【おもしろい名前のスペイン料理】ピピラナって知ってる?簡単レシピでコシネーラになる

【おもしろい名前のスペイン料理】ピピラナって知ってる?簡単レシピでコシネーラになる

スペイン料理の名前って変ですよね。ガスパッチョとかパエリアとか。今日紹介するのはピピラナ。もしスペイン語を知っていたらピピはおしっこだし、ラナはカエルだし、どういう意味なんだろうって思うかもしれません。名前は変だけど、実はごくごく普通の誰もがおいしいって思う、サラダの1種です。ぜひトライしてくださいね。


ピピラナって何?

スペインのおいしいトマト。ラテンアメリカから持ってきて以来、スペイン料理にはなくてはならない素材です。

La pipirrana(ピピラナ),​ pimpirrana(ピンピラナ) piriñaca (ピリニャカ)と呼ばれるサラダの一種で、私自身はピピラナと呼んでいます。ピピラナはムルシアやラマンチャでも食べられますが、おもにアンダルシアで食べられる一品です。アンダルシアの中でもカディスとハエンでよく作られますが、少しだけ作り方が違うようです。また市町村によって、家庭によってまた微妙に違ってきます。ここでは私の住んでいるハエン県で作られるピピラナを紹介します。

アンダルシアのセニョーラが作り方を教えてくださるとき、アンダルシアの色にするのよとおっしゃいます。とにかく色がピピラナの色であればそれはピピラナなのだと。この色に関しては、ハエンもカディスも共通です。

緑と赤が必ず美しいハーモニーを奏でていれば、「ピピラナ」と呼ばれます。
緑のピーマン、オリーブと赤いトマト、白と緑のきゅうり、白い玉ねぎ。
これをサイコロの大きさに切って塩少々とオリーブエキストラバージンオイルで和えます。
それだけのものです。
好みで、固く茹でた卵、ツナ、ハモンセラーノ(生ハム)などを入れます。普通のボンレスハムでも加工肉ならなんでもいいと思います。

ハエン県の中でも山間部に当たる、カソルラ・セグラ・ビジャ地方は、すりこぎのようなもので軽く全体をつぶすそうです。少しペーストのようになって、パンにつけて食べやすくなり、オードブルになります。

ピピラナの基本的な材料です。ピーマンは普通イタリアンピーマンが主流。スペインの玉ねぎは比較的甘いので、淡路玉ねぎかサラダ用の紫玉ねぎで。

写真のようにサイコロ状に切ります。

今日は卵とツナを入れました。オリーブを買い忘れてたので入れてません。
スペインではクリームコロッケ(クロケッタ)はほぼ毎週食卓に出てくる家庭料理の定番です。

ピピラナに入れる香辛料は?

香辛料に関してもこうでなくてはならないという決まりはなくて、それぞれの家庭、それぞれの料理人が好みで作っています。
ピピラナを作る人たちのほぼ全員が、にんにくを入れるのですが、入れ方もそれぞれです。
そんなににんにくが強くない方が良い人は、切ったにんにくでサラダボールをふき取るようにして容器そのものににんにくの香りをつけます。
にんにくが好きな人は、つぶしたにんにくをオリーブオイルに入れて放置したものを使います。にんにくの好きな人はにんにくオイルを作っておくとガーリックトーストを作る時などに重宝します。

ニンニクオイルの作り方・フレーバー・オイルが便利!

にんにくを包丁の柄で叩いて潰します。
瓶につぶしたにんにくを入れ、オリーブオイルを注ぎます。
にんにくは潰す代わりにすりおろしてもいいです。

その他、タイムの1枝、オレガノ、セージなどお好きなハーブの入ったオイルを作っておくとお料理にちょっと風味を添えたい時に便利。

酢を入れないのが正統派

サラダは絶対酢が入ってないとダメっていう方は、酢を使っても構わないのですが、酢を入れないでオリーブオイルの味を楽しむというのがピピラナの正しいあり方だと、アンダルシアを代表するシェフが言っていました。それに酢を入れてしまうと、時間がたつと野菜がしなびていきますが、酢を入れないでオリーブオイルだけだといつまでもおいしさが変わりません。

オレガノ、クミン、タイムなどは好みで

クミンを入れる人は結構います。クミンはアンダルシアの典型的な香りと言ってもいいかもしれません。
タイムもよくつかわれます。ギソと呼ばれる煮込み料理などには絶対入れますが、生のものに入れるか入れないかは個人差があります。

余ったピピラナは冷蔵庫で保存

ピピラナは香辛料を使ってあるからでしょうか、時間が経ったらたったでおいしく召し上がれます。
むしろ次の日の方が美味しいという方もいます。

1センチくらいの厚さに切ったバゲットの上にのせてオードブル。

バゲットの真ん中に切り目を入れてそこにピピラナを押し込んでサンドイッチにします。
パンは切り離さず、気持ちとして、パンで作った袋に野菜を入れるというイメージで作ってください。水分はパンが吸い取ってくれるので時間が経ってからでも美味しいのでお弁当にできます。
酢を入れないで作る方がサンドイッチに向いています。

名前だけでも最高のオードブル!

スペインに行ったらまず市場に行ってみましょうね。

『これピピラナっていうのよ』
それだけで話がはずむかもしれません。
おもてなし上手の美味しいオードブルにどうぞ。



この記事のライター

スペインに住んで17年になります。小さな素敵な町やお祭り、工芸品などスペインらしいスペインの旅を楽しむ情報をお届けします。

関連するキーワード


スペイン

関連する投稿


スペイン人って家で何飲むの? お土産にもぴったりのくつろぎタイムに飲むお茶

スペイン人って家で何飲むの? お土産にもぴったりのくつろぎタイムに飲むお茶

スペインではコーヒーがよく飲まれるし、バルでも1ユーロ、1ユーロ20センチモと安く、気軽にひと休みができます。でも、胃がちょっと悪いときなどはどうするんだろうって思いますよね? スペインでは意外とハーブティーが飲まれているんですよ。スペインではどのようなハーブティーが人気か紹介します。お土産にもどうぞ。


スペイン旅行はバスが便利! 特にアンダルシア周遊にはオススメのバス旅行の方法を紹介

スペイン旅行はバスが便利! 特にアンダルシア周遊にはオススメのバス旅行の方法を紹介

スペインをバスでまわって見ませんか? バスに乗っていると景色もずっと素敵だし、素顔のスペイン人の生活の一部を垣間見られます。でもチケットを買うのが面倒とかよくわからないと思ってる人も多いでしょう。バス旅行の楽しさとスペインのバスのチケットをネットで買う方法を紹介します。


スペインに残したユダヤ人の足跡をたどる! 世界遺産の街ウベダに残るユダヤ人街とシナゴーグ

スペインに残したユダヤ人の足跡をたどる! 世界遺産の街ウベダに残るユダヤ人街とシナゴーグ

スペインの文化を語る時、イスラム文化はもちろん、ユダヤ文化も大事な要素です。フラメンコのメロディーの元になった「アンダルシ」と呼ばれる音楽はユダヤ音楽イスラム音楽のテイストがいっぱい。ユダヤ文化を夢想しながらユダヤ人地区を散策してみましょう。最近、地下にシナゴーグも発見されました。


【スペインの城シリーズ】コルドバからすぐ行けるアルモドバル・デル・リオにあるカスティーリョ

【スペインの城シリーズ】コルドバからすぐ行けるアルモドバル・デル・リオにあるカスティーリョ

コルドバからわずか30分のところにある城を紹介します。バスの便も比較的よいアルモドバル・デル・リオはアンダルシアでもっとも保存状態のよい城です。19世紀の終わりに城を愛するひとりの男性が全財産をかけて修復しました。そこには愛に包まれた城があります。


【ウベダ】中世のスペインがここにある! ルネッサンス様式の世界遺産の街を歩きまわる

【ウベダ】中世のスペインがここにある! ルネッサンス様式の世界遺産の街を歩きまわる

世界遺産になったとはいえ、まだまだ日本からの観光客の少ないウベダです。情報も少ないようなので、たっぷりと紹介します。ルネッサンス時代の建物が並び、歩いてまわるのにちょうどよい大きさの街です。スペインらしさがたっぷりのこるウベダを一緒に歩いてみましょう。


最新の投稿


マネパカードの評判や口コミは!?手数料も安くて国内外でも使えるのは最大のメリットです!

マネパカードの評判や口コミは!?手数料も安くて国内外でも使えるのは最大のメリットです!

海外プリペイドカードで有名なマネパカードの最大のメリットはやはり手数料。海外では普通のクレジットカードでもショッピングなどの際、必ず手数料が発生します。しかしこのマネパカードの手数料はクレジットカードよりも安いという最高にお得なカードです。プリペイドなので使いすぎることもなく、渡航先の現地通貨をいつでも引き出せます!


ロサンゼルス近郊マリブ・ビーチに行ったら途中にあるマリブ・ビレッジ&マリブ・カントリー・マートでお買い物を楽しもう!

ロサンゼルス近郊マリブ・ビーチに行ったら途中にあるマリブ・ビレッジ&マリブ・カントリー・マートでお買い物を楽しもう!

今回はロサンゼルス近郊にあるとても美しいことで有名な観光地のマリブ・ビーチに行く途中にあるシッピングモールを紹介します。このモールはローカルなお店から化粧品店のセフォラや、高級ブランドのブティックなど、様々なお店が並ぶゆったりとしたショッピングモールです。マリブビーチに遊びに行ったらぜひ寄り道をしてほしいです。


テクパンでヨーロッパを味わう!グルメの方必見です。空港から一時間で行けます

テクパンでヨーロッパを味わう!グルメの方必見です。空港から一時間で行けます

グアテマラで、おいしい豚肉をたべたくなったら、テクパン(TECPAN)へ。ヨーロッパ移民から受け継いだ伝統手法で作る、生ハムやソーセージは最高です。また、広々とした、牧場も多々あるので、のんびりするのに最適です。都会の雑踏に疲れたら、ぜひテクパンに。おいしい、ジャージー牛乳やヨーグルトも売っています。おススメです!


【ミラノ在住者おすすめ】キング・オブ・イタリアンB級グルメ!ルイーニのパンツェロッティ!

【ミラノ在住者おすすめ】キング・オブ・イタリアンB級グルメ!ルイーニのパンツェロッティ!

多くの人にとってイタリア旅行の楽しみといえば「食」なのではないでしょうか?ピッツァにスパゲッティ、リゾット、ジェラート…日本人にすでに馴染みのある料理がたくさんあるイタリア料理。今回の記事では日本ではめったに食べることのない揚げピザ、その名もパンツェロットとその有名専門店LUINIについて書いていきたいと思います!


フリーマントルへ行くなら週末がおすすめ!フリーマントルマーケットを思い切り楽しもう!

フリーマントルへ行くなら週末がおすすめ!フリーマントルマーケットを思い切り楽しもう!

西オーストラリア州の港町フリーマントルでは、週末マーケットが開かれています。オリジナルのおみやげを見つけたり、世界各国のおいしいランチを楽しんだり、グルメフードのショッピングをしたり、マーケット内を散策するだけでワクワクしてきますよ。観光客にも地元の人たちにも大人気のスポットで、週末のひとときを思い切り楽しみましょう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング