【カナダ・トロントの絶品グルメ】行列嫌いのカナダ人も並ばせる!ガッツリなのにヘルシーなサラダランチ

【カナダ・トロントの絶品グルメ】行列嫌いのカナダ人も並ばせる!ガッツリなのにヘルシーなサラダランチ

北米の料理と聞くとオイリーな物を想像しがちがですが、健康志向の人も増えている現在ではヘルシーなメニューも人気を集めています。トロントにもヘルシーなサラダが山盛りでガッツリ食べられる上に安いという人気ランチスポットがあり、カナディアンも連日行列を作るほど。この記事ではそんな人気グルメスポットについてご紹介します。


トロントの(とってもしょぼい)地下鉄2路線が交差するYonge(ヤング)とBloor(ブロア)エリア。どこに行くにも便利な立地とあってコンドミニアムの建設ラッシュが続いています。そして、オフィスビルが多く、ランチタイムになるとお客さんの争奪戦が始まる場所でもあります。

そんなランチ激戦区にあって、行列嫌いのカナダ人も並ばせるほど人気のランチスポットがあるんです。その理由はヘルシーなのにガッツリ&コスパも最高というこれ以上望めないほど完璧なお店であること。今回はそんなランチスポットをご紹介したいと思います。

お店の名前は「Salad House(サラダハウス)」

お店の外観。地下鉄の出口を出るとすぐ目の前です。

お店があるのは東西に走るBloor(ブロア)通りから1本南にあるHayden(ハイデン)通りを入ってすぐのところです。間口は5メートルほどの小さいお店に入ると、壁にはお店を紹介した新聞記事(大分古いですが…)や、いろんなウェブサイトのランキングで入賞したプレートなどが貼られています。

紹介された新聞記事。

壁に沿っていくつかテーブルが設置してありますが、基本はテイクアウトのお店です。特にランチタイムはこの小さなスペースに人がぎっしり詰めかけますのであまり落ち着いて食べることもできません。持ち帰ってゆっくり食べるのがおすすめです。

とっても清潔なキッチン。

買う時に嬉しいのはキッチンが奥まで見渡せること。名前の通りサラダがウリのお店ですから気になるのは清潔度ですよね。キッチンを覗いていると、人気のお店ですので食材の回転がとにかく速く、新しい食材が常に補充され続けていますし、少し手の空いたスタッフの人はこまめに掃除をするというすばらしさ。気持ちよく買い物ができるステキなキッチンです。

いろいろ揃った魅力的なランチメニュー

ランチメニュー

サラダハウスの一番の魅力はランチメニューです。メニューは次の5種類で、どれにもライス、House Salad(ハウスサラダ)、Tabbouleh(タブリ)、Hummos(ハムス) かTaziki(タジキ)がついてきます。

1.Grilled Chicken Breast(鶏むね肉のグリル) 8ドル99セント
2.Grilled Chicken Breast on Skewer(鶏むね肉のグリルの串焼き) 8ドル99セント
3.Grilled Beef Filet on Skewer(ビーフの串焼き) 8ドル99セント
4.Lamb on a Skewer(ラムの串焼き) 8ドル99セント
5.Gyro(ギロ) 7ドル99セント
6.Chicken Shawerma(鶏肉のシャワルマ) 小が8ドル99セント 大が11ドル95セント

まずは、どのメニューを頼んでも一緒についてくるライス、House Salad(ハウスサラダ)、Tabbouleh(タブリ)、Hummos(ハムス) かTaziki(タジキ)について説明したいと思います。

まずはライス…といっても、そのまま普通のライスなのでそれはとばして、House Salad(ハウスサラダ)からご紹介します。

新鮮な野菜

この写真でフレッシュなトマトやキュウリ、ひよこ豆、アボカドなどが見えますが、これをサンドイッチのサブウェイのお店のように自分で組み合わせてSaladにできるんです。もちろん全部入れてもOK!私は迷わず全部入れてもらいます。

Tabbouleh(タブリ)とは、タブーリとも表記されることがある中東のサラダです。日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、上の写真の左下に見えている緑のサラダで、メインの食材はなんとパセリ。脇役に甘んじがちなパセリを主役に持ってくるというと日本人からすると不思議な感じがしますが、パセリの独特の風味が生きた栄養価満点のサラダです。

Hummos(ハムス)とは、フムスとも表記されることがありますが、ひよこ豆をすりつぶした料理です。茹でたひよこ豆をすりつぶし、オリーブオイルやニンニクなどを加えて仕上げます。中東ではピタと呼ばれるナンのようなパンにつけて食べるのが一般的のようですが、カナダでは野菜スティックと食べたり、トルティーヤと食べることも多いです。

Taziki(タジキ)は、元の音をカタカナで表記するのが難しいので、日本ではザジキ、ツァツキ、ツァジキなどなど本当に多様な表記のされ方をされているようです。タジキは、簡単に言うとヨーグルトで作ったソースのことです。羊やヤギのヨーグルトを水切りし、そこにニンニクやキュウリ、オリーブオイルなどを加えて作ります。写真でいうと右下に写っている白いものがタジキです。

実は、メニューには、Hummos(ハムス) かTaziki(タジキ)を選ぶように書いてあるのですが、迷っていると大体「両方入れる?」と言ってもらえるので「お願いします!」と即答して両方入れてもらっています。いつもなのかサービスしてもらっているのかは不明です…。

これらのサラダやライス、ソースがこれでもかと言うぐらいにどっさり山盛りにされた上に乗るのが鶏肉やギロなどの肉類です。

鶏むね肉のグリル

この写真のはメニューの1番目、鶏むね肉のグリルです。斜め上から写真を撮っているので山盛り加減が分かりにくいですが、蓋がぎりぎり閉まるぐらいまでてんこ盛りになっているのが分かるでしょうか?鶏肉はきちんとジューシーに仕上げてあり、焼き目が程よい感じです。

ちなみに右下に見えるのがTabbouleh(タブリ)、右上に見えるのがHummos(ハムス)です。上にかかっているオレンジのソースは辛いのでお好みで調整してもらえます。

ギロ

もう1つご紹介するのはメニューの5番目のGyro(ギロ)です。ギロとはギリシャ語で「回転」と言う意味で、日本でケバブ屋台で見かけるあのゆっくり回りながら調理されるケバブと同じです。ちなみにギロはギリシャ語ですが、ケバブはアラビア語で、指しているものは同じです。

おすすめメニューはこれ!売り切れる前にどうぞ

山盛りのシャワルマ。通常サイズのフォークと比べてください!

そして私がこちらのサラダハウスで一番おすすめするのがメニューの6番目にあるChicken Shawerma(鶏肉のシャワルマ)です。シャワルマとは、先に紹介したギロやケバブのアラブ地域での呼び方で、指しているものはほぼ同じです。つまり、ケバブとギロとシャワルマとは、ほぼ同じものを異なる言語で表したもので、食べ方や付け合わせはやや違うものの、ほぼ同じような調理方法だといえます。

そしてこのお店のシャワルマのポイントは、ゆっくり回って調理されている状態のお肉を注文を受けてからそぎ落とし、鉄板の上で外側をカリッと焼いて仕上げてくれるというところ。すべてのお店でやっているわけではないこの工程ですが、やるのとやらないのとでは仕上がりが全然違います!

お店の前にずっと張り付いて統計を取ったわけではありませんが、私がお店に入る時に聞き耳を立てている感じでは、全体の6割ぐらいのお客さんがこのシャワルマを注文しているように思います。

また、サイズにも注目です!写真のシャワルマは大サイズなのですが、冗談抜きで片手では持てないぐらいの重量感です。サイズ比較のためにフォークを置いてみましたが、これでボリュームのすごさが分かりますでしょうか?ちなみに私は完食にはほど遠く、7割ほどでいつもギブアップです。

このシャワルマを目当てにサラダハウスに行く時には、ぜひランチタイムの早い時間に行ってください。12時少し前からランチのラッシュが始まりますが、2時を過ぎていくと売り切れていることがあります。

他にもヘルシーメニューがたくさん

このカウンター越しに注文します。

私がサラダハウスに行く時は、まっしぐらにシャワルマ、売り切れている時にはギロという風に決まっているので他のメニューを試したことがないのですが、各種サラダもありますし、スープもあります。トルティーヤで具材を巻いたラップサンドも15種類ほどあり、以前、職場の人の分なのか大量に持ち帰っている人を見たことがあります。

最後にお店の基本情報を少し…

椅子が少しあるので店内で食べることも可能です。

サラダハウスがあるのは、最初にも少し触れましたが、Yonge(ヤング)通りとBloor(ブロア)通りの交差点から1本南に入ったHayden(ハイデン)通りです。地下鉄のYonge/Bloor(ヤング/ブロア)駅のHayden(ハイデン)出口から出るとすぐ目の前にお店があります。

営業時間は月曜日から金曜日までの午前11時から午後5時までです。土曜日と日曜日はお休みです。クレジットカードやデビットカードは使えず、現金のみです。

この記事のライター

常夏の東南アジア某国で数年を過ごしたのちにワーホリでふらっとやってきたのは極寒のカナダ・トロント。最近、一児の母になりました。

関連するキーワード


カナダ トロント

関連する投稿


〔カナダトロント〕日本では安くて学生にも人気の高いボーリング!トロントではあんまり聞かないボーリング、その理由とは!?

〔カナダトロント〕日本では安くて学生にも人気の高いボーリング!トロントではあんまり聞かないボーリング、その理由とは!?

日本では、学生の遊びと言ったらとにかくボーリングかカラオケ、会社でボーリング大会があるところも多いと思います。それほど日本ではメジャーな遊びですが、カナダトロントではあまり聞かないし、ボーリング場もほとんど見ません。が、先日友だちに誘ってもらって、行くことができました!今回は、その体験談をご紹介します。


[カナダ・トロントの絶品グルメ]味付けは全部自分で!?モンゴリアングリルはいろんな麺料理の食べ放題レストラン

[カナダ・トロントの絶品グルメ]味付けは全部自分で!?モンゴリアングリルはいろんな麺料理の食べ放題レストラン

カナダのトロントにあるモンゴリアングリルというレストランは、麺料理の具材を自分で選ぶことができるだけでなく、味付けまで自分でするというスタイルの食べ放題レストランです。野菜たっぷりでスパイシーな卵麺でとか、お肉がっつり系のうどんで韓国スタイルになどなど、自分で好きなようにアレンジできる楽しいレストランをご紹介します。


[カナダ・トロント]子どもドロップインセンターレポート!ヨークビル図書館編:図書館の入り方やプログラムの内容をご紹介

[カナダ・トロント]子どもドロップインセンターレポート!ヨークビル図書館編:図書館の入り方やプログラムの内容をご紹介

子どもが少し大きくなると挑戦してみたいのがドロップインセンター。無料プログラムもたくさんあるので活用したいですが、心配なのは英語。子ども向けの手遊びなんて日本語でも知らないのに英語でなんてどうしようと心配になっている方向けに今回はヨークビル図書館で行われているドロップインについて詳しい内容なども含めてご紹介します。


〔カナダトロント〕チョコレート好きには堪らない!絶品ホットチョコレートが飲めるトロントのチョコレート屋さん!

〔カナダトロント〕チョコレート好きには堪らない!絶品ホットチョコレートが飲めるトロントのチョコレート屋さん!

カナダトロントでチョコレートと言えばSOMAchocolatemaker(ソーマチョコレートメーカー)が有名ですが、今回は知る人ぞ知る、隠れた名店!?おしゃれでおいしいチョコレートが楽しめる、トロントのチョコレート屋さんSOUL CHOCOLATE(ソウルチョコレート)をご紹介します!


〔カナダトロント〕図書館でただ勉強するだけじゃもったいない!?ライブラリーカードで最大限に活用!

〔カナダトロント〕図書館でただ勉強するだけじゃもったいない!?ライブラリーカードで最大限に活用!

カナダトロントには、本当にたくさんの図書館があります。日本人の留学生も平日の夕方や土日には利用しているひともたくさんいると思います。実は、ライブラリーカードを作ると、勉強するだけじゃなくて、いろいろな便利なしくみがあるんです。今回は、ライブラリーカードの作り方から便利なしくみをまとめてご紹介します!


最新の投稿


スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人にとって一番大事な食べ物といえばパンです。食事には必ずパンが必要。料理を味わうためにも、味があまりないパンで一度口をリセットします。料理の風味を大事にするために、絶対バターは使いません。常に料理の味が第一というのがスペインの考え方です。そんな大事なパンを紹介するイベントがカソルラでありました。


日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

南米ボリビアはまだまだ途上国です。それは観光業においても同じで、数年前に世界一観光客に不親切な国として第一位に輝いたという不名誉な記録もあります。それだけ観光客に対しても観光スポットに対してもまだまだ上手に向き合えていないという現状があります。それで隠れた秘境がたくさんあるボリビアのチョチスといいう観光スポットをご紹介


となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

最近、広州市内で得体の知れない可愛い生き物を発見しました。中国語表記によると、その名は「龙猫(ロンマオ)」。ロンマオってまさかあのトトロのことでは?いやいや、いくら中国でもトトロがペットショップにいるわけがないでしょう・・・今回はそんないきさつで調べたロンマオと、広州市にあるロンマオ専門ショップの様子をレポートします。


ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクそのものに観光に行こうと思う日本人は多くはないかもしれませんが、ヨーロッパを旅する際に大活躍してくれる数多くのLCCが乗り入れているため重宝するのが、ルクセンブルクのフィンデル空港です。観光大国である周辺の国々とアクセスが良好の、フィンデル空港利用の際に知っておきたいことを、私個人の経験からご紹介します!


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング