ミラノのおすすめ穴場スポット「邸宅美術館」 vol.1【Casa Museo Boschi di Stefano】

ミラノのおすすめ穴場スポット「邸宅美術館」 vol.1【Casa Museo Boschi di Stefano】

現地の美術高校、デザイン大学を卒業したミラノ在住者がおすすめする隠れスポット、それは邸宅美術館!貴族や資産家の邸宅だった建物が美術館として解放されているので普通のの美術館とはまた違う面白さがあります。そんな個性豊かな邸宅美術館たちをひとつずつ紹介!今回はイタリア近代美術の個人コレクターが住んでいた家です。


個性豊かな邸宅美術館

ミラノの観光といえば大聖堂ドゥオモ(Duomo)、その隣のヴィットリオエマヌエレ2世のガレリア(Galleria di Vittorio Emanuele Secondo)、レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」、そしてショッピングが定番といったところでしょうか。

イタリアの中でもローマやフィレンツェなどの他の都市と比べると有名な観光スポットは少ないミラノですが、ガイドブックや観光サイトには載っていない、隠れたおすすめスポットが実はたくさんあります。

その中でも個人的におすすめしたいのが邸宅美術館巡り。邸宅美術館とは、もともと貴族や資産家、美術コレクターの邸宅だったところを美術館としてオープンさせたものなので、貯蔵されている美術品だけでなく当時の家の造りや家具などから暮らしていた人たちの生活も見ることができたりして普通の美術館とはまた違う面白さがあります。ミラノ市内には何個か邸宅美術館が存在するので私がこれまでに訪れたところをひとつずつ紹介していきたいと思います!

イタリア近代美術コレクターが住んでいた家

今回紹介するのはボスキ・ディ・ステファノ財団(Casa Museo Boschi di Stefano)。Casaというのはイタリア語で「家」という意味でMuseoは「美術館」という意味。イタリア近代美術コレクターだったAntonio Boschi (1896-1988) とMarieda Di Stefano(1901-1968)夫妻が元々住んでいた家で彼らの2000以上のコレクションの中からミラノ市に寄付された300もの絵画や彫刻が飾ってあります。2003年から一般公開され美術館となった割と新しい邸宅美術館です。

ボスキ・ディ・ステファノ財団の中。

入ってみると個人のプライベートコレクションとは思えない量と質の美術品に圧倒されます。家のいたるところに絵や彫刻が飾ってあり、家具も全て家主が住んでいた頃に使われていた当時の一級品で、文化的価値の高いテーブルや椅子などがセンス良く置かれています。

インテリアに溶け込むルーチョ・フォンターナの作品たち。

額のセレクトにもセンスを感じるデ・キリコの作品たち。

ルーチョ・フォンターナ(Lucio Fontana)やジョルジョ・デ・キリコ(Giorgio De Chirico)など誰もが知る偉大なアーティストたちの作品も無防備に置いてあるのもこの美術館の面白いところ。普通の美術館では見やすい高さに綺麗に揃えて配置されていますが、ここは足元近くに置かれていたりするので、気をつけてないと足がぶつかってしまいそうになることもあるくらい。

バスルームの雰囲気はとてもレトロ。

バスルームさえも美術館の一部として使われています。1900年代初期のアッパルタメントの壁やタイルなどの建築要素も興味深いです。

美術館へのアクセス

最寄りの駅は地下鉄の赤線(M1)のリマ(LIMA)で、そこから歩いてすぐのGiorgio Jan通りにボスキ・ディ・ステファノ財団はあります。住宅街にある集合住宅のワンフロアが美術館として解放されています。

こちらがGiorgio Jan通り。美術館は右側です。

入り口はここです。見逃さないようにご注意ください!

美術館への入り口はこちらの門。

外観もとくに豪勢なわけでも、看板が出ているわけでもないので一見本当にここに美術館があるのかわからないくらい普通のアッパルタメント。しかし、そんな中に20世紀のイタリア美術史を代表する素晴らしい作品がたくさん貯蔵されているのです。

そしてここはいつでも入場料無料なのも嬉しいポイント。

中心からもアクセスがしやすいところなのでお買い物や観光の合間におすすめです。

Fondazione Boschi Di Stefano
HP: http://www.fondazioneboschidistefano.it/ws/en/
住所:via Giorgio Jan 15, 20129 Milano
開館時間: 火ー日:10h00 - 18h00
休館日: 毎週月曜日・1月1日・5月1日・8月15日・12月25日
入場料: 無料

この記事のライター

フリーランスデザイナー・ライターのaikaです。15歳からミラノに住んでいます。現地のライフスタイルや観光情報をお届けします!

関連するキーワード


イタリア ミラノ

関連する投稿


生ハムの町パルマは観光地としても魅力的!イタリアの食と芸術を贅沢に味わおう!

生ハムの町パルマは観光地としても魅力的!イタリアの食と芸術を贅沢に味わおう!

イタリアはエミリア・ロマーニャ州に位置している小都市パルマ。生ハムやパルメザンチーズで有名なこの町は、観光地としても見所たっぷりです。イタリアの伝統文化や芸術の底力を感じさせてくれるこの町で、食、美術、音楽、ショッピングまで、イタリアの良さを短期集中で上手に堪能するために、私の個人的なおすすめポイントをご紹介します!


ミラノ近郊都市ベルガモのオリオ・アル・セリオ空港で楽しめるショッピング!

ミラノ近郊都市ベルガモのオリオ・アル・セリオ空港で楽しめるショッピング!

オリオ・アル・セリオ空港は、格安航空会社専用ともいえる空港ですが、空港内でのショッピングに関しては大型の有名空港と比較してもなんら遜色ありません。イタリアならではのとってもオシャレなショップたちがギュッと詰め込まれているので、効率よく回れます。この記事では、私が特に気に入っている空港内のショップをいくつかご紹介します!


斜塔だけじゃないピサの魅力をご紹介!空港アクセスや食事情、ショッピングも!

斜塔だけじゃないピサの魅力をご紹介!空港アクセスや食事情、ショッピングも!

ピサと言えばピサの斜塔で有名なイタリア屈指の観光地ですが、実は斜塔以外にも見所はたくさんあります。それぞれ毛色の違ったレストランでトスカーナ州のグルメに舌鼓を打ったり、プチプラ・ショッピングを楽しんだり、美しい歴史的建造物を訪れたりしながら、斜塔までの道のりを最大限に楽しむためにおすすめのスポットをご紹介します!


ボローニャ旧市街で観光するなら知っておきたいディープな情報をご紹介します!

ボローニャ旧市街で観光するなら知っておきたいディープな情報をご紹介します!

学生の町として有名なボローニャは、日本人にはあまり馴染みのない町かもしれません。ですが実は隠れた名所や、それにまつわる数々のエピソードが語り継がれている興味深い町なんです。超有名都市間の移動途中に立ち寄ることのできる便利なポジションを利用して、コンパクトにボローニャの町を楽しむためのポイントをご紹介したいと思います!


アマルフィ海岸を見に行こう!カプリ島などの周辺スポット情報も一緒にお届け!

アマルフィ海岸を見に行こう!カプリ島などの周辺スポット情報も一緒にお届け!

イタリアの南西部、ティレニア海に面する美しい海岸線アマルフィ。ユネスコ世界遺産にも登録された、断崖絶壁に立ち並ぶカラフルな家々と青い海と花々が織りなすコントラストは、この地域でしかお目にかかることのできない絶景です。この記事ではそんなアマルフィ海岸を訪れる際に知っておきたい基本情報とおすすめスポットをご紹介します!


最新の投稿


狎鴎亭(アックジョン)で無料で暇つぶし!現代(ヒョンデ/ヒュンダイ)モータースタジオソウル

狎鴎亭(アックジョン)で無料で暇つぶし!現代(ヒョンデ/ヒュンダイ)モータースタジオソウル

ソウルの高級エリア、狎鴎亭(アックジョン)。整形外科や皮膚科、ハイセンスなブティックなどが立ち並ぶ女性観光客には人気のエリア。しかし、カップルや家族での旅行の場合、男性や子供は時間を潰すのに苦労しそうなエリアでもあります。今回、ご紹介するのは「現代(ヒョンデ/ヒュンダイ)モータースタジオソウル」です。


観光でオランダに来たら必ず通る、アムステルダム中央駅を徹底解剖してみました!

観光でオランダに来たら必ず通る、アムステルダム中央駅を徹底解剖してみました!

アムステルダム中央駅には、ただ通過するだけではもったいない充実した設備があります。建物の外装や内装のインテリア、おいしいレストランやゆっくりできるカフェ、話題のオーガニック素材を扱ったグッズのショッピングなど、隠された見どころもたくさんあります。ぜひ見学して自分なりの楽しみ方でエンジョイしてください♪


クマさんが目印!「ひろケーキカフェ」でふわっふわの美味しいパンケーキを食べてみよう!

クマさんが目印!「ひろケーキカフェ」でふわっふわの美味しいパンケーキを食べてみよう!

タイ人は辛いものが好きなイメージが強いですが、甘いものもだいすきで、おいしいスイーツショップもたくさんあります。バンコクの数あるスイーツショップの中でも、とくに人気があるお店の一つに「ひろケーキカフェ」があります。ひろケーキカフェは店名もメニューも日本語なので、日本人としては、なんだかホッとできる場所でもあります。


行き当たりばったりに寄ってみると面白い!道端オランアスリーのテントをのぞいてみよう!

行き当たりばったりに寄ってみると面白い!道端オランアスリーのテントをのぞいてみよう!

オランアスリーとはマレー語で(森の人)と言う意味です。マレーシアではずっと昔から森に住んでいた原住民のことを指します。今でもオランアスリーは森周辺で生活し、自然を知り尽くしています。マレーシアの道路を走っていると時々オランアスリーのテントを見かけることがあります。森で取れたハチミツなど様々なものを売っているのです。


旅行者でも優しくウェルカム!マウイ島で見つけたローカルの集まるおしゃれカフェのカフェ・カフェ・マウイ

旅行者でも優しくウェルカム!マウイ島で見つけたローカルの集まるおしゃれカフェのカフェ・カフェ・マウイ

今回は私がマウイ島のラハイナ地区で滞在中何度も通ってしまったとても居心地のいいカフェを紹介します。カフェ・カフェ・マウイは見た目がおしゃれでドリンクや食べ物の味もよし!そして何といっても居心地が最高にいいので何度も通いたくなってしまうお店なんです。カフェ・カフェ・マウイはラハイナのローカルの方が集まるお店でしたが、旅行者だった我々にも非常に優しく接してくれました。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング