ミラノのおすすめ穴場スポット「邸宅美術館」 vol.1【Casa Museo Boschi di Stefano】

ミラノのおすすめ穴場スポット「邸宅美術館」 vol.1【Casa Museo Boschi di Stefano】

現地の美術高校、デザイン大学を卒業したミラノ在住者がおすすめする隠れスポット、それは邸宅美術館!貴族や資産家の邸宅だった建物が美術館として解放されているので普通のの美術館とはまた違う面白さがあります。そんな個性豊かな邸宅美術館たちをひとつずつ紹介!今回はイタリア近代美術の個人コレクターが住んでいた家です。


個性豊かな邸宅美術館

ミラノの観光といえば大聖堂ドゥオモ(Duomo)、その隣のヴィットリオエマヌエレ2世のガレリア(Galleria di Vittorio Emanuele Secondo)、レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」、そしてショッピングが定番といったところでしょうか。

イタリアの中でもローマやフィレンツェなどの他の都市と比べると有名な観光スポットは少ないミラノですが、ガイドブックや観光サイトには載っていない、隠れたおすすめスポットが実はたくさんあります。

その中でも個人的におすすめしたいのが邸宅美術館巡り。邸宅美術館とは、もともと貴族や資産家、美術コレクターの邸宅だったところを美術館としてオープンさせたものなので、貯蔵されている美術品だけでなく当時の家の造りや家具などから暮らしていた人たちの生活も見ることができたりして普通の美術館とはまた違う面白さがあります。ミラノ市内には何個か邸宅美術館が存在するので私がこれまでに訪れたところをひとつずつ紹介していきたいと思います!

イタリア近代美術コレクターが住んでいた家

今回紹介するのはボスキ・ディ・ステファノ財団(Casa Museo Boschi di Stefano)。Casaというのはイタリア語で「家」という意味でMuseoは「美術館」という意味。イタリア近代美術コレクターだったAntonio Boschi (1896-1988) とMarieda Di Stefano(1901-1968)夫妻が元々住んでいた家で彼らの2000以上のコレクションの中からミラノ市に寄付された300もの絵画や彫刻が飾ってあります。2003年から一般公開され美術館となった割と新しい邸宅美術館です。

ボスキ・ディ・ステファノ財団の中。

入ってみると個人のプライベートコレクションとは思えない量と質の美術品に圧倒されます。家のいたるところに絵や彫刻が飾ってあり、家具も全て家主が住んでいた頃に使われていた当時の一級品で、文化的価値の高いテーブルや椅子などがセンス良く置かれています。

インテリアに溶け込むルーチョ・フォンターナの作品たち。

額のセレクトにもセンスを感じるデ・キリコの作品たち。

ルーチョ・フォンターナ(Lucio Fontana)やジョルジョ・デ・キリコ(Giorgio De Chirico)など誰もが知る偉大なアーティストたちの作品も無防備に置いてあるのもこの美術館の面白いところ。普通の美術館では見やすい高さに綺麗に揃えて配置されていますが、ここは足元近くに置かれていたりするので、気をつけてないと足がぶつかってしまいそうになることもあるくらい。

バスルームの雰囲気はとてもレトロ。

バスルームさえも美術館の一部として使われています。1900年代初期のアッパルタメントの壁やタイルなどの建築要素も興味深いです。

美術館へのアクセス

最寄りの駅は地下鉄の赤線(M1)のリマ(LIMA)で、そこから歩いてすぐのGiorgio Jan通りにボスキ・ディ・ステファノ財団はあります。住宅街にある集合住宅のワンフロアが美術館として解放されています。

こちらがGiorgio Jan通り。美術館は右側です。

入り口はここです。見逃さないようにご注意ください!

美術館への入り口はこちらの門。

外観もとくに豪勢なわけでも、看板が出ているわけでもないので一見本当にここに美術館があるのかわからないくらい普通のアッパルタメント。しかし、そんな中に20世紀のイタリア美術史を代表する素晴らしい作品がたくさん貯蔵されているのです。

そしてここはいつでも入場料無料なのも嬉しいポイント。

中心からもアクセスがしやすいところなのでお買い物や観光の合間におすすめです。

Fondazione Boschi Di Stefano
HP: http://www.fondazioneboschidistefano.it/ws/en/
住所:via Giorgio Jan 15, 20129 Milano
開館時間: 火ー日:10h00 - 18h00
休館日: 毎週月曜日・1月1日・5月1日・8月15日・12月25日
入場料: 無料

この記事のライター

フリーランスデザイナー・ライターのaikaです。15歳からミラノに住んでいます。現地のライフスタイルや観光情報をお届けします!

関連するキーワード


イタリア ミラノ

関連する投稿


足を踏み入れたらそこは非日常的空間。世界中のお洒落さんが目指してくるミラノのセレクトショップ「10 Corso Como」

足を踏み入れたらそこは非日常的空間。世界中のお洒落さんが目指してくるミラノのセレクトショップ「10 Corso Como」

ミラノの数あるセレクトショップの中でも1番の名声を持つであろうショップ「10 Corso Como(ディエチ・コルソ・コモ)」。「生活のなかでのあらゆるデザインの美しいもの、質の良いものを」というコンセプトを掲げておりファッション、フード、音楽、アート、デザイングッズなどのハイセンスなものが集まるコンセプトストアです。


ミラノの12月最大イベント【L’Artigiano in Fiera(国際工芸品見本市)2017】潜入レポート!

ミラノの12月最大イベント【L’Artigiano in Fiera(国際工芸品見本市)2017】潜入レポート!

12月2日から9日までミラノの郊外で行われたL’Artigiano in Fiera(国際工芸品見本市)は今年で第22回目の開催。毎年イタリア全土からはもちろん世界から100カ国ほどの店や企業が参加し、インテリアからファッション、食までなんでも揃う大イベント。その楽しみ方や注意点などを現地からレポートいたします!


地元ミラネーゼに紛れて運河沿いで開催されるアンティーク市でスローショッピング

地元ミラネーゼに紛れて運河沿いで開催されるアンティーク市でスローショッピング

イタリア生活の中で私が好きな習慣の一つ、それはアンティーク市。世代を超えて受け継がれる骨董の物色に地元の人たちのコミュニケーションを観察するのも面白い。今回はミラノで行われる骨董市の中でも最大級のマーケット、ナヴィリオ運河沿いの「Mercatone dell’antiquariato(大アンティーク市)」を紹介します。


ミラノから電車で1時間弱!「ロンバルディア州の貴婦人」とも呼ばれる美しい街ベルガモへ日帰りの旅!

ミラノから電車で1時間弱!「ロンバルディア州の貴婦人」とも呼ばれる美しい街ベルガモへ日帰りの旅!

イタリア・ミラノから電車で1時間弱で行ける街ベルガモ(Bergamo)。「ロンバルディア州の貴婦人」とも言われるその美しい街は小さいながらに見所がたくさん。半日の観光で十分に楽しめるのでミラノの滞在中に時間が許せば日帰り旅行にはぴったり街です。それでは私が先日行ったベルガモ日帰り旅行の様子をレポートいたします!


船で巡るチンクエテッレの魅力をご紹介!美しい海と可愛い街並みを堪能しよう!

船で巡るチンクエテッレの魅力をご紹介!美しい海と可愛い街並みを堪能しよう!

観光客が憧れるイタリアの有名マリン・リゾートのひとつ、チンクレ・テッレ。イタリア北西部のリグーリア州きっての観光地であるこの地域では、断崖絶壁に建てられたカラフルな建物と、美しく澄み渡った海が最大の魅力です。この記事では、そんなチンクエ・テッレでおすすめの公共海水浴スポットと、船を使っての小旅行の様子をご紹介します!


最新の投稿


中欧の国「ポーランド」が、1年で最も華やぐシーズン! クリスマス・シーズンの楽しみ方

中欧の国「ポーランド」が、1年で最も華やぐシーズン! クリスマス・シーズンの楽しみ方

12月に入り、世界中がクリスマスモードに突入。どこでディナーをしようか、恋人へのプレゼントは何にしようか……など、クリスマスのプランについて考え始めた人も多いのではないでしょうか。今年は思い切って海外で過ごしてみるのはいかがでしょう? 今回は中欧の国のひとつ、ポーランドのクリスマスを紹介します。


ハワイで大人気の丸亀うどんがロサンゼルスにも上陸!気になるうどんを食べに行ってみた!

ハワイで大人気の丸亀うどんがロサンゼルスにも上陸!気になるうどんを食べに行ってみた!

今回の記事は、ロサンゼルスに最近オープンした丸亀うどんを紹介します。すでにハワイなどに店舗があり、長蛇の列ができるお店ですが、新装開店のロサンゼルス店はどのようなものなのかを調査してきました!ここでは日本スタイルのうどん、天ぷら、丼ものなどをかなり格安で楽しむことができます。お店情報や店内の様子など詳しく紹介します。


美味しくて安くて楽しい!ハーグに来たら巨大青空マーケット(De Haagse Markt)にいらっしゃい!

美味しくて安くて楽しい!ハーグに来たら巨大青空マーケット(De Haagse Markt)にいらっしゃい!

ハーグ市場は、オランダで最大のマーケットであり、ヨーロッパでも最大の市場のうちの一つです。500余りの露店が出て、様々な人種や商品が見られるのと共に、美味しくて新鮮な果物や野菜などの食べ物と、お買い得な衣料品や子供服、バック、靴、ペンキ、工具、日用品から電化製品まで、ありとあらゆる掘り出し物も見つかる可能性が大ですよ!


ロサンゼルスでガチすぎるゴーカート場へ行ってみたらゴーカートがスポーツだと思い知らされた!

ロサンゼルスでガチすぎるゴーカート場へ行ってみたらゴーカートがスポーツだと思い知らされた!

今回はロサンゼルスでできるアクティビティの中から屋内ゴーカート場へ遊びに行ってきました。遊園地で乗れるようなゴーカートとは違い、かなり本気のライディングを経験できる場所でした。腕や足が筋肉痛になること間違いなし!体力や運転技術に自身がある人はとっても楽しい!そうでない人には過酷すぎる!超本気のゴーカートを紹介します!


音楽と芸術の都ウィーンでアートに触れる小旅行を満喫!おすすめスポット紹介

音楽と芸術の都ウィーンでアートに触れる小旅行を満喫!おすすめスポット紹介

冬でも魅力が衰えない美しい古都ウィーンでの、私のショート・トリップの様子をリポートします。芸術に溢れたその街並みはまるで大きな美術館のようで、何度訪れても飽きることのない大好きな都市です。夏のハイシーズンにはない良さが冬のウィーンにはあるので、この時期の旅の目的地としておすすめしたい理由を細かく解説していきます!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング