タイ全土が賑わいを見せる日!タイ三大祭りのひとつ「ロイカトン」に参加してみた!

タイ全土が賑わいを見せる日!タイ三大祭りのひとつ「ロイカトン」に参加してみた!

水掛け祭り、ロウソク祭りに並び、タイを代表するお祭りのひとつが、毎年11月にタイ全土で開催される「ロイカトン」です。水の祭典とも呼ばれていて、水の神様に「いつもありがとう」という気持ちを込める日でもあります。ロイカトンでとくに有名なのがチェンマイですが、今回はパチュームタニ県のロイカトンの様子をお伝えします。


タイ三大祭りのひとつのロイカトン。正式には、「ローイクラトン祭り」ですが、「ロイカトン」や「ロイカトーン」と言われることが多いですよ。クラトンの「ラ」はあまり聞き取れず、「カトン」と聞こえるためです。旧暦12月(現在の10月または11月)の満月の夜に、人々が川岸に集まり、お祈りをして川に灯籠を流します。

ロイカトンといえば灯籠流しですが、チェンマイではコームローイというランタン(熱気球)を夜空に放ちます。夜空にたくさん浮かぶコームローイはかなり幻想的で、「一生に一度は見たい景色」と言われているほど。ロイカトンの時期になると、チェンマイにかなりの人気が集まるのです。

私も本当はチェンマイのイーペン祭り(コームローイ祭り)に行きたかったのですが、イーペン祭り(コームローイ祭り)が行われる日に用事があったため、たまたま通りがかったお寺でロイカトン祭りを経験することにしました。

バンコクのお隣、パチュームタニ県のお寺のロイカトンの様子と、ロイカトンについてご紹介します。

ロイカトン(ローイクラトン)とは?

装飾された仏像

ロイは「流す」、クラトンは「灯籠」という意味。ロイカトンは、タイの人々の間で古くから続いていた風習です。バナナの葉や花などで作られた灯籠の上にロウソクと線香を立て、川に流したのが始まりと言われています。

この灯籠ですが、最近では蒸しパンやお菓子でできた灯籠も珍しくありません。お寺の川には魚がたくさんいるのですが、蒸しパンやお菓子でできた灯籠は魚のエサにもなるのだそうです。

水の祭典ということで、人々は水の神様に祈りを捧げます。感謝をするだけでなく、日々の罪を謝罪し水に流したりもしますよ。

盛り上がりを見せるために、各地で様々な工夫がみられます。ライトアップをしたり、催し物をしたり。日々お寺に寄付されるお金は、こういうお祭りなどにも使われるそうです。装飾が派手なお寺ほど、「お金あるなー」という印象を受けます。

人々の寄付により、新しい仏像ができたり、新しくお寺を建てたりするのですが、タイ全土にあちこちお寺がある様子を見ると、いかに信仰心が強く、タンブン(徳を積む行い)が当たり前になっているのかが伝わります。

ロイカトンではお祈りをして灯籠を川に流すのが一般的

お寺の裏側で灯籠流し

各地で形式は異なりますが、ロイカトンではお祈りをして川に灯籠を流すのが一般的です。タイ人はぶつぶつと何かを言いながらお祈りをします。もともとは水の神様に祈りを捧げるものですが、実際はなんでもありです。日々の暮らしに感謝をしたり、または懺悔したり、誓いを立てているのでしょう。

ロイカトンでは、花火が打ち上げられたりもしますよ。この日はお寺の近くで、誰かが打ち上げ花火をしていました。他にも、ショーがあったり屋台が立ち並んでいたり、なんでもありなロイカトンは、家族とでも友達とでも楽しめるイベントです。ロマンチックな雰囲気もあるので、カップルなんかで出かけるのもいいですね。

かわいらしいロウソクも

かわいらしいロウソクも大人気。灯籠流しをする場所が混雑しすぎているので、ロウソクに明かりを灯すだけで済ましている人も。

私は混雑を避けるために、屋台で時間を潰して灯籠流しへ向かいました。屋台でお腹を満たし、10時頃灯籠流しへ向かいましたが、それでも人がたくさん。ロイカトン当日は12時過ぎまで賑わいを見せます。お寺が遅い時間まで賑わっているのは、ロイカトンの時期くらいではないでしょうか。

ロイカトンはチェンマイのイーペン祭りがとくに有名

ロイカトンと言えば、チェンマイのイーペン祭り(コームローイ祭り)が有名です。タイに住む日本人の多くは、イーペン祭り(コームローイ祭り)に合わせてチェンマイ旅行をしますよ。私は残念ながら予定が合わなかったので、来年リベンジしたいと思います。

イーペン祭り(コームローイ祭り)では、コームローイというランタン(熱気球)を夜空に放ちます。コームローイが夜空一面に浮かぶ幻想的な光景は、「塔の上のラプンツェル」のモデルにもなっています。有名なディズニー映画なので、ラプンツェルの世界に憧れてチェンマイへ訪れる人も多いでしょう。

また、コームローイを空に打ち上げれば、苦難も一緒に消え去ってくれる、と信じられています。厄払いをし、魂を浄めるお祭りでもあるのですね。来年こそは参加したいです。

イーペン祭り(コームローイ祭り)は、外国人観光客向けと、現地人向けがあります。外国人観光客向けのほうは、観光客がコームローイを一斉に放つイベントで、かなりの人気ぶりです。外国人観光客向けのイーペン祭りはチケットが必要なのですが、これが入手困難なのだとか。

外国人観光客向けのイーペン祭りは宗教色が薄いため、イベント感覚で楽しめるでしょう。予約制で、100USDほどします。機会があれば是非訪れてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、現地人向けのイーペン祭りは無料で参加できます。コームローイの打ち上げもありますが、宗教色が濃く、場所取りが大変だったりしますので、ツアーのほうが無難でしょう。

バンコクのお隣パチュームタニ県のロイカトンに潜入!

ライトアップ

私が今回参加したのは、バンコクのお隣、パチュームタニ県にあるお寺のロイカトンです。パチュームタニ県ではまあまあ有名なお寺ですが、とくにタイで有名、というわけではありません。あまり期待していませんでしたが、かなりライトアップに力を入れていて驚きました。タイでも有名な大型ショッピングセンター「フューチャーパーク」から20分ほど車を走らせたところにあるお寺です。

道路沿い(1kmほど先まで)にもライトがあしらわれており、ロイカトンに対する意識の高さが感じられました。想像以上に人で溢れており、車を停めるのにも一苦労。車を停められる場所を探して同じような道を何度もまわってしまいました。お寺から少し離れた道路沿いに停めて、お寺まで歩きます。

屋台がたくさん

屋台もたくさん出ていて、かなりの人混みです。なぜかミャンマー人も大勢いました。聞いたとこ、この辺りに出稼ぎに来ているミャンマー人たちのようです。バンコクを少し離れると、ミャンマー人やラオス人は多く見かけますが、とくにパチュームタニ県は多いのではないでしょうか。タイに住むうちになぜか見分けられるようになった私。人種にかかわらず、お祭りごとはみんなだいすきですよね。

花より団子というか、どのお店も混んでいて座れないほど。激安屋台グルメを食べ歩きして楽しむことにしました。日本の屋台とは比べものにならない安さですよ。ほとんど100円以下ですし、300バーツ(1000円ほど)もあれば十分。利益はあるのか心配してしまうほどですが、たくさん売れるのでそれなりに利益が出るのでしょう。

ダンスステージまで

ダンスステージまであり、かなりの賑わいでした。タイではよくみるダンスステージ。お祭りや結婚式、成人式などでもショーを呼ぶことが多々あるのがタイです。

タイでは息子の成人を祝い、祭りを開いたりします。裕福な家庭だと、この規模のステージをお願いすることもありますよ。タイ人いわく、この規模のショーをお願いするには100万円ほどかかるそう。成人を祝う祭りに、来客が2000人3000人と来ることも珍しくありません。たくさんの来客のためにいろんな催し物をするのですね。田舎だと、地域の人はみんな知り合いなので自然と来客が増えるのだとか。

この日は身動きができないほど人で埋め尽くされているうえに、ステージの音量が大きすぎて心臓に響くので、すぐさま撤収。数キロ先まで音が聞こえるのではないかと思うほどの音量ですが、赤ちゃんや小さな子どもも平然とステージを見ているので驚きました。

実は、このお寺に私は前日の夜も訪れていました。前夜祭のようなかたちで、屋台もちらほら。人も多くはありませんが、遊びに来ている人はいましたよ。前夜祭でもダンスステージの催し物がありましたが、当日とは規模が違います。

前日は少しこじんまりとしていて、「小学生かな?」と思ってしまうような子どもたちがダンスを披露していて、ついつい見入ってしまいました。真似して踊る子どもたちもかわいかったです。タイ人は皆リズムにのるのが上手なイメージですが、小さい頃からダンスは馴染みのあるものだからでしょう。日本人ほど恥ずかしがったりしません。

前日の様子

このショーは、当日とはまた違う会社がやっているそうですよ。タイではショーの需要の多さに驚きます。場面を選ばずセクシーなダンスを披露するのが面白いところ。日本ではまずないです。タイでは派手な衣装に派手なダンスはウケがいいのでしょう。タイらしいというか、日本では見ないような動きはクセにもなります。

以前タイ人の結婚式に参列したことがあるのですが、新郎新婦が儀式をしている隣でセクシーダンスがステージで繰り広げられていました。もちろんセクシーな衣装を着て。かなりカルチャーショックを受けたのを覚えています。最近はホテルでの結婚式も増えましたが、いまだに昔ながらのスタイル(自宅で結婚式をする)は多いです。このようにショーをお願いしては盛り上げようとしているのですね。

ローカル感満載

灯籠の種類が豊富!自分のお気に入りを見つけよう!

灯籠の種類が豊富

灯籠の種類はたくさんあります。どれもカラフルでかわいらしいものばかり。灯籠を販売している屋台はたくさんありますから、他と差をつけようと、どんどん派手になっているのですね。バナナの皮を土台にして、花を飾った灯籠が一般的なものです。

いろんな灯籠を見ながら、どれにしようかと悩むのも楽しいですよ。ここまでの完成度になれば、アートのひとつですよね。どうやって作っているのか見てみたいものです。

クラトン(灯籠)コンテストをやっているところもあり、もっとすごい灯籠を作っている人もいます。どんなにすごい灯籠でも最終的には川に流すので、少しもったいない気もしますが、流してなんぼなのでしょう。

次々と灯籠が

バナナの葉が土台です

亀の灯籠にしました

私は亀の灯籠に決めました。これは蒸しパンで作られたものなので、魚のエサにもなります。まったく灯籠っぽくありませんが、気になって仕方なかったのでつい手に取ってしまいました。線香とロウソクに火をつけ、川に向かいます。

お祈りをしたら灯籠を川に流そう

火のついた灯籠を持ってたくさんの人がうろちょろしていますし、下を見れば小さい子どもが歩いているので、歩くのにも慎重になります。タイではお祈りをする際に線香とロウソクがセットです。どのお寺に行っても、線香とロウソクが大量にあり驚きます。火のついたものはうえに上げて、人とぶつからないよう配慮するのがマナーのようです。

お祈りをしたら、灯籠を川に流しましょう。私は日頃の感謝だけをして、灯籠を流しました。

タイといえば、ソンクラーン(水掛け祭り)がとくに有名ですよね。しかし、水掛け祭りは潔癖気味の人や騒がしいのが苦手な人には向いていません。清潔な水を使っているかもわかりませんし、いろんな人にパウダーを塗られてしまうからです。私も少し抵抗があるのが正直なところで、水掛け祭りには参加したことがありません。

個人的には、ソンクラーン(水掛け祭り)よりもおすすめしたい「ロイカトン祭り」。年末に行われるので、「今年ももう終わりか」と感慨深い気持ちにもなりますよ。私はこの時期になると来年に向けて色々と考えるようになります。タイは日本ほどニューイヤーらしさがないので、ロイカトンで気を引き締めています。

アメージングタイランドという言葉がぴったりな幻想的な空間を、ロイカトン祭り楽しんでみてはいかがでしょうか。田舎でもこのレベルですから、ツアーが組まれるようなところはもっと楽しめるはずですよ。チェンマイのイーペン祭り(コームローイ祭り)も是非チェックしてみてくださいね。

この記事のライター

タイ在住5年目の専業主婦です。今でも、カルチャーショックに驚く日々。タイのおすすめ情報や、ローカルな部分をお伝えいたします。

関連するキーワード


タイ

関連する投稿


タイのバンコクで、オーダーメードに憧れている人にオススメ!トニーカスタムメードでサンダルを作ってきました!

タイのバンコクで、オーダーメードに憧れている人にオススメ!トニーカスタムメードでサンダルを作ってきました!

タイは、良質なレーザー商品を比較的安く購入することができる場所として知られています。日本で革製品のオーダーメードというとハードルが高く感じますが、タイでは日本に比べてリーズナブルな値段でオーダーメードできてしまうんです。今回は、そんなオーダーメードの店、トニーカスタムメード(Tony Custom Made)で実際にサンダルをオーダーメードしてみました。サンダルが出来上がるまでは?出来上がったサンダルの感想は?お伝えします。


クマさんが目印!「ひろケーキカフェ」でふわっふわの美味しいパンケーキを食べてみよう!

クマさんが目印!「ひろケーキカフェ」でふわっふわの美味しいパンケーキを食べてみよう!

タイ人は辛いものが好きなイメージが強いですが、甘いものもだいすきで、おいしいスイーツショップもたくさんあります。バンコクの数あるスイーツショップの中でも、とくに人気があるお店の一つに「ひろケーキカフェ」があります。ひろケーキカフェは店名もメニューも日本語なので、日本人としては、なんだかホッとできる場所でもあります。


エムクオーティエ(エンポリアム2)にある「MOZZA by COCOTTE」でおいしいピザを食べよう!

エムクオーティエ(エンポリアム2)にある「MOZZA by COCOTTE」でおいしいピザを食べよう!

バンコクには高級志向のデパートがいくつかありますが、その一つにエムクオーティエがあります。エムクオーティエの中には、「MOZZA by COCOTTE」というイタリアンレストランがあり、本格的なピザなどを楽しむことができます。エンポリアムやエムクオーティエ(エンポリアム2)に訪れた際に、利用してみてはいかがでしょうか。


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


バンコクでAirbnbを利用してみた!Airbnbを利用するときのメリットとデメリット、その理由とは?

バンコクでAirbnbを利用してみた!Airbnbを利用するときのメリットとデメリット、その理由とは?

気楽に安い値段で宿泊するために、Airbnbを利用するという方法があります。今回実際にタイのバンコクに行った際、Airbnbを使ってみることにしました。The Boonareya Courtというコンドです。実際に利用してみて良かったと思うことや、次回への改善点など、実際に利用した感想をお伝えします。


最新の投稿


全世界共通ではない!?中国広州のケンタッキー(KFC)でおススメの美味しいご当地中華メニューとは?

全世界共通ではない!?中国広州のケンタッキー(KFC)でおススメの美味しいご当地中華メニューとは?

真っ赤な看板と白髪老人の笑顔。中国広東省の広州市には、数え切れないほど多くのケンタッキー・フライドチキンがあります。もう何年も前から、ケンタッキーは中国社会にも受け入れられているようです。今回は、中国版ケンタッキーの日本にはないおススメ中華メニューや中国旅行時の中国ケンタッキー活用方法をレポートしていきたいと思います。


タイのバンコクで、オーダーメードに憧れている人にオススメ!トニーカスタムメードでサンダルを作ってきました!

タイのバンコクで、オーダーメードに憧れている人にオススメ!トニーカスタムメードでサンダルを作ってきました!

タイは、良質なレーザー商品を比較的安く購入することができる場所として知られています。日本で革製品のオーダーメードというとハードルが高く感じますが、タイでは日本に比べてリーズナブルな値段でオーダーメードできてしまうんです。今回は、そんなオーダーメードの店、トニーカスタムメード(Tony Custom Made)で実際にサンダルをオーダーメードしてみました。サンダルが出来上がるまでは?出来上がったサンダルの感想は?お伝えします。


狎鴎亭(アックジョン)で無料で暇つぶし!現代(ヒョンデ/ヒュンダイ)モータースタジオソウル

狎鴎亭(アックジョン)で無料で暇つぶし!現代(ヒョンデ/ヒュンダイ)モータースタジオソウル

ソウルの高級エリア、狎鴎亭(アックジョン)。整形外科や皮膚科、ハイセンスなブティックなどが立ち並ぶ女性観光客には人気のエリア。しかし、カップルや家族での旅行の場合、男性や子供は時間を潰すのに苦労しそうなエリアでもあります。今回、ご紹介するのは「現代(ヒョンデ/ヒュンダイ)モータースタジオソウル」です。


観光でオランダに来たら必ず通る、アムステルダム中央駅を徹底解剖してみました!

観光でオランダに来たら必ず通る、アムステルダム中央駅を徹底解剖してみました!

アムステルダム中央駅には、ただ通過するだけではもったいない充実した設備があります。建物の外装や内装のインテリア、おいしいレストランやゆっくりできるカフェ、話題のオーガニック素材を扱ったグッズのショッピングなど、隠された見どころもたくさんあります。ぜひ見学して自分なりの楽しみ方でエンジョイしてください♪


クマさんが目印!「ひろケーキカフェ」でふわっふわの美味しいパンケーキを食べてみよう!

クマさんが目印!「ひろケーキカフェ」でふわっふわの美味しいパンケーキを食べてみよう!

タイ人は辛いものが好きなイメージが強いですが、甘いものもだいすきで、おいしいスイーツショップもたくさんあります。バンコクの数あるスイーツショップの中でも、とくに人気があるお店の一つに「ひろケーキカフェ」があります。ひろケーキカフェは店名もメニューも日本語なので、日本人としては、なんだかホッとできる場所でもあります。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング