2018年末まで閉鎖予定!香港旅行前にチェックしたいあの「アベニュー・オブ・スターズ」の今

2018年末まで閉鎖予定!香港旅行前にチェックしたいあの「アベニュー・オブ・スターズ」の今

この夏香港旅行を計画している人は必見!実は今、あの有名な「アベニュー・オブ・スターズ」が閉鎖中なんです。前回の香港旅行で、筆者は事前に情報チェックをしなかったがために近隣に移転した展示物に気付かず、見損なってしまいました。今回は、「元アベニュー・オブ・スターズ」の今の様子と展示物の移転先についての情報をお届けしますね。


香港映画ファンは必見!「アベニュー・オブ・スターズ」とは?

元来のアベニュー・オブ・スターズとは?

「アベニュー・オブ・スターズ(星光大道)」は、香港映画業界のスターたちの活躍をたたえるために建造され、香港映画ファンにとっての聖地と言っても過言ではない場所です。位置は、これまでMTR尖沙咀東駅出口のすぐ近くとなっていました。

スターの手形や名前が刻まれた記念プレートには、香港映画界を代表する超大物俳優はもちろんのこと、映画監督やスター歌手たちのものもあり、その数なんと100枚以上。ハリウッドで活躍するジャッキー・チェーンやブルース・リーは日本でも有名過ぎるくらいの大物ですね。

アベニュー・オブ・スターズには手形の他にも、彼らのブロンズ像や関連オブジェが幾つもあり、これまで記念撮影の格好の場所となってきました。専用ショップがあり、香港映画関連のキーホルダーやポストカード、フィギュアを手に入れることができます。

ここには素敵なスタバその他カフェがあり、休憩にももってこいです。海あり映画ありの香港旅行では外せない観光スポット、それがアベニュー・オブ・スターズ。では、今はどんな状況なのでしょうか?

MTR尖沙咀東駅を出ると、海が見えてきました!

新たに誕生した「ガーデン・オブ・スターズ」と「スターギャラリー」とは?

常に観光客で賑わうアベニュー・オブ・スターズは、尖沙咀東部海濱公園(プロムナード)の一角にあったのですが、2015年10月よりプロムナードの改修工事のため閉鎖されることとなりました。でもご安心ください。貴重な展示物は撤去されてしまったわけではなく、ただ移転しただけです。

移転先は「ガーデン・オブ・スターズ(星光花園)」と「スターギャラリー(星光影廊)」と呼ばれる新スポットです。アクセスはやはりMTR尖沙咀東駅からでOKで、J出口付近の地下鉄駅内(つまり地下)にスターギャラリーが設置されています。

スターギャラリーでは、様々なパネルから年代順に香港映画の歴史を見ることができます。当時の映画ポスターなど興味深い展示パネルがたくさん用意されているので、じっくり見てみましょう。

「彼」に会いに香港へ来たという人もきっといるはず。

またMTR尖沙咀東駅のP1出口を出ると、ガーデン・オブ・スターズに出ることができます。手形の記念パネルは選りすぐりの20枚のみとなっていますが、大人気のブルース・リーのブロンズ像は健在ですし、相変わらず写真撮影にうってつけのスポットです。

このように、今でも従来のアベニュー・オブ・スターズとはそれ程離れていない場所で新しいガーデン・オブ・スターズとスターギャラリーを楽しむことができます。

ただ、これらの情報なしにプロムナードへと出かけた私は、どちらも見つけることができませんでした。「工事中みたいだから、きっと今はやってないんだね」と思ってしまって(汗)。この夏香港へ行く計画のある方は、是非お見逃しのないように!

閉鎖中のアベニュー・オブ・スターズ近辺は今

それではここからは、閉鎖中の元アベニュー・オブ・スターズの近辺はどうなっているのか、見所や風景などを簡単にご紹介していきますね。

※「今」としていますが、写真は全て2017年7月末のものです。

海が見えるレストランバー。

MTR尖沙咀東駅から海沿いを西に進んで行くと、オシャレなレストランやカフェが幾つかあります。美しいビクトリアハーバーを眺めながらのお食事なんて、贅沢ですね!私たち夫婦は、こんな所で潮風を感じながらゆっくりしたいね〜と言いながらも今回は素通りしてしまいました(笑)

歓迎サインの中には日本語も。

上の写真のサインは、アベニュー・オブ・スターズ移転後に登場したもののようです。この時下調べをしていなかった私たちには何のことやらわかりませんでしたが、ガーデン・オブ・スターズやスターギャラリーの宣伝ですね。

階段を上った先では、綺麗なビクトリアハーバーをすぐ間近で見ることができますよ。(この時点で、アベニュー・オブ・スターズがあった辺りが工事中になっているらしいということに気が付きました。)

スターギャラリーとガーデン・オブ・スターズの案内。

上の写真の表示をよく見ると、スターギャラリーの所にSUBWAYと書いてありますね。恐らくここから近くの地下鉄出口を探せば、スターギャラリーを見つけることができたのでしょう。

ただ未だに謎なのが、ガーデン・オブ・スターズの矢印の方向に進んでも、それらしきものを見つけることができませんでした。外国では、日本と違って往々にして「親切丁寧な表示」がありません。

私たちは今回これが目当てで香港に来たわけではない(以前も見たことがあるので)のでまだ良かったのですが、現地に行っても何故か有名観光地やガイドブックに載っているような有名店が見つからないということはよくあります。必ず事前に調査するようにしましょうね。

海沿いには超一流のリゾートホテルも。

上の写真は、シーサイドにあるインターコンチネンタルホテルです。まぎれもない五つ星ホテルで、何と言ってもビクトリアハーバーの真正面に位置しています。「絶景」のスイートルームが数多く用意されているそうです。

立地のみならずサービスにも定評があり、ここは香港が誇る超一流ホテルの一つなんですよ。インターコンチネンタルホテル、一度泊まってみたいものです。

「崇光」とは一体?実は、私たちがよく知っているデパートです。

こちらの物々しいビルには、日本人には馴染み深いあのお店が入っています。中国語で「崇光」となっていて、一見宗教系の建物なのかなと思わせるネーミングではありますが・・・実はこれは、香港SOGOです。

食料品を含め、日本の物を扱っている貴重なスポットとなっています。ただ、尖沙咀(チムサーチョイ)のSOGOはあまり規模は大きくないようです。香港人や観光客に人気の化粧品売り場が充実しているものの、銅羅湾(コーズベイウェイ)のSOGOの方が見応えがあります。

プロムナードに続いていきます

従来のアベニュー・オブ・スターズは、プロムナード(尖沙咀東部海濱公園)の一部分でした。しばらく工事中スペースに阻まれて綺麗な海が見えなかったのですが、ここからは今でも気持ちの良い海沿いを散策することができますよ。

可愛らしいカーショップ。

簡単に移動できるカーショップタイプのお店が幾つかあります。上の写真のお店は、肉中心のサンドやフライドチキン、フランクフルトなど軽食を販売しています。メインメニューは48ドル~52ドル程(*約669円~724円)です。

他に香港らしい屋台もあって、肉まんや餃子、マンゴースイーツなど提供しています。どれも小腹に良さそうな軽めのメニューで、お値段はスイーツであれば20ドル(約279円)前後、点心は28ドル~46ドル(約390円~641円)程です。

この辺りは観光客だけでなく、海風に当たりながらこうした軽食を楽しんでいる地元の人も多いように見受けられました。

この日は、この位置で記念撮影する人が多くいました。

レトロなパネルの前で記念撮影をする人々が数人います。私の住む中国でのあるあるなんですが、あまり一緒に写真を撮りたいとは思えない物の前で記念撮影をしている人がかなり多くいます。このパネルも、よく見たらちょっと怖いですよね?

好みの問題かもしれませんが、中国の人はちょっとうつろな目をした微妙なキャラクターでも問題ないようで、見ていて面白いです。(上の写真の人々が香港人なのか中国からの旅行客なのかはわかりません。)

花嫁さんを発見!

プロムナード入口付近で純白のドレスに身を包んだ花嫁さんを発見しました。ビクトリアハーバーは香港の顔ですからね!最近では日本でも増えてきているのかもしれませんが、こういった自然が美しい場所や有名な観光地で結婚記念の撮影をする人は珍しくありません。

中国では、オシャレスポットや綺麗な公園では同じ日に何組もの結婚間近カップルが撮影をしているということもよくあります。香港でも似たような感じなのかな?面白いですね。

「アベニュー・オブ・スターズの今」まとめ

アベニュー・オブ・スターズが見たい!そのために香港に行く!という人は、この夏はガーデン・オブ・スターズとスターギャラリーに行ってみましょう。何度でも強調しますが、必ず下調べしてから行くようにしてくださいね。

どうしてもブルース・リーに会いたい!かの有名なスターの手形が見たい!というわけではない場合は、一部工事中ではありますが、従来どおりのプロムナードを散策しても十分楽しめると思いますよ。美しい海と香港らしいビル群は健在ですからね。

どうにも物悲しそうなシロクマ像を発見。

いよいよ今年の年末には改修工事が終了する予定です。アベニュー・オブ・スターズもさらにパワーアップして復活するのでしょうか?映画ファンの期待はすでに高まっていることでしょう!

考えようによっては、今現在のガーデン・オブ・スターズとスターギャラリーはここ数年間だけのかなりレアなスポットとなり得ます。今年は、この超レアなスポットを狙って香港旅行を計画してみるのもありではないでしょうか?どうぞ、この夏独特の香港を楽しんでくださいね。

*記事内のレートは全て2018年6月のものです。

この記事のライター

中国広東省広州市に住む30代主婦です。今の目標は広東語をマスターすること!大好きな広州を、楽しく詳しくレポートしていきます★

関連するキーワード


香港

関連する投稿


ただ飛行機に乗るだけじゃ勿体ない!香港国際空港第二ターミナル(出発ロビー階)でチェックしたい香港土産や利用できるサービスとは?

ただ飛行機に乗るだけじゃ勿体ない!香港国際空港第二ターミナル(出発ロビー階)でチェックしたい香港土産や利用できるサービスとは?

日本人に人気のある都市香港。香港旅行で必ずお世話になるのが、香港国際空港ですね。実はこの香港空港(第二ターミナル)には、出発ロビー階だけでもショッピングモール並みにお店があるんです。ただ飛行機に乗るためだけに利用するなんて勿体ない!香港空港内のサービスをしっかり活用して、旅の最後に素敵なお土産をゲットしちゃいましょう。


最新の投稿


コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

インドネシアはコーヒーの生産量・輸出量が世界第三位です。コーヒー栽培は植民地支配していたオランダが持ち込んだものですが、インドネシアの気候にあい地域や各島ごとに特徴あるコーヒーが作られています。国内のコーヒーメーカーも多く、インドネシア人が気軽に楽しむ、インドネシア独特の飲み方のコーヒーから、若いオーナーがこだわってブレンドしたコーヒーを出すカフェ、インスタ映えするお洒落カフェまで様々です。おなじみスターバックスでもインドネシア各地のコーヒー豆を使ったコーヒーもだされているので、ジャカルタにきたらコーヒー好きの人には天国です。インドネシアのお土産として最適なコーヒーや、幻のコーヒー、今話題のカフェなどを紹介します。


人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

自然いっぱいのマウイ島を満喫するために自転車をレンタルしてみました!出だし好調でしたが思った以上に登り坂が多く苦戦!運動不足の足が悲鳴をあげながら、美しい海と平原を冒険してきました!今回はラハイナ地区のマップ、マウイ島でのバイクレンタルの価格、またサイクリング中に見つけた美しい景色の写真などを紹介します。


街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

ベトナムのハノイとホーチミンの間にダナンというベトナム第3位の都市があります。ダナンから南にバスで1時間ほどの場所に、ホイアンという街があります。ホイアンはとても小さな街ですが、街中が世界遺産になっていて、建物がとにかくとても可愛いんです!歩くだけでもとても楽しい気分になるので、街歩きが大好きな人にぴったりの場所です。


【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

広州観光と言ったらやっぱり広州タワーです。でも一見して広州タワーの周りって、大きな広場とちょっとした出店の他はみんなオフィスビル。広州タワーの近くでお食事やお茶できる場所ってないの?実は、広州タワーの「真下」にたくさんのグルメスポットがあるんですよ。今回は、広州タワー観光時に役立つ地下街に関する情報をまとめていきます。


スープを頼むともれなくパンがついてくるカフェとは?シンガポールのcedeleで休憩してきました!

スープを頼むともれなくパンがついてくるカフェとは?シンガポールのcedeleで休憩してきました!

今回cedeleというカフェに行ってきました。シンガポールのあちこちに展開しているチェーン店です。テーブルでカフェラテを飲みながら休んでいると、多くの人が共通のものを注文していることに気づきました。テーブルにある、大きなボールと美味しそうなパン。このカフェの面白いシステムについてご紹介します。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング