気合いいれて買い物に行く!物価が高いジャカルタで食品を安く買うために市場を活用

気合いいれて買い物に行く!物価が高いジャカルタで食品を安く買うために市場を活用

東南アジアは物価が安いイメージですが、ジャカルタは以外と物価が高いのに驚きます。車移動が必須、渋滞の中高いものを買いに行く毎日。日本人駐在妻は、あまり足を踏み入れない市場(パサール)。ジャカルタで安く買い物するためには、それなりの覚悟と準備が必要です。ローカル感満載の日常使いでない市場ってどんなところでしょうか?


ジャカルタの市場(PASAR)

日本以外の東南アジアや中国など、今でも現地の人や在住日本人、観光客も訪れるローカルの食生活を垣間見れる市場(Psar/パサール)。ジャカルタでは様子が少し違います。

ローカルのジャカルタっ子もある程度の収入がある人は立ち寄らない。どちらかいうと、低所得者向けのパサールが多く、値段は安いし、スーパーよりも新鮮ですが、在住日本人となると「パサールに食品を一度も買いに行ったことない」というひとがほとんどではないでしょうか?

パサールもいろいろあって、外国人が一人で足を踏み入れるなんてとんでもない!という場所にあるパサールから、慣れれば大丈夫かな?というパサールまでいろいろあります。

食品買うならPasar Kopro(パサールコプロ)

日本人が多く住む地域からは離れていますが、中華系インドネシア人が多く住むエリアにあります。このエリアは美味しいレストランも多いといわれていて、レストランやスーパーが直接買い付けに来るパサールとしてローカルには有名です。

このパサールは大きいのでエスカレーターもあります

ジャカルタの大きなパサールはRamayanaと(ラーマヤナ)というデベロッパーが管理しているところが多く、ラーマヤナ系列のパサールだと、清掃員がちらほらいたり、警備員がいたりします。多層階の作りで、食品以外に日用品などもある場合が多いです。

卵専門店

卵だけを扱う専門店

市場(パサール)なので、昔の日本の市場みたいに食品を絞って扱う専門店が多いです。これは卵だけを扱うお店で、アヒルの卵,うずらの卵、もちろん鶏の卵もあります。自分で割れてるかどうか確認して、1つ1つ選びます。日本のように塩素消毒されているわけではないので、サルモネラ菌には要注意です。洗浄されているわけではないので、汚れもあるし、羽がついているものも...残念ながら、ここで卵を買うのはおすすめしません。

豚肉専門店

 豚肉専門店

このパサール・コプロが他の市場と違うところは、豚肉を扱う店があることです。インドネシアはイスラム教徒が80%以上の国です。普通のパサールにはハラルである豚肉を扱う店はありません。スーパーでも、日本人向けのスーパー以外は豚肉の回転が悪いので、良い豚肉を買うことはできません。店員さんも豚肉を触ることができる人が少ないから、いつパッケージングした?というパックしか売ってません。

ここは周りが中華系が多い地域で、中華レストランも多いので豚肉専門店があるわけです。今、部位ごとに切り分けましたっていう新鮮な肉が並びます。ヒレ肉1本で800円くらいです。一口かつで20枚以上とれます。スーパーの豚肉は臭いますが、ここで買ったものは新しいので臭味もありません。

中華系お菓子

普通のパサールにはない、中華系のお菓子やさん。あんこ入りのパイや、豚肉入りの餃子、月餅(月餅にはラードを使うので)、日本人んも食べやすいものが並びます。もちろんインドネシアの伝統菓子もあります。パサール内には似たような店がいくつかありますが、地元の人に人気の店は人がたかっているので、どの店が良いかすぐに分かります。人気がある店は商品の回転が早いので、出来立てのものが多く鮮度の面でも安心できます。

バナナ専門店

 バナナ専門

道端でもバナナ専門店は良くありますが、日本と違ってインドネシアのバナナは種類が豊富で選ぶのが難しいです。緑のままでも甘いバナナや、黄色くて大きく日本で売っているのとそっくりでも、食べたら青臭い味のものなど..生食用と加熱用バナナがあります。専門店はいろんな種類のバナナがあり、インドネシア料理でお皿として使うバナナリーフも新しいものが安く手に入ります。

南国フルーツは奥深い。果物やさん

バナナだけではなく、果物やさんではマンゴーなども含めて、食べごろをお店の人に聞くのが一番で、「明日の夜食べたい」というと、食べるときにちょうど良い熟れ具合のものを選んでくれます。
ただし、インドネシア語は必要になりますが

南国だから、どのフルーツ食べても美味しい!なんてことはジャカルタに関してはありません。目利きできなければ、南国フルーツもはずれがあります。

インドネシアらしいココナッツ専門店

 ココナッツ専門店

ココナッツ専門店。南国のパサールらしいお店です。

ココナッツは普通のスーパーでは、皮をむいた状態で売ってます。このパサールの専門店では、そのまま買って帰ることもできるし、
①茶色の皮だけをむいてもらう
②割って、中身のココナッツジュースを捨てて実を持ち帰り、自分の家で削って使う
③削り機で削ってもらう
④削ったものに水を加えて絞って、ココナッツミルクと削りカスに分けてもらう
ということをやってくれます

 削り機

ココナッツミルクを作る為には、ココナッツをすりおろして水を加えて絞らなくてはなりません。削る作業は力がいるので、お店でやってもらえれば助かります。しかし、この水は、絶対にミネラルウォーターなどではないので、不純物や細菌のことを考えると、削ってもらって家で水を加えて絞るというのがオススメです。

このパサールは比較的きれいで、お客さんも多く警備員もいるのでオススメなのですが、汚れても良い服装、大きな鞄は持ち歩かない。貴重品は守る。など注意は必要です。在住日本人はあまりパサールを使わないので、気合入れてください。

お土産探すならPasar Mayestik(パサール マエスティック)

日本人が多く住む地域にあり、日系スーパーにも近い。まわりは生地屋さんで囲まれていて、オーダーの服を作る人も多いので、低所得者層は少ないパサールです。モール型になっているので、観光客でも比較的入りやすく、服のオーダーに来る在住日本人も必ず見かけるので、チャレンジしやすいです。

パサールバッグ

みんな持ってるカゴバッグ

モール・パサール マエスティックは1階から上は衣料品と生地屋、テーラーさんの階で、地下に食料品と日用品があります。

「絶対喜ばれるお土産」でも紹介した、在住日本人がみーんな持ってるパサールバッグも地下にあります。お店によって、大きさや柄などが違いますが、だいたいRp300~450(日本円で245~400円)くらいです。夏休みや春休みの前は、日本へのお土産用に大量買いする日本人を見かけます。

アルミ製小物

缶(tin)の小物

バザーや、おしゃれエリアにある雑貨やさんでは、まぁまぁな値段のするアルミ(缶 tin)でできた小物。トレイや写真たて、箱などいろいろありますが、パサールではローカルも買うので値段は安いです。

台所用品

ザルや、かご、お皿に使用する入れ物など、台所で使う品物があります。木でできた、スプーンやお玉など、お料理する人向けにオススメです。大きさもいろいろですが、単なるお土産でなく、実際に一般家庭やレストランでも使っているもので、インドネシアらしい日用品です。値段もザルは日本円で70円~とお手ごろ。

駐在妻御用達はPasar Santa(パサールサンタ)

セノパティというおしゃれエリアにあるのですが、普通パサールとは少し違います。普通のパサールは、朝早くから食料品を買う人でにぎわい、大体昼過ぎには商品がなくなって終了となります。このパサールは、一度は空き店舗が多く寂れた雰囲気になってしまいましたが、地下の食料品以外の上の階の家賃を下げたところ、若手のクリエイターやプロダクツが集まり、週末の夕方から盛り上がるパサールになりました。

今では、行列ができるホットドッグ店や、ジャカルタのちょっと高級な木製の食器のブランド、値段はお客さんがつけるというこだわりのコーヒーショップなど...でも、夕方から盛り上がるので、残念ながら在住日本人はあまりこの上の階には気軽にいきません。

コーヒー豆やさん

日本人御用達

駐在妻が御用達なのは、朝早くからあいている地下の食品ゾーン。空き店舗が多く、野菜なども少ないのですが、みんなが買いに行くのはコーヒー豆です。

焙煎はいつしたの?という疑問はありますが、種類も多く、1kg1000円前後と驚きの安さ!特別な種類以外はほとんど値段の差はなく、インドネシア産のコーヒー豆を買いに日本人妻はこの店には一人でも行きます。コーヒーの良い香りがするので、どの階段から降りても場所が分かります。

お店の人が「味見する?」といってくれますが、淹れたコーヒーではなく、コーヒー豆そのままをボリボリ食べるというお試し方法。

どのパサールでもそうですが、ジャカルタに住む中流以上のインドネシア人や外国人にとっては、パサールは日常使いではありません。一人では行かないほうが良いというのが常識です。ただ、場所を選んで、注意すればローカルの生活が体験でき、安く買い物できる楽しい場所ではありますので、くれぐれも貴重品に気をつけてトライしてみてください。

この記事のライター

2017年4月よりジャカルタに在住。旅行者と同じように観光スポットめぐりをしてますので、在住者ならではの情報をあわせてお届け

関連するキーワード


インドネシア ジャカルタ

関連する投稿


週に1度はバティックデー。本気の買い物もお土産用にも、伝統の布バティック

週に1度はバティックデー。本気の買い物もお土産用にも、伝統の布バティック

ジャワ更紗の名で知られている、インドネシアの伝統の布バティック。老若男女も毎週金曜日はバティックデー、日本の浴衣とは違い、現在も普段着から正装まで幅広く着用されています。柄も地域で違うという、奥深いバティック(ジャワ更紗)の選び方と、普段着として着られるものから、お土産にオススメのお店やアイテムを紹介します。


世界一の観光地バリ島で、どのホテルに泊まればいいの?エリア別おすすめ情報

世界一の観光地バリ島で、どのホテルに泊まればいいの?エリア別おすすめ情報

世界一の観光地インドネシアのバリ島。エリアによって雰囲気もアクティビティも金額も違います。何をしたいか?見たいか?によって選ぶエリアを間違えると、行ったり来たりが意外と大変です。リピーターも多いバリ島で、ホテル選びをどこにするか?1回といわず2回、3回泊まるエリアを変えるのも楽しいです。バリ初心者のためのエリア情報です


手作り大好きの人必見!生地屋天国のマーケットで、オリジナルの服を作る

手作り大好きの人必見!生地屋天国のマーケットで、オリジナルの服を作る

既製品よりもオーダーがなぜか安いジャカルタ。手作り大好きな人も、そうでない人も楽しい生地屋や手作り品のパーツが集まるパサールがあります。生地屋が取り囲むパサールで、好きな生地を買い、イメージを伝えるだけでオリジナルの服が作れます。自分で作る人は、驚くほどの安さで材料が買えますので、テンションあがること間違いなしです。


ジャカルタの買い物ではずせないバザーやポップアップショップの魅力って?

ジャカルタの買い物ではずせないバザーやポップアップショップの魅力って?

ジャカルタの買い物スポットといえば大きなモールになるのですが、家賃が高いゆえに、小さなブランドや若手クリエイターには敷居がたかすぎるので、どこのモールもラインナップが同じだったりします。渋滞も激しいめ、お洒落エリアも路面店を見て回るなんてなかなかできません。バザーや、モールのポップアップショップはかわいいものの宝庫です


インドネシア料理ってどこが違うの?ぜひ食べてもらいたいオススメのインドネシア料理

インドネシア料理ってどこが違うの?ぜひ食べてもらいたいオススメのインドネシア料理

日本ではレストランではマレーシアやタイ、ベトナムなどの料理と、東南アジア料理とまとめられることが多いインドネシア料理。日本ではあまりなじみがないけど日本人が食べやすい味付けの料理や、辛いだけではない子供にも食べやすい料理、また地方ごとに違う特徴をもつ料理があります。インドネシア料理店でぜひチャレンジしてほしい料理を紹介


最新の投稿


人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

自然いっぱいのマウイ島を満喫するために自転車をレンタルしてみました!出だし好調でしたが思った以上に登り坂が多く苦戦!運動不足の足が悲鳴をあげながら、美しい海と平原を冒険してきました!今回はラハイナ地区のマップ、マウイ島でのバイクレンタルの価格、またサイクリング中に見つけた美しい景色の写真などを紹介します。


街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

ベトナムのハノイとホーチミンの間にダナンというベトナム第3位の都市があります。ダナンから南にバスで1時間ほどの場所に、ホイアンという街があります。ホイアンはとても小さな街ですが、街中が世界遺産になっていて、建物がとにかくとても可愛いんです!歩くだけでもとても楽しい気分になるので、街歩きが大好きな人にぴったりの場所です。


【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

広州観光と言ったらやっぱり広州タワーです。でも一見して広州タワーの周りって、大きな広場とちょっとした出店の他はみんなオフィスビル。広州タワーの近くでお食事やお茶できる場所ってないの?実は、広州タワーの「真下」にたくさんのグルメスポットがあるんですよ。今回は、広州タワー観光時に役立つ地下街に関する情報をまとめていきます。


スープを頼むともれなくパンがついてくるカフェとは?シンガポールのcedeleで休憩してきました!

スープを頼むともれなくパンがついてくるカフェとは?シンガポールのcedeleで休憩してきました!

今回cedeleというカフェに行ってきました。シンガポールのあちこちに展開しているチェーン店です。テーブルでカフェラテを飲みながら休んでいると、多くの人が共通のものを注文していることに気づきました。テーブルにある、大きなボールと美味しそうなパン。このカフェの面白いシステムについてご紹介します。


途上国ならではの光景が広がる?南米ボリビアの交通事情を把握してしっかりと旅をする

途上国ならではの光景が広がる?南米ボリビアの交通事情を把握してしっかりと旅をする

南米大陸の真ん中にある国ボリビアは南米の中でもまだまだ途上国です。日本の国土の3倍ともいわれるボリビアには都市と都市を結ぶ道が少なく交通事情はまさに途上国そのもの。道路封鎖があったり、雨の日には水があふれかえったりとボリビアならではの景色も。しっかりとボリビアを旅行できるように、独特の交通事情をご紹介します!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング