フカヒレをリーズナブルに食べられる!バンコクのチャイナタウンにある和盛豊 (フアセンホン)に行ってみた

フカヒレをリーズナブルに食べられる!バンコクのチャイナタウンにある和盛豊 (フアセンホン)に行ってみた

日本にも中華街があるように、タイにも中華街があります。「チャイナタウンに行くなら和盛豊 (フアセンホン)に行ってみて!」「フカヒレをリーズナブルに楽しめるよ」というアドバイスを、バンコク在住の友人にもらったので行ってみました。口コミの評判も良く有名なお店なのだとか。タイで有名な中華料理店、和盛豊についてレポートします。


バンコクにもチャイナタウンがあります。その名もヤワラート。昭和っぽい雰囲気が残っていますが、そこがまたいい味を出してます。古くさい雰囲気は否めませんが、たまにエネルギーチャージしに行きたくなるような活気あふれる街です。

サンペンレーンという有名な卸売り市場があり、ヤワラートに訪れた多くの観光客はそこへ足を運びます。市場での買い物と中華料理を食べるのはセットでしょう。ヤワラートにはリーズナブルでおいしい中華料理がたくさんあるのです。

ヤワラートで中華料理といえば、「和盛豊 (フアセンホン)」。多くの人に知られており、バンコクに住む日本人でも行ったことがある人は多いでしょう。お店の名前は聞いたことがあるものの、私はまだ行ったことがありませんでした。いつかとは思っていてもなかなか行かないものですよね。

「チャイナタウンに行くなら和盛豊に行ってみて!」と言われたので、和盛豊での食事を目的にヤワラートへ行ってみることにしました。

ヤワラート(チャイナタウン)は活気のある街!

バンコクの中華街「ヤワラート」は、タイと中国の文化が混ざった街です。とても活気がある街で、土日は仕入れに来た人や観光客で賑わいます。私は約1年ぶりのヤワラートだったのですが、相変わらずの賑わいぶりです。

トゥクトゥクの数も多く、私は「トゥクトゥクの台数はバンコクでヤワラートが1番多いのでは?」と思っています。トゥクトゥク以外にも、移動販売のバイクや、台車で大量の荷物を運んでいる人をあちこちで見かけます。フルーツを山盛り積んでいたり、仕入れたものを運んでいたり。車だと渋滞を避けれませんし細い道は通れません。トゥクトゥクやバイクなどのほうが便利なのですね。

一生懸命働いている人たちを見るのも、活気を感じられる理由のひとつです。活気を感じるのはエネルギーチャージにもなりますよね。ヤワラートを散策するのもおすすめですよ。人で溢れていてやかましく思っていても、慣れてしまえばなぜか安心感のようなものも感じられます。

バンコクのチャイナタウン

昔、華人たちが新たな移住地にて街を形成したことにより、現在の中華街が生まれました。中国語の看板が並び、金を売るお店が立ち並び、華人を連想してしまう光景ばかり目につきます。このパワフルさは他のエリアでは感じることができません。基本的にマイペースなのがタイ人ですから。

タイに住む華人系の半分はバンコクに住んでいるそうです。中国人がタイに住み始めたのは、1351〜1767年に王室が独占していた泰中貿易と、それにともなって移住してきた、華僑の出身地として有名な福建系の商人たちがはじまりといわれています。

今では、タイの財閥のほとんどが華人系で占められています。力を持った財閥のほとんどの創立者が華人で、代々受け継がれながら、どんどんその領域を広めているのですね。「タイはすでに中国人の手中に落ちてしまっている」なんてこともいわれています。


日本にいた頃は、あまり「華人」や「華僑」を意識したことはありませんでしたが、タイに住んでからというもの、かなり意識するようになりました。

色白=中国系の人=お金持ち!?タイ人の色白崇拝がすごい

タイ人は異様なまでに「色白」を崇拝しています。タイでは、「色白=華人」「華人=お金持ち」というイメージが先行しすぎているのです。タイ人が異様なまでに色白を崇拝しているのは、こういうことが背景にあるのですね。私もビックリするくらい肌の色については言われます。自分では普通だと思っているのですが、タイ人女性からはいつも羨ましがられます。タイ人は、肌が白ければ白いほど「イケてる」というイメージが強いのです。日本人の感覚にはありませんよね。

色が黒い人は外で重労働をしている貧乏人(タイ人)、色が白い人は苦労知らずの華人。これは私がタイに移住したばかりの頃に聞いたものです。私からすれば、肌が白いだけで中国系と決めつけ、「イケてる」と思うのは少しバカバカしいですが、小さい頃からそういった劣等感があるのであれば仕方ないでしょう。

「格差問題」は大きくなるばかりで、小さい頃から将来を諦めている子どもたちばかり、というもどかしさを感じることも多いです。「自分にはむり」「できるはずがない」というのを小さい頃から自然に洗脳されている子どもたちは日本よりも多いでしょう。まわりにメンターとなる人がいなければ、考えることさえやめてしまい、次第に夢すら持たなくなります。

具体的に考えて行動するのではなく、漠然と「有名になりたい」「お金もちになりたい」と言っているタイ人は、子どもだけでなく大人にも多いですよ。指導者として影響力のある人がまだまだ少なかったり、自己啓発系の情報を得る手段が少ないのかもしれません。今の時代、Googleで検索すればいろんな知識を得られるし、自分を高めるのにも有効だと思っていましたが、タイではそういう情報もまだまだ足りていないのでしょう。

タイ人は当たり前のように借金をしているのも不思議なところ。しかも、金利がかなり高いのです(とくに家や車)。銀行から借りられる人はまだましな人で、借りられるものならギリギリまで借りてローンを組みます。明らかに高すぎる金利で、家や車を購入するのは理解に苦しみますが、タイ人にとってはそれが普通なのかもしれません。

遠回しに聞いてみても、「だってみんなそうしているよ」「こうしないと買えないもん」という答えが返ってきます。素直な国民性であるがゆえに、何ごとにも「疑問を持たない」というところが、欠点となっていることも多いでしょう。ローンも組めずその日暮らしの人も多い中、銀行からお金を借りられるような仕事についている、ということを誇りに思っている人もいました。お金持ちはどんどんお金持ちになり、貧乏人は借金地獄から抜け出せない、というのが目に見えています。

ヤワラートの有名店「和盛豊 (フアセンホン)」に行ってみた

ちょうど昼時にお店へ到着。お店の入り口で、コックが調理している姿が目を引きます。調理している様子やおいしそうな香りは、いい宣伝にもなりますよね。2名でしたが、待ち時間はなくスムーズに店内へ案内されました。私たちでちょうど満席に。店内を見渡すと、日本人の姿もちらほらありました。

メニューは写真つきだったので選びやすかったです。注文しても、「メイミー(ありません)」と言われてしまうものもありますが、タイではあるあるネタですよ。タイで、「メイミー」または「マイミー」と言われた場合は諦めましょう。この日も、茶そばのようなものをまずは注文したのですが、「メイミー」と言われてしまいました。「マイペンライ カー(大丈夫です)」と笑顔で返します。

今あるものの中からいくつかおすすめをチョイスしてもらうことにしました。スタッフも忙しそうでしたが、笑顔で対応してくれましたよ。

メニュー

バンコクにおける中華料理のレベルというのは、決して低くありません。純粋な中華料理とは異なり、タイのハーブや野菜などでタイ風にアレンジした中華料理が出てくるところもありますが、それはそれでおいしくいただけます。

このお店の定番のメニューが、フカヒレ入りの小鍋らしいので、それを1つと、たまご麺、点心、野菜炒め、を注文しました。

2人前

点心は何種類か運ばれてくるので、食べたい点心を手にとれば大丈夫です。私は無難にシュウマイをチョイス。冷めているようでしたので、ますはシュウマイからいただきました。とくに感動する美味しさではありませんが、「値段相応だな」というのが正直な感想です。

たまご麺

こちらのたまご麺は、かき混ぜながらいただきます。60バーツ(200円ほど)という安さ。細麺好きな私は、案外これが気に入りました。シンプルですが、味付けも問題なくおいしかったです。

人気の秘密は安さ!フカヒレが格安で食べられる

フカヒレ入りスープ

小鍋には、フカヒレ、カニの身、しいたけが入っています。トロトロとしたスープは、具材のうまみを引き立てるような薄味です。別皿でもやしとパクチーが運ばれてくるので、お好みで入れます。

かなり小ぶりではあるものの、フカヒレは思ったより入っていました。550バーツ(1700円ほど)でフカヒレを楽しめるのは嬉しいですよね。もっと小さいサイズは330バーツ(1000円ほど)でしたよ!

味というよりも、「安さ」に人気が集まっているように感じました。「リーズナブルにフカヒレを食べれる」というところは、何よりもセールスポイントですよね。

もちろんどのメニューも安定して美味しいですが、正直感動するほどではありませんでした。しかし、値段を考慮すれば、「満足」といえます。そもそも高級店ではないので、味に過度な期待はしていませんでしたが、「また食べたいな」と思える味でした。コストパフォーマンスも良いので、安定して人気があるのも納得です。

フカヒレは小ぶり

小ぶりのフカヒレがたくさん入っています。高級店で食べるような、形が崩れていない大きいフカヒレの姿煮に比べれば、食感に物足りなさはあるものの、かすかに「シャキッ」「コリッ」とした食感があります。「お肌に良い」「食べるコラーゲン」と思いながら、おいしくいただきました。

お会計は予想以上に安かったです。お腹いっぱい食べても、2人で3000円もしませんでしたよ。

和盛豊は、格安でフカヒレが楽しめるお店です。落ち着いた雰囲気があり、数人で円卓の中華テーブルを利用するのもいいなと思いました。バンコクのチャイナタウン「ヤワラート」に訪れた際は、「和盛豊」で食事を楽しんでみてくださいね。

この記事のライター

タイ在住5年目の専業主婦です。今でも、カルチャーショックに驚く日々。タイのおすすめ情報や、ローカルな部分をお伝えいたします。

関連するキーワード


タイ バンコク

関連する投稿


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


バンコクでAirbnbを利用してみた!Airbnbを利用するときのメリットとデメリット、その理由とは?

バンコクでAirbnbを利用してみた!Airbnbを利用するときのメリットとデメリット、その理由とは?

気楽に安い値段で宿泊するために、Airbnbを利用するという方法があります。今回実際にタイのバンコクに行った際、Airbnbを使ってみることにしました。The Boonareya Courtというコンドです。実際に利用してみて良かったと思うことや、次回への改善点など、実際に利用した感想をお伝えします。


ドリアン好きにはたまらない!おいしいドリアンを求めて「ドリアン市場」へ行ってみた!

ドリアン好きにはたまらない!おいしいドリアンを求めて「ドリアン市場」へ行ってみた!

南国に住んでいる醍醐味の1つが、フルーツ天国であることです。タイでは毎年6月頃になると、おいしいドリアンが出てきます。私もタイに来るまでドリアンを食べたことがなかったのですが、タイでおいしいドリアンを食べてからというもの、すっかりドリアンが大好きになりました。最近はドリアン市場に通ってしまうほどハマってしまっています。


タイのコンビニスイーツ!セブンイレブンの新商品「もちシュークリーム」がおすすめ

タイのコンビニスイーツ!セブンイレブンの新商品「もちシュークリーム」がおすすめ

今話題の「もちシュークリーム」というスイーツをご存知でしょうか?タイ在住の日本人の間で話題になっているスイーツで、タイのセブンイレブンでゲットすることができます。日本人が多く住むエリアのセブンイレブンでは、売り切れが続出しているとか。日本人からも高評価で、コスパもバッチリな「もちシュークリーム」についてご紹介します。


スタイルナンダのオリジナルコスメブランド「3CE」の「ウユクリーム(牛乳クリーム)」をバンコクでゲット!

スタイルナンダのオリジナルコスメブランド「3CE」の「ウユクリーム(牛乳クリーム)」をバンコクでゲット!

韓国をはじめ日本でも人気のファッションブランド「STYLENANDA 」をご存知ですか?スタイルナンダはファッションだけでなく、3CEというコスメブランドも展開しており、中でも「ウユクリーム」がヒットしています「STYLENANDA」はバンコクにも出店していて、ウユクリームはバンコクでも手に入れることができちゃいます!


最新の投稿


スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人にとって一番大事な食べ物といえばパンです。食事には必ずパンが必要。料理を味わうためにも、味があまりないパンで一度口をリセットします。料理の風味を大事にするために、絶対バターは使いません。常に料理の味が第一というのがスペインの考え方です。そんな大事なパンを紹介するイベントがカソルラでありました。


日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

南米ボリビアはまだまだ途上国です。それは観光業においても同じで、数年前に世界一観光客に不親切な国として第一位に輝いたという不名誉な記録もあります。それだけ観光客に対しても観光スポットに対してもまだまだ上手に向き合えていないという現状があります。それで隠れた秘境がたくさんあるボリビアのチョチスといいう観光スポットをご紹介


となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

最近、広州市内で得体の知れない可愛い生き物を発見しました。中国語表記によると、その名は「龙猫(ロンマオ)」。ロンマオってまさかあのトトロのことでは?いやいや、いくら中国でもトトロがペットショップにいるわけがないでしょう・・・今回はそんないきさつで調べたロンマオと、広州市にあるロンマオ専門ショップの様子をレポートします。


ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクそのものに観光に行こうと思う日本人は多くはないかもしれませんが、ヨーロッパを旅する際に大活躍してくれる数多くのLCCが乗り入れているため重宝するのが、ルクセンブルクのフィンデル空港です。観光大国である周辺の国々とアクセスが良好の、フィンデル空港利用の際に知っておきたいことを、私個人の経験からご紹介します!


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング