ミラノから電車で1時間弱!「ロンバルディア州の貴婦人」とも呼ばれる美しい街ベルガモへ日帰りの旅!

ミラノから電車で1時間弱!「ロンバルディア州の貴婦人」とも呼ばれる美しい街ベルガモへ日帰りの旅!

イタリア・ミラノから電車で1時間弱で行ける街ベルガモ(Bergamo)。「ロンバルディア州の貴婦人」とも言われるその美しい街は小さいながらに見所がたくさん。半日の観光で十分に楽しめるのでミラノの滞在中に時間が許せば日帰り旅行にはぴったり街です。それでは私が先日行ったベルガモ日帰り旅行の様子をレポートいたします!


高い街と低い街の二つからなるベルガモ

ベルガモの町は大きく二つに分かれていて、中世とルネッサンスの景色がそのまま残るチッタ・アルタ(Città alta、高い街という意味)と丘の下に広がるチッタ・バッサ(Città bassa、低い街という意味)からなります。チッタ・バッサも洗練されたとても綺麗な街ですが、今回は観光地として有名な旧市街地チッタ・アルタの方をご紹介します。

ミラノ中央駅から電車でベルガモの駅までは1本。鈍行列車で約50分、切符は片道5.50€と、気軽に行けてしまう時間と価格(2017年11月27日現在)も魅力の一つ。ミラノからの日帰り旅行にはぴったりの場所です。

ベルガモ駅についたら市内のバスにのりケーブルカー乗り場へ移動します。そしてケーブルカーに乗りいざチッタ・アルタへ。ベルガモ駅からバス1本で上まで行くこともできますが、ケーブルカーならではの上に登るたびに変わる景色がとても綺麗なので個人的にはケーブルカーに乗ることをおすすめします。しかも市内のバスとケーブルカーは75分以内であれば1枚のチケット(1.3€)で両方に乗ることができます。

ケーブルカーの先頭の窓から見える景色

中世の街並みがそのまま残っている旧市街地

ケーブルカーの駅から出ると景色はガラリと変わります。

ベルガモはロンバルディア州の中で最も美しい街と言われているらしく、中世時代から時が止まったような街並は圧巻です。

丘の上に優雅にたたずむこの街は人口11万人と小規模ですが、世界中からも多くの観光客が訪れいつもにぎわっています。

私もこの街が大好きでこれまで何度訪れたかわかりません。

ヴェッキア広場

青空の下でピッツァランチ♪

ランチのおすすめは切り売りピザ屋さん「Il Fornaio」。

街の中心のヴェッキア広場から続く細い道を進むと、店前にはいつも人が溢れてるので分かりやすいです。

切り売りピザ屋さんは自分で好きなピザをカウンター越しに選んで注文するので観光客には少しハードルが高そうですが、システムはシンプルなのでぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?注文の手順はこのような感じです。

1. まずはガラスケースの中にピザやフォカッチャなどが並んでいるので店員さんに聞かれたら欲しいものを注文。指差しでも大丈夫ですよ。注文が完了するとレシートをもらえます。

2. キャッシャーでレシートを見せて支払いを済ませます。

3. その間に注文していたピザを温めてくれているので店員さんが呼んでくれるのをカウンター越しで待ちます。ピザの名前を言ってくれるので、自分が注文したものを覚えておきましょう。

4. 店内奥または2階にある席で食べるか、そのままお持ち帰りすることができます。せっかくならヴェッキア広場で歴史的建造物を眺めながら食べるのがおすすめです♪

ピザの上にのっているパンはおまけ。

食後はもちろんジェラート。

中世の街並みの中を歩きながら食べるジェラートは絶品です♪

街全体が芸術品のような街

そしてベルガモの見所はなんといっても美しい教会群。中でもおすすめなのがサンタ・マリア・マッジョーレ教会(Basilica di Santa Maria Maggiore)です。ヴェッキア広場の市庁舎のアーチの奥に位置し、正面玄関(ファサード)が無いのが特徴的な建物。しかしその質素な外観に比べて内部はロマネスク様式やバロック様式の装飾が細部にまで施され、息を飲む美しい空間を創出しています。

デコラティブな天井

街を歩くときも是非ディテールまで目を向けてみてください。素敵なモチーフやデコレーションがたくさん溢れています。この小さな街がロンバルディア州の貴婦人と言われるのも納得です。

とあるホテルのかわいらしい看板

そして旧市街地が「Città Alta」(=高い街)という名前なだけあって下の街を上から一望できます。

この日は晴れていたので遠くまで見渡せました。

いかがでしたでしょうか?ミラノ中央駅から1時間かからず行けるのでミラノ滞在中に時間に余裕がある方におすすめの日帰りスポットです。街自体が小さいのでお昼に着いて夕方の電車でミラノに帰るというプランで十分楽しめますよ!

この記事のライター

フリーランスデザイナー・ライターのaikaです。15歳からミラノに住んでいます。現地のライフスタイルや観光情報をお届けします!

関連する投稿


生ハムの町パルマは観光地としても魅力的!イタリアの食と芸術を贅沢に味わおう!

生ハムの町パルマは観光地としても魅力的!イタリアの食と芸術を贅沢に味わおう!

イタリアはエミリア・ロマーニャ州に位置している小都市パルマ。生ハムやパルメザンチーズで有名なこの町は、観光地としても見所たっぷりです。イタリアの伝統文化や芸術の底力を感じさせてくれるこの町で、食、美術、音楽、ショッピングまで、イタリアの良さを短期集中で上手に堪能するために、私の個人的なおすすめポイントをご紹介します!


ミラノ近郊都市ベルガモのオリオ・アル・セリオ空港で楽しめるショッピング!

ミラノ近郊都市ベルガモのオリオ・アル・セリオ空港で楽しめるショッピング!

オリオ・アル・セリオ空港は、格安航空会社専用ともいえる空港ですが、空港内でのショッピングに関しては大型の有名空港と比較してもなんら遜色ありません。イタリアならではのとってもオシャレなショップたちがギュッと詰め込まれているので、効率よく回れます。この記事では、私が特に気に入っている空港内のショップをいくつかご紹介します!


斜塔だけじゃないピサの魅力をご紹介!空港アクセスや食事情、ショッピングも!

斜塔だけじゃないピサの魅力をご紹介!空港アクセスや食事情、ショッピングも!

ピサと言えばピサの斜塔で有名なイタリア屈指の観光地ですが、実は斜塔以外にも見所はたくさんあります。それぞれ毛色の違ったレストランでトスカーナ州のグルメに舌鼓を打ったり、プチプラ・ショッピングを楽しんだり、美しい歴史的建造物を訪れたりしながら、斜塔までの道のりを最大限に楽しむためにおすすめのスポットをご紹介します!


ボローニャ旧市街で観光するなら知っておきたいディープな情報をご紹介します!

ボローニャ旧市街で観光するなら知っておきたいディープな情報をご紹介します!

学生の町として有名なボローニャは、日本人にはあまり馴染みのない町かもしれません。ですが実は隠れた名所や、それにまつわる数々のエピソードが語り継がれている興味深い町なんです。超有名都市間の移動途中に立ち寄ることのできる便利なポジションを利用して、コンパクトにボローニャの町を楽しむためのポイントをご紹介したいと思います!


アマルフィ海岸を見に行こう!カプリ島などの周辺スポット情報も一緒にお届け!

アマルフィ海岸を見に行こう!カプリ島などの周辺スポット情報も一緒にお届け!

イタリアの南西部、ティレニア海に面する美しい海岸線アマルフィ。ユネスコ世界遺産にも登録された、断崖絶壁に立ち並ぶカラフルな家々と青い海と花々が織りなすコントラストは、この地域でしかお目にかかることのできない絶景です。この記事ではそんなアマルフィ海岸を訪れる際に知っておきたい基本情報とおすすめスポットをご紹介します!


最新の投稿


狎鴎亭(アックジョン)で無料で暇つぶし!現代(ヒョンデ/ヒュンダイ)モータースタジオソウル

狎鴎亭(アックジョン)で無料で暇つぶし!現代(ヒョンデ/ヒュンダイ)モータースタジオソウル

ソウルの高級エリア、狎鴎亭(アックジョン)。整形外科や皮膚科、ハイセンスなブティックなどが立ち並ぶ女性観光客には人気のエリア。しかし、カップルや家族での旅行の場合、男性や子供は時間を潰すのに苦労しそうなエリアでもあります。今回、ご紹介するのは「現代(ヒョンデ/ヒュンダイ)モータースタジオソウル」です。


観光でオランダに来たら必ず通る、アムステルダム中央駅を徹底解剖してみました!

観光でオランダに来たら必ず通る、アムステルダム中央駅を徹底解剖してみました!

アムステルダム中央駅には、ただ通過するだけではもったいない充実した設備があります。建物の外装や内装のインテリア、おいしいレストランやゆっくりできるカフェ、話題のオーガニック素材を扱ったグッズのショッピングなど、隠された見どころもたくさんあります。ぜひ見学して自分なりの楽しみ方でエンジョイしてください♪


クマさんが目印!「ひろケーキカフェ」でふわっふわの美味しいパンケーキを食べてみよう!

クマさんが目印!「ひろケーキカフェ」でふわっふわの美味しいパンケーキを食べてみよう!

タイ人は辛いものが好きなイメージが強いですが、甘いものもだいすきで、おいしいスイーツショップもたくさんあります。バンコクの数あるスイーツショップの中でも、とくに人気があるお店の一つに「ひろケーキカフェ」があります。ひろケーキカフェは店名もメニューも日本語なので、日本人としては、なんだかホッとできる場所でもあります。


行き当たりばったりに寄ってみると面白い!道端オランアスリーのテントをのぞいてみよう!

行き当たりばったりに寄ってみると面白い!道端オランアスリーのテントをのぞいてみよう!

オランアスリーとはマレー語で(森の人)と言う意味です。マレーシアではずっと昔から森に住んでいた原住民のことを指します。今でもオランアスリーは森周辺で生活し、自然を知り尽くしています。マレーシアの道路を走っていると時々オランアスリーのテントを見かけることがあります。森で取れたハチミツなど様々なものを売っているのです。


旅行者でも優しくウェルカム!マウイ島で見つけたローカルの集まるおしゃれカフェのカフェ・カフェ・マウイ

旅行者でも優しくウェルカム!マウイ島で見つけたローカルの集まるおしゃれカフェのカフェ・カフェ・マウイ

今回は私がマウイ島のラハイナ地区で滞在中何度も通ってしまったとても居心地のいいカフェを紹介します。カフェ・カフェ・マウイは見た目がおしゃれでドリンクや食べ物の味もよし!そして何といっても居心地が最高にいいので何度も通いたくなってしまうお店なんです。カフェ・カフェ・マウイはラハイナのローカルの方が集まるお店でしたが、旅行者だった我々にも非常に優しく接してくれました。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング