラルフェスティバルイーストヴィレなど、どれもハイソ向けの商業施設などが点在しています。


タイはカフェ天国!?パトゥムターニー県にある「On The River Cafe」に行ってみた

タイはカフェ天国!?パトゥムターニー県にある「On The River Cafe」に行ってみた

タイ人はコーヒーが大好き。タイには写真映えするようなお洒落なカフェショップがたくさん点在しているのをご存知でしょうか?バンコクはもちろんお洒落なカフェショップが多いですが、今回はバンコクのお隣パトゥムターニー県にある「On The River Cafe」に行ってみました。ここは「船」がカフェになった新しいスタイルです。


タイでも納豆が食べられる!バンコクでは定番の「社長さんの納豆」と「TSUBAKIミニ納豆」

タイでも納豆が食べられる!バンコクでは定番の「社長さんの納豆」と「TSUBAKIミニ納豆」

バンコクで定番の納豆といえば、「社長さんの納豆」と「TSUBAKIミニ納豆」です。私はよくマックスバリューでこの納豆たちを調達しています。納豆大好きな私にとっては、タイでも日本にあるような納豆が気軽に手に入るなんて有難いです!日本人が多く住むパタヤやシラチャの方面のマックスバリューなんかでも手に入れることができますよ。


自慢の愛犬連れが集うバンコク郊外のショッピングモール「CentralFestival EastVille」

自慢の愛犬連れが集うバンコク郊外のショッピングモール「CentralFestival EastVille」

セントラル・フェスティバル・イーストヴィレ( CentralFestival EastVille)は、バンコク郊外にあるショッピングモールで、愛犬連れにも優しいスポットです。比較的富裕層のタイ人が多く、小型犬から大型犬まで、自慢の愛犬を連れた人が多くいます。騒がしさもなく、落ち着いた雰囲気が私のお気に入りポイントです。


最新の投稿


マネパカードの評判や口コミは!?手数料も安くて国内外でも使えるのは最大のメリットです!

マネパカードの評判や口コミは!?手数料も安くて国内外でも使えるのは最大のメリットです!

海外プリペイドカードで有名なマネパカードの最大のメリットはやはり手数料。海外では普通のクレジットカードでもショッピングなどの際、必ず手数料が発生します。しかしこのマネパカードの手数料はクレジットカードよりも安いという最高にお得なカードです。プリペイドなので使いすぎることもなく、渡航先の現地通貨をいつでも引き出せます!


ロサンゼルス近郊マリブ・ビーチに行ったら途中にあるマリブ・ビレッジ&マリブ・カントリー・マートでお買い物を楽しもう!

ロサンゼルス近郊マリブ・ビーチに行ったら途中にあるマリブ・ビレッジ&マリブ・カントリー・マートでお買い物を楽しもう!

今回はロサンゼルス近郊にあるとても美しいことで有名な観光地のマリブ・ビーチに行く途中にあるシッピングモールを紹介します。このモールはローカルなお店から化粧品店のセフォラや、高級ブランドのブティックなど、様々なお店が並ぶゆったりとしたショッピングモールです。マリブビーチに遊びに行ったらぜひ寄り道をしてほしいです。


テクパンでヨーロッパを味わう!グルメの方必見です。空港から一時間で行けます

テクパンでヨーロッパを味わう!グルメの方必見です。空港から一時間で行けます

グアテマラで、おいしい豚肉をたべたくなったら、テクパン(TECPAN)へ。ヨーロッパ移民から受け継いだ伝統手法で作る、生ハムやソーセージは最高です。また、広々とした、牧場も多々あるので、のんびりするのに最適です。都会の雑踏に疲れたら、ぜひテクパンに。おいしい、ジャージー牛乳やヨーグルトも売っています。おススメです!


【ミラノ在住者おすすめ】キング・オブ・イタリアンB級グルメ!ルイーニのパンツェロッティ!

【ミラノ在住者おすすめ】キング・オブ・イタリアンB級グルメ!ルイーニのパンツェロッティ!

多くの人にとってイタリア旅行の楽しみといえば「食」なのではないでしょうか?ピッツァにスパゲッティ、リゾット、ジェラート…日本人にすでに馴染みのある料理がたくさんあるイタリア料理。今回の記事では日本ではめったに食べることのない揚げピザ、その名もパンツェロットとその有名専門店LUINIについて書いていきたいと思います!


フリーマントルへ行くなら週末がおすすめ!フリーマントルマーケットを思い切り楽しもう!

フリーマントルへ行くなら週末がおすすめ!フリーマントルマーケットを思い切り楽しもう!

西オーストラリア州の港町フリーマントルでは、週末マーケットが開かれています。オリジナルのおみやげを見つけたり、世界各国のおいしいランチを楽しんだり、グルメフードのショッピングをしたり、マーケット内を散策するだけでワクワクしてきますよ。観光客にも地元の人たちにも大人気のスポットで、週末のひとときを思い切り楽しみましょう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング