ミラノの邸宅美術館 vol.2【Museo Bagatti Valsecchi 〜19世紀の貴族の邸宅〜】

ミラノの邸宅美術館 vol.2【Museo Bagatti Valsecchi 〜19世紀の貴族の邸宅〜】

現地の美術高校、デザイン大学を卒業したミラノ在住者がおすすめする隠れスポット、それは邸宅美術館!貴族や資産家の邸宅だった建物が美術館として解放されているので普通のの美術館とはまた違う面白さがあります。そんな個性豊かな邸宅美術館たちをひとつずつ紹介!今回は1900年代のミラノの貴族が住んでいた館です。


ミラノの貴族が住んでいた邸宅

私の個人的おすすめミラノスポット、それが邸宅美術館。前回のミラノの邸宅美術館 vol.1では1900年代初期の個人美術コレクターの元邸宅について書きましたが今回紹介するのは元貴族の館が美術館となったバガッティ・ヴァルセッキ美術館(Museo Bagatti Valsecchi)。
1900年代にFausto BagattiとGiuseppe Bagattiという兄弟が主に住んでいたBagatti一族の邸宅がそのまま美術館となっています。
この邸宅は1974年まで住まわれていて1994年から邸宅美術館として一般公開されました。

ミラノ市内で高級なブティック立ち並ぶ通りとして有名なモンテナポレオーネ通りとスピーガ通りを結んでいる通り(Via Gesù 5)に位置します。モンテナポレオーネ通りは観光名所でもあるので賑やかな通りですがそこから少し入るだけで、急に静かなになりおごそかな雰囲気が出てきます。
入り口はこちら。旗が出ているのですぐに分かるはずです。

Via Gesù 5の入り口

建物を見てみると1900年代よりももっとクラシカルな雰囲気を感じます。それもそのはず、彼らは1500年代中期の邸宅の雰囲気を再現するため、建物のファサードをネオルネッサンス様式で新しく作ったのです。

ルネッサンス期の骨董で揃えられた館内

中に入ると豪華な階段がお出迎え。

館内はBagatti兄弟が当時住んでいた頃とほぼ同じ状態で保管されている貴重な空間となっています。

1891年にイタリアが統一されたその後、自国の歴史を見直そうという動きが起こり、富裕層の間でルネッサンス期の骨董品の収集が流行しました。その影響もありこの館に置かれている家具、絵画、家具、絨毯、陶器、武具、宝飾品などの収集品はほとんどが1400年代〜1500年代のものとなっています。

どれも芸術的、歴史的価値の高いものばかりですが中でもジョヴァンニ・ベッリーニ作の"サンタ・ジュスティーナ”などは必見です。

さすが貴族の邸宅だけあって重厚感があります。

デコラティブな天井と壁。

こういった貴族の館が美術館になっているところはその建物のディテールにいちいち感動してしまいます。壁や天井のデコレーション、色の組み合わせがどの部分を見ても絶妙でデザインをやっている私にとって邸宅美辞術館はインスピレーションの宝庫。

廊下にならぶ鎧たち。

まるでお城の中のような鎧をはじめとする武器類のコレクションもすごい数でその迫力に圧倒されてしまいます。

この美術館では日本語オーディオガイドも付いてくるので事前に調べておかなくとも建物の歴史から各部屋の詳細、さらにそれぞれの調度品について知ることができるので嬉しい。

コルティーレと呼ばれる中庭は細かなタイルがモザイクとなって流動的な模様を作っています。写真ではわかりにくいですが広い面積に敷き詰められていて迫力があります。

館内の観覧できる部屋は全部で14個あります。観覧時間の目安はじっくり見学したとして1時間強を見ておいた方がいいかもしれません。モンテナポレオーネ界隈でのお買い物の際、ぜひ足を運んで見てはいかがでしょうか。

閉館日をしっかりチェック!

この美術館はいつも割と空いています。予約は不要ですが開館時間が変則的であったり閉館日(下記参照)も多いので訪れる際は公式サイト等をご覧ください。
価格は大人1人9ユーロですが、水曜日は6ユーロになります。 大学生とシニア(65歳以上)は6ユーロ。6歳から18歳は2ユーロ。5歳以下の子供は無料となります。日本語のオーディオガイドはチケットを購入する際に言えばサービスでつけてもらえます。

Museo Bagatti Valsecchi
住所:Via Gesu 5 20121 milano
Tel:0276006132
HP:www.museobagattivalsecchi.org
開館時間:13:00-17:45
定休日:月曜日
閉館日:1月1日、1月6日、復活祭、復活祭月曜、4月25日、5月1日、6月2日、8月15、11月1日、12月7、8、25、26日

この記事のライター

フリーランスデザイナー・ライターのaikaです。15歳からミラノに住んでいます。現地のライフスタイルや観光情報をお届けします!

関連するキーワード


イタリア ミラノ

関連する投稿


ボローニャ旧市街で観光するなら知っておきたいディープな情報をご紹介します!

ボローニャ旧市街で観光するなら知っておきたいディープな情報をご紹介します!

学生の町として有名なボローニャは、日本人にはあまり馴染みのない町かもしれません。ですが実は隠れた名所や、それにまつわる数々のエピソードが語り継がれている興味深い町なんです。超有名都市間の移動途中に立ち寄ることのできる便利なポジションを利用して、コンパクトにボローニャの町を楽しむためのポイントをご紹介したいと思います!


アマルフィ海岸を見に行こう!カプリ島などの周辺スポット情報も一緒にお届け!

アマルフィ海岸を見に行こう!カプリ島などの周辺スポット情報も一緒にお届け!

イタリアの南西部、ティレニア海に面する美しい海岸線アマルフィ。ユネスコ世界遺産にも登録された、断崖絶壁に立ち並ぶカラフルな家々と青い海と花々が織りなすコントラストは、この地域でしかお目にかかることのできない絶景です。この記事ではそんなアマルフィ海岸を訪れる際に知っておきたい基本情報とおすすめスポットをご紹介します!


ミラネーゼ御用達!毎週2回パピニアーノ通りで開催される庶民派マーケットMercato di Papinianoに潜入!

ミラネーゼ御用達!毎週2回パピニアーノ通りで開催される庶民派マーケットMercato di Papinianoに潜入!

ミラノ市内では毎日どこかしらで青空市が開催されています。今日はその中でもサンタンブロージョ・サンタゴスティーノ地区で開かれている大規模な市場Mercato di Papiniano(メルカート・ディ・パピニアーノ)について紹介していきます!


ミラノでも美味しい本格ナポリピッツァが食べられる!2017年にオープンしたばかりのCAPUANO’S(カプアーノズ)をレポート!

ミラノでも美味しい本格ナポリピッツァが食べられる!2017年にオープンしたばかりのCAPUANO’S(カプアーノズ)をレポート!

イタリア旅行の楽しみといえば美味しいピッツァを食べること!という人も多いのではないでしょうか。イタリアのピザでも色々な種類がありますが、やはりふわふわもちもちな王道なピザで一番人気なのはナポリ風。今回はナポリまで行かずともミラノで食べられる美味しいナポリピッツァのレストランをご紹介いたします!


1865年開業ミラノの老舗百貨店La Rinascente(ラ・リナシェンテ)を徹底解説!

1865年開業ミラノの老舗百貨店La Rinascente(ラ・リナシェンテ)を徹底解説!

ミラノの1番の観光スポット大聖堂Duomoの横に位置する老舗百貨店La Rinascente(ラ・リナシェンテ)は面積は小さいながらも全部で9フロアあり見応え十分。自分へのご褒美や大切な人へのプレゼント、人へのばら撒き用のお土産を探すのにも最適なスポット。フロアごとの紹介から観光中のトイレ情報まで書いていきます!


最新の投稿


ボリビア人も大好きな豚肉料理!休日の定番かつ豚は町でも普通に歩いているので面白いです

ボリビア人も大好きな豚肉料理!休日の定番かつ豚は町でも普通に歩いているので面白いです

南米大陸の国ボリビアは日本でも少しづつ知名度が上がってきています。経済発展を遂げていますが、まだまだ途上国です。そんなボリビアで休日の楽しみと言えば豚肉料理を味わうこと。スープで味わったり、フライや炭焼きにしたりと様々です。そして、その料理の仕方もダイナミック!豚に関しても日本と比べてより身近な存在で興味深いです。


ドイツ最古の町トリーアで歴史ある美しい街並みを堪能するためのおすすめポイント

ドイツ最古の町トリーアで歴史ある美しい街並みを堪能するためのおすすめポイント

トリーアはドイツ最古の都市と言われる、ドイツ西端に位置する町です。その街並みはとてもかわいらしく、どこか女性的。インスタ映えスポットにも事欠きません。日本で言うところの奈良のような存在、ドイツの古都トリーアの観光名所を、私が実際に行ってみ良かったと思うものに厳選してご紹介します。ぜひ次回の旅行の参考にしてください!


【ベトナム】スタバ好きな人必見!ベトナムホーチミンのスターバックスコーヒーに行ってみました

【ベトナム】スタバ好きな人必見!ベトナムホーチミンのスターバックスコーヒーに行ってみました

スタバが好きな人!?海外旅行や海外で生活をしていて、現地のカフェやレストランなどに入るのがちょっと勇気がいるな〜という時に重宝するスターバックス。スターバックスはどこの国でも大体同じドリンクがあって、店員さんが優しくて私はとても安心できます。今回はベトナムホーチミンのスターバックスの雰囲気を紹介します。


【プレママ~幼児編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

【プレママ~幼児編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

海外の子供用品って色合いが華やかだったり、日本にはないセンスがあったりとってもかわいいですよね(^^)オーストラリアの子供用品も日本お洒落でインスタ映えしそうなものがたくさんあるんです!今回は実際にお友達のお土産を買うために調べ回った私が選んだオススメ商品(プレママ~幼児向け)を4つご紹介いたします。


海のない国ならではの独特の魚たち!ボリビアでこそ食べられる魚と魚料理の数々!

海のない国ならではの独特の魚たち!ボリビアでこそ食べられる魚と魚料理の数々!

ボリビアは南米大陸の海のない内陸国として知られています。どうしても海産物が流通するにはハンデとなります。国民の多くが魚ではなく牛肉や鶏肉を食べているという現実もあり魚は高級品です。そんな中、ボリビアにはチチカカ湖やアマゾン川という川の幸があります。海魚ではなく川魚を手に入れることができ味わえます。ボリビアのお魚とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング