ミラノの邸宅美術館 vol.2【Museo Bagatti Valsecchi 〜19世紀の貴族の邸宅〜】

ミラノの邸宅美術館 vol.2【Museo Bagatti Valsecchi 〜19世紀の貴族の邸宅〜】

現地の美術高校、デザイン大学を卒業したミラノ在住者がおすすめする隠れスポット、それは邸宅美術館!貴族や資産家の邸宅だった建物が美術館として解放されているので普通のの美術館とはまた違う面白さがあります。そんな個性豊かな邸宅美術館たちをひとつずつ紹介!今回は1900年代のミラノの貴族が住んでいた館です。


ミラノの貴族が住んでいた邸宅

私の個人的おすすめミラノスポット、それが邸宅美術館。前回のミラノの邸宅美術館 vol.1では1900年代初期の個人美術コレクターの元邸宅について書きましたが今回紹介するのは元貴族の館が美術館となったバガッティ・ヴァルセッキ美術館(Museo Bagatti Valsecchi)。
1900年代にFausto BagattiとGiuseppe Bagattiという兄弟が主に住んでいたBagatti一族の邸宅がそのまま美術館となっています。
この邸宅は1974年まで住まわれていて1994年から邸宅美術館として一般公開されました。

ミラノ市内で高級なブティック立ち並ぶ通りとして有名なモンテナポレオーネ通りとスピーガ通りを結んでいる通り(Via Gesù 5)に位置します。モンテナポレオーネ通りは観光名所でもあるので賑やかな通りですがそこから少し入るだけで、急に静かなになりおごそかな雰囲気が出てきます。
入り口はこちら。旗が出ているのですぐに分かるはずです。

Via Gesù 5の入り口

建物を見てみると1900年代よりももっとクラシカルな雰囲気を感じます。それもそのはず、彼らは1500年代中期の邸宅の雰囲気を再現するため、建物のファサードをネオルネッサンス様式で新しく作ったのです。

ルネッサンス期の骨董で揃えられた館内

中に入ると豪華な階段がお出迎え。

館内はBagatti兄弟が当時住んでいた頃とほぼ同じ状態で保管されている貴重な空間となっています。

1891年にイタリアが統一されたその後、自国の歴史を見直そうという動きが起こり、富裕層の間でルネッサンス期の骨董品の収集が流行しました。その影響もありこの館に置かれている家具、絵画、家具、絨毯、陶器、武具、宝飾品などの収集品はほとんどが1400年代〜1500年代のものとなっています。

どれも芸術的、歴史的価値の高いものばかりですが中でもジョヴァンニ・ベッリーニ作の"サンタ・ジュスティーナ”などは必見です。

さすが貴族の邸宅だけあって重厚感があります。

デコラティブな天井と壁。

こういった貴族の館が美術館になっているところはその建物のディテールにいちいち感動してしまいます。壁や天井のデコレーション、色の組み合わせがどの部分を見ても絶妙でデザインをやっている私にとって邸宅美辞術館はインスピレーションの宝庫。

廊下にならぶ鎧たち。

まるでお城の中のような鎧をはじめとする武器類のコレクションもすごい数でその迫力に圧倒されてしまいます。

この美術館では日本語オーディオガイドも付いてくるので事前に調べておかなくとも建物の歴史から各部屋の詳細、さらにそれぞれの調度品について知ることができるので嬉しい。

コルティーレと呼ばれる中庭は細かなタイルがモザイクとなって流動的な模様を作っています。写真ではわかりにくいですが広い面積に敷き詰められていて迫力があります。

館内の観覧できる部屋は全部で14個あります。観覧時間の目安はじっくり見学したとして1時間強を見ておいた方がいいかもしれません。モンテナポレオーネ界隈でのお買い物の際、ぜひ足を運んで見てはいかがでしょうか。

閉館日をしっかりチェック!

この美術館はいつも割と空いています。予約は不要ですが開館時間が変則的であったり閉館日(下記参照)も多いので訪れる際は公式サイト等をご覧ください。
価格は大人1人9ユーロですが、水曜日は6ユーロになります。 大学生とシニア(65歳以上)は6ユーロ。6歳から18歳は2ユーロ。5歳以下の子供は無料となります。日本語のオーディオガイドはチケットを購入する際に言えばサービスでつけてもらえます。

Museo Bagatti Valsecchi
住所:Via Gesu 5 20121 milano
Tel:0276006132
HP:www.museobagattivalsecchi.org
開館時間:13:00-17:45
定休日:月曜日
閉館日:1月1日、1月6日、復活祭、復活祭月曜、4月25日、5月1日、6月2日、8月15、11月1日、12月7、8、25、26日

この記事のライター

フリーランスデザイナー・ライターのaikaです。15歳からミラノに住んでいます。現地のライフスタイルや観光情報をお届けします!

関連するキーワード


イタリア ミラノ

関連する投稿


生ハムの町パルマは観光地としても魅力的!イタリアの食と芸術を贅沢に味わおう!

生ハムの町パルマは観光地としても魅力的!イタリアの食と芸術を贅沢に味わおう!

イタリアはエミリア・ロマーニャ州に位置している小都市パルマ。生ハムやパルメザンチーズで有名なこの町は、観光地としても見所たっぷりです。イタリアの伝統文化や芸術の底力を感じさせてくれるこの町で、食、美術、音楽、ショッピングまで、イタリアの良さを短期集中で上手に堪能するために、私の個人的なおすすめポイントをご紹介します!


ミラノ近郊都市ベルガモのオリオ・アル・セリオ空港で楽しめるショッピング!

ミラノ近郊都市ベルガモのオリオ・アル・セリオ空港で楽しめるショッピング!

オリオ・アル・セリオ空港は、格安航空会社専用ともいえる空港ですが、空港内でのショッピングに関しては大型の有名空港と比較してもなんら遜色ありません。イタリアならではのとってもオシャレなショップたちがギュッと詰め込まれているので、効率よく回れます。この記事では、私が特に気に入っている空港内のショップをいくつかご紹介します!


斜塔だけじゃないピサの魅力をご紹介!空港アクセスや食事情、ショッピングも!

斜塔だけじゃないピサの魅力をご紹介!空港アクセスや食事情、ショッピングも!

ピサと言えばピサの斜塔で有名なイタリア屈指の観光地ですが、実は斜塔以外にも見所はたくさんあります。それぞれ毛色の違ったレストランでトスカーナ州のグルメに舌鼓を打ったり、プチプラ・ショッピングを楽しんだり、美しい歴史的建造物を訪れたりしながら、斜塔までの道のりを最大限に楽しむためにおすすめのスポットをご紹介します!


ボローニャ旧市街で観光するなら知っておきたいディープな情報をご紹介します!

ボローニャ旧市街で観光するなら知っておきたいディープな情報をご紹介します!

学生の町として有名なボローニャは、日本人にはあまり馴染みのない町かもしれません。ですが実は隠れた名所や、それにまつわる数々のエピソードが語り継がれている興味深い町なんです。超有名都市間の移動途中に立ち寄ることのできる便利なポジションを利用して、コンパクトにボローニャの町を楽しむためのポイントをご紹介したいと思います!


アマルフィ海岸を見に行こう!カプリ島などの周辺スポット情報も一緒にお届け!

アマルフィ海岸を見に行こう!カプリ島などの周辺スポット情報も一緒にお届け!

イタリアの南西部、ティレニア海に面する美しい海岸線アマルフィ。ユネスコ世界遺産にも登録された、断崖絶壁に立ち並ぶカラフルな家々と青い海と花々が織りなすコントラストは、この地域でしかお目にかかることのできない絶景です。この記事ではそんなアマルフィ海岸を訪れる際に知っておきたい基本情報とおすすめスポットをご紹介します!


最新の投稿


スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人にとって一番大事な食べ物といえばパンです。食事には必ずパンが必要。料理を味わうためにも、味があまりないパンで一度口をリセットします。料理の風味を大事にするために、絶対バターは使いません。常に料理の味が第一というのがスペインの考え方です。そんな大事なパンを紹介するイベントがカソルラでありました。


日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

南米ボリビアはまだまだ途上国です。それは観光業においても同じで、数年前に世界一観光客に不親切な国として第一位に輝いたという不名誉な記録もあります。それだけ観光客に対しても観光スポットに対してもまだまだ上手に向き合えていないという現状があります。それで隠れた秘境がたくさんあるボリビアのチョチスといいう観光スポットをご紹介


となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

最近、広州市内で得体の知れない可愛い生き物を発見しました。中国語表記によると、その名は「龙猫(ロンマオ)」。ロンマオってまさかあのトトロのことでは?いやいや、いくら中国でもトトロがペットショップにいるわけがないでしょう・・・今回はそんないきさつで調べたロンマオと、広州市にあるロンマオ専門ショップの様子をレポートします。


ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクそのものに観光に行こうと思う日本人は多くはないかもしれませんが、ヨーロッパを旅する際に大活躍してくれる数多くのLCCが乗り入れているため重宝するのが、ルクセンブルクのフィンデル空港です。観光大国である周辺の国々とアクセスが良好の、フィンデル空港利用の際に知っておきたいことを、私個人の経験からご紹介します!


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング