イタリアのクリスマス・マーケットは美味しいものの宝庫!昔ながらの味をご紹介!

イタリアのクリスマス・マーケットは美味しいものの宝庫!昔ながらの味をご紹介!

12月上旬から1月上旬まで楽しめるイタリアのクリスマス・マーケットは、一大エンターテインメントです。地元の人たちも心待ちにしているこのマーケットで、このシーズンならではの伝統的なイタリアのお菓子を堪能してみたいと思いませんか?この記事では私が特におすすめするスイーツをいくつかご紹介します。是非参考にしてくださいね。


クリスマス・シーズンが近づくと、イタリアの各地でクリスマス・マーケットが開かれます。小さなテントやコテージ型の店舗が軒を連ね、思い思いの商品を販売しています。クリスマス・プレゼントや、この時期にしか手に入らないスイーツなどを買い求めるお客さんで、昼夜問わず毎年大いに賑わいます。

このイベントは、観光客向けと言うよりも地元の人々のためのもので、毎年イタリア人たちはこのクリスマス・マーケットをとても楽しみにしています。イタリアに住んでいた時は私もそのうちの一人でした。

今回は久しぶりにイタリアのクリスマス・マーケットに行くことができました。懐かしいスイーツたちを買い込み久しぶりの味に舌鼓を打ち、マーケットの雰囲気も存分に満喫してきました。

今回はその様子とイタリアのクリスマス・マーケットでおすすめの商品をご紹介したいと思います!

私の一押しスイーツ!各種ナッツのクロッカンテ

ハーゼルナッツのクロッカンテ

イタリアのクリスマス・マーケットに来たら是非一番最初にチェックしていただきたいのが、お菓子屋さんです。どの町のマーケットにも2~3軒は必ず入っています。たくさんの伝統的なクリスマス・スイーツが売られているのですが、その中でも私の一押しは「クロッカンテ(croccante)」と呼ばれるお菓子です。

アーモンドやピスタチオ、ハーゼルナッツやクルミと様々な種類がありますが、イタリア在住時代に私が一番気に入って買っていたのは、上の写真にもあるハーゼルナッツのクロッカンテです。ナッツを贅沢に板状に敷き詰め、それを飴で固めた、イタリアに古くから伝わる伝統的なお菓子です。

どのクロッカンテも大きな板状で売られていますが、要望を伝えれば小さなサイズにカットしてくれます。値段は基本、量り売りになります。自分ひとりで食べる分だけ欲しい場合ならば5ユーロ分も買えば充分でしょう。

「クロッカンテ」とはイタリア語で「歯ごたえのある」というような意味なのですが、その名の通り飴の部分がとても固いのが特徴です。私の前歯では文字通り歯が立たないので、奥歯でかぶりつくか、口に入れる前にある程度の大きさに砕いてから食べます。そのため、食べ歩きにはあまり向いていないお菓子かもしれません。

味はというと、甘い飴とナッツの風味がクセになる美味しさです。ひとかけ食べるだけで相当な満足度とボリュームが感じられるので、かなりの高カロリー食品だと推察されます。日持ちもかなりするスイーツですので、ちょっとずつ時間をかけてちびちび食べるのがおすすめです。常温保存で数週間かけて食べても悪くなりません。

歩きながらつまみたいオレンジ・ピールのチョコレート・コーティング

伝統スイーツが並ぶショーウィンドウ

イタリアのクリスマス・マーケットでは、ドライフルーツもたくさん売られています。ヨーロッパを中心としたキリスト教の国々では1か月かけてクリスマスを祝うので、大量買いして少しずつ食べ続けることのできるような、日持ちするスイーツが多いようですね。

ドライフルーツを使ったスイーツの中で、私のお気に入りはオレンジピールにチョコレート・コーティングがされているものです。上の写真の左から3番目、下から2段目の木箱の中に入っている細長いのがそうです。

このお菓子はイタリア語で「スコルツェ・ダランチャ・アル・チョコラート(scorze d'arancia al cioccolato)」と言います。「スコルツェ・ダランチャ」だけでも通じます。料金はこちらもグラム売りで、100グラム2.5ユーロから3ユーロほどが相場です。100グラム買えばひとりで一日つまみ食いしながら散策できるだけの分量になります。

念のためお店のお姉さんに「どれくらい日持ちするの?」と聞いてみたところ、少し困ったような顔をして「あなたが食べ切るまでよ。」という返事が返ってきました。こちらも常温保存で何週間も持ちますが、チョコレート・コーティングがパリッとしていたほうが美味しいので、私はいつも冷蔵庫に入れて保存します。

幸せな味で止まらなくなってしまうアーモンドのプラリナート

イタリアのクリスマス・マーケットで購入することのできるスイーツの代表格が、各種ナッツのプラリナートです。私のお気に入りは皮つきアーモンドのプラリナート、イタリア語で「マンドルレ・プラリナーテ(mandorle pralinate)」です。プラリナートとは、砂糖でコーティングされローストされた状態のことを指します。

こちらも主流はグラム売りで、100グラム2.5ユーロから3ユーロ程度が相場になります。店によっては小分けにしてプレゼント用にパッケージになっているものもあります。

アーモンドには皮つきと皮無しの2種類があり、その他にはピスタチオ、クルミ、ハーゼルナッツなどのものがあります。店舗によってはプラリナート用の機械をテント内に設置してあり、製造過程を見ることもできます。とても良い香りが立っていて食欲をそそられますよ。

お土産にも喜ばれる伝統菓子トッローネ

所狭しと並ぶトッローネ

写真の中央から奥にかけて積み重なっている白いお菓子がトッローネです。こちらも超メジャーなイタリア伝統菓子で、クリスマス・シーズンになると市販のものもスーパーなどにズラッと並びます。ですがもちろん、市販のものより写真のようなお店で手作りのものを買う方が風情もありますし、美味しいのでおすすめです。

こちらもナッツがふんだんに詰まった砂糖菓子です。トッローネには固いものと柔らかいものがあります。写真右上に「torrone morbido」という表示があるのがおわかりでしょうか。「モルビド(morbido)」が「柔らかい」を意味するイタリア語です。

小分けにされたトッローネは見た目もキュートなので、お土産にも喜ばれます。日持ちもかなり長いので、長期の旅行でも心配なく持って帰れますよ。

スイーツ以外で注目すべき商品たち

ボローニャのクリスマス・マーケット入口

もちろんイタリアのクリスマス・マーケットは、スイーツだけが売っているわけではありません。クリスマス・プレゼントに喜ばれそうなかわいらしい小物やアクセサリーも豊富に揃っています。

特に手作りのアクセサリー屋さんが多く見られ、訪れる人々の目を楽しませてくれます。既製品のアクセサリーとは一味も二味も違った商品が数多く集まるのも、イタリアのクリスマス・マーケットの特色です。パワーストーンをあしらったアクセサリーなどもあるので、プレゼントに何か意味を込めたいときにはぴったりではないでしょうか。

その他、手作りの帽子やバッグ、衣服なども販売されています。

まとめ

ジェノヴァのクリスマス・マーケット

イタリアのクリスマス・マーケットは12月上旬に始まり、1月上旬まで続きます。ドイツのクリスマス・マーケットはクリスマス・イヴには終わってしまいますが、イタリアではまだまだ楽しむことができますよ。

この時期にイタリアを旅することがあれば、是非お近くのクリスマス・マーケットに足を運んでください。美味しいスイーツの数々を味わいながら、カトリックの本場イタリアのクリスマス・ムードを、是非一度は堪能してみてくださいね。

この記事のライター

ヨーロッパ在住歴13年の経験を活かしてイタリア、スイス、ドイツ、フランスのちょっとディープな観光情報をお届けします!

関連するキーワード


イタリア

関連する投稿


【ミラノ在住者おすすめ】キング・オブ・イタリアンB級グルメ!ルイーニのパンツェロッティ!

【ミラノ在住者おすすめ】キング・オブ・イタリアンB級グルメ!ルイーニのパンツェロッティ!

多くの人にとってイタリア旅行の楽しみといえば「食」なのではないでしょうか?ピッツァにスパゲッティ、リゾット、ジェラート…日本人にすでに馴染みのある料理がたくさんあるイタリア料理。今回の記事では日本ではめったに食べることのない揚げピザ、その名もパンツェロットとその有名専門店LUINIについて書いていきたいと思います!


ドイツの堅実さとイタリアの陽気さが混ざり合う南チロル地方の魅力!【その2 ロープウェイと鉄道で周る高原モデルコース】

ドイツの堅実さとイタリアの陽気さが混ざり合う南チロル地方の魅力!【その2 ロープウェイと鉄道で周る高原モデルコース】

ボルツァーノは東アルプスのドロミテ麓に位置し、イタリア最北端の町の1つでドイツとイタリアの文化が混在する不思議な街。前回の記事ではボルツァーノの旧市街についてご紹介しましたが今回はボルツァーノからロープウェイに乗っていく山の上の町Sopravolzano(ソプラボルツァーノ)をご紹介します。こn


ドイツの堅実さとイタリアの陽気さが混ざり合う南チロル地方の魅力!【その1 ボルツァーノのクリスマスマーケットと教会たち】

ドイツの堅実さとイタリアの陽気さが混ざり合う南チロル地方の魅力!【その1 ボルツァーノのクリスマスマーケットと教会たち】

年明け旅行でミラノからTrentino Alto Adige州の都市Bolzanoへ行ってきました。ボルツァーノは東アルプスのドロミテ麓に位置し、イタリア最北端の町の1つでドイツとイタリアの文化が混在する不思議な街。今回は旅の1番の目的であったクリスマスマーケットの様子をお届けします!


ジェノヴァは美しい教会の宝庫!イタリア芸術の底力を体感できるルートをご紹介!

ジェノヴァは美しい教会の宝庫!イタリア芸術の底力を体感できるルートをご紹介!

イタリアの芸術と歴史の偉大さを無料で味わえるのが、イタリア国内に無数にある教会の数々です。ジェノヴァにも非常に数多くの教会が存在し、一般公開されています。この記事では時間にあまり余裕のない人でも楽しめるルートを、プリンチペ広場駅を出発点としてご紹介します。グルメ情報も記載しますので、半日プランの参考にしてみてください!


イタリアのクリスマスの定番菓子パネットーネ!天然酵母のおかげで無添加なのにその賞味期限は半年【まさに天然の保存料】

イタリアのクリスマスの定番菓子パネットーネ!天然酵母のおかげで無添加なのにその賞味期限は半年【まさに天然の保存料】

イタリアで11月くらいからスーパーやケーキ屋さんに山積みに置かれ始めるクリスマスの伝統の発酵菓子パネットーネ。一見普通のフルーツケーキなのですが、その発酵に使われている自然酵母パネットーネ種には実はすごい秘密が!今回はパネットーネの魅力を徹底解説。そしておすすめのパネットーネ購入スポットも紹介いたします。


最新の投稿


今ロサンゼルスでファッションにうるさい若者が集まる通りアボット・キンニー通りで見つけた超おしゃれ雑貨店

今ロサンゼルスでファッションにうるさい若者が集まる通りアボット・キンニー通りで見つけた超おしゃれ雑貨店

今回は今ロサンゼルスの若者に人気のスポットであるベニスのアボット・キンニー通りからおしゃれすぎてたまらない雑貨店のグロー・ベニスというお店を紹介します。ビーチ感のあるおしゃれ雑貨が好きな方には外せないお店です!アメリカっぽくおしゃれで、でも他の人が絶対持っていないようなものを探している方には超おすすめのスポットです!


これこそまさに!正真正銘の本物の天然温泉?ベントンにある温泉で泳いでみました!

これこそまさに!正真正銘の本物の天然温泉?ベントンにある温泉で泳いでみました!

マレーシアの首都、クアラアルンプールから車で約1時間ほど内陸側に走った場所に、ベントンという小さな街があります。ベントンにはなんと天然温泉があります。文字通り「天然温泉」としか言いようのない場所でした。地元の人と混じってベントン温泉を楽しんでみました。


マネパカードの評判や口コミは!?手数料も安くて国内外でも使えるのは最大のメリットです!

マネパカードの評判や口コミは!?手数料も安くて国内外でも使えるのは最大のメリットです!

海外プリペイドカードで有名なマネパカードの最大のメリットはやはり手数料。海外では普通のクレジットカードでもショッピングなどの際、必ず手数料が発生します。しかしこのマネパカードの手数料はクレジットカードよりも安いという最高にお得なカードです。プリペイドなので使いすぎることもなく、渡航先の現地通貨をいつでも引き出せます!


ロサンゼルス近郊マリブ・ビーチに行ったら途中にあるマリブ・ビレッジ&マリブ・カントリー・マートでお買い物を楽しもう!

ロサンゼルス近郊マリブ・ビーチに行ったら途中にあるマリブ・ビレッジ&マリブ・カントリー・マートでお買い物を楽しもう!

今回はロサンゼルス近郊にあるとても美しいことで有名な観光地のマリブ・ビーチに行く途中にあるシッピングモールを紹介します。このモールはローカルなお店から化粧品店のセフォラや、高級ブランドのブティックなど、様々なお店が並ぶゆったりとしたショッピングモールです。マリブビーチに遊びに行ったらぜひ寄り道をしてほしいです。


テクパンでヨーロッパを味わう!グルメの方必見です。空港から一時間で行けます

テクパンでヨーロッパを味わう!グルメの方必見です。空港から一時間で行けます

グアテマラで、おいしい豚肉をたべたくなったら、テクパン(TECPAN)へ。ヨーロッパ移民から受け継いだ伝統手法で作る、生ハムやソーセージは最高です。また、広々とした、牧場も多々あるので、のんびりするのに最適です。都会の雑踏に疲れたら、ぜひテクパンに。おいしい、ジャージー牛乳やヨーグルトも売っています。おススメです!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング