ミラノのおすすめ穴場スポット「邸宅美術館」 vol.1【Casa Museo Boschi di Stefano】

ミラノのおすすめ穴場スポット「邸宅美術館」 vol.1【Casa Museo Boschi di Stefano】

現地の美術高校、デザイン大学を卒業したミラノ在住者がおすすめする隠れスポット、それは邸宅美術館!貴族や資産家の邸宅だった建物が美術館として解放されているので普通のの美術館とはまた違う面白さがあります。そんな個性豊かな邸宅美術館たちをひとつずつ紹介!今回はイタリア近代美術の個人コレクターが住んでいた家です。


個性豊かな邸宅美術館

ミラノの観光といえば大聖堂ドゥオモ(Duomo)、その隣のヴィットリオエマヌエレ2世のガレリア(Galleria di Vittorio Emanuele Secondo)、レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」、そしてショッピングが定番といったところでしょうか。

イタリアの中でもローマやフィレンツェなどの他の都市と比べると有名な観光スポットは少ないミラノですが、ガイドブックや観光サイトには載っていない、隠れたおすすめスポットが実はたくさんあります。

その中でも個人的におすすめしたいのが邸宅美術館巡り。邸宅美術館とは、もともと貴族や資産家、美術コレクターの邸宅だったところを美術館としてオープンさせたものなので、貯蔵されている美術品だけでなく当時の家の造りや家具などから暮らしていた人たちの生活も見ることができたりして普通の美術館とはまた違う面白さがあります。ミラノ市内には何個か邸宅美術館が存在するので私がこれまでに訪れたところをひとつずつ紹介していきたいと思います!

イタリア近代美術コレクターが住んでいた家

今回紹介するのはボスキ・ディ・ステファノ財団(Casa Museo Boschi di Stefano)。Casaというのはイタリア語で「家」という意味でMuseoは「美術館」という意味。イタリア近代美術コレクターだったAntonio Boschi (1896-1988) とMarieda Di Stefano(1901-1968)夫妻が元々住んでいた家で彼らの2000以上のコレクションの中からミラノ市に寄付された300もの絵画や彫刻が飾ってあります。2003年から一般公開され美術館となった割と新しい邸宅美術館です。

ボスキ・ディ・ステファノ財団の中。

入ってみると個人のプライベートコレクションとは思えない量と質の美術品に圧倒されます。家のいたるところに絵や彫刻が飾ってあり、家具も全て家主が住んでいた頃に使われていた当時の一級品で、文化的価値の高いテーブルや椅子などがセンス良く置かれています。

インテリアに溶け込むルーチョ・フォンターナの作品たち。

額のセレクトにもセンスを感じるデ・キリコの作品たち。

ルーチョ・フォンターナ(Lucio Fontana)やジョルジョ・デ・キリコ(Giorgio De Chirico)など誰もが知る偉大なアーティストたちの作品も無防備に置いてあるのもこの美術館の面白いところ。普通の美術館では見やすい高さに綺麗に揃えて配置されていますが、ここは足元近くに置かれていたりするので、気をつけてないと足がぶつかってしまいそうになることもあるくらい。

バスルームの雰囲気はとてもレトロ。

バスルームさえも美術館の一部として使われています。1900年代初期のアッパルタメントの壁やタイルなどの建築要素も興味深いです。

美術館へのアクセス

最寄りの駅は地下鉄の赤線(M1)のリマ(LIMA)で、そこから歩いてすぐのGiorgio Jan通りにボスキ・ディ・ステファノ財団はあります。住宅街にある集合住宅のワンフロアが美術館として解放されています。

こちらがGiorgio Jan通り。美術館は右側です。

入り口はここです。見逃さないようにご注意ください!

美術館への入り口はこちらの門。

外観もとくに豪勢なわけでも、看板が出ているわけでもないので一見本当にここに美術館があるのかわからないくらい普通のアッパルタメント。しかし、そんな中に20世紀のイタリア美術史を代表する素晴らしい作品がたくさん貯蔵されているのです。

そしてここはいつでも入場料無料なのも嬉しいポイント。

中心からもアクセスがしやすいところなのでお買い物や観光の合間におすすめです。

Fondazione Boschi Di Stefano
HP: http://www.fondazioneboschidistefano.it/ws/en/
住所:via Giorgio Jan 15, 20129 Milano
開館時間: 火ー日:10h00 - 18h00
休館日: 毎週月曜日・1月1日・5月1日・8月15日・12月25日
入場料: 無料

この記事のライター

フリーランスデザイナー・ライターのaikaです。15歳からミラノに住んでいます。現地のライフスタイルや観光情報をお届けします!

関連するキーワード


イタリア ミラノ

関連する投稿


1865年開業ミラノの老舗百貨店La Rinascente(ラ・リナシェンテ)を徹底解説!

1865年開業ミラノの老舗百貨店La Rinascente(ラ・リナシェンテ)を徹底解説!

ミラノの1番の観光スポット大聖堂Duomoの横に位置する老舗百貨店La Rinascente(ラ・リナシェンテ)は面積は小さいながらも全部で9フロアあり見応え十分。自分へのご褒美や大切な人へのプレゼント、人へのばら撒き用のお土産を探すのにも最適なスポット。フロアごとの紹介から観光中のトイレ情報まで書いていきます!


イタリアの小都市ロヴェレートで美しい山々に囲まれた癒しのひと時を過ごそう!

イタリアの小都市ロヴェレートで美しい山々に囲まれた癒しのひと時を過ごそう!

美しい山々に囲まれた小都市ロヴェレートは、ゆっくり自分のペースでイタリア旅行を楽しみたい方におすすめしたいスポットです。日本ではほとんど知られていない都市ではありますが、数々の魅力が散りばめられた素敵な場所です。この記事では、私が見てきたロヴェレートのおすすめスポットを、徒歩で行ける順路に沿ってご紹介したいと思います!


ミラノ中央駅内部をご案内!ショッピングからグルメ情報までおすすめを徹底解説!

ミラノ中央駅内部をご案内!ショッピングからグルメ情報までおすすめを徹底解説!

世界中の人々を魅了し続ける観光大国イタリア。その北部の中心を担っているミラノには、世界各国からの空の玄関口も複数あり、常に活気で溢れています。ミラノ中央駅を経由して各地の観光へ向かう人も多いでしょう。この記事では、ミラノ中央駅で有意義に待ち時間を過ごすために、私がおすすめしたい駅構内のショップや飲食店をガイドします!


19世紀の最高傑作ミラノの「ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガレリア」と建設に隠された裏話

19世紀の最高傑作ミラノの「ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガレリア」と建設に隠された裏話

ミラノのシンボルといえば、大聖堂ドゥオモがフィーチャーされがちですが、個人的にはドゥオモより同じ広場にあるヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガレリアが好きです。ガレリアの概要や歴史だけでなく建設の際に起きた裏話などを交えて、この19世紀の最高傑作ガレリアをご紹介いたします。


ミラノ・マルペンサ空港でおすすめのショップとイタリアならではのお土産情報

ミラノ・マルペンサ空港でおすすめのショップとイタリアならではのお土産情報

観光大国の空の玄関口であるミラノ・マルペンサ空港には、数多くの魅力あふれる商品やショップの数々が揃っています。この記事では日本へのお土産を補充したい人や、自分用に旅の思い出を買いたい人に向けて、イタリアに通い続けて久しい私がマルペンサでおすすめの商品とショップ、そして小腹が空いたときの食べ物まで幅広くご紹介します!


最新の投稿


1865年開業ミラノの老舗百貨店La Rinascente(ラ・リナシェンテ)を徹底解説!

1865年開業ミラノの老舗百貨店La Rinascente(ラ・リナシェンテ)を徹底解説!

ミラノの1番の観光スポット大聖堂Duomoの横に位置する老舗百貨店La Rinascente(ラ・リナシェンテ)は面積は小さいながらも全部で9フロアあり見応え十分。自分へのご褒美や大切な人へのプレゼント、人へのばら撒き用のお土産を探すのにも最適なスポット。フロアごとの紹介から観光中のトイレ情報まで書いていきます!


子供から大人まで楽しめる!韓国ノンバーバルミュージカルの名作「NANTA(ナンタ)」は必見!

子供から大人まで楽しめる!韓国ノンバーバルミュージカルの名作「NANTA(ナンタ)」は必見!

20年前から韓国に来る外国人旅行客を楽しませ続けてきたノンバーバルミュージカルの名作「NANTA(ナンタ)」。韓国語がわからなくても、楽しめる舞台として人気です。キッチン用品を使って、ダイナミックなリズムを刻むミュージカルですが、実は韓国の伝統芸能が元になっています。今回はその魅力を改めてご紹介していこうと思います。


ネオマネーの評判や口コミは!?VISA以外に銀聯ブランドも発行可能なので中国へ行く人は重宝します!即日発行可能も可能!

ネオマネーの評判や口コミは!?VISA以外に銀聯ブランドも発行可能なので中国へ行く人は重宝します!即日発行可能も可能!

ネオマネーはVISAと銀聯カードの2種類があり、特に中国出張が多い人にも重宝される海外プリペイドカードです。ららぽーとやパルコ内にあるセゾンカウンターでカードの即日発行ができるので、急な出張があった場合にもすぐに作れて便利。カードへの入金もセブンATMなど使って夜間や早朝、週末など時間を気にせず簡単にチャージできます。


海外プリペイドカードがあればクレジットカードのように使えるのはもちろん、提携ATMで現地通貨での引き出しも自由なので必須です!

海外プリペイドカードがあればクレジットカードのように使えるのはもちろん、提携ATMで現地通貨での引き出しも自由なので必須です!

出張や旅行で海外に行くとき現金はどうようにして持って行くのが良いでしょうか。ほとんどの人は現金とクレジットカードという組み合わせが一般的だとですが、最近では海外専用のプリペイドカードという便利なカードも登場しています。クレジットカードを持っていない人や1枚しかない人はサブカードとして海外旅行の際に使うと非常に便利です。


シンガポールの迷テーマパーク、ハウパーヴィラ(Haw Par Villa)に行ってみよう!

シンガポールの迷テーマパーク、ハウパーヴィラ(Haw Par Villa)に行ってみよう!

シンガポールのテーマパークは、USS(Universal Studio Singapore)だけじゃない!カオスな空間に謎の中毒性があるオブジェが並ぶ「迷」テーマパーク、ハウパーヴィラ(Haw Par Villa)を紹介します。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング