辛いのが苦手な人でも大丈夫!おすすめのタイ料理「クン・オップ・ウンセン(グンオブウンセン)」

辛いのが苦手な人でも大丈夫!おすすめのタイ料理「クン・オップ・ウンセン(グンオブウンセン)」

「クンオップウンセン」は、エビと春雨の蒸しものという意味で、タイ料理の中でも日本人に人気のあるメニューです。辛くもありませんし、万人ウケするような素朴な味。たまに無性に食べたくなるような中毒性があり、私もよくタイで食べる食べ物です。グンオブウンセンと発音したりしますが、そんなクンオップウンセンについて見ていきましょう。


タイ料理といえば何を思い浮かべますか?カオマンガイやトムヤムクン、パッタイなどは定番ですよね。辛いものばっかり、というイメージをお持ちの人も多いでしょう。確かに、辛いものは多いです。なんでも唐辛子が入っていますし、香草がきいた独特の風味がする料理もたくさんあります。イメージだけでタイ料理は苦手、という人もいますよね。

そんなタイ料理の中にも、日本でも馴染みのあるような味がする料理はたくさんあります。今回ご紹介する「クン・オップ・ウンセン」もそのひとつ。辛くもなく醤油の風味もするこのメニューは、万人ウケする味でもあるでしょう。どこか懐かしい味もするため、私も定期的に食べています。比較的どこで食べても味が安定しているので、安心感を私は持っています。

「タイ料理で何がおすすめ?」と聞かれたら、プーパッポンカリー・トムヤムクン・ガパオライス・ヤムウンセン・クンオップウンセン、、といったところでしょうか。この中でも無難な食べ物といえばクンオップウンセンでしょう。辛くなくエスニックの要素もなく、タイ旅行中にも1度は食べてほしい料理です。「ザ・タイ料理」を食べ続けるよりも、クンオップウンセンのような馴染みのある味のものを間にはさむといいですよ。クンオップウンセンは要チェックです。

クンオップウンセン(グンオブウンセン)とは?

「クン・オップ・ウンセン」とは、エビと春雨を蒸した料理で、屋台をはじめフードコートなどでは定番のメニューです。シーフードレストランではほとんどのお店においてあります「クン(タイではグンのような発音)」はエビ、「オップ」は蒸す、「ウンセン」は春雨、という意味。タイではどちらかというとグンオブウンセンのような発音になります。

エビのうまみをたっぶり吸収した春雨は安定した美味しさで、中華料理屋さんにありそうな味。なんとなくヘルシーな感じもして、ダイエット中でも罪悪感なくサクッと食べれてしまします。タイでクンオップウンセンを頼むと、土鍋で出てくるので、熱々のうちに食べてくださいね。

テーブルに料理が運ばれたら、鍋の底からひととおりかき混ぜるといいですよ。そのまま時間を置いておくと、下の春雨が土鍋の余熱で焦げ、くっついてしまうこともあるのです。お店によっては、焦げてくっつかないように考慮されているところもあります。

この料理の主役はエビではなく、エビのうまみがたっぷりと染み込んだ春雨のほうです。エビのうまが凝縮されたこの料理は、ビールにもぴったりですよ!食欲がない日でも食べられちゃいます。

屋台にて

セブンイレブンでも手軽にゲットできちゃう!インスタントでもおいしい

タイにはあちこちにセブンイレブンがあるのをご存知でしょうか。旅行に来た人によく驚かれることですが、バンコク周辺でコンビニに困ることはあまりありません。そんなタイ全土のあちこちに点在しているセブンイレブンでも、クンオップウンセンはゲットできちゃいます。

レンジでチンするだけのインスタント食品なのですが、悪くはないですよ。小腹が空いたな、なんてときにもおすすめです。タイのセブンイレブンに入った際は、ぜひチェックしてみてくださいね。支払いをするときに、店員さんが「温めますか?」とタイ語で聞いてくるので、「チャイ(はい)」もしくは「yes」と言っておけばレンジで温めてくれます。

タイに来たばかりでタイ語がまったくわからなかったとき、私はすべて「yes」でのりきっていました。コンビニで支払いするとき、「スタンプシールいりますか?」「レシートいりますか?」「ストローいりますか?」「温めますか?」などと何かしら質問されますが、「yes」と言ってうなずいておけばスムーズです。

今となってはだいたい何を言っているのかがわかりますが、とりあえずタイのコンビニでは「yes」でのりきれるなと思います。日本の場合は「Tポイントカードはお持ちですか?」というのがお決まりだったりしますよね。そんな感じでタイでも決まり文句があるのです。

クンオップウンセンを簡単調理してみた

クンオップウンセンはお手軽メニューとして、タイの家庭でもよく食べられています。私も作ってみたのでご紹介します。

味付けは、この粉におまかせです。スーパーなどで手に入り、簡単においしいクンオップウンセンが作れます。ニンニク・豚肉・エビ・春雨・パクチー・ネギを準備しました。エビは1キロ500バーツ(1500円くらい)だったかと思います。クンオップウンセンにすべてを使ったわけではありませんが、エビ1キロ500バーツは激安です。

材料

春雨をサッと茹でてザルで水気を切り、この粉を混ぜ合わせて馴染ませます。鍋で軽く豚肉とニンニクを炒めたら、春雨を投入。その上から黒胡椒をきかせたエビをうえにのせます。クンオップウンセンは黒胡椒がアクセントです。あったほうが味がしまり、それらしいものになりますよ。ふたをして中火で蒸し焼きにしたら、水を50mlほど加え、弱火で水分がなくなるまで蒸し焼きにします。

お好みでパクチーとネギをトッピングしてくださいね。ネギをドーンとのせるのがタイ流です。

完成

今回はエビを贅沢にたっぷり入れました。粉を使っているので失敗はありません!安定した美味しさで、この調味料は重宝しています。まだまだ開拓中ですが、タイのには重宝する調味料がたくさんあるので、スーパーをじっくり見るのも楽しいです。

もっと簡単調理のインスタント「クンオップウンセン」

もっと簡単に調理するなら、インスタントのクンオップウンセン。こちらはインスタントでありながらクオリティが高くておすすめです。お土産でも喜ばれますよ。インスタント食品のなかでも品質が良いものなので、どこでも手に入るわけではないようです。いつも行くスーパーには置いておらず、たまに発見したらラッキーかなという認識で私はいます。

インスタントのグンオブウンセン

こちらはお湯で蒸すかレンジでチンするかですが、今回はかなり手抜きなレンジで調理してみます。お湯を入れ、レンジで温めること7分ほど。麺がいい感じになったところで、そなえつけの調味料を混ぜて完成です。今回はトッピングも何もないですが、うまみたっぷりの春雨がメインの料理なので良しとします。究極の手抜き料理なのですが、これが案外いけるのです。

コショウがきいています

黒胡椒がアクセントとなっていて、それに負けないくらい味もしっかりしています。麺はもちもちしていておいしいです。

グンオブウンセン

タイ料理が好きな方は知っていることも多いクンオップウンセンですが、「初めて聞いた!」という方が多いのではないでしょうか。エビのエキスをたっぷりと吸い込んだもちもち麺は絶品ですよ。
機会があれば、タイの庶民的な味「クンオップウンセン」をぜひお試しくださいね。

この記事のライター

タイ在住5年目の専業主婦です。今でも、カルチャーショックに驚く日々。タイのおすすめ情報や、ローカルな部分をお伝えいたします。

関連するキーワード


タイ

関連する投稿


タイの軽井沢「カオヤイ」でキャンプに挑戦!カオヤイのキャンプ場には鹿がたくさん!

タイの軽井沢「カオヤイ」でキャンプに挑戦!カオヤイのキャンプ場には鹿がたくさん!

バンコクから車で3時間のところにあるカオヤイ。自然豊かなところで、タイの軽井沢なんて呼ばれているほど。今回初めてカオヤイでキャンプをしたのですが、キャンプ場にはなんと鹿がたくさん!人間慣れしている鹿さんたちとの寝泊まりは新鮮で楽しかったです。ナイトサファリなども体験したので、カオヤイキャンプをレポートしたいと思います。


タイのバンコク旅行で水上マーケットツアーに参加してみました!船の上での売り買いが面白い!

タイのバンコク旅行で水上マーケットツアーに参加してみました!船の上での売り買いが面白い!

タイのバンコクに行った時、水上マーケットに参加しました。一度は行ってみたいと思っていた水上マーケットの様子はやはりとても活気があり、興味深いものでした。船の上で料理したり、船を上手に操ったりするタイ人のパワーはステキです!そんな水上マーケットの様子や感想についてご紹介します。


水掛け容赦なし!水掛け祭りの日に複合エンターテインメント施設「アジアンティーク」に行ってみた

水掛け容赦なし!水掛け祭りの日に複合エンターテインメント施設「アジアンティーク」に行ってみた

4月のソンクラーンの時期に、タイへ旅行に行く人は多いですよね。4月のタイといえば、「水掛け祭り」です。もともとソンクラーンとはタイにおける旧正月のことですが、「ソンクラーン=水掛祭り」として日本人にも認識されているようです。今年のソンクラーンはアジアティークに行ってみたので、水掛け祭りの様子などもあわせてお伝えします。


美しすぎるビーチが広がるタイのリペ島!タイなのにマレーシアから行くべき理由とは?

美しすぎるビーチが広がるタイのリペ島!タイなのにマレーシアから行くべき理由とは?

タイには数々の美しい島があることで知られています。その中でも特に美しいと言われているのが、リペ島です。リペ島はタイの島ですが、リペ島に行く為にはマレーシアから行くほうが良いと言われています。その訳とは?実際のリペ島への行き方とは?筆者も絶対にリピートしたい、と感動したリペ島についてご紹介します!


マレーシアにはSPF130++++の日焼け止めが!常夏の島での日焼け対策にオススメの日焼け止めクリームとは?

マレーシアにはSPF130++++の日焼け止めが!常夏の島での日焼け対策にオススメの日焼け止めクリームとは?

マレーシアやタイなどの東南アジアには綺麗な島が数多くあり、観光客が大自然を楽しんでいます。綺麗な海で時間を過ごすのはとても楽しいのですが、忘れてはならないのが日差し!ビーチに照りつける太陽の日差しは想像以上に強く、、注意しないと火傷をすることに…。そんな太陽の日差し対策にオススメの日焼け止めクリームをご紹介します!


最新の投稿


日本にも進出して大人気?韓国ソウルで本場の雪氷(ソルビン)に行ってきました!

日本にも進出して大人気?韓国ソウルで本場の雪氷(ソルビン)に行ってきました!

韓国は豪華なかき氷デザートが有名ですが、今回、韓国の明洞で、「Korean Dessert Cafe(コリアンデザートカフェ)雪氷(ソルビン)」に行ってきました。このお店はローカルの友達が連れて行ってくれました。実際に本場のかき氷を試してみて、日本のかき氷とは違う豪華な盛り付け、ふわふわのかき氷に大満足でした!


【中国広州】プチプラでトレンドの服がいっぱい!公園前駅地下のショッピングモールで超お得にお買い物しちゃおう

【中国広州】プチプラでトレンドの服がいっぱい!公園前駅地下のショッピングモールで超お得にお買い物しちゃおう

中国広東省広州市は、日本と比べると物価は安めです。でも安いのは主にグルメと交通費。地価の値上がりと共にファッションアイテムは年々値上げの傾向にあり、案外日本と変わらなかったりします。今回はそんな中国広州で、地元の若者に大人気の「トレンドでしかもプチプラなお洋服がたくさん手に入る激安ショッピングスポット」をご紹介します。


芸術に触れたかったら、メキシコ「サンミゲル・デ・アジェンデ」はおすすめ!

芸術に触れたかったら、メキシコ「サンミゲル・デ・アジェンデ」はおすすめ!

芸術家やアーティストを目指す学生の街として知られているメキシコ「サンミゲル・デ・アジェンデ」。観光地としても人気で、アメリカから日本から多くの人が訪れます。メキシコ特有のカラフルな街並みに加え、どこかロマンティックでセンスが光る雰囲気が心地良い。散策で感性が磨かれていくような気分にさせられる、素敵なこの街を紹介します。


タイの軽井沢「カオヤイ」でキャンプに挑戦!カオヤイのキャンプ場には鹿がたくさん!

タイの軽井沢「カオヤイ」でキャンプに挑戦!カオヤイのキャンプ場には鹿がたくさん!

バンコクから車で3時間のところにあるカオヤイ。自然豊かなところで、タイの軽井沢なんて呼ばれているほど。今回初めてカオヤイでキャンプをしたのですが、キャンプ場にはなんと鹿がたくさん!人間慣れしている鹿さんたちとの寝泊まりは新鮮で楽しかったです。ナイトサファリなども体験したので、カオヤイキャンプをレポートしたいと思います。


【超穴場!未就学児にオススメ!】韓国ソウル近郊にある、こども職業体験テーマパーク「リッソビル」

【超穴場!未就学児にオススメ!】韓国ソウル近郊にある、こども職業体験テーマパーク「リッソビル」

ソウルのこども向けお仕事体験テーマパークと言えば、日本でもおなじみの「キッザニア」をはじめ、複数あります。こどもにとっては、普段なかなか体験することのない大人のお仕事を実際に体験できるとあって、人気が高く、どの施設も週末は混雑しています。今回は、その中でも格安で人も少なめの超穴場な施設をご紹介したいと思います。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング