レンタカー運転者必見!メルボルンの交通ルールを知ろう!日本では見慣れない標識やルールについて

レンタカー運転者必見!メルボルンの交通ルールを知ろう!日本では見慣れない標識やルールについて

メルボルンはトラムや電車での移動が便利な都市ではありますが、郊外へ行くなら車が便利!レンタカーでの移動を予定している人も多いのでは?「道路は広いし、日本と同じ左側通行だから余裕!!」なんて思っていたら大間違い!メルボルンシティ内にある日本では見慣れない標識や交通ルールをご紹介します。


道路に書かれた見慣れないサイン??

1、緑色の部分は避けて走って!自転車専用レーン

メルボルンCBDの道路の両脇や停止線の近くには、写真のような緑色に塗られた部分があります。さて、この部分はどうして色が塗られているのでしょうか。あなたが運転者なら、黒い車と同じ位置で止まりますか?緑の枠の中に止まりますか?

謎の緑に塗られたスペース、、、

実はこれ自転車用のスペースなのです。バイク便が盛んで自転車の交通量が多いメルボルン。安全のため自転車用のスペースが設けられています。
緑色の道路に白色で自転車の絵が描かれていることが多いのですが、ただ緑に塗られているだけの道路もあり、そこだけ見てしまうと何かわかりません。

この写真の場合、車の停止線は白い線ですので、間違えて停止線を超え、緑の部分に停車しないよう注意しましょう。

※例外※
下記のような場合は自転車専用レーンを走行できます。
・交差点の50メートル手前から右折するまで
・右折待ちの車を追い越す場合
・他の車の進行妨害を避けるため(車の故障等) など

道路の左端レーン上に右折マーク??オーストラリアの二段階右折“HOOK TURN(ホックターン)”

交差点の真ん中でよく見るこのマークには要注意!

右折する場合、日本の交差点では、「まず右端のレーンに車線変更し交差点の中心付近で停止、対向車を確認して右折」が常識ですが、ここメルボルンでは違います。

この標識がある一部の交差点では“Hook Turn(ホックターン)”と呼ばれる右折方法をしなければなりません。

この標識が見えたらホックターンの準備をしましょう!

“Hook Turn(ホックターン)”の右折方法

① 左端のレーンに車線変更し、右折の指示器を出します。
② 交差点にゆっくり進入し、信号が変わるまで先ほどご紹介したマークのところで待機します。
(上記の図では、二つめの車の場所です。)
③ 進行方向の信号が青に変わったら素早く右折します。

右に曲がりたいのに一度左に寄るというのは日本人の感覚からすると妙な感じがします。実はオーストラリア内でもこの方法をとっているのはメルボルンのみ。ではどうしてメルボルンではこのような右折方法をとっているのでしょうか。

“Hook Turn(ホックターン)”をする理由

それは、メルボルンを代表する交通機関”トラム(路面電車)”に関係しています。
道路の中央をトラムが走るメルボルンでは、道路の中央に近い右車線で右折待ちをするとトラムと接触してしまったり通行を妨げてしまう危険性があります。毎日数多くのトラムが行きかっているメルボルンでは、事故や進行妨害で遅延してしまうことは各方面へ大きな影響を及ぼします。
そのため、トラムのスムーズな運転を妨げないよう”Hook Turn(ホックターン)”という右折方法がとられているそうです。

ほかの州から来たオーストラリア人の友人もやはり最初は戸惑ったと言っていました。私も街を歩いていて、間違った右折方法をとろうとしてクラクションを鳴らされている車を何度か見たことがあります。後ろの車は、まさか交差点の真ん中で停止すると思っていないので、危うく事故になるところでした。多くの方が戸惑う”Hook Turn(ホックターン)"皆さんも十分に気を付けてください。

メルボルンは信号も少し違う!?

メルボルンを走っているともうひとつ気が付くことがあります。それは”信号”について。

車向けの信号はどこ?

信号が見当たらない??

上記の写真をみて気が付くことはありますか?

そう、日本のように信号機が道路の真上までせり出していないのです。
撮影場所から30メートルほどのところに横断歩道があるのですが、日本のような信号機がないためわかりづらいですね。
歩道の端で赤色を灯している信号が、この道路の車向けの信号です。

日本人は車向けの信号は車道の上に飛び出しているものだという思い込みがあるため、特に注意して運転しなければなりません。

車向けの信号はどれ??

さて、信号機が日本とは少し異なる場所にある可能性を理解していただけたかと思いますが、残念ながら、見つけられたら安心というわけではありません。メルボルンの初見殺しの信号機をご紹介いたします。

どれを見ればいいの!?

歩行者用の信号と同じ位置にあることから、この信号も日本と同じ位置にはないことがわかっていただけるかと思います。注意深く運転し、見つけた信号機に六つのライトがあり、赤と青の両方のライトが灯っていた場合あなたらどうしますか?

この信号は、”赤信号なので止まる”が正解です。
左側の赤いライトにはトラムの”T"の字が書かれており、トラム専用の信号機になります。車を運転される皆様は右側の三つのライトに従って通行してください。

まとめ

同じ向きに二つの信号機が!?どちらが車向けか一瞬で判断するのは難しいですね。。

メルボルン特有の交通ルールをいくつかご紹介いたしましたがいかがでしたか?
メルボルンCBD内は特に交通量・人通りが多く、特有の交通ルールの他にもトラムを降りた乗客の飛び出しなど注意すべき箇所がたくさんあります。慣れないかたはCBD内は避けて通られることをお勧めいたします。

ご紹介しきれませんがこのほかにも日本と異なる交通ルールはたくさんあります。必ず、運転される前にしっかりと予習し、事故のない楽しい旅になさってください。

この記事のライター

オーストラリア在住(^^)ケアンズ、ブリスベン、メルボルン、アデレードなどオーストラリア中の情報をご紹介!

関連するキーワード


メルボルン

関連する投稿


オーストラリア最大のショッピングセンター”チャドストーンショッピングセンター”へ行こう♪

オーストラリア最大のショッピングセンター”チャドストーンショッピングセンター”へ行こう♪

”チャドストーンショッピングセンター(Chadstone shopping centre)"を知っていますか?オーストラリア最大550店舗以上のお店が入っていて、お買い物を楽しむならココが一番!メルボルン市内から20分、しかも無料で行ける方法を詳しくご紹介します!


うどんの出汁が疲れた身体に染み渡る!!メルボルンのうどん屋さん“UDONYASAN(うどん屋さん)”

うどんの出汁が疲れた身体に染み渡る!!メルボルンのうどん屋さん“UDONYASAN(うどん屋さん)”

旅行に来たからには現地のご飯を楽しみたいですが、慣れない食事で胃がもたれてきたり、体調不良で日本食が恋しくなったりすることもありますよね。そんなときは“UDONYASAN(うどん屋さん)”がオススメ!その名の通りうどんを提供しているお店です。安く、美味しいうどんが食べられると現地の日本人から大好評です!


フリンダース駅から無料トラムで2駅!家族旅行ならメルボルン水族館へ行こう!

フリンダース駅から無料トラムで2駅!家族旅行ならメルボルン水族館へ行こう!

今回は、メルボルンの観光名所のひとつ"メルボルン水族館(SEA LIFE MELBOURNE AQUARIUM)"を現地から潜入レポート致します!メルボルン水族館の魅力や館内のお子様が楽しめるスポットなどをピックアップしてご紹介!家族連れにイチオシの観光スポットです!


主要駅の一つメルボルン・セントラル(melbourne central)駅から徒歩5分以内!便利で美味しい軽食スポット4選!

主要駅の一つメルボルン・セントラル(melbourne central)駅から徒歩5分以内!便利で美味しい軽食スポット4選!

今回は、観光客なら一度は通るメルボルン・セントラル駅の改札から5分以内にある軽食スポットをご紹介いたします。「空港から着いたところで今日くらいはホテルでゆっくりしたい」『1日中歩き回ってもうご飯を食べに行く元気がない』「朝出かける前にちょっとした軽食を買いたい」そんな時に便利なお店です。


最新の投稿


全世界共通ではない!?中国広州のケンタッキー(KFC)でおススメの美味しいご当地中華メニューとは?

全世界共通ではない!?中国広州のケンタッキー(KFC)でおススメの美味しいご当地中華メニューとは?

真っ赤な看板と白髪老人の笑顔。中国広東省の広州市には、数え切れないほど多くのケンタッキー・フライドチキンがあります。もう何年も前から、ケンタッキーは中国社会にも受け入れられているようです。今回は、中国版ケンタッキーの日本にはないおススメ中華メニューや中国旅行時の中国ケンタッキー活用方法をレポートしていきたいと思います。


タイのバンコクで、オーダーメードに憧れている人にオススメ!トニーカスタムメードでサンダルを作ってきました!

タイのバンコクで、オーダーメードに憧れている人にオススメ!トニーカスタムメードでサンダルを作ってきました!

タイは、良質なレーザー商品を比較的安く購入することができる場所として知られています。日本で革製品のオーダーメードというとハードルが高く感じますが、タイでは日本に比べてリーズナブルな値段でオーダーメードできてしまうんです。今回は、そんなオーダーメードの店、トニーカスタムメード(Tony Custom Made)で実際にサンダルをオーダーメードしてみました。サンダルが出来上がるまでは?出来上がったサンダルの感想は?お伝えします。


狎鴎亭(アックジョン)で無料で暇つぶし!現代(ヒョンデ/ヒュンダイ)モータースタジオソウル

狎鴎亭(アックジョン)で無料で暇つぶし!現代(ヒョンデ/ヒュンダイ)モータースタジオソウル

ソウルの高級エリア、狎鴎亭(アックジョン)。整形外科や皮膚科、ハイセンスなブティックなどが立ち並ぶ女性観光客には人気のエリア。しかし、カップルや家族での旅行の場合、男性や子供は時間を潰すのに苦労しそうなエリアでもあります。今回、ご紹介するのは「現代(ヒョンデ/ヒュンダイ)モータースタジオソウル」です。


観光でオランダに来たら必ず通る、アムステルダム中央駅を徹底解剖してみました!

観光でオランダに来たら必ず通る、アムステルダム中央駅を徹底解剖してみました!

アムステルダム中央駅には、ただ通過するだけではもったいない充実した設備があります。建物の外装や内装のインテリア、おいしいレストランやゆっくりできるカフェ、話題のオーガニック素材を扱ったグッズのショッピングなど、隠された見どころもたくさんあります。ぜひ見学して自分なりの楽しみ方でエンジョイしてください♪


クマさんが目印!「ひろケーキカフェ」でふわっふわの美味しいパンケーキを食べてみよう!

クマさんが目印!「ひろケーキカフェ」でふわっふわの美味しいパンケーキを食べてみよう!

タイ人は辛いものが好きなイメージが強いですが、甘いものもだいすきで、おいしいスイーツショップもたくさんあります。バンコクの数あるスイーツショップの中でも、とくに人気があるお店の一つに「ひろケーキカフェ」があります。ひろケーキカフェは店名もメニューも日本語なので、日本人としては、なんだかホッとできる場所でもあります。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング