総建設費はなんと17億円!プミポン前国王のために建設された天国(巨大な火葬場)が美しい

総建設費はなんと17億円!プミポン前国王のために建設された天国(巨大な火葬場)が美しい

去る10月25日~29日は、プミポン前国王の国葬の日でした。王宮前広場にて火葬が行われたのですが、一般公開が年末まで伸びたのを機に、(一般公開は11月末までの予定でしたが、12月末までに延長されています。)行ってみることにしました。火葬当日はテレビ中継を見ていましたが、実際に目の前にすると、美しさで息を呑むほどでした。


国民から愛されたプミポン前国王。別れを惜しみ、たくさんの人が涙し、王宮には連日たくさんの人が足を運び、今でもいたるところに写真が飾られています。こんなに愛された王様はいないのではないでしょうか。

昨年の10月13日に国王が死去してからというもの、人々は喪服期間に入りました。黒い服装をした人々で溢れるタイ。日が経つごとに街の中から黒い服が姿を消していった印象はありますが、皆派手な格好をしないよう気をつけていたかと思います。私も思い返せば黒い服ばかりを着ていました。現在はカジュアルな格好をしている人が多いですが、寺院や王宮、高級ホテルに行くときくらいはドレスコードを意識しましょう。

10月25日~29日、5日間にわたる国葬の儀式が行われ、火葬は10月26日。火葬当日、私は家でテレビ中継を見ていました。テレビ中継を見ているだけでも身の引き締まる思いで、自然とテレビの前でくぎづけに。日本からも、秋篠宮ご夫妻がお越しになっていました。国葬期間中には、25万人以上もの人が訪れたのだとか。

プミポン前国王のために建設された巨大な火葬場が美しい

天国をイメージしてつくられたもの

サナームルアン(王室前広場)では巨大な火葬場が建設されています。去年10月に前国王が死去した直後から建設が始まっていて、約1年の歳月をかけて完成させたものなのですが、黄金色に輝く建物は、それはそれは美しいものです。

王族が死後に戻って暮らすと信じられている、天国(ヒンズー教の世界観の軸となる黄金のメル山の上にあるもの)をイメージしてつくられたそう。「プミポン前国王のために建設された天国」なのですね。総建設費は17億円とのことで驚きです。火葬するためだけにつくられたこの建造物を見るだけでも、プミポン前国王への感謝や愛が伝わります。

どこから見ても完璧な美しさ

王宮裏に到着すると、入り口で荷物検査と服装チェックがありました。身分証明のためにパスポート提をし、パンフレットとバッチを頂きました。その後白いテントに案内されるので、指示があるまでそこで待機します。待機中はボランティアの方々が、水やお菓子を配ってくれます。しばらくして指示があり、中に入ります。

まわりにはさまざまな動物の仏像が

待ち時間はそんなにありませんでしたが、火葬場は凄い人でした。社会科見学のように、学生の団体もたくさん。パネルから、葬儀に使われた品物まで、さまざまな展示物があります。天井も装飾があったりして、どこから見ても完璧な美しさ。職人たちが気持ちを込めてつくったのでしょう。

プミポン前国王の生い立ちが解説されていたりして、歴史に触れることもできました。愛用されていたグッズなども展示されています。プミポン前国王をしのぶビデオが流れてきたときに、タイ人は涙を流しながら見ていて、私もついつい涙が溢れます。

葬儀で使われた棺

ここでの写真撮影はokですが、ビデオ撮影は禁止されていたかと思います。出口にて、入り口で配られたバッチを回収されます。

普通は火葬場で写真撮影をすることはありませんが、今回は特別で、タイ人も写真撮影をしています。タイ全土のあちこちにある寺院にも火葬場はあるものですが、カメラを向けることはありません。マナー違反というわけではありませんが、小さい頃からそう親に教えられているのだとか。火葬場だとは知らずに、写真をたくさん撮る観光客は多いですが、タイ人はあまり写真を撮りません。

暗くなるとライトアップされて幻想的

開場時間は午前7時から午後10時、ライトアップは18時からです。
昼の雰囲気も夜の雰囲気も楽しみたかったので、私はここへ2度足を運んでいます。
夜はライトアップされて幻想的な空間になりますよ。

美しい建造物

鳥肌が立つほどの美しい建造物。天国という名にふさわしく、偉大なプミポン前国王のためにあるものだと強く思いました。

すごい迫力です

一般公開終了後、この素晴らしい建物も解体が予定されているそうです。取り壊されるのは残念ですが、このような貴重な機会に居合わせることができ、誇りに思います。

この記事のライター

タイ在住5年目の専業主婦です。今でも、カルチャーショックに驚く日々。タイのおすすめ情報や、ローカルな部分をお伝えいたします。

関連するキーワード


タイ バンコク

関連する投稿


タイの軽井沢「カオヤイ」でキャンプに挑戦!カオヤイのキャンプ場には鹿がたくさん!

タイの軽井沢「カオヤイ」でキャンプに挑戦!カオヤイのキャンプ場には鹿がたくさん!

バンコクから車で3時間のところにあるカオヤイ。自然豊かなところで、タイの軽井沢なんて呼ばれているほど。今回初めてカオヤイでキャンプをしたのですが、キャンプ場にはなんと鹿がたくさん!人間慣れしている鹿さんたちとの寝泊まりは新鮮で楽しかったです。ナイトサファリなども体験したので、カオヤイキャンプをレポートしたいと思います。


タイのバンコク旅行で水上マーケットツアーに参加してみました!船の上での売り買いが面白い!

タイのバンコク旅行で水上マーケットツアーに参加してみました!船の上での売り買いが面白い!

タイのバンコクに行った時、水上マーケットに参加しました。一度は行ってみたいと思っていた水上マーケットの様子はやはりとても活気があり、興味深いものでした。船の上で料理したり、船を上手に操ったりするタイ人のパワーはステキです!そんな水上マーケットの様子や感想についてご紹介します。


水掛け容赦なし!水掛け祭りの日に複合エンターテインメント施設「アジアンティーク」に行ってみた

水掛け容赦なし!水掛け祭りの日に複合エンターテインメント施設「アジアンティーク」に行ってみた

4月のソンクラーンの時期に、タイへ旅行に行く人は多いですよね。4月のタイといえば、「水掛け祭り」です。もともとソンクラーンとはタイにおける旧正月のことですが、「ソンクラーン=水掛祭り」として日本人にも認識されているようです。今年のソンクラーンはアジアティークに行ってみたので、水掛け祭りの様子などもあわせてお伝えします。


美しすぎるビーチが広がるタイのリペ島!タイなのにマレーシアから行くべき理由とは?

美しすぎるビーチが広がるタイのリペ島!タイなのにマレーシアから行くべき理由とは?

タイには数々の美しい島があることで知られています。その中でも特に美しいと言われているのが、リペ島です。リペ島はタイの島ですが、リペ島に行く為にはマレーシアから行くほうが良いと言われています。その訳とは?実際のリペ島への行き方とは?筆者も絶対にリピートしたい、と感動したリペ島についてご紹介します!


マレーシアにはSPF130++++の日焼け止めが!常夏の島での日焼け対策にオススメの日焼け止めクリームとは?

マレーシアにはSPF130++++の日焼け止めが!常夏の島での日焼け対策にオススメの日焼け止めクリームとは?

マレーシアやタイなどの東南アジアには綺麗な島が数多くあり、観光客が大自然を楽しんでいます。綺麗な海で時間を過ごすのはとても楽しいのですが、忘れてはならないのが日差し!ビーチに照りつける太陽の日差しは想像以上に強く、、注意しないと火傷をすることに…。そんな太陽の日差し対策にオススメの日焼け止めクリームをご紹介します!


最新の投稿


日本にも進出して大人気?韓国ソウルで本場の雪氷(ソルビン)に行ってきました!

日本にも進出して大人気?韓国ソウルで本場の雪氷(ソルビン)に行ってきました!

韓国は豪華なかき氷デザートが有名ですが、今回、韓国の明洞で、「Korean Dessert Cafe(コリアンデザートカフェ)雪氷(ソルビン)」に行ってきました。このお店はローカルの友達が連れて行ってくれました。実際に本場のかき氷を試してみて、日本のかき氷とは違う豪華な盛り付け、ふわふわのかき氷に大満足でした!


【中国広州】プチプラでトレンドの服がいっぱい!公園前駅地下のショッピングモールで超お得にお買い物しちゃおう

【中国広州】プチプラでトレンドの服がいっぱい!公園前駅地下のショッピングモールで超お得にお買い物しちゃおう

中国広東省広州市は、日本と比べると物価は安めです。でも安いのは主にグルメと交通費。地価の値上がりと共にファッションアイテムは年々値上げの傾向にあり、案外日本と変わらなかったりします。今回はそんな中国広州で、地元の若者に大人気の「トレンドでしかもプチプラなお洋服がたくさん手に入る激安ショッピングスポット」をご紹介します。


芸術に触れたかったら、メキシコ「サンミゲル・デ・アジェンデ」はおすすめ!

芸術に触れたかったら、メキシコ「サンミゲル・デ・アジェンデ」はおすすめ!

芸術家やアーティストを目指す学生の街として知られているメキシコ「サンミゲル・デ・アジェンデ」。観光地としても人気で、アメリカから日本から多くの人が訪れます。メキシコ特有のカラフルな街並みに加え、どこかロマンティックでセンスが光る雰囲気が心地良い。散策で感性が磨かれていくような気分にさせられる、素敵なこの街を紹介します。


タイの軽井沢「カオヤイ」でキャンプに挑戦!カオヤイのキャンプ場には鹿がたくさん!

タイの軽井沢「カオヤイ」でキャンプに挑戦!カオヤイのキャンプ場には鹿がたくさん!

バンコクから車で3時間のところにあるカオヤイ。自然豊かなところで、タイの軽井沢なんて呼ばれているほど。今回初めてカオヤイでキャンプをしたのですが、キャンプ場にはなんと鹿がたくさん!人間慣れしている鹿さんたちとの寝泊まりは新鮮で楽しかったです。ナイトサファリなども体験したので、カオヤイキャンプをレポートしたいと思います。


【超穴場!未就学児にオススメ!】韓国ソウル近郊にある、こども職業体験テーマパーク「リッソビル」

【超穴場!未就学児にオススメ!】韓国ソウル近郊にある、こども職業体験テーマパーク「リッソビル」

ソウルのこども向けお仕事体験テーマパークと言えば、日本でもおなじみの「キッザニア」をはじめ、複数あります。こどもにとっては、普段なかなか体験することのない大人のお仕事を実際に体験できるとあって、人気が高く、どの施設も週末は混雑しています。今回は、その中でも格安で人も少なめの超穴場な施設をご紹介したいと思います。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング