【本場広州より飲茶特集】点心の代表格ショーロンポー!熱々で肉汁スープたっぷりショーロンポーの正しい食べ方をマスターしよう

【本場広州より飲茶特集】点心の代表格ショーロンポー!熱々で肉汁スープたっぷりショーロンポーの正しい食べ方をマスターしよう

「食は広州にあり!」中国広東省の広州市より、本場の広東料理をご紹介します。今回は、特に広東料理の中でも人気の「飲茶」特集第一回として、ショーロンポーの正しい食べ方をお伝えしていきます。飲茶の前にしっかりコツをマスターしておけば、いざ本場のショーロンポーをいただく時に、その美味しさを無駄なく丸ごと楽しむことができますよ。


「食在广州!(食は広州にあり!)」というのは本当です。中国広東省の広州市には、美味しい広東料理のお店がいっぱい!B級グルメから高級広東料理まで様々ですが、どれもこれも日本人の舌にも合う絶妙のお味なんです。もちろん地元広州人の中にも、グルメな人がたくさんいます。

ショーロンポーは一番手前の点心ですよ。本場飲茶で食べるショーロンポーは最高です!

中でもやっぱり飲茶は絶品!でも今回は、飲茶に行く前にマスターしておきたい「ショーロンポーの正しい食べ方」をレポートします。正しい食べ方?そうなんです。ショーロンポーは他の点心と違って、上手に食べないとその美味しさのほとんどを味わえず終わってしまう危険があるんです。

そうならないためにも、ここでショーロンポーの正しい食べ方をしっかりマスターしておきましょう。コツを知ってさえいれば、そんなに難しくはありませんよ。では、まずはショーロンポーそのものについて見ていきましょう。

実はショーロンポーは広州のものではなく、上海発なんです

実は、ショーロンポーは広州発祥の食べ物ではありません。同じ中国の上海が発祥地と言われています。中国語普通話では「小龙包(日本語の漢字では小籠包)」と書き、発音は「シャオロンバオ」となります。他に「小籠包子」(「包子」とは、中国語で肉まんなどのこと)と呼ばれることもあります。

本場中国広東省広州市での飲茶の様子。

ショーロンポーは、薄い皮の中に具の豚挽肉と熱々のスープが入っている特徴ある点心です。そのため、地域によっては「小籠湯包」(中国語で「湯」はスープの意味)と言うこともあるようです。

後程写真付きで解説しますが、ショーロンポーを食べるにあたって、「このスープをいかに無駄にしないか」が最大のポイントとなってくるんですよ。

広州飲茶でショーロンポーはもはや「当たり前」

ショーロンポーは上海のものとご紹介しましたが、もはやそんなことは関係ありません。ここ広州でも、いつでも美味しいショーロンポーを食べることができますよ。ただし、大抵ネーミングは「上海小籠包」となっていますね。やっぱりショーロンポーの本場は上海なのでしょう。

飲茶のメニューにも、写真付きで載せられている上海小籠包。

本場ではないものの、広州人もショーロンポーが大好きです。その証拠に、広州の食のシンボルとも言える飲茶レストランには、必ずショーロンポーが用意されていますし、多くの人が注文します。私たちにとっても、ショーロンポーは「飲茶に行ったら100%注文する点心」の一つとなっています。

また、広州市内のあちこちで「ショーロンポー教室」なるものが開かれているようです。料理教室の中で「今回はショーロンポーをやりましょう」ではなくて、ショーロンポーの作り方を教える専門のショーロンポー教室です。

ショーロンポーがどれ程食にうるさい広州人に気に入られているのか、わかっていただけたでしょうか?ではここからは、本記事のタイトル通り正しいショーロンポーの食べ方をご紹介していきますね。

ショーロンポーの正しい食べ方

前述した通り、薄い皮でできているショーロンポーの内部には、具たけでなくスープが入っています。このスープが熱々うまうまなんです!ただ、ちょっと食べ方を間違えてしまうと、このスープが全部こぼれて具の挽肉しか食べられなかったり、下手をすると舌を軽く火傷してしまうかもしれません。

そんな惨劇を避けるため、ショーロンポーを美味しく安全に食するコツを見ていきましょう。

来ました!出来立てのショーロンポーです。ひと工夫してあって色合いも綺麗ですね。

ショーロンポーが来るなり、「来たー!!」とテンションが上がってバクッと一口で食べてしまいそうですが、それはNGです。また、ひと口で食べてしまうともったいないから、半分ずつふた口で食べよう・・・それも絶対NGですよ!

はやる気持ちを抑えて、以下にご紹介する方法で少しずつ食べてみてください。

ショーロンポーの正しい食べ方その1:皮の先っぽをほんの少しだけかじって皮に穴を開ける。

最初にして最大のポイントはここです。ガブッと食べてしまわないで、最初に皮の先っぽを少しかじって皮に穴を開けます。中にはスープがたっぷり入っているので、穴を開けた側を上向きにしておくことを忘れずに。

普通に食べてしまうと、この最初の段階でスープが全部流れ出てしまい、熱いわスープは飲めないわでとっても残念なことになってしまいますが、この方法で食べれば大丈夫!大切なスープも丸ごと味わうことができますよ。

ショーロンポーの正しい食べ方その2:穴を開けた箇所から、少しずつ中のスープを吸い取る。

穴を開けた箇所から、まずうまみたっぷりのスープをいただきましょう。こうして穴を開ければスープがこぼれにくいばかりでなく、熱々のスープで舌にダメージを受けることもありません。

大方スープを飲んでから、中に入っている挽肉ごとバクッと食べる分には問題ありませんよ。口の中に、一気に幸せが広がります♪

下にショーロンポー専用の受け皿を用意しておけば、多少スープが垂れてしまっても大丈夫!

気を付けてはいても、多少スープがこぼれ出てしまうことがあります。また稀なことではありますが、ショーロンポーを箸で持ち上げた際に穴が開いてスープが出てきてしまったり、運ばれてきた時からちょっぴりスープが漏れている!?という時もあります。

でもご安心を!ショーロンポーには必ず銀色のアルミの受け皿が付いてきます。ショーロンポーを持ち上げる際にも、常に受け皿の上にショーロンポーが来るようにしておきましょう。そうすれば、多少スープがこぼれてしまったとしても、この受け皿がしっかり受けとめてくれます。

最後に、受け皿でキャッチしたスープをシュルッと飲んでしまえば、全く無駄はありません。「でもそれなら、何もアルミの受け皿にこだわらなくても普通に食器を使えば良いのでは?」と思う方もいるかもしれませんね。

正しい食べ方をすればこの通り!ショーロンポーを綺麗にたいらげることができました。

でも考えてみてください。飲茶は点心だけではありません。他にもチャーハンや炒め物、お粥や煮物系のお料理も注文していることでしょう。当然ながら、料理は出来た順番に運ばれてきますから、まずは来た料理から食べ始めます。そうすると、大抵手持ちの食器の上には色々な食べかけのお料理が乗っていることになります。

そんな中、本命のショーロンポーが登場します。これは点心全般に言えることですが、ショーロンポーはお熱いうちにいただくのが鉄則です。冷めてもまぁ美味しいですけど、美味しさは半減してしまいますからね。

そんな時、もしお熱いうちにと思って持ち上げたショーロンポーの皮が破けてしまったら、確かに絶品のスープはお皿の上に落ちるので完全に失われることはないかもしれませんが、食器の上にある他のお料理と混ざってしまいます。

ショーロンポーのスープはそれ程大量にあるわけではないので、他のお料理の上に落ちたらまず確実にあのお味は消えてしまうことでしょう。

何度も繰り返しになってしまいますが、ショーロンポーはスープが命です!「せっかく注文したのに美味しいスープが味わえなかった~」なんて悲しいことが起こらないように、是非ショーロンポーとセットになっているアルミの受け皿を使用して、確実にスープまで全部を味わうようにしましょう。

実は、こちらのお椀とお皿の役割は違います。

ところで、上の写真のお皿とお椀の置き方に違和感を覚える方もいるのではないでしょうか?日本では、こういう配置はないですよね。中国では、日本のように別々に置いてもいいですし、この置き方でもOKです。

なぜなら、こちらでは「お椀は食事をする用」、「お皿は食事の際に出たカスやゴミを置く用」だからです。それで、先程使い終わったショーロンポー用のアルミ受け皿は、下のお皿の方に移しておきました。

同じ食器でも、役割が違ってくるんですね。詳しくは、また別記事にて扱いたいと思います。

気になる今回の飲茶レストランは?

ここまでで、ショーロンポーの正しい食べ方についてレポートしてきましたが、ここで気になる今回の飲茶レストランも簡単にご紹介しておきましょう。

広州市の有名観光地の一つ「北京路」の風景。

今回私が行ったのは、広州の非常に有名な観光地の一つ「北京路(中国語:ベイジンルー)」にある飲茶レストランです。今回私たちが行ってきたのは、飲茶の有名チェーンの一つ「点都徳(ディエンドーダー)」というレストランです。

北京路の点都徳は三階建ての大型レストランで、行列必死の人気飲茶チェーンなんですよ。(北京路や点都徳については、後日別記事にて詳しくご紹介させていただく予定です。)

点都徳からのスペシャルサービスセット。その名も「点都包」!

点都徳にはショーロンポーのサービスセットメニューがあり、その名も「点都包(ディエンドーバオ)」です。ポスターには「一笼十个“点都饱”」と書いてあって、これはちょっと言葉遊びしているのですが、意味は「十個セット、全部注文してお腹いっぱい」というような意味になります。

点都包はショーロンポー十個セットで本来なら49元(*約844円)のところが、なんと28元(約482円)になるという超お得なセットとなっています。私は今回主人と二人だったので、ショーロンポー十個は多過ぎると思い断念しましたが、四人以上いればかなりお得だなと思いました。

ちなみに、今回私たちが食べたショーロンポーは通常のお値段なので、四つセットで18元(約310円)でした。やっぱり点都包はお得です!今度大勢で来る機会があったら、是非とも注文してみたいものです。

もしかして、一日中ショーロンポーのみを作り続ける「点都包」チームの部屋なのでしょうか?それともただの広告?(笑)

「点都包」というショーロンポーセットが存在していることからも、やっぱり上海ショーロンポーは広州人にも愛されているということがわかりますね。

これであなたも、飲茶に行く準備万端です!

「ショーロンポーの正しい食べ方」は、コツさえつかめばとっても簡単でしたね。上に挙げた基本の2ステップを押さえておけば、スープも含めて美味しいショーロンポーを丸ごと味わうことができるんです。これであなたも、飲茶に行く準備万端ですね!

(中国広東省広州での本格飲茶で押さえておきたいもう一つのポイントは、お茶の作法です。お茶に関しては、今後別記事にて扱う予定です。)

点都徳のおしゃれなシャンデリア。ステンドグラスも素敵ですね。

今回は、飲茶に行くことを前提に広東人にも大人気のショーロンポーをご紹介しましたが、実は広州市には、ショーロンポーがメインのショーロンポー専門店も存在するようです。まだ情報を集めている段階なのですが、是非専門店のお味も試してみたいですね。

今回筆者は、久しぶりの食レポでいつも以上に楽しく取材&記事を書くことができました(笑)やっぱり広州の醍醐味は「食」ですね!今後も少しずつレポートしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

中国旅行を考えている方がいたら、広東省の広州市はおススメです!でも広州だけでなく、広大な中国各地では、様々な文化やグルメを楽しむことができるので、中国の見所は無限にあります。機会があったら、私も本場上海にショーロンポーを食べに行ってみたいものです。

*記事内のレートは全て2017年12月現在のものとなっています。

この記事のライター

中国広東省広州市に住む30代主婦です。今の目標は広東語をマスターすること!大好きな広州を、楽しく詳しくレポートしていきます★

関連するキーワード


中国 広州

関連する投稿


【中国の公園シリーズ】都会のオアシス的な「東風公園」は、広州旅行でちょっとひと息つくのにピッタリの憩いの場所

【中国の公園シリーズ】都会のオアシス的な「東風公園」は、広州旅行でちょっとひと息つくのにピッタリの憩いの場所

私は中国の公園が大好きです。海外旅行で公園?とはあまり考え付かないかもしれませんが、中国の公園って、中国の良さが発見できるとっても面白い場所なんです。今回は、規模的にはそれほど大きくないものの最近筆者が気に入った「東風公園」をご紹介します。都会の真っ只中にあるオアシス的な公園で、市民の憩いの場です。どうぞご覧ください。


ちょっとグロテスクだけど大丈夫!中国の市場で肉を買ってみよう!地元の人々が通う地下市場と生肉の購入方法

ちょっとグロテスクだけど大丈夫!中国の市場で肉を買ってみよう!地元の人々が通う地下市場と生肉の購入方法

中国でお友達ができたなら、簡単な日本料理を作って振舞ってあげるととっても喜ばれます。調理は彼らの家でするとして、お買い物はどうしますか?全部イオンで揃えるなんてもったいない!この機会に、中国の野菜市場を体験してみましょう。今回は、特に難易度の高そうな(?)ちょっとグロテスクな肉の購入の仕方をメインにお届けしていきます。


【本場広州より飲茶特集3】飲茶で外せないおすすめ点心!絶対に注文しなければならないマスト点心を一挙にご紹介します!

【本場広州より飲茶特集3】飲茶で外せないおすすめ点心!絶対に注文しなければならないマスト点心を一挙にご紹介します!

中国広東省広州市と言えば飲茶!飲茶なしでは広州に旅行に言ったとは言えません。でもいざ飲茶レストランに入ってみると、無数の点心があって、メニューも全部漢字だし、どれを注文したら良いのかわからない・・・という人もいるはず。そこで今回は、飲茶に行ったら確実に押さえておきたい超おすすめなマスト点心をいくつかご紹介していきます。


中国広東省広州市の「北京路」は超メジャーな観光スポットだけど旅行中に立ち寄るべき?旅行中の北京路の賢い活用方法

中国広東省広州市の「北京路」は超メジャーな観光スポットだけど旅行中に立ち寄るべき?旅行中の北京路の賢い活用方法

ネットで「広州観光地」と検索すると、比較的上位でランクインしてくる「北京路」。でも口コミを見ると賛否両論で、結局行った方が良いのかはっきりしないと思う人も多いのではないでしょうか?北京路は、広州旅行で外せない観光スポットなのでしょうか?今回は、広州市「北京路」の魅力と旅行中の北京路の上手な活用方法をお届けしていきます。


お馴染みの「吉野家」が中国でも大人気!オシャレセンス&コスパ抜群の中国広東省広州市の吉野家の牛丼とそのサービス

お馴染みの「吉野家」が中国でも大人気!オシャレセンス&コスパ抜群の中国広東省広州市の吉野家の牛丼とそのサービス

日本の飲食チェーンが次々と中国に進出してきています。今回特集するのはお馴染みの牛丼チェーン「吉野家」。日本の牛丼のお味は中国人に受けているのか?そもそも中国の吉野家は、本当に私たちがよく知る吉野家なのか?是非是非確かめてみたいと思い、先日行ってきました。大満足のオシャレ広州吉野家をたっぷりご紹介していきたいと思います。


最新の投稿


1週間のバンコク滞在でSIMは必要?バンコクで実際にSIMカード買うならどれがいい?

1週間のバンコク滞在でSIMは必要?バンコクで実際にSIMカード買うならどれがいい?

タイバンコクに滞在の際、SIMカードを購入することにしました。使用していないSIMフリーの携帯を持ち込み、それにSIMカードを入れて使用しました。私たちが選んだSIMカードは、AISという会社のものでした。この会社を選んだわけや、空港でのSIMカード購入までの流れ、実際に使用した感想などをお伝えします


クイーンズランド州最大級のショッピングセンター”パシフィックフェア”へ行こう♪

クイーンズランド州最大級のショッピングセンター”パシフィックフェア”へ行こう♪

”パシフィックフェア(Pacific Fair)"というショッピングセンターを知っていますか?オーストラリアクイーンズランド州最大級のショッピングセンターで400店舗以上のお店が入っています。お買い物を楽しむならココが一番!ゴールドコースト市内から2、30分、しかも無料で行ける方法を詳しくご紹介します!


【スペインの城シリーズ】アルカラ・ラ・レアルの城は街を丸ごと飲み込んでる!フォルタレッサ・デ・ラ・モタ

【スペインの城シリーズ】アルカラ・ラ・レアルの城は街を丸ごと飲み込んでる!フォルタレッサ・デ・ラ・モタ

スペインの城シリーズ、第7回は、アンダルシア東北部にあるハエン県アルカラ・ラ・レアルにあるお城です。お城には、城下町を含めて残っていて、今発掘中という考古学ファンにはものすごく楽しめるお城だと思います。観光地として有名ではないのに、外国人観光客がたくさん来ていました。結構、穴場のおすすめ観光地です。


【ベトナムホーチミン】ビール一缶50円!!現地のスーパーで何が買えるのか紹介します!

【ベトナムホーチミン】ビール一缶50円!!現地のスーパーで何が買えるのか紹介します!

ベトナムのホーチミンにCoopMartというスーパーマーケットがあります。もちろん日系スーパー(日本食材が豊富にそろうスーパー)もありますが、せっかくベトナムにいるなら、現地のローカルスーパーに行ってみませんか?現地の人たちもたくさんくるスーパーで、何が買えるのか、売っているのか、大体の物価を紹介します!


日本人も大好きなBBQ!南米ボリビアではシュラスコと名を変えて楽しまれています!

日本人も大好きなBBQ!南米ボリビアではシュラスコと名を変えて楽しまれています!

休日になると日本人も大好きなBBQ!バーベキューは大切な行事なのではないでしょうか?それは地球の裏側のボリビアでも同じです。特に南米ではシュラスコと名を変えて楽しまれています。そんな南米の特にボリビアのバーベキュー事情ですが、日本のBBQと違って豪快でダイナミックです。現地の牛肉事情とあわせてご紹介します。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング