イタリアのクリスマス・マーケットは美味しいものの宝庫!昔ながらの味をご紹介!

イタリアのクリスマス・マーケットは美味しいものの宝庫!昔ながらの味をご紹介!

12月上旬から1月上旬まで楽しめるイタリアのクリスマス・マーケットは、一大エンターテインメントです。地元の人たちも心待ちにしているこのマーケットで、このシーズンならではの伝統的なイタリアのお菓子を堪能してみたいと思いませんか?この記事では私が特におすすめするスイーツをいくつかご紹介します。是非参考にしてくださいね。


クリスマス・シーズンが近づくと、イタリアの各地でクリスマス・マーケットが開かれます。小さなテントやコテージ型の店舗が軒を連ね、思い思いの商品を販売しています。クリスマス・プレゼントや、この時期にしか手に入らないスイーツなどを買い求めるお客さんで、昼夜問わず毎年大いに賑わいます。

このイベントは、観光客向けと言うよりも地元の人々のためのもので、毎年イタリア人たちはこのクリスマス・マーケットをとても楽しみにしています。イタリアに住んでいた時は私もそのうちの一人でした。

今回は久しぶりにイタリアのクリスマス・マーケットに行くことができました。懐かしいスイーツたちを買い込み久しぶりの味に舌鼓を打ち、マーケットの雰囲気も存分に満喫してきました。

今回はその様子とイタリアのクリスマス・マーケットでおすすめの商品をご紹介したいと思います!

私の一押しスイーツ!各種ナッツのクロッカンテ

ハーゼルナッツのクロッカンテ

イタリアのクリスマス・マーケットに来たら是非一番最初にチェックしていただきたいのが、お菓子屋さんです。どの町のマーケットにも2~3軒は必ず入っています。たくさんの伝統的なクリスマス・スイーツが売られているのですが、その中でも私の一押しは「クロッカンテ(croccante)」と呼ばれるお菓子です。

アーモンドやピスタチオ、ハーゼルナッツやクルミと様々な種類がありますが、イタリア在住時代に私が一番気に入って買っていたのは、上の写真にもあるハーゼルナッツのクロッカンテです。ナッツを贅沢に板状に敷き詰め、それを飴で固めた、イタリアに古くから伝わる伝統的なお菓子です。

どのクロッカンテも大きな板状で売られていますが、要望を伝えれば小さなサイズにカットしてくれます。値段は基本、量り売りになります。自分ひとりで食べる分だけ欲しい場合ならば5ユーロ分も買えば充分でしょう。

「クロッカンテ」とはイタリア語で「歯ごたえのある」というような意味なのですが、その名の通り飴の部分がとても固いのが特徴です。私の前歯では文字通り歯が立たないので、奥歯でかぶりつくか、口に入れる前にある程度の大きさに砕いてから食べます。そのため、食べ歩きにはあまり向いていないお菓子かもしれません。

味はというと、甘い飴とナッツの風味がクセになる美味しさです。ひとかけ食べるだけで相当な満足度とボリュームが感じられるので、かなりの高カロリー食品だと推察されます。日持ちもかなりするスイーツですので、ちょっとずつ時間をかけてちびちび食べるのがおすすめです。常温保存で数週間かけて食べても悪くなりません。

歩きながらつまみたいオレンジ・ピールのチョコレート・コーティング

伝統スイーツが並ぶショーウィンドウ

イタリアのクリスマス・マーケットでは、ドライフルーツもたくさん売られています。ヨーロッパを中心としたキリスト教の国々では1か月かけてクリスマスを祝うので、大量買いして少しずつ食べ続けることのできるような、日持ちするスイーツが多いようですね。

ドライフルーツを使ったスイーツの中で、私のお気に入りはオレンジピールにチョコレート・コーティングがされているものです。上の写真の左から3番目、下から2段目の木箱の中に入っている細長いのがそうです。

このお菓子はイタリア語で「スコルツェ・ダランチャ・アル・チョコラート(scorze d'arancia al cioccolato)」と言います。「スコルツェ・ダランチャ」だけでも通じます。料金はこちらもグラム売りで、100グラム2.5ユーロから3ユーロほどが相場です。100グラム買えばひとりで一日つまみ食いしながら散策できるだけの分量になります。

念のためお店のお姉さんに「どれくらい日持ちするの?」と聞いてみたところ、少し困ったような顔をして「あなたが食べ切るまでよ。」という返事が返ってきました。こちらも常温保存で何週間も持ちますが、チョコレート・コーティングがパリッとしていたほうが美味しいので、私はいつも冷蔵庫に入れて保存します。

幸せな味で止まらなくなってしまうアーモンドのプラリナート

イタリアのクリスマス・マーケットで購入することのできるスイーツの代表格が、各種ナッツのプラリナートです。私のお気に入りは皮つきアーモンドのプラリナート、イタリア語で「マンドルレ・プラリナーテ(mandorle pralinate)」です。プラリナートとは、砂糖でコーティングされローストされた状態のことを指します。

こちらも主流はグラム売りで、100グラム2.5ユーロから3ユーロ程度が相場になります。店によっては小分けにしてプレゼント用にパッケージになっているものもあります。

アーモンドには皮つきと皮無しの2種類があり、その他にはピスタチオ、クルミ、ハーゼルナッツなどのものがあります。店舗によってはプラリナート用の機械をテント内に設置してあり、製造過程を見ることもできます。とても良い香りが立っていて食欲をそそられますよ。

お土産にも喜ばれる伝統菓子トッローネ

所狭しと並ぶトッローネ

写真の中央から奥にかけて積み重なっている白いお菓子がトッローネです。こちらも超メジャーなイタリア伝統菓子で、クリスマス・シーズンになると市販のものもスーパーなどにズラッと並びます。ですがもちろん、市販のものより写真のようなお店で手作りのものを買う方が風情もありますし、美味しいのでおすすめです。

こちらもナッツがふんだんに詰まった砂糖菓子です。トッローネには固いものと柔らかいものがあります。写真右上に「torrone morbido」という表示があるのがおわかりでしょうか。「モルビド(morbido)」が「柔らかい」を意味するイタリア語です。

小分けにされたトッローネは見た目もキュートなので、お土産にも喜ばれます。日持ちもかなり長いので、長期の旅行でも心配なく持って帰れますよ。

スイーツ以外で注目すべき商品たち

ボローニャのクリスマス・マーケット入口

もちろんイタリアのクリスマス・マーケットは、スイーツだけが売っているわけではありません。クリスマス・プレゼントに喜ばれそうなかわいらしい小物やアクセサリーも豊富に揃っています。

特に手作りのアクセサリー屋さんが多く見られ、訪れる人々の目を楽しませてくれます。既製品のアクセサリーとは一味も二味も違った商品が数多く集まるのも、イタリアのクリスマス・マーケットの特色です。パワーストーンをあしらったアクセサリーなどもあるので、プレゼントに何か意味を込めたいときにはぴったりではないでしょうか。

その他、手作りの帽子やバッグ、衣服なども販売されています。

まとめ

ジェノヴァのクリスマス・マーケット

イタリアのクリスマス・マーケットは12月上旬に始まり、1月上旬まで続きます。ドイツのクリスマス・マーケットはクリスマス・イヴには終わってしまいますが、イタリアではまだまだ楽しむことができますよ。

この時期にイタリアを旅することがあれば、是非お近くのクリスマス・マーケットに足を運んでください。美味しいスイーツの数々を味わいながら、カトリックの本場イタリアのクリスマス・ムードを、是非一度は堪能してみてくださいね。

この記事のライター

ヨーロッパ在住歴13年の経験を活かしてイタリア、スイス、ドイツ、フランスのちょっとディープな観光情報をお届けします!

関連するキーワード


イタリア

関連する投稿


ボローニャ旧市街で観光するなら知っておきたいディープな情報をご紹介します!

ボローニャ旧市街で観光するなら知っておきたいディープな情報をご紹介します!

学生の町として有名なボローニャは、日本人にはあまり馴染みのない町かもしれません。ですが実は隠れた名所や、それにまつわる数々のエピソードが語り継がれている興味深い町なんです。超有名都市間の移動途中に立ち寄ることのできる便利なポジションを利用して、コンパクトにボローニャの町を楽しむためのポイントをご紹介したいと思います!


アマルフィ海岸を見に行こう!カプリ島などの周辺スポット情報も一緒にお届け!

アマルフィ海岸を見に行こう!カプリ島などの周辺スポット情報も一緒にお届け!

イタリアの南西部、ティレニア海に面する美しい海岸線アマルフィ。ユネスコ世界遺産にも登録された、断崖絶壁に立ち並ぶカラフルな家々と青い海と花々が織りなすコントラストは、この地域でしかお目にかかることのできない絶景です。この記事ではそんなアマルフィ海岸を訪れる際に知っておきたい基本情報とおすすめスポットをご紹介します!


ミラネーゼ御用達!毎週2回パピニアーノ通りで開催される庶民派マーケットMercato di Papinianoに潜入!

ミラネーゼ御用達!毎週2回パピニアーノ通りで開催される庶民派マーケットMercato di Papinianoに潜入!

ミラノ市内では毎日どこかしらで青空市が開催されています。今日はその中でもサンタンブロージョ・サンタゴスティーノ地区で開かれている大規模な市場Mercato di Papiniano(メルカート・ディ・パピニアーノ)について紹介していきます!


ミラノでも美味しい本格ナポリピッツァが食べられる!2017年にオープンしたばかりのCAPUANO’S(カプアーノズ)をレポート!

ミラノでも美味しい本格ナポリピッツァが食べられる!2017年にオープンしたばかりのCAPUANO’S(カプアーノズ)をレポート!

イタリア旅行の楽しみといえば美味しいピッツァを食べること!という人も多いのではないでしょうか。イタリアのピザでも色々な種類がありますが、やはりふわふわもちもちな王道なピザで一番人気なのはナポリ風。今回はナポリまで行かずともミラノで食べられる美味しいナポリピッツァのレストランをご紹介いたします!


1865年開業ミラノの老舗百貨店La Rinascente(ラ・リナシェンテ)を徹底解説!

1865年開業ミラノの老舗百貨店La Rinascente(ラ・リナシェンテ)を徹底解説!

ミラノの1番の観光スポット大聖堂Duomoの横に位置する老舗百貨店La Rinascente(ラ・リナシェンテ)は面積は小さいながらも全部で9フロアあり見応え十分。自分へのご褒美や大切な人へのプレゼント、人へのばら撒き用のお土産を探すのにも最適なスポット。フロアごとの紹介から観光中のトイレ情報まで書いていきます!


最新の投稿


ボリビア人も大好きな豚肉料理!休日の定番かつ豚は町でも普通に歩いているので面白いです

ボリビア人も大好きな豚肉料理!休日の定番かつ豚は町でも普通に歩いているので面白いです

南米大陸の国ボリビアは日本でも少しづつ知名度が上がってきています。経済発展を遂げていますが、まだまだ途上国です。そんなボリビアで休日の楽しみと言えば豚肉料理を味わうこと。スープで味わったり、フライや炭焼きにしたりと様々です。そして、その料理の仕方もダイナミック!豚に関しても日本と比べてより身近な存在で興味深いです。


ドイツ最古の町トリーアで歴史ある美しい街並みを堪能するためのおすすめポイント

ドイツ最古の町トリーアで歴史ある美しい街並みを堪能するためのおすすめポイント

トリーアはドイツ最古の都市と言われる、ドイツ西端に位置する町です。その街並みはとてもかわいらしく、どこか女性的。インスタ映えスポットにも事欠きません。日本で言うところの奈良のような存在、ドイツの古都トリーアの観光名所を、私が実際に行ってみ良かったと思うものに厳選してご紹介します。ぜひ次回の旅行の参考にしてください!


【ベトナム】スタバ好きな人必見!ベトナムホーチミンのスターバックスコーヒーに行ってみました

【ベトナム】スタバ好きな人必見!ベトナムホーチミンのスターバックスコーヒーに行ってみました

スタバが好きな人!?海外旅行や海外で生活をしていて、現地のカフェやレストランなどに入るのがちょっと勇気がいるな〜という時に重宝するスターバックス。スターバックスはどこの国でも大体同じドリンクがあって、店員さんが優しくて私はとても安心できます。今回はベトナムホーチミンのスターバックスの雰囲気を紹介します。


【プレママ~幼児編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

【プレママ~幼児編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

海外の子供用品って色合いが華やかだったり、日本にはないセンスがあったりとってもかわいいですよね(^^)オーストラリアの子供用品も日本お洒落でインスタ映えしそうなものがたくさんあるんです!今回は実際にお友達のお土産を買うために調べ回った私が選んだオススメ商品(プレママ~幼児向け)を4つご紹介いたします。


海のない国ならではの独特の魚たち!ボリビアでこそ食べられる魚と魚料理の数々!

海のない国ならではの独特の魚たち!ボリビアでこそ食べられる魚と魚料理の数々!

ボリビアは南米大陸の海のない内陸国として知られています。どうしても海産物が流通するにはハンデとなります。国民の多くが魚ではなく牛肉や鶏肉を食べているという現実もあり魚は高級品です。そんな中、ボリビアにはチチカカ湖やアマゾン川という川の幸があります。海魚ではなく川魚を手に入れることができ味わえます。ボリビアのお魚とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング