足を踏み入れたらそこは非日常的空間。世界中のお洒落さんが目指してくるミラノのセレクトショップ「10 Corso Como」

足を踏み入れたらそこは非日常的空間。世界中のお洒落さんが目指してくるミラノのセレクトショップ「10 Corso Como」

ミラノの数あるセレクトショップの中でも1番の名声を持つであろうショップ「10 Corso Como(ディエチ・コルソ・コモ)」。「生活のなかでのあらゆるデザインの美しいもの、質の良いものを」というコンセプトを掲げておりファッション、フード、音楽、アート、デザイングッズなどのハイセンスなものが集まるコンセプトストアです。


モードの都ミラノ

パリ、ロンドン、ニューヨークと並んで世界の中でファッションの最先端を走っていると言われているミラノ。しかし、実際その中に住んでいるととても穏やかで、昔ながらの文化や生活がまだ強く残っているので、本当にここがファッションの最先端の街なのかな、と時々思ってしまうくらいちょっと田舎臭い部分もあるミラノ。

でもやっぱりミラノ市内にはファッションに敏感なスポットも数多く存在し、そういうところへ足を運ぶと「あぁやっぱりモードの都なのだな」と感じざるを得ません。今回はミラノの数あるブティックの中でも私のお気に入りのセレクトショップのひとつ、「10 Corso Como(ディエチ・コルソ・コモ)」を紹介したいと思います。

ハイセンスな空間で非日常的体験を

お店は、その名の通りCorso Como (コモ通り)の10番に位置しています。

10 Corso Comoの入り口。

入り口は小さく通りからは中も見えないようになっているので少し入りにくい雰囲気。しかし、ここに人が吸い込まれるかのようにどんどん入っていきます。入り口を通って奥に進んでいくと広々としたボタニカルな空間が広がり、ついさっきまでいた外の世界とは切り離されたような感覚になります。

まず最初に目に入るのはゆったりとした開放的なカフェ。アイアントガラス、グリーンの調和がなんとも心地の良い空間を作り出しています。

カフェスペース

ここはセレクトショップとして有名ですが、カフェやブックショップ、アートギャラリーも併設されているコンセプトストアなのです。

左側がセレクトショップの店内の入り口、さらに左の階段を上るとブックショップとアートギャラリーがあります。

10 Corso Comoは1991年にオーナーである Carla Sozzani (カルラ ソッツァーニ)によってオープンしました。今でもヴォーグイタリアの編集長をはじめ、世界中のデザイナーやバイヤー、モデルがミラノを訪れた際には必ず立ち寄る大人気のセレクトショップとして知られています。店内はプラダ、グッチ、セリーヌ、コムデギャルソン、ヨージヤマモトなど、Carla Sozzoniによって選ばれたハイセンスな一流品ばかりが揃っています。

店内のディスプレイの一部

さらに洋服だけでなくアクセサリー類、陶器などのオブジェも販売されていて、そのどれもが洗練されていてセンス良く配置された店内はまるでアートギャラリーのよう。

有名デザイナーが手掛ける10 Corso Comoのシグニチャーであるホワイト&ブラックの”サークル”のグラフィックがほどこされたオリジナル商品も人気で、バッグやTシャツ、傘に缶バッチなど幅広く展開されておりミラノ土産としても人気です。

カジュアルだけれどシックなオリジナル商品たち。

セレクトショップは商品のほぼ全てが高級品のため気軽にショッピングできる場所では到底ないのですが店内で物色しているだけで楽しめる非日常的空間になっています。

2階に併設されている本屋さんもおすすめ

そして10 Corso Comoの中で私の本当のおすすめは2階に併設されている本屋さんです。

もちろんここも普通の本屋ではなく、アート、建築、デザイン、写真などの専門書が並ぶ「本のセレクトショップ」。思わず表紙買いしてしまいそうになるインパクトのある写真集や置くだけでインテリアの一部になりそうなシックなファッション誌など、イタリアをはじめとする世界中のクリエイティブな本が集まっています。日本のものだと草間彌生の本が人気だそうです!

ずらりと並ぶ素敵な表紙。

本だけでなくインテリア雑貨や文房具、CDなども置いてあり見応え十分。ここに訪れると時間が止まったようにずっと居れてしまいます。

本屋の奥のインテリアコーナー。

カルチャーと商業の調和

お店のコンセプトは、「生活のなかでのあらゆるデザインの美しいもの、質の良いものを」。カルチャーと商売の調和を通じてファッション、フード、音楽、アート、ライフスタイル、デザイングッズなどをまるで1冊の雑誌を編集するように集められています。私自身デザイナーとしても活動しているのでここはインスピレーションの宝庫と言っても過言ではありません。
買わなくても見るだけでも何かを得られるような、そんなお店のような気がします。

アクセスは地下鉄の緑線(M2)と紫線(M5)が通るガリバルディ駅から徒歩3分となっています。このガリバルディ界隈はミラノの中でもハイセンスなお店が多く並んでいるのでお散歩にもおすすめのエリアです。また、近年ミラノでは珍しい高層ビルなども建ってきている地域でもあるので新旧の建築が交わる景色はとても興味深いです。

ミラノに来た際はぜひ訪れてみてください!ライフスタイルの新しいヒントが見つかるかもしれません。

10 Corso Como(ディエチ・コルソ・コモ)
住所:Corso Como 10 – 20154 milano Italy
定休日なし (月: 15:30-19:30 火金土日: 10:30-19:30 水木: 10:30-21:00)
tel:+39 02654831
site:http://www.10corsocomo.com/

この記事のライター

フリーランスデザイナー・ライターのaikaです。15歳からミラノに住んでいます。現地のライフスタイルや観光情報をお届けします!

関連するキーワード


イタリア ミラノ

関連する投稿


生ハムの町パルマは観光地としても魅力的!イタリアの食と芸術を贅沢に味わおう!

生ハムの町パルマは観光地としても魅力的!イタリアの食と芸術を贅沢に味わおう!

イタリアはエミリア・ロマーニャ州に位置している小都市パルマ。生ハムやパルメザンチーズで有名なこの町は、観光地としても見所たっぷりです。イタリアの伝統文化や芸術の底力を感じさせてくれるこの町で、食、美術、音楽、ショッピングまで、イタリアの良さを短期集中で上手に堪能するために、私の個人的なおすすめポイントをご紹介します!


ミラノ近郊都市ベルガモのオリオ・アル・セリオ空港で楽しめるショッピング!

ミラノ近郊都市ベルガモのオリオ・アル・セリオ空港で楽しめるショッピング!

オリオ・アル・セリオ空港は、格安航空会社専用ともいえる空港ですが、空港内でのショッピングに関しては大型の有名空港と比較してもなんら遜色ありません。イタリアならではのとってもオシャレなショップたちがギュッと詰め込まれているので、効率よく回れます。この記事では、私が特に気に入っている空港内のショップをいくつかご紹介します!


斜塔だけじゃないピサの魅力をご紹介!空港アクセスや食事情、ショッピングも!

斜塔だけじゃないピサの魅力をご紹介!空港アクセスや食事情、ショッピングも!

ピサと言えばピサの斜塔で有名なイタリア屈指の観光地ですが、実は斜塔以外にも見所はたくさんあります。それぞれ毛色の違ったレストランでトスカーナ州のグルメに舌鼓を打ったり、プチプラ・ショッピングを楽しんだり、美しい歴史的建造物を訪れたりしながら、斜塔までの道のりを最大限に楽しむためにおすすめのスポットをご紹介します!


ボローニャ旧市街で観光するなら知っておきたいディープな情報をご紹介します!

ボローニャ旧市街で観光するなら知っておきたいディープな情報をご紹介します!

学生の町として有名なボローニャは、日本人にはあまり馴染みのない町かもしれません。ですが実は隠れた名所や、それにまつわる数々のエピソードが語り継がれている興味深い町なんです。超有名都市間の移動途中に立ち寄ることのできる便利なポジションを利用して、コンパクトにボローニャの町を楽しむためのポイントをご紹介したいと思います!


アマルフィ海岸を見に行こう!カプリ島などの周辺スポット情報も一緒にお届け!

アマルフィ海岸を見に行こう!カプリ島などの周辺スポット情報も一緒にお届け!

イタリアの南西部、ティレニア海に面する美しい海岸線アマルフィ。ユネスコ世界遺産にも登録された、断崖絶壁に立ち並ぶカラフルな家々と青い海と花々が織りなすコントラストは、この地域でしかお目にかかることのできない絶景です。この記事ではそんなアマルフィ海岸を訪れる際に知っておきたい基本情報とおすすめスポットをご紹介します!


最新の投稿


スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人にとって一番大事な食べ物といえばパンです。食事には必ずパンが必要。料理を味わうためにも、味があまりないパンで一度口をリセットします。料理の風味を大事にするために、絶対バターは使いません。常に料理の味が第一というのがスペインの考え方です。そんな大事なパンを紹介するイベントがカソルラでありました。


日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

南米ボリビアはまだまだ途上国です。それは観光業においても同じで、数年前に世界一観光客に不親切な国として第一位に輝いたという不名誉な記録もあります。それだけ観光客に対しても観光スポットに対してもまだまだ上手に向き合えていないという現状があります。それで隠れた秘境がたくさんあるボリビアのチョチスといいう観光スポットをご紹介


となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

最近、広州市内で得体の知れない可愛い生き物を発見しました。中国語表記によると、その名は「龙猫(ロンマオ)」。ロンマオってまさかあのトトロのことでは?いやいや、いくら中国でもトトロがペットショップにいるわけがないでしょう・・・今回はそんないきさつで調べたロンマオと、広州市にあるロンマオ専門ショップの様子をレポートします。


ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクそのものに観光に行こうと思う日本人は多くはないかもしれませんが、ヨーロッパを旅する際に大活躍してくれる数多くのLCCが乗り入れているため重宝するのが、ルクセンブルクのフィンデル空港です。観光大国である周辺の国々とアクセスが良好の、フィンデル空港利用の際に知っておきたいことを、私個人の経験からご紹介します!


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング