壮大かつ偉大なる大湿原!パンタナルをブラジル側からとボリビア側から見てみよう!

壮大かつ偉大なる大湿原!パンタナルをブラジル側からとボリビア側から見てみよう!

ブラジルとパラグアイ、ボリビアと3カ国をまたいでいるパンタナルと呼ばれる大湿原。熱帯の動植物の宝庫とも呼ばれ世界遺産にも認定されています。そして南米大陸にあるこの大湿原は世界最大の湿原としても知られます。そんなパンタナルをボリビアとブラジルの国境沿いのそれぞれの町から眺めることができます。その壮大さに圧倒されます。


ボリビアのブラジルとの国境沿いの町プエルトスアレス

特に何もない町

ボリビア第二の都市サンタクルスから長距離バスで10時間、電車でなら18時間。640㎞の距離の所にプエルト・スアレスという町があります。この町はちょうどボリビアとブラジルとの国境沿いの町です。ボリビアの公用語はスペイン語、ブラジルの公用語はポルトガル語です。

この国境沿いの町ではスペイン語とポルトガル語が行き交う独特の文化があります。ブラジルからの流通が良く、ブラジル人もボリビアの方が物価が安いので生活用品をボリビアに買いに来たりします。そしてお互いの国境沿いの町はフリーゾーンの様に行き来できるのも面白いところ。

プエルト・スアレス唯一の見どころ

このプエルト・スアレスはブラジルに自由に行けるという事以外は特に見どころも何もない町です。また、灼熱の熱帯地方として知られ、夏場には気温は50℃にまで達することがあります。ボリビア国内でも有数の灼熱の場所として有名です。

そんなプエルト・スアレスに唯一の観光スポットがあります。それがバイーヤと呼ばれる桟橋スポットです。実はこの場所、カセレス湖という湖でブラジルとパラグアイをまたぐ大湿原、パンタナルの一部です。夕焼けに見えるこの湖の景色はとても美しいです。また夜景もきれいですのでぜひ見てほしいです。

昼間見える景色もまた絶景

カセレス湖、湖のはずですが昼間見えるその迫力の景色はまるで大海原を思わせます。どう見ても海にしか見えません。しかし、この景色は湖によるものでアマゾンの大自然が育んだ圧倒的な景色なのです。特に雨季の水量が増す季節は本当に迫力があります。

このプエルト・スアレスはボリビアからブラジルへ旅行する際、ブラジルビザを格安で簡単に取得できることで知られています。なのでビザ取得の通過点という認識の方が多いと思いますが、美しい湖の景色を見ることもできますので、ぜひこのバイーヤを訪れてくださいね。

国境を通ってブラジルへ

ブラジル側から見た景色

先ほども紹介しましたが、このブラジル側の国境沿いの町コルンバまではフリーゾーンに当たりパスポートなしでも入国することができます。その逆もしかりです。しかし興味深いのがボリビアからブラジルに入ると一気に景色が変わります。

ボリビアは南米でも最も貧しい国として知られます。しかしブラジルは南米を代表する先進国です。なのでその差が国境を越えた瞬間に歴然として現れます。この国境越えも2つの国を対比してみていると非常に興味深いものがあります。

そして、ブラジル側のボリビアとの国境沿いの町コルンバの少し高台から見えるパンタナルの景色も美しいです。

晴れた日の景色は圧巻

こちらも同じカセレス湖ですが、緑の湿地帯の部分と湖の青の美しいコントラストが太陽に照らし出されて美しい景観を見せてくれます。本当にアマゾンの大自然の迫力を間近に感じることができるスポットです。

ブラジルのさらに先に進んだ町でパンタナルの本格的なツアーを楽しむことができますが、実はこのコルンバでもパンタナルのジャングルツアーをクルーズ船やボートで楽しむことができます。アマゾンならではの植物や動物に出会えることで好評のツアーです。

料金もそれほど高くなく半日から1日もしくは3日や5日といったプランを選ぶことができます。せっかくコルンバに来られるならこのジャングルツアーを楽しむのもありです。

コルンバの丘から町とパンタナルを眺める

緑が濃く映る景色

コルンバを訪れたならぜひ訪れておきたい場所があります。それは町と大湿原を一望できる丘です。白い大きなキリスト像が目印のこの丘からはコルンバの町を一望できます。そしてその町を覆うように囲まれた大湿原の景色が印象的です。

アマゾンの大自然だからこそ見れる景色であって日本では決して見ることのできない迫力のあるこの景色をぜひ見ていただきたいと思います。コルンバも同じようにボリビアへの入国の通過点として見られがちです。でもこうした見どころが確かにあるのです。

カセレス湖からの夕焼けとシーカヤック

夕暮れ時のコルンバの港

コルンバの夕暮れ時の港の景色はとても綺麗です。港町の独特の景観を見ることができます。石畳に覆われたこの港。やはりボリビアから入国してくると本当に別世界に迷い込んだような気持になります。舗装されていない土の道、土埃、ごみと野良犬。

ブラジルに入るとそうした雑多な景色は一気に消え去りおしゃれな港が姿を現すのです。そうした違いも楽しむことができます。

シーカヤックを楽しめます

実はこのコルンバ側の湖ではシーカヤックに乗って楽しむことができます。アマゾンの大湿原を有したこのカセレス湖の湖をシーカヤックに乗って優雅に美しい景色を堪能できます。

ピラニアにはご注意を

壮大な湖をシーカヤックで、少しあこがれるシチュエーションですが実はこのカセレス湖にはたくさんの魚が居てもちろんその中にはピラニアも居ます。なので、万が一転覆してしまった問いは少し危険です。なのでシーカヤックに乗って遊ぶときにはピラニアには注意が必要です。

夕焼けがとにかく美しい

そしてこの港から見える美しすぎる夕焼け。夕焼けが空だけではなくて湖にまで映り込んだその景色は本当に一生忘れることのできない者です。ブラジルとパラグアイ、ボリビアをまたぐ巨大で壮大な大湿原、パンタナル。アマゾンの大自然が育んだその美しい景色をぜひコルンバを訪れたなら楽しんでほしいと願います。

また、このコルンバとプエルト・スアレス。ブラジルとボリビアの違いを見ることもできますが、カセレス湖に隣接するこの2つの町では湖の幸を存分に味わうことができます。

カセレス湖からの湖の幸を味わおう

ふんだんに川魚が街中で

こちらはブラジルのコルンバの町中から。カセレス湖からとれる川魚に野菜を詰めて焼いて売っている光景です。淡白な川魚も美味しいですのでコルンバを訪れたならぜひ味わってほしいです。

ピラニアスープ

ボリビアのプエルト・スアレスではピラニアが名物料理として知られています。そのピラニアを最もおいしく食べることができるのはスープです。ピラニアスープは本当に絶品です。特にボリビアは内陸国ですので海がありません。魚もあまり流通していないのが現状です。

しかしこのプエルト・スアレスではピラニアの他にもたくさんの川魚がカセレス湖からとれるので魚をリーズナブルな値段で簡単に食べることができるのでうれしいです。ぜひプエルトスアレスに立ち寄ったならピラニアスープを味わってください。

ワニ肉とカレーのコンビネーションはばっちり

また、アマゾンのジャングルさながらこのカセレス湖の湿地帯にはワニが生息しており、そのワニ肉もこのプエルト・スアレスでは名物となっています。ワニ肉料理を味わうことができます。ワニ肉のフライやワニ肉のソーセージなどが売られています。

また1キロ25ボリビアーノ(400円ほど)とそれほど高く無い値段で買えるのも大きな魅力。ワニ肉は鶏肉よりも少し柔らかく、とても美味しいです。そして、カレーと相性が抜群です。もしワニ肉を買って料理するときはカレーと合わせることをおすすめします。

プエルト・スアレスとコルンバ、ボリビア側とブラジル側から見える大湿原の景色は少し異なりますし、お互いの国の文化の違いも見受けることができるでしょう。ぜひブラジルからボリビアへ、ボリビアからブラジルへ陸路で移動される場合はお互いの国境沿いの町を少し散策してください。

ただの通過点だけではなく、国境沿いならではの独特の文化を見ることができます。そして、迫力ある大湿原の景色とふんだんにとれる湖の幸で舌鼓を打ち旅行を楽しんでくださいね。

この記事のライター

南米ボリビアに在住。まだまだマニアックな観光地や穴場スポットがたくさんある国ですので、少しづつ紹介できたら嬉しいです。

関連する投稿


日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

南米ボリビアはまだまだ途上国です。それは観光業においても同じで、数年前に世界一観光客に不親切な国として第一位に輝いたという不名誉な記録もあります。それだけ観光客に対しても観光スポットに対してもまだまだ上手に向き合えていないという現状があります。それで隠れた秘境がたくさんあるボリビアのチョチスといいう観光スポットをご紹介


南米ボリビアで味わえるおしゃれなスイーツ?独特でカラフルなのが印象的です。

南米ボリビアで味わえるおしゃれなスイーツ?独特でカラフルなのが印象的です。

南米ボリビアは近年経済発展を遂げています。以前に比べると人々の生活も裕福になり、余暇にお金を利用できるようにもなっています。都市部などではおしゃれなカフェなども徐々に浸透しています。そして、ボリビア人はケーキとパーティーが大好きで町の中では日本ではあまり見ないような色合いのケーキが!ボリビアのスイーツ事情についてご紹介


南米ボリビアは自然の宝庫!熱帯地方で見られる珍しい動物たちに感動します。

南米ボリビアは自然の宝庫!熱帯地方で見られる珍しい動物たちに感動します。

南米大陸の真ん中にある国ボリビアはアマゾンの豊饒な大自然に囲まれていてたくさんの野生動物と出会うことができます。日本では動物園に行かなければ会えない動物たちにもふとした場面で出会うことができます。特に熱帯の町ではよく見かけます。そんな大自然を持つ南米大陸のボリビアで見つけた動物たちをご紹介できればと思います。


世界的観光スポット、ウユニ塩湖をちょっとだけネガティブな目線で紹介したい

世界的観光スポット、ウユニ塩湖をちょっとだけネガティブな目線で紹介したい

ボリビアというとどこにあるんだろう?日本人の間ではそのように思われていましたが近年、ウユニ塩湖という観光地が大々的に取り上げられ、ボリビアの知名度も急上昇しました。絶賛される絶景スポットですが、ちょっとだけネガティブな目線でウユニを紹介したいと思います。ウユニ塩湖の実際のところをお伝えできればと思います。


南米の途上国ボリビアでもおいしいカフェを味わえる?ボリビア旅行で疲れたらぜひおしゃれなカフェへ

南米の途上国ボリビアでもおいしいカフェを味わえる?ボリビア旅行で疲れたらぜひおしゃれなカフェへ

南米最貧国とも言われ続けていたボリビアですが近年経済発展を遂げるようになり人々の生活も向上しました。以前はおしゃれなカフェなどほとんどなかったボリビアですが、近年では外資系のカフェも進出していて特に第二の都市サンタクルスは南米で一番発展を遂げている町ともいわれます。そんなボリビアで味わえるおしゃれなカフェをご紹介


最新の投稿


スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人にとって一番大事な食べ物といえばパンです。食事には必ずパンが必要。料理を味わうためにも、味があまりないパンで一度口をリセットします。料理の風味を大事にするために、絶対バターは使いません。常に料理の味が第一というのがスペインの考え方です。そんな大事なパンを紹介するイベントがカソルラでありました。


日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

南米ボリビアはまだまだ途上国です。それは観光業においても同じで、数年前に世界一観光客に不親切な国として第一位に輝いたという不名誉な記録もあります。それだけ観光客に対しても観光スポットに対してもまだまだ上手に向き合えていないという現状があります。それで隠れた秘境がたくさんあるボリビアのチョチスといいう観光スポットをご紹介


となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

最近、広州市内で得体の知れない可愛い生き物を発見しました。中国語表記によると、その名は「龙猫(ロンマオ)」。ロンマオってまさかあのトトロのことでは?いやいや、いくら中国でもトトロがペットショップにいるわけがないでしょう・・・今回はそんないきさつで調べたロンマオと、広州市にあるロンマオ専門ショップの様子をレポートします。


ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクそのものに観光に行こうと思う日本人は多くはないかもしれませんが、ヨーロッパを旅する際に大活躍してくれる数多くのLCCが乗り入れているため重宝するのが、ルクセンブルクのフィンデル空港です。観光大国である周辺の国々とアクセスが良好の、フィンデル空港利用の際に知っておきたいことを、私個人の経験からご紹介します!


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング