パースで、日本のこってりラーメンが恋しくなったら、ラクサを食べに行こう。

パースで、日本のこってりラーメンが恋しくなったら、ラクサを食べに行こう。

ラクサは、東南アジアで広く愛されているスープヌードルです。ココナツミルクをベースに、カレーの香辛料で味付けされたスープは、こってりと濃厚で、クセになる味です。パースで、本格的なラーメンが食べたくなったら、これで十分な満足感が得られます。筆者が見つけたとびきりのラクサが食べられるお店も、あわせて紹介します


1.ラクサのおいしさはココナツミルクベースの濃厚スープ

近所のフードコートの野菜たっぷりラクサ。

ラクサは、マレーシアやインドネシア、シンガポール、タイ、ベトナムなど東南アジアの広い範囲で食べられているスープヌードルです。ココナツミルクがベースのスープに、カレーの香辛料などで味付けされています。

麺は、エッグヌードルと呼ばれる中華麺が主に使われていていますが、米粉を使ったライスヌードルが使われていることもあります。具は、野菜、チキン、シーフードなどから選べるパターンが多いですが、どこで食べても、これらの具がたっぷりと入っているので、ボリュームがあり、食べ応えのある一杯です。

オーストラリアは移民の国なので、近隣のインドネシアやマレーシア、シンガポール、タイ、ベトナムなどの東南アジア圏から移り住んできた人々も多く、本格的な東南アジア料理のレストランやフードコートもたくさんあります。

私がラクサを初めて食べたのは、オーストラリアでホームステイをしていたときです。ホストファミリーと一緒にアジア料理のレストランに行ったときに、メニューには多様な料理が載っているのに、家族みんなが迷うことなく、ラクサを注文したのです。初めて聞くこの料理に、強烈な印象を受けたのを覚えています。

それならと、私も試しに食べてみました。ココナツミルクベースのスープなんて、デザートじゃあるまいし、妙な組み合わせだなあと思っていたのですが、一口食べて納得しました。そのときから、ラクサは私のお気に入りになってしまいました。

2.お気に入りは、スビアコ(Subiaco)にあるカフェ・レッドチェア(The Red Cair)のラクサ

レッドチェアの店内。ポスターにも「ベストラクサ」と書いてありますね。

ラクサは、東南アジアの中でも、地域によって味が違うように、パースにあるお店のラクサの味も、それぞれ個性があります。その中で、私のお気に入りは、スビアコという街にある、小さなカフェ「レッドチェア」のラクサです。

私のいつもの定番は、シーフードラクサですが、エビやイカ、白身魚やすり身団子、油揚げ、野菜、にんにくがたっぷり入っています。そして、濃厚でクリーミーなスープが極太のエッグヌードルに絡んで、絶妙なコンビネーションです。スープの色が濃くて、辛そうに見えますが、それほど辛さはなく、ココナッツミルクが味をまろやかにしています。思わず、スープを全て飲み干したくなるほど、あとを引く味です。

このお店は、小さなショッピングセンターの一角にある、小さなカフェですが、ランチ時にはいつも、たくさんの人で賑わっています。特に、ベトナム料理やマレーシア料理が充実していて、ラクサのほか、ドライヌードルや生春巻きなど、どれを食べてもハズレがないおいしさです。サンドイッチやキッシュ、サラダなどのカフェメニューも充実しています。また、バリスタが作るコーヒーも本格派です。地味なカフェですが、いつ来ても、満足感のある食事ができます。

オーストラリアのカフェスタイルなので、お店がオープンしているのは、月曜日から土曜日まで、朝食からランチタイムのみの営業です。夜や日曜日も営業していると、さらに便利なのですが、そこがちょと残念です。

The Red Chair
Shop 2 Crossways Centre(cnr Rokeby & Bagot Rd’s)
180 – 184 Rokeby Rd Subiaco WA 6008
Ph: (08) 93813742

サラダや生春巻きもおすすめです。

3.日本のラーメンが恋しくなったら、ラクサを食べてみよう

レッドチェアのシーフードラクサ。一度食べたらやみつきになる味です。

オーストラリアで暮らしていると、時々ラーメンが無性に食べたくなることがあります。特に、私はこってりとしたみそラーメンやとんこつラーメンが大好きなのですが、こちらでは、なかなか満足のいくラーメンを食べることができません。

パースの街にも最近は、日本人が経営している本格的なラーメン屋さんも増えましたが、やはり、日本で食べるお気に入りのラーメンには及ばない気がします。日本と同じ味を再現するために、いろいろな努力をしているのは伝わって来ますが、手に入る材料に限界があったり、水の違いなども味に影響しているのかもしれません。

そんなときには、このラクサが強い味方になります。お気に入りのラーメンを食べたときと同じような大きな満足感を得ることができるのです。パースの冬も、かなり冷えることがあり、風邪をひきかけたときなどは、このラクサを食べると、体が温まり、風邪も吹っ飛んでしまいます。まさに、ラクサは、私にとって、冬のパワーフードになりました。

日本でラーメンの食べ歩きをするように、パースでも、いろいろなお店のラクサを食べ比べるのも、また新たな楽しみになりました。

4.最後に

こってりラーメンが好きな人なら、きっとこのラクサも気に入るはずです。オーストラリアで楽しむアジア料理も奥が深いですよ。ぜひ、機会があったら、試してみてください。

この記事のライター

オーストラリアの西海岸、パース在住です。オーストラリアの日々の暮らしの中で見つけたお気に入りを紹介していきたいと思っています。

関連するキーワード


オーストラリア パース

関連する投稿


ヒルトン・サーファーズパラダイスのサービス・アパートメントを家族連れにオススメしたい6つの理由

ヒルトン・サーファーズパラダイスのサービス・アパートメントを家族連れにオススメしたい6つの理由

ゴールドコースト屈指の観光地サーファーズパラダイスには、宿泊施設がごまんと存在しています。その中でも高い人気を誇っているのが、ヒルトン・サーファーズパラダイスのサービス・アパートメント。ロケーション、設備、諸観光地へのアクセスとも文句なしで、ファミリーホリデーの強い味方です。ゴールドコーストの宿泊先はここで決まり!


ゴールドコーストでバットマンに会える!子連れでワーナー・ブラザーズ・ムービーワールドを遊び尽くすコツ

ゴールドコーストでバットマンに会える!子連れでワーナー・ブラザーズ・ムービーワールドを遊び尽くすコツ

国内随一のテーマパークが揃ったクイーンズランド州ゴールドコーストへ、秋休みを利用して一家で旅行してきました。お目当ての1つはバットマンやワンダーウーマンにに会える遊園地、ワーナー・ブラザーズ・ムービーワールド。リピーターである筆者が、絶叫マシーンに乗らずとも家族連れでムービーワールドを効率よく楽しむコツをご紹介します。


【小学生編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

【小学生編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

海外の子供用品って色合いが華やかだったり、日本にはないセンスがあったりとってもかわいいですよね(^^)オーストラリアの子供用品も日本お洒落でインスタ映えしそうなものがたくさんあるんです!今回は実際にお友達のお土産を買うために調べ回った私が選んだオススメ商品(小学生向け)を4つご紹介いたします。


【オーストラリアのキッズ・パーティ事情】目からウロコのお誕生日会のアイデアあれこれ

【オーストラリアのキッズ・パーティ事情】目からウロコのお誕生日会のアイデアあれこれ

豪州で子育てするにあたって避けて通れない道、それはプリスクールの年頃からじわじわと始まる、子供のお誕生日会。大変ありがたいことに、こちらには気軽に雇えるキッズパーティ専門業者が星の数ほとあります。子どもたちの思い出に残るパーティを開いてあげようと、親も腕の見せ所。こちらのキッズ・パーティのほんの一例をご紹介します。


【プレママ~幼児編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

【プレママ~幼児編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

海外の子供用品って色合いが華やかだったり、日本にはないセンスがあったりとってもかわいいですよね(^^)オーストラリアの子供用品も日本お洒落でインスタ映えしそうなものがたくさんあるんです!今回は実際にお友達のお土産を買うために調べ回った私が選んだオススメ商品(プレママ~幼児向け)を4つご紹介いたします。


最新の投稿


スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人にとって一番大事な食べ物といえばパンです。食事には必ずパンが必要。料理を味わうためにも、味があまりないパンで一度口をリセットします。料理の風味を大事にするために、絶対バターは使いません。常に料理の味が第一というのがスペインの考え方です。そんな大事なパンを紹介するイベントがカソルラでありました。


日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

南米ボリビアはまだまだ途上国です。それは観光業においても同じで、数年前に世界一観光客に不親切な国として第一位に輝いたという不名誉な記録もあります。それだけ観光客に対しても観光スポットに対してもまだまだ上手に向き合えていないという現状があります。それで隠れた秘境がたくさんあるボリビアのチョチスといいう観光スポットをご紹介


となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

最近、広州市内で得体の知れない可愛い生き物を発見しました。中国語表記によると、その名は「龙猫(ロンマオ)」。ロンマオってまさかあのトトロのことでは?いやいや、いくら中国でもトトロがペットショップにいるわけがないでしょう・・・今回はそんないきさつで調べたロンマオと、広州市にあるロンマオ専門ショップの様子をレポートします。


ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクそのものに観光に行こうと思う日本人は多くはないかもしれませんが、ヨーロッパを旅する際に大活躍してくれる数多くのLCCが乗り入れているため重宝するのが、ルクセンブルクのフィンデル空港です。観光大国である周辺の国々とアクセスが良好の、フィンデル空港利用の際に知っておきたいことを、私個人の経験からご紹介します!


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング