総建設費はなんと17億円!プミポン前国王のために建設された天国(巨大な火葬場)が美しい

総建設費はなんと17億円!プミポン前国王のために建設された天国(巨大な火葬場)が美しい

去る10月25日~29日は、プミポン前国王の国葬の日でした。王宮前広場にて火葬が行われたのですが、一般公開が年末まで伸びたのを機に、(一般公開は11月末までの予定でしたが、12月末までに延長されています。)行ってみることにしました。火葬当日はテレビ中継を見ていましたが、実際に目の前にすると、美しさで息を呑むほどでした。


国民から愛されたプミポン前国王。別れを惜しみ、たくさんの人が涙し、王宮には連日たくさんの人が足を運び、今でもいたるところに写真が飾られています。こんなに愛された王様はいないのではないでしょうか。

昨年の10月13日に国王が死去してからというもの、人々は喪服期間に入りました。黒い服装をした人々で溢れるタイ。日が経つごとに街の中から黒い服が姿を消していった印象はありますが、皆派手な格好をしないよう気をつけていたかと思います。私も思い返せば黒い服ばかりを着ていました。現在はカジュアルな格好をしている人が多いですが、寺院や王宮、高級ホテルに行くときくらいはドレスコードを意識しましょう。

10月25日~29日、5日間にわたる国葬の儀式が行われ、火葬は10月26日。火葬当日、私は家でテレビ中継を見ていました。テレビ中継を見ているだけでも身の引き締まる思いで、自然とテレビの前でくぎづけに。日本からも、秋篠宮ご夫妻がお越しになっていました。国葬期間中には、25万人以上もの人が訪れたのだとか。

プミポン前国王のために建設された巨大な火葬場が美しい

天国をイメージしてつくられたもの

サナームルアン(王室前広場)では巨大な火葬場が建設されています。去年10月に前国王が死去した直後から建設が始まっていて、約1年の歳月をかけて完成させたものなのですが、黄金色に輝く建物は、それはそれは美しいものです。

王族が死後に戻って暮らすと信じられている、天国(ヒンズー教の世界観の軸となる黄金のメル山の上にあるもの)をイメージしてつくられたそう。「プミポン前国王のために建設された天国」なのですね。総建設費は17億円とのことで驚きです。火葬するためだけにつくられたこの建造物を見るだけでも、プミポン前国王への感謝や愛が伝わります。

どこから見ても完璧な美しさ

王宮裏に到着すると、入り口で荷物検査と服装チェックがありました。身分証明のためにパスポート提をし、パンフレットとバッチを頂きました。その後白いテントに案内されるので、指示があるまでそこで待機します。待機中はボランティアの方々が、水やお菓子を配ってくれます。しばらくして指示があり、中に入ります。

まわりにはさまざまな動物の仏像が

待ち時間はそんなにありませんでしたが、火葬場は凄い人でした。社会科見学のように、学生の団体もたくさん。パネルから、葬儀に使われた品物まで、さまざまな展示物があります。天井も装飾があったりして、どこから見ても完璧な美しさ。職人たちが気持ちを込めてつくったのでしょう。

プミポン前国王の生い立ちが解説されていたりして、歴史に触れることもできました。愛用されていたグッズなども展示されています。プミポン前国王をしのぶビデオが流れてきたときに、タイ人は涙を流しながら見ていて、私もついつい涙が溢れます。

葬儀で使われた棺

ここでの写真撮影はokですが、ビデオ撮影は禁止されていたかと思います。出口にて、入り口で配られたバッチを回収されます。

普通は火葬場で写真撮影をすることはありませんが、今回は特別で、タイ人も写真撮影をしています。タイ全土のあちこちにある寺院にも火葬場はあるものですが、カメラを向けることはありません。マナー違反というわけではありませんが、小さい頃からそう親に教えられているのだとか。火葬場だとは知らずに、写真をたくさん撮る観光客は多いですが、タイ人はあまり写真を撮りません。

暗くなるとライトアップされて幻想的

開場時間は午前7時から午後10時、ライトアップは18時からです。
昼の雰囲気も夜の雰囲気も楽しみたかったので、私はここへ2度足を運んでいます。
夜はライトアップされて幻想的な空間になりますよ。

美しい建造物

鳥肌が立つほどの美しい建造物。天国という名にふさわしく、偉大なプミポン前国王のためにあるものだと強く思いました。

すごい迫力です

一般公開終了後、この素晴らしい建物も解体が予定されているそうです。取り壊されるのは残念ですが、このような貴重な機会に居合わせることができ、誇りに思います。

この記事のライター

タイ在住5年目の専業主婦です。今でも、カルチャーショックに驚く日々。タイのおすすめ情報や、ローカルな部分をお伝えいたします。

関連するキーワード


タイ バンコク

関連する投稿


1週間のバンコク滞在でSIMは必要?バンコクで実際にSIMカード買うならどれがいい?

1週間のバンコク滞在でSIMは必要?バンコクで実際にSIMカード買うならどれがいい?

タイバンコクに滞在の際、SIMカードを購入することにしました。使用していないSIMフリーの携帯を持ち込み、それにSIMカードを入れて使用しました。私たちが選んだSIMカードは、AISという会社のものでした。この会社を選んだわけや、空港でのSIMカード購入までの流れ、実際に使用した感想などをお伝えします


タイのバンコクの交通手段にGrabはオススメか?実際に使用して見た結果は?

タイのバンコクの交通手段にGrabはオススメか?実際に使用して見た結果は?

最近、便利な交通手段にGrabタクシーがあります。スマートフォンやWiFiが整ってきているので、利用しやすい状況にあります。今回タイのバンコクでもGrabを使ってみました。その結果、使用する際に注意した方がいいと感じることも…。今回はバンコクでGrabを実際に使って、感じたことをお伝えします。


王族の旧邸宅を改装した建物の一軒家レストラン「The Gardens of Dinsor Palace」がおしゃれ!

王族の旧邸宅を改装した建物の一軒家レストラン「The Gardens of Dinsor Palace」がおしゃれ!

スクンビットのど真ん中に、とってもおしゃれなカフェレストラン「The Gardens of Dinsor Palace」があるのをご存知でしょうか?このカフェレストランは、約100年前に建てられた王族の旧邸宅を改装したもので、レトロでゴージャスな雰囲気が魅力です。最近では、結婚式なんかにも使われるほど注目されています。


気持ち良すぎて2回も通ってしまった!タイバンコクのマッサージ店をご紹介!

気持ち良すぎて2回も通ってしまった!タイバンコクのマッサージ店をご紹介!

タイに行くと多くの人がやってみたい!と楽しみにしていることの一つがタイ式マッサージではないでしょうか?今回プラトナム市場の近くにある「ChanTraditional Thai Massage」に行ってきました。リーズナブルなのに気持ち良さすぎ!なんと2回も通ってしまうという結果に…。そんなマッサージ店をご紹介します。


名前入りの小物をタイのお土産に!世界で一つだけのオリジナルパスポートケースも作れます!

名前入りの小物をタイのお土産に!世界で一つだけのオリジナルパスポートケースも作れます!

タイのバンコクではバスポートケースやポーチなど、ちょっとした雑貨に名前を彫り込んでくれるサービスのショップをあちこちで見かけました。カラフルな雑貨に自分の名前を彫り込んでもらい,好きなチャームをつけることもできます。そうやって、オリジナルの雑貨を作ることができます。そんなショップに実際に行ってきました。


最新の投稿


【スペインの城シリーズ】カソルラの山のてっぺんにある城、カスティーリョ・デ・ラス・シンコ・エスキーナス

【スペインの城シリーズ】カソルラの山のてっぺんにある城、カスティーリョ・デ・ラス・シンコ・エスキーナス

スペインの城シリーズ第8回は、私の住んでいるカソルラにある廃墟になっている城、カスティーリョ・デ・ラス・シンコ・エスキーナです。城は博物館になっているものも多いのですが、この城はただそこにある、それだけの廃墟です。周りはハーブがたくさん生えて、静かで落ち着く場所。こういう場所に来るのもなかなか素敵ですよ。


南米のボリビアの熱帯では蚊には十分気を付けたいところ!蚊対策もご紹介します。

南米のボリビアの熱帯では蚊には十分気を付けたいところ!蚊対策もご紹介します。

南米大陸の熱帯地方はアマゾンの肥沃なジャングルに囲まれていて自然がたくさんあります。そして、多種多様な動植物を垣間見ることができ世界的にも人気の観光スポットとなります。しかし、熱帯、ジャングルと聞く中で気を付けておきたいのは病気です。蚊が媒介する病気がいくつかあり予防接種が義務付けられることもあり注意が必要です。


ボリビア人も大好きな豚肉料理!休日の定番かつ豚は町でも普通に歩いているので面白いです

ボリビア人も大好きな豚肉料理!休日の定番かつ豚は町でも普通に歩いているので面白いです

南米大陸の国ボリビアは日本でも少しづつ知名度が上がってきています。経済発展を遂げていますが、まだまだ途上国です。そんなボリビアで休日の楽しみと言えば豚肉料理を味わうこと。スープで味わったり、フライや炭焼きにしたりと様々です。そして、その料理の仕方もダイナミック!豚に関しても日本と比べてより身近な存在で興味深いです。


ドイツ最古の町トリーアで歴史ある美しい街並みを堪能するためのおすすめポイント

ドイツ最古の町トリーアで歴史ある美しい街並みを堪能するためのおすすめポイント

トリーアはドイツ最古の都市と言われる、ドイツ西端に位置する町です。その街並みはとてもかわいらしく、どこか女性的。インスタ映えスポットにも事欠きません。日本で言うところの奈良のような存在、ドイツの古都トリーアの観光名所を、私が実際に行ってみ良かったと思うものに厳選してご紹介します。ぜひ次回の旅行の参考にしてください!


【ベトナム】スタバ好きな人必見!ベトナムホーチミンのスターバックスコーヒーに行ってみました

【ベトナム】スタバ好きな人必見!ベトナムホーチミンのスターバックスコーヒーに行ってみました

スタバが好きな人!?海外旅行や海外で生活をしていて、現地のカフェやレストランなどに入るのがちょっと勇気がいるな〜という時に重宝するスターバックス。スターバックスはどこの国でも大体同じドリンクがあって、店員さんが優しくて私はとても安心できます。今回はベトナムホーチミンのスターバックスの雰囲気を紹介します。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング